武澤秀一 第4回 未来授業 Vol.396

 Podcast

 ダウンロードはこちら

武澤秀一 第4回 未来授業 Vol.396のメイン画像

今週の講師は、建築家で著述家の、武澤秀一さん。
建築設計事務所を主宰するかたわら、歴史的な建造物の成り立ちや構造についても研究。
『伊勢神宮と天皇の謎』『伊勢神宮の謎を解く』などの著書があります。


歴史のうねりを超えて、変化を繰り返しながら、現代に受け継がれてきた
「伊勢神宮」と「式年遷宮」。
そこには、日本人の「神」に対する切実な想いがあったと、武澤さんはいいます。

未来授業4時間目、テーマは、『伊勢神宮と建築のDNA』
◆武澤秀一(たけざわ しゅういち)
建築家、著述家。
1947年群馬県前橋市生まれ。東大工学部・同大学院をへて東大助手を務めたのち、建築設計事務所を主宰。東大、法政大学、武蔵野美術大学、放送大学で非常勤講師を歴任。著書に『法隆寺の謎を解く』『伊勢神宮の謎を解く』(以上、ちくま新書)、『神社霊場 ルーツをめぐる』(光文社新書)、『空海 塔のコスモロジー』(春秋社)、『伊勢神宮と天皇の謎』(文春新書)など。

武澤秀一 第3回 未来授業 Vol.395

 Podcast

 ダウンロードはこちら

武澤秀一 第3回 未来授業 Vol.395のメイン画像

今週の講師は、建築家で著述家の、武澤秀一さん。
建築設計事務所を主宰するかたわら、歴史的な建造物の成り立ちや構造についても研究。
『伊勢神宮と天皇の謎』『伊勢神宮の謎を解く』などの著書があります。

今年20年に一度の「式年遷宮」を迎える伊勢神宮。
式年遷宮の始まりは西暦690年で、いまから1300年以上前のことです。

未来授業3時間目、テーマは、『変化しつづける神宮』

◆武澤秀一(たけざわ しゅういち)
建築家、著述家。
1947年群馬県前橋市生まれ。東大工学部・同大学院をへて東大助手を務めたのち、建築設計事務所を主宰。東大、法政大学、武蔵野美術大学、放送大学で非常勤講師を歴任。著書に『法隆寺の謎を解く』『伊勢神宮の謎を解く』(以上、ちくま新書)、『神社霊場 ルーツをめぐる』(光文社新書)、『空海 塔のコスモロジー』(春秋社)、『伊勢神宮と天皇の謎』(文春新書)など。

武澤秀一 第2回 未来授業 Vol.394

 Podcast

 ダウンロードはこちら

武澤秀一 第2回 未来授業 Vol.394のメイン画像

今週の講師は、建築家で著述家の、武澤秀一さん。
建築設計事務所を主宰するかたわら、歴史的な建造物の成り立ちや構造についても研究。
『伊勢神宮と天皇の謎』『伊勢神宮の謎を解く』などの著書があります。

今年20年に一度の「式年遷宮」にあたる伊勢神宮。
式年遷宮はいつごろ始まったのか?なぜ20年ごとに社殿を作りかえるのでしょうか?

未来授業2時間目、テーマは、『式年遷宮の謎』

◆武澤秀一(たけざわ しゅういち)
建築家、著述家。
1947年群馬県前橋市生まれ。東大工学部・同大学院をへて東大助手を務めたのち、建築設計事務所を主宰。東大、法政大学、武蔵野美術大学、放送大学で非常勤講師を歴任。著書に『法隆寺の謎を解く』『伊勢神宮の謎を解く』(以上、ちくま新書)、『神社霊場 ルーツをめぐる』(光文社新書)、『空海 塔のコスモロジー』(春秋社)、『伊勢神宮と天皇の謎』(文春新書)など。

