冷泉彰彦 第4回 未来授業 Vol.285

 Podcast

 ダウンロードはこちら

冷泉彰彦 第4回 未来授業 Vol.285のメイン画像

今週の講師は、作家でジャーナリストの冷泉彰彦さん。
『911――セプテンバーイレブンス』、『民主党のアメリカ共和党のアメリカ』など著書は多数。

アメリカ・ニュージャージー州を拠点に、政治・経済・文化・スポーツとあらゆるジャンルから「アメリカの現在」を伝えています。
2008年の「チェンジ」から4年。
先週のアメリカ大統領選挙では、大きな政府を掲げたオバマ陣営が、小さな政府を掲げたロムニー陣営に勝利しました。
日本でも、政権を選択する衆議院選挙が近いといわれています。
日本が今回の大統領選から学べることはどんなことでしょうか。

未来授業4時間目。
テーマは、「1票の重み」

【冷泉 彰彦】
作家(米国ニュージャージー州在住)。
1959年東京生まれ。東京大学文学部、コロンビア大学大学院(修士)卒。
著書は『911 セプテンバーイレブンス』『アメリカは本当に「貧困大国」なのか?』、『「上から目線」の時代 (講談社現代新書)』や電子書籍アプリ「FROM911、USAレポート 10年の記録」~Vol.1「911からの10年、テロ戦争とはなんだったのか?」など多数。