中川恵一 第2回 未来授業 Vol. 542

 Podcast

 ダウンロードはこちら

中川恵一 第2回 未来授業 Vol. 542のメイン画像

今週は、日本のがん予防・がん教育の第一人者である中川さんに、その最前線のお話と、臨床医としての取り組みについてうかがっていきます。

今日のテーマは『がん予防の可能性』

【中川恵一】
東京大学医学部附属病院放射線科准教授で緩和ケア診療部長の
中川恵一(なかがわ・けいいち)さん。
1960年、東京生まれ。東京大学医学部卒業後、同学部放射線医学教室入局。
2002年、東京大学医学部放射線医学教室助教授を経て現職に。
中川さんは、がん予防や早期発見の重要性を唱え、全国の小中高校へ「がん教育」の出前授業を続け、その意識改革から患者を減らす活動をしていらっしゃいます。
同時に、厚生労働省の「がん対策推進協議会」委員、
「がんに関する普及啓発懇談会」座長、
「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボード議長、日本放射線腫瘍学会理事の要職を務めています。