武澤秀一 第1回 未来授業 Vol.393

 Podcast

 ダウンロードはこちら

武澤秀一 第1回 未来授業 Vol.393のメイン画像

今年伊勢神宮は、20年に一度の「式年遷宮」にあたります。
今週はそんな「伊勢神宮」にスポットをあてます。

講師は、建築家で著述家の、武澤秀一さん。
建築設計事務所を主宰するかたわら、歴史的な建造物の成り立ちや構造についても研究。
『伊勢神宮と天皇の謎』『伊勢神宮の謎を解く』などの著書があります。

未来授業1時間目、テーマは、『伊勢神宮 二つの大神宮』

◆武澤秀一(たけざわ しゅういち)
建築家、著述家。
1947年群馬県前橋市生まれ。東大工学部・同大学院をへて東大助手を務めたのち、建築設計事務所を主宰。東大、法政大学、武蔵野美術大学、放送大学で非常勤講師を歴任。著書に『法隆寺の謎を解く』『伊勢神宮の謎を解く』(以上、ちくま新書)、『神社霊場 ルーツをめぐる』(光文社新書)、『空海 塔のコスモロジー』(春秋社)、『伊勢神宮と天皇の謎』(文春新書)など。

土井隆義 第4回 未来授業 Vol. 392

 Podcast

 ダウンロードはこちら

土井隆義 第4回 未来授業 Vol. 392のメイン画像

今週の講師は、社会学者で 筑波大学教授の土井隆義さん。
少年の非行や犯罪心理にも詳しい土井さんが、
現代における特徴的な人間関係の問題として唱えた言葉が「つながり過剰症候群」です。

関係を壊したくないから、現状を維持する為にわかりすいキャラクターを演じる。
キャラ化した人々は他人の評価ばかりを気にするようになり、
より多くの他者からの承認を求めずにはいられなくなります。

そうゆう人間関係が主流の社会にあって、ではどのような心構えをもつことが、人生を豊かにしてくれるのか。

未来授業4時間目。テーマは「軸足を増やす」

【土井隆義 (どい・たかよし)】
社会学者。筑波大学人文社会系教授。
主な著書に『少年犯罪〈減少〉のパラドクス (若者の気分)』
『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』
『キャラ化する/される子どもたち―排除型社会における新たな人間像』など

土井隆義 第3回 未来授業 Vol. 391

 Podcast

 ダウンロードはこちら

土井隆義 第3回 未来授業 Vol. 391のメイン画像

今週の講師は、社会学者で 筑波大学教授の土井隆義さん。
少年の非行や犯罪心理にも詳しい土井さんが、
現代における特徴的な人間関係の問題として唱えた言葉が「つながり過剰症候群」です。

互いに踏み込み過ぎない、立ち入り過ぎないようにする人間関係は、
「やさしい関係」ではあるけれど、深まることはあまりない。
現状の関係をキープする為に、みんながキャラクターを演じる時代だと言います。

様々な価値観が存在する今、特定のひとりに認められるよりも、
不特定の多くから評価を受けた方が、自信になる。
これも、「つながり過剰症候群」の時代の特徴なのだそうです。

今週の未来授業。3時間目。
『自己承認と、AKB48 前田敦子』

【土井隆義 (どい・たかよし)】
社会学者。筑波大学人文社会系教授。
主な著書に『少年犯罪〈減少〉のパラドクス (若者の気分)』
『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』
『キャラ化する/される子どもたち―排除型社会における新たな人間像』など

土井隆義 第2回 未来授業 Vol. 390

 Podcast

 ダウンロードはこちら

土井隆義 第2回 未来授業 Vol. 390のメイン画像

今週の講師は、社会学者で 筑波大学教授の土井隆義さん。
少年の非行や犯罪心理にも詳しい土井さんが、
現代における特徴的な人間関係の問題として唱えた言葉が「つながり過剰症候群」です。

人は、誰かとつながっていないと不安になる。
しかし、インターネットの普及で、24時間常に繋がっていなければならない、
相互に監視されているような社会の窮屈さも問題だと言います。

「つながり過剰症候群」について伺っている今週の未来授業。
2時間目のテーマは、
『優しい関係とキャラクター化』

【土井隆義 (どい・たかよし)】
社会学者。筑波大学人文社会系教授。
主な著書に『少年犯罪〈減少〉のパラドクス (若者の気分)』
『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』
『キャラ化する/される子どもたち―排除型社会における新たな人間像』など

