野波健蔵 第4回 未来授業 Vol.779

 Podcast

 ダウンロードはこちら

野波健蔵 第4回 未来授業 Vol.779のメイン画像

今週の講師は、千葉大学 特別教授で 自立制御システム研究所 代表 工学博士の野波健蔵さん。日本のドローン開発の第一人者です。

2025年には、ジャンボジェット機の産業をドローン産業が追い抜くと言われ、野波さんが開発した国産ドローン・ミニサーベイヤーも、福島第一原発の建屋内はじめ、国内の様々な産業で活躍をはじめています。

スマートフォンの誕生以来のイノベーションと言われるドローン。この先、世界をどう変えていくのでしょうか。
未来授業4時間目
テーマは『ドローンが運ぶ未来』


野波健蔵(のなみけんぞう)
千葉大学大学院工学研究科工学部特別教授 株式会社自律制御システム研究所代表取締役
「ドローン開発」日本の第一人者。1980年代より自律制御ロボットを研究、2005年からはマルチローターヘリの自律制御研究を本格化させ、大小さまざまな研究モデルの開発を行う。