木村秋則 第2回 未来授業 Vol.119

 Podcast

 ダウンロードはこちら

木村秋則 第2回 未来授業 Vol.119のメイン画像

今週の講師は、木村秋則さん。
青森県弘前で、世界で初めて完全無農薬のリンゴ栽培に成功したリンゴ農家です。

そのリンゴは現在、「奇跡のリンゴ」と呼ばれ、不可能と言われた栽培法は、アキノリ・キムラ・メソッド=AKメソッドとして、国連の世界重要農業システムにも認定されています。
また木村さんの成功までの道のりは、多くのメディアを通じて紹介され、農業だけでなく様々な世界に、影響を与え続けています。

今週は、自然本来のシステムや、人間のもつ力など、木村さんが「奇跡のリンゴ」作りを通じて気が付いた様々なことから、私たちは何を学ぶことができるのかを、お話しいただきます。

成功するまでに費やした9年間。そのときの想いとは?
未来授業2時間目。テーマは『好奇心は力なり』

【木村秋則】
苦しみぬいた無収穫時期を乗り越えた後、不可能と言われていた、無農薬・無肥料・無除草剤によるリンゴ栽培を完全に成功させ、世間では「奇跡のリンゴ」と言われるようになり、全ての農作物における自然栽培を実践で立証・確立させる。
また自然栽培を成功させた後も約20年近く、全国各地に自腹で農業指導に赴き、依頼があれば一人でも多くの方に自然栽培を知って頂こうと講演も実践する。
木村さんの栽培方法は「AK METHOD」として国連食糧農業機構(FAO)の世界農業遺産システム(GIAHS)に認証されています。

木村秋則 第1回 未来授業 Vol.118

 Podcast

 ダウンロードはこちら

木村秋則 第1回 未来授業 Vol.118のメイン画像

今週の講師は、木村秋則さん。
青森県弘前で、世界で初めて完全無農薬のリンゴ栽培に成功したリンゴ農家です。

そのリンゴは現在、「奇跡のリンゴ」と呼ばれ、不可能と言われた栽培法は、アキノリ・キムラ・メソッド=AKメソッドとして、国連の世界重要農業システムにも認定されています。
また木村さんの成功までの道のりは、多くのメディアを通じて紹介され、農業だけでなく様々な世界に、影響を与え続けています。

今週は、自然本来のシステムや、人間のもつ力など、木村さんが「奇跡のリンゴ」作りを通じて気が付いた様々なことから、私たちは何を学ぶことができるのかを、お話しいただきます。

成功するまでに費やした9年間。そのときの想いとは?
未来授業1時間目。テーマは『リンゴの木が教えてくれたこと』

【木村秋則】
苦しみぬいた無収穫時期を乗り越えた後、不可能と言われていた、無農薬・無肥料・無除草剤によるリンゴ栽培を完全に成功させ、世間では「奇跡のリンゴ」と言われるようになり、全ての農作物における自然栽培を実践で立証・確立させる。
また自然栽培を成功させた後も約20年近く、全国各地に自腹で農業指導に赴き、依頼があれば一人でも多くの方に自然栽培を知って頂こうと講演も実践する。
木村さんの栽培方法は「AK METHOD」として国連食糧農業機構(FAO)の世界農業遺産システム(GIAHS)に認証されています。

佐々木芽生 第4回 未来授業 Vol.117

 Podcast

 ダウンロードはこちら

佐々木芽生 第4回 未来授業 Vol.117のメイン画像

今週の講師は、ドキュメンタリー映画作家の佐々木芽生さんです。

佐々木さんが、監督とプロデューサーという二つの肩書きを持って、丸4年かけて制作したデビュー作品、「ハーブ&ドロシー」は2008年に全米で公開されました。
日本では、去年、全国50以上の劇場で公開され、現在も、美術館・アートフェア・ギャラリーなど様々な場所で上映が続いています。

未来授業4時間目。
今夜は、アメリカのニューヨークで映画監督の仕事を続けている佐々木芽生さんから、海外で仕事をしたいと願う大学生に贈るメッセージです。
テーマは、「自己主張」

【佐々木芽生】
ドキュメンタリー映像作家。
北海道札幌市生まれ。青山学院大学仏文科卒。1987年渡米。以来NY在住。
フリーのジャーナリストからNHKニューヨーク総局勤務を経て、2002年、映像制作プロダクション(株)ファイン・ライン・メディアをNYで設立。
2008年、初の監督・プロデュース作品『Herb & Dorothy 』を発表し、全米各地の映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞を受賞。
現在、続編の『Herb & Dorothy 50X50 』を製作中。

