市古太郎 第2回 未来授業 Vol. 562

 Podcast

 ダウンロードはこちら

市古太郎 第2回 未来授業 Vol. 562のメイン画像

今週の講師は、首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授の市古太郎さん。
市古さんは、災害が発生する「前に」被害を想定して、
生活再建プラン、復興計画をまとめておく考え方「事前復興」を提唱しています。

阪神淡路大震災の反省から生まれた事前復興という考え方は、すでに、東京のいくつかの自治体の災害対策にも導入されていて、事前復興のプランを作るワークショップも、各地で行われています。このワークショップとは、一体どんなものなのでしょうか。

未来授業二時間目、テーマは『復興を、イメージする』

◆市古太郎(いちこ・たろう)
首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授。
研究テーマは、自然災害からの復興、そして東京の『事前復興まちづくり』。