山下芳樹 第4回 未来授業 Vol.189

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山下芳樹 第4回 未来授業 Vol.189のメイン画像

今週の講師は、立命館大学 子ども社会学専攻 山下芳樹教授。
山下教授は、小学校から高校までの理科や科学の授業内容、そして教員を目指す学生の指導に、長年携わっています。

福島第一原発の事故から1年を経て、今年度から中学3年生の授業では、30年ぶりに、放射線に関する授業が行なわれることになります。

ただ海外では、日本と比べて ずっと進んだ形の放射線教育がすでに行なわれている国もある、と山下教授は話しています。

未来授業4時間目。テーマは『生きていくための科学』

【山下芳樹】
立命館大学産業社会学部子ども社会専攻・教授。小学校から高校までの理科や科学の授業内容、教員を目指す学生の指導に長年携わる。著書に『大人のためのサイエンスIQ』『理数オンチも科学にめざめる 高校物理「検定外」教科書』『新しい高校物理の教科書』『授業づくりのための理科教育法』ほか。

山下芳樹 第3回 未来授業 Vol.188

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山下芳樹 第3回 未来授業 Vol.188のメイン画像

今週の講師は、立命館大学 子ども社会学専攻 山下芳樹教授。
山下教授は、小学校から高校までの理科や科学の授業内容、そして教員を目指す学生の指導に、長年携わっています。

放射線の影響に関する関心が高まる中、今年度から中学3年生の授業で始まる「放射線教育」。
現場の先生たちの間では、不安や困惑の声もあるということですが、山下教授は実はそこに、理科や科学を学ぶことの本質があると話しています。

未来授業3時間目。テーマは『リスクとベネフィット』

【山下芳樹】
立命館大学産業社会学部子ども社会専攻・教授。小学校から高校までの理科や科学の授業内容、教員を目指す学生の指導に長年携わる。著書に『大人のためのサイエンスIQ』『理数オンチも科学にめざめる 高校物理「検定外」教科書』『新しい高校物理の教科書』『授業づくりのための理科教育法』ほか。

山下芳樹 第2回 未来授業 Vol.187

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山下芳樹 第2回 未来授業 Vol.187のメイン画像

今週の講師は、立命館大学 子ども社会学専攻 山下芳樹教授。
山下教授は、小学校から高校までの理科や科学の授業内容、そして教員を目指す学生の指導に、長年携わっています。

今年の4月に新学習指導要領が実施され、中学3年生の教科書に「放射線の利用」を主とした記述が盛り込まれました。
一方それとは別に、福島第一原発の事故を受けて「放射線のリスク」を学ぶ 「副読本」も作られています。

2つの放射線教育を巡り、今、教育現場では何が起きているのか。
山下教授は、こう指摘しています。

未来授業2時間目、テーマは『先生たちの苦悩』

【山下芳樹】
立命館大学産業社会学部子ども社会専攻・教授。小学校から高校までの理科や科学の授業内容、教員を目指す学生の指導に長年携わる。著書に『大人のためのサイエンスIQ』『理数オンチも科学にめざめる 高校物理「検定外」教科書』『新しい高校物理の教科書』『授業づくりのための理科教育法』ほか。

山下芳樹 第1回 未来授業 Vol.186

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山下芳樹 第1回 未来授業 Vol.186のメイン画像

今週の講師は、立命館大学 子ども社会学専攻 山下芳樹教授。
山下教授は、小学校から高校までの理科や科学の授業内容、そして教員を目指す学生の指導に、長年携わっています。

今年の4月、中学校3年生の理科の教科書に、30年ぶりに「放射線」に関する記述が復活しました。
そこで今週は、今後 学校で行なわれる放射線教育とはどんなものなのか、そして、子どもたちが学ぶ「科学」の本来の目的について伺います。

未来授業1時間目、テーマは『2つの放射線教育』

【山下芳樹】
立命館大学産業社会学部子ども社会専攻・教授。小学校から高校までの理科や科学の授業内容、教員を目指す学生の指導に長年携わる。著書に『大人のためのサイエンスIQ』『理数オンチも科学にめざめる 高校物理「検定外」教科書』『新しい高校物理の教科書』『授業づくりのための理科教育法』ほか。

片田敏孝 第4回 未来授業 Vol.185

 Podcast

 ダウンロードはこちら

片田敏孝 第4回 未来授業 Vol.185のメイン画像

今週の講師は群馬大学大学院教授、広域首都圏防災研究センター長の片田敏孝さんです。

今回の震災で子ども達の多くの命を救った、岩手県釜石市の「防災教育」。「釜石の奇跡」とも呼ばれた子供たちの自発的な避難行動から、私達が学ぶべき「首都圏での防災」を考えます。

