村木真紀 第3回 未来授業 Vol. 626

 Podcast

 ダウンロードはこちら

村木真紀 第3回 未来授業 Vol. 626のメイン画像

今週の講師は、村木真紀さん。
同性愛者や性同一性障害者など、性的マイノリティがいきいきと働ける職場や社会を目指すグループ「虹色ダイバーシティ」の代表を務めています。

レズビアンとしての自身の経験を踏まえて、同性愛者や性同一性障害者などの性的少数者、「LGBT」の働き方について提言。企業向けのコンサルティングも行っています。

「LGBT」は、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、そしてトランスジェンダー、いわゆる性同一性障害者の頭文字をとったもの。こういった性的少数者は、日本人の20人に一人を占めると言われています。

グローバル企業ではすでに当たり前のLGBT対策。これは、優秀な人材を確保するための企業戦略でもあると、村木さんは言います。

未来授業3時間目、テーマは『グローバル企業のLGBT対策』

◆村木真紀(むらき・まき)
同性愛者や性同一性障害者など性的マイノリティがいきいきと働ける職場や社会を目指すグループ 特定非営利活動法人「虹色ダイバーシティ」代表。1974年茨城県生まれ。京都大学卒業。日系大手製造業、外資系コンサルティング会社等を経て現職。LGBT当事者としての実感とコンサルタントとしての経験を活かして、LGBTと職場に関する調査、講演活動を行っている。大手企業、行政等で講演実績多数。