牧野知弘 第3回 未来授業 Vol.786

 Podcast

 ダウンロードはこちら

牧野知弘 第3回 未来授業 Vol.786のメイン画像

今週の講師は、不動産アドバイザーの牧野知弘さんです。

野村総研の予測調査では、2018年に日本の空き家は1000万戸を超えます。
そして、東京五輪開催後の2023年の空き家率は20%を超えてしまう。
実に5軒に1軒が、空き家になるという予測が出ています。
人が住まなくなった家を、なぜそのまま放置しているのでしょうか。
未来授業3時間目。
テーマは、『不動産を所有するというリスク』。

◆牧野知弘(まきの・ともひろ)
不動産アドバイザー オラガHSC代表
金融・経営コンサルティング、不動産運用から証券化まで、幅広いキャリアを持つ。 また、三井ガーデンホテルにおいてホテルの企画・運営にも関わり、経営改善、リノベーション事業、コスト削減等を実践。ホテル事業を不動産運用の一環と位置付け、「不動産の中で最も運用の難しい事業のひとつ」であるホテル事業を、その根本から見直し、複眼的視点でクライアントの悩みに応える。
主な著書
なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか (祥伝社新書 2011年2月)
それでも、あなたは新築マンションを買いますか (中央公論新社 2011年9月)
なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか (祥伝社新書 2012年10月)
だから、日本の不動産は値上がりする (祥伝社新書 2013年9月)
空き家問題 ――1000万戸の衝撃 (祥伝社新書 2014年7月)