釜石の「危機管理アドバイザー」として防災教育に携わってきた片田さんは、人間の防災意識、防災行動についても、長年研究を続けています。「災害時に逃げない人が多いのはどうしてなのか」。これも大きな研究テーマの一つのです。

未来授業4時間目、『災害と避難の、本当の敵』。

【片田敏孝】
昭和35年岐阜県生まれ。群馬大学大学院工学研究科教授、広域首都圏防災研究センター長。専門は災害社会工学。災害への危機管理対応、災害情報伝達、防災教育、避難誘導策のあり方等について研究するとともに、地域での防災活動を全国各地で展開している。特に、釜石市においては、平成16年から児童・生徒を中心とした津波防災教育に取り組んでおり、地域の災害文化としての災いをやり過ごす知恵や災害に立ち向かう主体的姿勢の定着を図ってきた。著書に『人が死なない防災』。

片田敏孝 第3回 未来授業 Vol.184

 Podcast

 ダウンロードはこちら

片田敏孝 第3回 未来授業 Vol.184のメイン画像

今週の講師は群馬大学大学院教授、広域首都圏防災研究センター長の片田敏孝さん。

今回の震災で子ども達の多くの命を救った、岩手県釜石市の「防災教育」。そんな釜石の防災教育に長年に渡って携わってきた片田敏孝さん。
全国各地で、次なる巨大地震や災害の危険性が叫ばれる中、「釜石の奇跡」とも呼ばれた子供たちの自発的な避難行動から私達が学ぶべき「首都圏での防災」とは。

未来授業3時間目、テーマは『一人一人が生き切る』。

【片田敏孝】
昭和35年岐阜県生まれ。群馬大学大学院工学研究科教授、広域首都圏防災研究センター長。専門は災害社会工学。災害への危機管理対応、災害情報伝達、防災教育、避難誘導策のあり方等について研究するとともに、地域での防災活動を全国各地で展開している。特に、釜石市においては、平成16年から児童・生徒を中心とした津波防災教育に取り組んでおり、地域の災害文化としての災いをやり過ごす知恵や災害に立ち向かう主体的姿勢の定着を図ってきた。著書に『人が死なない防災』。

片田敏孝 第2回 未来授業 Vol.183

 Podcast

 ダウンロードはこちら

片田敏孝 第2回 未来授業 Vol.183のメイン画像

今週の講師は群馬大学大学院教授、広域首都圏防災研究センター長の片田敏孝さん。

小中学生およそ3000人が大津波から逃れ、無事だった岩手県釜石市。そんな釜石の防災教育に長年に渡って携わってきた片田敏孝さん。「釜石の奇跡」とも呼ばれた子供たちの自発的な避難行動から、私達が学ぶべき「首都圏での防災」を考えます。

「釜石の奇跡」とも呼ばれた子供たちの自発的な避難行動。けれども片田さんは、それを「言葉通りに受け取ることはできない」といいます。

未来授業2時間目、テーマは『「釜石の奇跡」の真実』。

【片田敏孝】
昭和35年岐阜県生まれ。群馬大学大学院工学研究科教授、広域首都圏防災研究センター長。専門は災害社会工学。災害への危機管理対応、災害情報伝達、防災教育、避難誘導策のあり方等について研究するとともに、地域での防災活動を全国各地で展開している。特に、釜石市においては、平成16年から児童・生徒を中心とした津波防災教育に取り組んでおり、地域の災害文化としての災いをやり過ごす知恵や災害に立ち向かう主体的姿勢の定着を図ってきた。著書に『人が死なない防災』。

片田敏孝 第1回 未来授業 Vol.182

 Podcast

 ダウンロードはこちら

片田敏孝 第1回 未来授業 Vol.182のメイン画像

今週の講師は群馬大学大学院教授、広域首都圏防災研究センター長の片田敏孝さん。

岩手県釜石市は津波で大きな被害を受けましたが、小中学生およそ3000人のほとんどが津波を逃れ、無事でした。そんな釜石の防災教育に長年に渡って携わってきた片田敏孝さん。「釜石の奇跡」とも呼ばれた子供たちの自発的な避難行動から、私達が学ぶべき「首都圏での防災」を考えます。

子どもたちの命を救った「釜石の防災教育」は、どのように行われたのでしょうか?