土井隆義 第1回 未来授業 Vol. 389

 Podcast

 ダウンロードはこちら

土井隆義 第1回 未来授業 Vol. 389のメイン画像

今週の講師は、社会学者で 筑波大学教授の土井隆義さん。
少年の非行や犯罪心理に詳しい土井さんは、現代における特徴的な人間関係の問題を様々なキーワードで指摘しています。その一つが『つながり過剰症候群』。

電子メールやフェイスブック、そして、ツイッターにラインなど、コミュニケーションをとる手段、ツールが急速に普及している今の時代は、人が、他人と関係を持つ、つながることに不安を覚えているのだと言います。

誰もが陥る可能性がある人間関係の落とし穴=「つながり過剰症候群」とは、どのようなものなのか。

未来授業1時間目。テーマは、『つながり過剰症候群のメンタリティ』


【土井隆義 (どい・たかよし)】
社会学者。筑波大学人文社会系教授。
主な著書に『少年犯罪〈減少〉のパラドクス (若者の気分)』
『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』
『キャラ化する/される子どもたち―排除型社会における新たな人間像』など

田向健一 第4回 未来授業 Vol.388

 Podcast

 ダウンロードはこちら

田向健一 第4回 未来授業 Vol.388のメイン画像

今週の講師は、田園調布動物病院 院長 田向健一(たむかい・けんいち)さん。
爬虫類や両生類など、犬や猫以外の小動物を積極的に受け入れることで知られる、“エキゾチックペット医療”のエキスパートです。

生活環境や動物に対する考え方、医療技術などペットと飼い主をとりまく環境が大きく変化した今、ペットの主な死因として「がん」が上位にあると言います。

もし、自分のペットが「がん」になってしまったら。その時、獣医師は何を伝え、飼い主はどう受け止めるべきなのでしょうか。

未来授業4時間目。
テーマは『後悔のない選択』

【田向健一】
1973年愛知県生まれ。獣医師。
1998年麻布大学獣医学科卒業。学生時代は探検部に所属し、アマゾンやガラパゴス、ボルネオなど、様々な動物をみるために歴訪。卒業後は神奈川県の動物病院勤務を経て田園調布動物病院を開業。爬虫類や両生類など、犬や猫以外の小動物を積極的に受け入れる“エキゾチックペット医療”のエキスパートとして知られる。
著作に「珍獣の医学」「“珍獣ドクター"の動物よろず相談記」など。

田向健一 第3回 未来授業 Vol.387

 Podcast

 ダウンロードはこちら

田向健一 第3回 未来授業 Vol.387のメイン画像

今週の講師は、田園調布動物病院 院長 田向健一(たむかい・けんいち)さん。
爬虫類や両生類など、犬や猫以外の小動物を積極的に受け入れることで知られる、“エキゾチックペット医療”のエキスパートです。
診療の傍ら、大学で感染症の研究を続ける研究者としても活躍しています。

国内でも数少ない、エキゾチックペットの治療を行う病院の院長として、1日に何十匹もの動物の診察。多忙な日々を送る田向さん。
獣医師という仕事に、どんな気持ちで向き合っているのでしょうか。

未来授業3時間目。
テーマは『宿命と、使命感』

【田向健一】
1973年愛知県生まれ。獣医師。
1998年麻布大学獣医学科卒業。学生時代は探検部に所属し、アマゾンやガラパゴス、ボルネオなど、様々な動物をみるために歴訪。卒業後は神奈川県の動物病院勤務を経て田園調布動物病院を開業。爬虫類や両生類など、犬や猫以外の小動物を積極的に受け入れる“エキゾチックペット医療”のエキスパートとして知られる。
著作に「珍獣の医学」「“珍獣ドクター"の動物よろず相談記」など。

