湯山玲子 第3回 未来授業 Vol.790

 Podcast

 ダウンロードはこちら

湯山玲子 第3回 未来授業 Vol.790のメイン画像

今週の講師は、著述家、湯山玲子さんです。
出版や広告の世界でプロデューサー、ディレクターとして活躍。
食や音楽、サブカルチャーにも造詣が深く、
社会や女性の生き方を綴ったエッセイでも人気です。
男女雇用機会均等法の施行や終身雇用制度の崩壊で、
働き方やライフスタイルが大きく変化した日本社会。
同時に、「恋愛」や「結婚」のカタチも多様化してきました。
今日は、そんないまどき男女の「恋愛観」を、湯山さんが読み解きます。
未来授業3時間目、テーマは『テラスハウス現象の衝撃』

◆湯山玲子(ゆやま れいこ)著述家、ディレクター。出版、広告の分野でクリエイティブ・ディレクター、プランナー、プロデューサーとして活動。同時に評論、エッセイストとしても著作活動を行っており、特に女性誌等のメディアにおいては、コメンテーターとしての登場多数。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッション等、文化全般を独特の筆致で横断するテキストにファンが多い。女性誌にコラム連載やコメントを多く発表。主な著作に『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(角川文庫)、、上野千鶴子との対談『快楽上等! 3.11以降を生きる』(幻冬舎)、『ベルばら手帖』(マガジンハウス)。 『男をこじらせる前に~男がリアルにツラい時代の処方箋~』(KADOKAWA/角川書店 )。『喝!: 迷える女子の人生相談』(小学館)。レギュラーコメンテーターとして、日本テレビ「スッキリ!!」金曜日、TOKYOMX「バラいろダンディ」火曜日出演中。
月一回のペースで、爆音でクラシックを聴く「爆クラ」イベントを開催中。 (有)ホウ71取締役。日本大学藝術学部文藝学科非常勤講師。