未来授業1時間目、テーマは『姿勢の防災教育』。

【片田敏孝】
昭和35年岐阜県生まれ。群馬大学大学院工学研究科教授、広域首都圏防災研究センター長。専門は災害社会工学。災害への危機管理対応、災害情報伝達、防災教育、避難誘導策のあり方等について研究するとともに、地域での防災活動を全国各地で展開している。特に、釜石市においては、平成16年から児童・生徒を中心とした津波防災教育に取り組んでおり、地域の災害文化としての災いをやり過ごす知恵や災害に立ち向かう主体的姿勢の定着を図ってきた。著書に『人が死なない防災』。

KAGAYA 第4回 未来授業 Vol.181

 Podcast

 ダウンロードはこちら

KAGAYA 第4回 未来授業 Vol.181のメイン画像

今週の講師は、デジタルグラフィックアーティスト、KAGAYAさん。
絵画の制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的な先駆者で、プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」は全国各地で上映されて大ヒット。
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで描く透明感あふれる世界は、観る人を「宇宙」へと誘います。

観る人を「宇宙」へと誘います。
少年時代から宇宙への憧れを抱き、天体観測や自然現象のために、世界各地を訪れているKAGAYAさん。
「これだけは一生に一度ぜひ見てほしい!」という自然現象があるそうです。

未来授業4時間目、テーマは『大切なことは宇宙が教えてくれる』。

【KAGAYA】
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで、宇宙と神話の世界を描くアーティスト。
絵画制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的先駆者。 ハイパーリアリズムと透明感あふれる独特の色彩感覚は国内外で高い評価と注目を集めている。
プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が全国各地で上映され大ヒット。作品展示や上映が世界的に行われている。
天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はKagayayutaka (カガヤユタカ)と命名されている。

KAGAYA 第3回 未来授業 Vol.180

 Podcast

 ダウンロードはこちら

KAGAYA 第3回 未来授業 Vol.180のメイン画像

今週の講師は、デジタルグラフィックアーティスト、KAGAYAさん。
絵画の制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的な先駆者で、プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」は全国各地で上映されて大ヒット。
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで描く透明感あふれる世界は、観る人を「宇宙」へと誘います。

少年時代から天体に興味を抱き、天文学者顔負けの知識を持つKAGAYAさんは、2010年「はやぶさ」が大気圏に突入した瞬間を映像に捉えたことでも話題となりました。撮影には3台のカメラを使用。万全の態勢で臨んだと言います。

未来授業3時間目、テーマは『はやぶさ、宇宙の旅』。

【KAGAYA】
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで、宇宙と神話の世界を描くアーティスト。
絵画制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的先駆者。 ハイパーリアリズムと透明感あふれる独特の色彩感覚は国内外で高い評価と注目を集めている。
プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が全国各地で上映され大ヒット。作品展示や上映が世界的に行われている。
天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はKagayayutaka (カガヤユタカ)と命名されている。

KAGAYA 第2回 未来授業 Vol.179

 Podcast

 ダウンロードはこちら

KAGAYA 第2回 未来授業 Vol.179のメイン画像

今週の講師は、デジタルグラフィックアーティスト、KAGAYAさん。
絵画の制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的な先駆者で、プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」は全国各地で上映されて大ヒット。
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで描く透明感あふれる世界は、観る人を「宇宙」へと誘います。

未来授業2時間目、テーマは『宇宙と地球』。

【KAGAYA】
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで、宇宙と神話の世界を描くアーティスト。
絵画制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的先駆者。 ハイパーリアリズムと透明感あふれる独特の色彩感覚は国内外で高い評価と注目を集めている。
プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が全国各地で上映され大ヒット。作品展示や上映が世界的に行われている。
天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はKagayayutaka (カガヤユタカ)と命名されている。

KAGAYA 第1回 未来授業 Vol.178

 Podcast

 ダウンロードはこちら

KAGAYA 第1回 未来授業 Vol.178のメイン画像

今週の講師は、デジタルグラフィックアーティスト、KAGAYAさん。
絵画の制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的な先駆者で、プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」は全国各地で上映されて大ヒット。
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで描く透明感あふれる世界は、観る人を「宇宙」へと誘います。

来週、日本の広い範囲で観測が期待される「金環日食」。
KAGAYAさんは、この世紀の天体ショーを、どのような想いで待ち受けているんでしょうか。

未来授業1時間目、テーマは『宇宙に出会う』。

【KAGAYA】
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで、宇宙と神話の世界を描くアーティスト。
絵画制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的先駆者。 ハイパーリアリズムと透明感あふれる独特の色彩感覚は国内外で高い評価と注目を集めている。
プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が全国各地で上映され大ヒット。作品展示や上映が世界的に行われている。
天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はKagayayutaka (カガヤユタカ)と命名されている。

開沼博 第4回 未来授業 Vol.177

 Podcast

 ダウンロードはこちら

開沼博 第4回 未来授業 Vol.177のメイン画像

今週の講師は、東京大学大学院の社会学者 開沼博さん。
福島県いわき市出身。2006年から、福島などの原発立地地域と、そこで生活する人々を研究し続ける若手研究者です。
修士論文をまとめた著書「フクシマ論 原子力ムラはなぜ生まれたのか」は、昨年の福島第一原発の事故を契機に、おおきな脚光を浴びました。