田向健一 第2回 未来授業 Vol.386

 Podcast

 ダウンロードはこちら

田向健一 第2回 未来授業 Vol.386のメイン画像

今週の講師は、田園調布動物病院 院長 田向健一(たむかい・けんいち)さん。
爬虫類や両生類など、犬や猫以外の小動物を積極的に受け入れることで知られる、“エキゾチックペット医療”のエキスパートです。

この10年、20年で私達とペットをめぐる環境は大きく変わりました。
特にペットと飼い主の距離が近くなった、と田向さんは言います。
では、それに伴って、ペットの感染症を始めとした様々なリスクは、どう変化しているのでしょうか。

未来授業2時間目。
テーマは『ペットをめぐるリスク』

【田向健一】
1973年愛知県生まれ。獣医師。
1998年麻布大学獣医学科卒業。学生時代は探検部に所属し、アマゾンやガラパゴス、ボルネオなど、様々な動物をみるために歴訪。卒業後は神奈川県の動物病院勤務を経て田園調布動物病院を開業。爬虫類や両生類など、犬や猫以外の小動物を積極的に受け入れる“エキゾチックペット医療”のエキスパートとして知られる。
著作に「珍獣の医学」「“珍獣ドクター"の動物よろず相談記」など。

田向健一 第1回 未来授業 Vol.385

 Podcast

 ダウンロードはこちら

田向健一 第1回 未来授業 Vol.385のメイン画像

今週の講師は、田園調布動物病院 院長 田向健一(たむかい・けんいち)さん。
爬虫類や両生類など、犬や猫以外の小動物を積極的に受け入れることで知られる、“エキゾチックペット医療”のエキスパートです。
診療の傍ら、大学で感染症の研究を続ける研究者としても活躍しています。

今週は、獣医師として100種類以上の動物の診療を手がけてきた田向さんに、ペットをめぐる日本人の今、獣医師の役割について伺っていきます。

未来授業1時間目。
テーマは『飼い主と動物の距離』

【田向健一】
1973年愛知県生まれ。獣医師。
1998年麻布大学獣医学科卒業。学生時代は探検部に所属し、アマゾンやガラパゴス、ボルネオなど、様々な動物をみるために歴訪。卒業後は神奈川県の動物病院勤務を経て田園調布動物病院を開業。爬虫類や両生類など、犬や猫以外の小動物を積極的に受け入れる“エキゾチックペット医療”のエキスパートとして知られる。
著作に「珍獣の医学」「“珍獣ドクター"の動物よろず相談記」など。

船橋洋一 第4回 未来授業 Vol.384

 Podcast

 ダウンロードはこちら

船橋洋一 第4回 未来授業 Vol.384のメイン画像

今週の講師は、今週の講師は、ジャーナリスト、船橋洋一さん。
朝日新聞社主筆を経て、フリーに。
独立系シンクタンク「財団法人日本再生イニシアティブ」を設立。
民間の事故検証委員会を立ち上げて、フクシマの原発事故を徹底的に調査。
その様子をまとめた著書「カウントダウンメルトダウン」は10万部を超えるベストセラーになり、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

福島第一原発では、いまだに汚染水漏れが問題となり、放射性廃棄物の処理も棚上げになったままです。

一方で、原発の再稼働やむなし、という議論もあります。

わたしたちが、フクシマの事故から学ぶべきこととは?

未来授業4時間目、テーマは、『フクシマの教訓』

【船橋洋一】
朝日新聞社主筆を経て、フリーに。独立系シンクタンク「財団法人日本再生イニシアティブ」を設立。民間の事故検証委員会を立ち上げて、フクシマの原発事故を徹底的に調査。その様子をまとめた著書「カウントダウンメルトダウン」は10万部を超えるベストセラーになり、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

船橋洋一 第3回 未来授業 Vol.383

 Podcast

 ダウンロードはこちら

船橋洋一 第3回 未来授業 Vol.383のメイン画像

今週の講師は、今週の講師は、ジャーナリスト、船橋洋一さん。
朝日新聞社主筆を経て、フリーに。
独立系シンクタンク「財団法人日本再生イニシアティブ」を設立。
民間の事故検証委員会を立ち上げて、フクシマの原発事故を徹底的に調査。
その様子をまとめた著書「カウントダウンメルトダウン」は10万部を超えるベストセラーになり、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