佐々木芽生 第3回 未来授業 Vol.116

 Podcast

 ダウンロードはこちら

佐々木芽生 第3回 未来授業 Vol.116のメイン画像

今週の講師は、ドキュメンタリー映画作家の佐々木芽生さんです。

佐々木さんが、監督とプロデューサーという二つの肩書きを持って、丸4年かけて制作したデビュー作品、「ハーブ&ドロシー」は2008年に全米で公開されました。
日本では、去年、全国50以上の劇場で公開され、現在も、美術館・アートフェア・ギャラリーなど様々な場所で上映が続いています。

最低限の予算しか無い状況で、どのようにして、最高の映画を作るのか。
未来授業3時間目。
テーマは、「リーダーになる人の条件」

【佐々木芽生】
ドキュメンタリー映像作家。
北海道札幌市生まれ。青山学院大学仏文科卒。1987年渡米。以来NY在住。
フリーのジャーナリストからNHKニューヨーク総局勤務を経て、2002年、映像制作プロダクション(株)ファイン・ライン・メディアをNYで設立。
2008年、初の監督・プロデュース作品『Herb & Dorothy 』を発表し、全米各地の映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞を受賞。
現在、続編の『Herb & Dorothy 50X50 』を製作中。

佐々木芽生 第2回 未来授業 Vol.115

 Podcast

 ダウンロードはこちら

佐々木芽生 第2回 未来授業 Vol.115のメイン画像

今週の講師は、ドキュメンタリー映画作家の佐々木芽生さんです。

佐々木さんが、監督とプロデューサーという二つの肩書きを持って、丸4年かけて制作したデビュー作品、「ハーブ&ドロシー」は2008年に全米で公開されました。
日本では、去年、全国50以上の劇場で公開され、現在も、美術館・アートフェア・ギャラリーなど様々な場所で上映が続いています。

最低限の予算しか無い状況で、どのようにして、最高の映画を作るのか。
未来授業2時間目。
テーマは、「目の前のケンカには負けていい」

【佐々木芽生】
ドキュメンタリー映像作家。
北海道札幌市生まれ。青山学院大学仏文科卒。1987年渡米。以来NY在住。
フリーのジャーナリストからNHKニューヨーク総局勤務を経て、2002年、映像制作プロダクション(株)ファイン・ライン・メディアをNYで設立。
2008年、初の監督・プロデュース作品『Herb & Dorothy 』を発表し、全米各地の映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞を受賞。
現在、続編の『Herb & Dorothy 50X50 』を製作中。

佐々木芽生 第1回 未来授業 Vol.114

 Podcast

 ダウンロードはこちら

佐々木芽生 第1回 未来授業 Vol.114のメイン画像

今週の講師は、ドキュメンタリー映画作家の佐々木芽生さんです。

佐々木さんが、監督とプロデューサーという二つの肩書きを持って、丸4年かけて制作したデビュー作品、「ハーブ&ドロシー」は2008年に全米で公開されました。
日本では、去年、全国50以上の劇場で公開され、現在も、美術館・アートフェア・ギャラリーなど様々な場所で上映が続いています。

最低限の予算しか無い状況で、どのようにして、最高の映画を作るのか。
未来授業1時間目。
テーマは、「不自由だからこそ生まれるもの」

【佐々木芽生】
ドキュメンタリー映像作家。
北海道札幌市生まれ。青山学院大学仏文科卒。1987年渡米。以来NY在住。
フリーのジャーナリストからNHKニューヨーク総局勤務を経て、2002年、映像制作プロダクション(株)ファイン・ライン・メディアをNYで設立。
2008年、初の監督・プロデュース作品『Herb & Dorothy 』を発表し、全米各地の映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞を受賞。
現在、続編の『Herb & Dorothy 50X50 』を製作中。

荻上チキ 第4回 未来授業 Vol.113

 Podcast

 ダウンロードはこちら

荻上チキ 第4回 未来授業 Vol.113のメイン画像

阪神・淡路大震災から17年を迎える今週は、災害時に、メディアが果たすべき役割について、考えます。

今週の講師は、評論家・荻上チキさん。
メディア論をはじめ、社会問題を幅広く評論する一方、東日本大震災の後、インターネット上に広がったさまざまな「デマ」の拡散を防ぐ活動でも話題になりました。