今後もこの問題と向き合っていくことになる私たち、そして若い世代に、必要な考え方を伺いました。

未来授業4時間目。テーマは『新しい作法』

【開沼博】
1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。専攻は社会学。著書に『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久氏との共著)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。学術誌の他、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。第65回毎日出版文化賞人文・社会部門受賞。

開沼博 第3回 未来授業 Vol.176

 Podcast

 ダウンロードはこちら

開沼博 第3回 未来授業 Vol.176のメイン画像

今週の講師は、東京大学大学院の社会学者 開沼博さん。
福島県いわき市出身。2006年から、福島などの原発立地地域と、そこで生活する人々を研究し続ける若手研究者です。
修士論文をまとめた著書「フクシマ論 原子力ムラはなぜ生まれたのか」は、昨年の福島第一原発の事故を契機に、おおきな脚光を浴びました。

原発と共生する地域を内側から見つけてきた開沼さんに、立地地域が抱える問題を、私たちはどう考えるべきなのかを伺っていきます。

未来授業3時間目。テーマは『原発のある地域と、ない地域』

【開沼博】
1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。専攻は社会学。著書に『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久氏との共著)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。学術誌の他、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。第65回毎日出版文化賞人文・社会部門受賞。

開沼博 第2回 未来授業 Vol.175

 Podcast

 ダウンロードはこちら

開沼博 第2回 未来授業 Vol.175のメイン画像

原発と共生する地域を内側から見つけてきた開沼さんに、立地地域が抱える問題を、私たちはどう考えるべきなのかを伺っていきます。

福島第一原発の事故から丸一年。
大飯原発再稼働問題が揺れ動くなか、福島第一原発周辺では、警戒区域、避難区域の再編・解除が始まっています。

福島の人たちはいま、何を考えているのか?開沼さんの見解です。

未来授業2時間目、テーマは『フクシマの人たちの、いま』

【開沼博】
1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。専攻は社会学。著書に『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久氏との共著)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。学術誌の他、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。第65回毎日出版文化賞人文・社会部門受賞。

開沼博 第1回 未来授業 Vol.174

 Podcast

 ダウンロードはこちら

開沼博 第1回 未来授業 Vol.174のメイン画像

原発と共生する地域を内側から見つけてきた開沼さんに、立地地域が抱える問題を、私たちはどう考えるべきなのかを伺っていきます。

北海道・泊原発が停止、福井県大飯原発の再稼働問題が注目される一方、浜岡原発のある静岡県御前崎市では、原発を推進してきた現職候補が市民によって再選されています。立地地域の人々にとって、原発とはどんな存在なのか、開沼さんの分析です。

未来授業1時間目、テーマは『原発を受け入れるということ』

【開沼博】
1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。専攻は社会学。著書に『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久氏との共著)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。学術誌の他、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。第65回毎日出版文化賞人文・社会部門受賞。

有馬頼底 第4回 未来授業 Vol.173

 Podcast

 ダウンロードはこちら

有馬頼底 第4回 未来授業 Vol.173のメイン画像

今週の講師は、現代日本の仏教界を代表する禅僧、有馬頼底さん。京都仏教会理事長として京都の伝統の保持と発展に尽くし、相国寺管長にして、金閣寺・銀閣寺の住職でいらっしゃいます。

また有馬さんは、京都仏教会理事長としても、京都の伝統の保持と発展に尽くしていらっしゃいます。そんな有馬さんが、未来に伝えたいこととは。

未来授業4時間目、テーマは『未来へのメッセージ』

有馬頼底 第3回 未来授業 Vol.172

 Podcast

 ダウンロードはこちら

有馬頼底 第3回 未来授業 Vol.172のメイン画像

今週の講師は、現代日本の仏教界を代表する禅僧、有馬頼底さん。京都仏教会理事長として京都の伝統の保持と発展に尽くし、相国寺管長にして、金閣寺・銀閣寺の住職でいらっしゃいます。

日本人は、7割が無宗教と答えるといわれますが、生活や行事にはさまざまな宗教の考え方が入ってきていることも事実です。有馬さんからみて、日本人と仏教界との関わり方は、今後どのようになっていくのでしょうか?
    
未来授業3時間目、テーマは『日本人と仏教の関わり方』

有馬頼底 第2回 未来授業 Vol.171

 Podcast

 ダウンロードはこちら

有馬頼底 第2回 未来授業 Vol.171のメイン画像

今週の講師は、現代日本の仏教界を代表する禅僧、有馬頼底さん。京都仏教会理事長として京都の伝統の保持と発展に尽くし、相国寺管長にして、金閣寺・銀閣寺の住職でいらっしゃいます。

現代社会を生きる日本人は、常に不安や悩みを抱えています。有馬頼底さんは仏教者という立場から、禅の教えが実社会に通じることを今こそ語るべきときだおっしゃっています。

未来授業2時間目、テーマは『持たない生き方』。