中村義裕 第1回 未来授業 Vol.806

 Podcast

 ダウンロードはこちら

中村義裕 第1回 未来授業 Vol.806のメイン画像

今週の講師は演劇評論家、中村義裕さんです。
ここ数年相次ぐ、ベテラン歌舞伎役者の訃報。
中村勘三郎さん、市川団十郎さんに続いて、今年2月には、坂東三津五郎さんもこの世を去りました。
一方、宮藤官九郎さんが脚本を手がけた新作歌舞伎は連日満席の盛況ぶり。
また秋には、人気漫画「ワンピース」が、スーパー歌舞伎として上演されることも話題を集めています。
そこで今週は、「歌舞伎界の世代交代と新たな展開」について、中村さんに解説していただきます。
未来授業1時間目、テーマは『歌舞伎400年のバトン』

中村義裕(なかむら・よしひろ)
演劇評論家。日本演劇学会会員。早稲田大学エクステンションセンター、
前進座附属養成所講師。
昭和37年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。
少年の頃より芝居が好きで、 現在までに6000本を超える芝居を観、その劇評や記録を残しているほか、多くの俳優との対談や芸談の聞き書き、演出、講演など、演劇全般の裾野を広げる活動を行っている。
近著に『九代目 松本幸四郎』(2014年 三月書房)、『日本の伝統文化しきたり事典』(2014年 柏書房)など。