細川佳代子 第3回 未来授業 Vol.280

 Podcast

 ダウンロードはこちら

細川佳代子 第3回 未来授業 Vol.280のメイン画像

今週の講師は、公益財団法人『スペシャルオリンピックス日本』名誉会長の細川佳代子さん。

理解の遅れが、災害時に、知的障がいのある方を取り残し、苦しめることになる、と細川さんは指摘します。
では、知的障がいを理解するとは、どういうことなのでしょうか。

未来授業3時間目。テーマは『誰ひとり排除しない社会』

【細川佳代子】
細川護熙元総理の夫人。
公益財団法人『スペシャルオリンピックス日本』名誉会長。
92年から知的障がいのある方のスポーツの祭典「スペシャルオリンピックス」の普及に取り組み、94年に「スペシャルオリンピックス」日本法人を設立。
以来、20年にわたり、知的障がいのある方の自立と社会参加を目指し、様々なボランティアを続ける。
現在、細川さんが製作総指揮をつとめるドキュメンタリー映画『天心の譜』上映中。
http://cinema-d.com/