未来授業3時間目。テーマは『人と人を繋ぐメディア』

荻上さんは現在、気鋭の若手研究者たちが結集する「知」の交流スペース「シノドス」というウェブサイトで、メールマガジンなどの編集長として執筆もしています。
詳しくは「シノドス」のサイトをご覧下さい。http://synodos.jp/

【荻上チキ(おぎうえ・ちき)】
1981年生まれ。兵庫県出身。
評論家。「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長。
専門は、テクスト論、メディア論など。
著書『ウェブ炎上』『社会的な身体』など。
共著『いじめの直し方』など。
編著『経済成長って何で必要なんだろう』など。
連載中「SPA!」「サイゾー」など。

荻上チキ 第3回 未来授業 Vol.112

 Podcast

 ダウンロードはこちら

荻上チキ 第3回 未来授業 Vol.112のメイン画像

阪神・淡路大震災から17年を迎える今週は、災害時に、メディアが果たすべき役割について、考えます。

今週の講師は、評論家・荻上チキさん。
メディア論をはじめ、社会問題を幅広く評論する一方、東日本大震災の後、インターネット上に広がったさまざまな「デマ」の拡散を防ぐ活動でも話題になりました。

未来授業3時間目。テーマは『ローカルメディアの力』

荻上さんは現在、気鋭の若手研究者たちが結集する「知」の交流スペース「シノドス」というウェブサイトで、メールマガジンなどの編集長として執筆もしています。
詳しくは「シノドス」のサイトをご覧下さい。http://synodos.jp/

【荻上チキ(おぎうえ・ちき)】
1981年生まれ。兵庫県出身。
評論家。「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長。
専門は、テクスト論、メディア論など。
著書『ウェブ炎上』『社会的な身体』など。
共著『いじめの直し方』など。
編著『経済成長って何で必要なんだろう』など。
連載中「SPA!」「サイゾー」など。

荻上チキ 第2回 未来授業 Vol.111

 Podcast

 ダウンロードはこちら

荻上チキ 第2回 未来授業 Vol.111のメイン画像

阪神・淡路大震災から17年を迎える今週は、災害時に、メディアが果たすべき役割について、考えます。

今週の講師は、評論家・荻上チキさん。
メディア論をはじめ、社会問題を幅広く評論する一方、東日本大震災の後、インターネット上に広がったさまざまな「デマ」の拡散を防ぐ活動でも話題になりました。

未来授業2時間目。テーマは『今後の災害に備える、“支援訓練”』

荻上さんは現在、気鋭の若手研究者たちが結集する「知」の交流スペース「シノドス」というウェブサイトで、メールマガジンなどの編集長として執筆もしています。
詳しくは「シノドス」のサイトをご覧下さい。http://synodos.jp/

【荻上チキ(おぎうえ・ちき)】
1981年生まれ。兵庫県出身。
評論家。「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長。
専門は、テクスト論、メディア論など。
著書『ウェブ炎上』『社会的な身体』など。
共著『いじめの直し方』など。
編著『経済成長って何で必要なんだろう』など。
連載中「SPA!」「サイゾー」など。

荻上チキ 第1回 未来授業 Vol.110

 Podcast

 ダウンロードはこちら

荻上チキ 第1回 未来授業 Vol.110のメイン画像

阪神・淡路大震災から17年を迎える今週は、災害時に、メディアが果たすべき役割について、考えます。

今週の講師は、評論家・荻上チキさん。
メディア論をはじめ、社会問題を幅広く評論する一方、東日本大震災の後、インターネット上に広がったさまざまな「デマ」の拡散を防ぐ活動でも話題になりました。

未来授業1時間目。テーマは『東日本大震災でソーシャルネットワークが果たした役割』

荻上さんは現在、気鋭の若手研究者たちが結集する「知」の交流スペース「シノドス」というウェブサイトで、メールマガジンなどの編集長として執筆もしています。
詳しくは「シノドス」のサイトをご覧下さい。http://synodos.jp/

【荻上チキ(おぎうえ・ちき)】
1981年生まれ。兵庫県出身。
評論家。「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長。
専門は、テクスト論、メディア論など。
著書『ウェブ炎上』『社会的な身体』など。
共著『いじめの直し方』など。
編著『経済成長って何で必要なんだろう』など。
連載中「SPA!」「サイゾー」など。

