斎藤環 第4回 未来授業 Vol.245

 Podcast

 ダウンロードはこちら

斎藤環 第4回 未来授業 Vol.245のメイン画像

今週の講師は、精神科医、斎藤環さんです。
若年世代を中心に、いま「新型うつ」が急増しているといいます。

比較的症状は軽いのに、完治が難しいとされる「新型うつ」。
自分や家族に症状が疑われた場合、わたしたちはどう対処したいいのか。
また、企業活動や社会保障の仕組みに与える影響とは?

未来授業4時間目、テーマは『新型うつとどう向き合うか』。

【斎藤環(さいとう・たまき)】
医学博士・精神科医。医療法人爽風会佐々木病院精神科診療部長。1961年、岩手県生まれ。専門は思春期・青年期の精神病理学、病跡学。兼業批評家として、サブカルチャー、文芸、アート、映画などについても著書がある。著書に『文脈病』(青土社)、『社会的ひきこもり』(PHP研究所)、『戦闘美少女の精神分析』(ちくま文庫)、『関係の化学としての文学』(新潮社)、『脳と心』(茂木健一郎との共著、双風舎)、『「社会的うつ病」の治し方』(新潮社)、『キャラクター精神分析』(筑摩書房) ほか多数。