大屋裕二 第4回 未来授業 Vol.109

 Podcast

 ダウンロードはこちら

大屋裕二 第4回 未来授業 Vol.109のメイン画像

昨年11月3日と5日に放送した「FMフェスティバル2011 未来授業~明日の日本人たちへ」の講義の模様をダイジェストでお届けしています。

今週の講師は、九州大学・応用力学研究所 大屋裕二教授。

世界的なエネルギー問題、CO2削減、そして東日本大震災による原子力発電所事故を受けて今、風力などの再生可能エネルギーの開発・利用に注目が集まっています。そんな中、九州大学で、風レンズ風車と呼ばれる風力発電システムの開発に携わっている大屋教授。「風工学~風をあつめて、未来へ」というタイトルで昨年10月に福岡会場で行われた講義の模様をお届けします。

4時間目のテーマは『第三次産業革命 地球と共生する新しいパラダイム』

大屋裕二教授の講義の模様は、ビデオポッドキャストで、ノーカット・フルサイズでも配信中です。
http://fes.jfn.co.jp/

大屋裕二 第3回 未来授業 Vol.108

 Podcast

 ダウンロードはこちら

大屋裕二 第3回 未来授業 Vol.108のメイン画像

昨年11月3日と5日に放送した「FMフェスティバル2011 未来授業~明日の日本人たちへ」の講義の模様をダイジェストでお届けしています。

今週の講師は、九州大学・応用力学研究所 大屋裕二教授。

世界的なエネルギー問題、CO2削減、そして東日本大震災による原子力発電所事故を受けて今、風力などの再生可能エネルギーの開発・利用に注目が集まっています。そんな中、九州大学で、風レンズ風車と呼ばれる風力発電システムの開発に携わっている大屋教授。「風工学~風をあつめて、未来へ」というタイトルで昨年10月に福岡会場で行われた講義の模様をお届けします。

3時間目は大屋教授が携わっている、「風レンズ風車」を使用したエネルギーファームについてお話いただきます。

テーマは『世界初の多目的エネルギーファームとは』。

大屋裕二教授の講義の模様は、ビデオポッドキャストで、ノーカット・フルサイズでも配信中です。
http://fes.jfn.co.jp/

大屋裕二 第2回 未来授業 Vol.107

 Podcast

 ダウンロードはこちら

大屋裕二 第2回 未来授業 Vol.107のメイン画像

昨年11月3日と5日に放送した「FMフェスティバル2011 未来授業~明日の日本人たちへ」の講義の模様をダイジェストでお届けしています。

今週の講師は、九州大学・応用力学研究所 大屋裕二教授。

世界的なエネルギー問題、CO2削減、そして東日本大震災による原子力発電所事故を受けて今、風力などの再生可能エネルギーの開発・利用に注目が集まっています。そんな中、九州大学で、風レンズ風車と呼ばれる風力発電システムの開発に携わっている大屋教授。「風工学~風をあつめて、未来へ」というタイトルで昨年10月に福岡会場で行われた講義の模様をお届けします。

2時間目のテーマは『日本における風力エネルギーの可能性』

大屋裕二教授の講義の模様は、ビデオポッドキャストで、ノーカット・フルサイズでも配信中です。
http://fes.jfn.co.jp/

大屋裕二 第1回 未来授業 Vol.106

 Podcast

 ダウンロードはこちら

大屋裕二 第1回 未来授業 Vol.106のメイン画像

昨年11月3日と5日に放送した「FMフェスティバル2011 未来授業~明日の日本人たちへ」の講義の模様をダイジェストでお届けしています。

今週の講師は、九州大学・応用力学研究所 大屋裕二教授。

世界的なエネルギー問題、CO2削減、そして東日本大震災による原子力発電所事故を受けて今、風力などの再生可能エネルギーの開発・利用に注目が集まっています。そんな中、九州大学で、風レンズ風車と呼ばれる風力発電システムの開発に携わっている大屋教授。「風工学~風をあつめて、未来へ」というタイトルで昨年10月に福岡会場で行われた講義の模様をお届けします。

1時間目のテーマは『風力エネルギーの背景と現状』

大屋裕二教授の講義の模様は、ビデオポッドキャストで、ノーカット・フルサイズでも配信中です。
http://fes.jfn.co.jp/

内館牧子 第4回 未来授業 Vol.105

 Podcast

 ダウンロードはこちら

内館牧子 第4回 未来授業 Vol.105のメイン画像

今週は、昨年、11月5日に放送した特別番組、「FMフェスティバル2011 未来授業~復興スペシャルIN仙台」の公開授業から、脚本家の内館牧子さんの講義の模様をお送りします。

東北にゆかりのある作家として、震災後は、復興構想会議の委員を務める内館牧子さん。
東北に暮らす大学生に向けておこなった講義のタイトルは、「逆境からの復興」でした。

未来授業。4時間目。テーマは、「生きるための言葉」


内館牧子さんの講義の模様は、ビデオポッドキャストで、ノーカット・フルサイズでも配信中です。
http://fes.jfn.co.jp/

【内館牧子】
脚本家、作家。
秋田市生まれ。武蔵野美術大学卒業後、三菱重工業入社。 13年半のOL生活を経て、1988年に脚本家デビュー。 2006年、東北大学大学院文学研究科修了。
東日本大震災復興構想会議委員。
東京都教育委員会委員、ノースアジア大学客員教授。

内館牧子 第3回 未来授業 Vol.104

 Podcast

 ダウンロードはこちら

内館牧子 第3回 未来授業 Vol.104のメイン画像

今週は、昨年、11月5日に放送した特別番組、「FMフェスティバル2011 未来授業~復興スペシャルIN仙台」の公開授業から、脚本家の内館牧子さんの講義の模様をお送りします。

東北にゆかりのある作家として、震災後は、復興構想会議の委員を務める内館牧子さん。
東北に暮らす大学生に向けておこなった講義のタイトルは、「逆境からの復興」でした。

未来授業。3時間目。テーマは、「自分の才能にどうやって気がつくか」


内館牧子さんの講義の模様は、ビデオポッドキャストで、ノーカット・フルサイズでも配信中です。
http://fes.jfn.co.jp/

【内館牧子】
脚本家、作家。
秋田市生まれ。武蔵野美術大学卒業後、三菱重工業入社。 13年半のOL生活を経て、1988年に脚本家デビュー。 2006年、東北大学大学院文学研究科修了。
東日本大震災復興構想会議委員。
東京都教育委員会委員、ノースアジア大学客員教授。

内館牧子 第2回 未来授業 Vol.103

 Podcast

 ダウンロードはこちら

内館牧子 第2回 未来授業 Vol.103のメイン画像

今週は、昨年、11月5日に放送した特別番組、「FMフェスティバル2011 未来授業~復興スペシャルIN仙台」の公開授業から、脚本家の内館牧子さんの講義の模様をお送りします。

東北にゆかりのある作家として、震災後は、復興構想会議の委員を務める内館牧子さん。
東北に暮らす大学生に向けておこなった講義のタイトルは、「逆境からの復興」でした。

未来授業。2時間目。テーマは、「心意気と覚悟」


内館牧子さんの講義の模様は、ビデオポッドキャストで、ノーカット・フルサイズでも配信中です。
http://fes.jfn.co.jp/

【内館牧子】
脚本家、作家。
秋田市生まれ。武蔵野美術大学卒業後、三菱重工業入社。 13年半のOL生活を経て、1988年に脚本家デビュー。 2006年、東北大学大学院文学研究科修了。
東日本大震災復興構想会議委員。
東京都教育委員会委員、ノースアジア大学客員教授。

内館牧子 第1回 未来授業 Vol.102

 Podcast

 ダウンロードはこちら

内館牧子 第1回 未来授業 Vol.102のメイン画像

今週は、昨年、11月5日に放送した特別番組、「FMフェスティバル2011 未来授業~復興スペシャルIN仙台」の公開授業から、脚本家の内館牧子さんの講義の模様をお送りします。

東北にゆかりのある作家として、震災後は、復興構想会議の委員を務める内館牧子さん。
東北に暮らす大学生に向けておこなった講義のタイトルは、「逆境からの復興」でした。

未来授業。1時間目。テーマは、「40歳からのデビュー」


内館牧子さんの講義の模様は、ビデオポッドキャストで、ノーカット・フルサイズでも配信中です。
http://fes.jfn.co.jp/

【内館牧子】
脚本家、作家。
秋田市生まれ。武蔵野美術大学卒業後、三菱重工業入社。 13年半のOL生活を経て、1988年に脚本家デビュー。 2006年、東北大学大学院文学研究科修了。
東日本大震災復興構想会議委員。
東京都教育委員会委員、ノースアジア大学客員教授。