震災の後、深刻なトラブルに見舞われたフクシマの原発。
事故対応を取材する中で浮かび上がってきたのは、事故が「収束不能の大参事」になる可能性を秘めていた事実です。

未来授業3時間目、テーマは、『フクシマ原発、最悪のシナリオ』

【船橋洋一】
朝日新聞社主筆を経て、フリーに。独立系シンクタンク「財団法人日本再生イニシアティブ」を設立。民間の事故検証委員会を立ち上げて、フクシマの原発事故を徹底的に調査。その様子をまとめた著書「カウントダウンメルトダウン」は10万部を超えるベストセラーになり、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

船橋洋一 第2回 未来授業 Vol.382

 Podcast

 ダウンロードはこちら

船橋洋一 第2回 未来授業 Vol.382のメイン画像

今週の講師は、今週の講師は、ジャーナリスト、船橋洋一さん。
朝日新聞社主筆を経て、フリーに。
独立系シンクタンク「財団法人日本再生イニシアティブ」を設立。
民間の事故検証委員会を立ち上げて、フクシマの原発事故を徹底的に調査。
その様子をまとめた著書「カウントダウンメルトダウン」は10万部を超えるベストセラーになり、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

震災の後、フクシマでは第一原発と第二原発で、深刻なトラブルに見舞われました。
現場で事故対応の指揮をとったのは、第一の吉田所長、そして第二の増田所長でした。

未来授業2時間目、テーマは、『情のリーダーと非情のリーダー』

【船橋洋一】
朝日新聞社主筆を経て、フリーに。独立系シンクタンク「財団法人日本再生イニシアティブ」を設立。民間の事故検証委員会を立ち上げて、フクシマの原発事故を徹底的に調査。その様子をまとめた著書「カウントダウンメルトダウン」は10万部を超えるベストセラーになり、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

船橋洋一 第1回 未来授業 Vol.381

 Podcast

 ダウンロードはこちら

船橋洋一 第1回 未来授業 Vol.381のメイン画像

今週の講師は、今週の講師は、ジャーナリスト、船橋洋一さん。東京電力福島第一原発事故で、日本は何を学び、何を教訓とすべきなのか。原発の事故対応から見えてくる「ニッポンの危機管理」とは?

未来授業1時間目、テーマは、『菅元総理のリーダーシップ』


【船橋洋一】
朝日新聞社主筆を経て、フリーに。独立系シンクタンク「財団法人日本再生イニシアティブ」を設立。民間の事故検証委員会を立ち上げて、フクシマの原発事故を徹底的に調査。その様子をまとめた著書「カウントダウンメルトダウン」は10万部を超えるベストセラーになり、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

関野吉晴 第4回 未来授業 Vol.380

 Podcast

 ダウンロードはこちら

関野吉晴 第4回 未来授業 Vol.380のメイン画像

今週の講師は、関野吉晴さん。およそ6万年前。アフリカを離れた人類が、ユーラシア大陸を経てアメリカへいたり、世界へ拡散した旅「グレートジャーニー」。その5万3000キロの道のりを、10年の歳月をかけてさかのぼり、その後も、人類の足跡を辿り続ける探検家です。

関野さんは、91年から2002年のグレートジャーニーのあと、2004年には「新グレートジャーニー 日本列島にやって来た人々」という、日本人の足跡を辿る旅も成し遂げています。

未来授業 4時間目。テーマは『旅をする意味。』

【関野吉晴】
一橋大学在学中に探検部を創設。1971年アマゾン全域踏査隊長としてアマゾン川全域を下る。その後25年間に32回、通算10年間以上にわたって、南米への旅を重ねる。横浜市大医学部に入学。医師となり、武蔵野赤十字病院、多摩川総合病院などに勤務。1993年からは、アフリカに誕生した人類がユーラシア大陸を通ってアメリカ大陸にまで拡散していった約5万3千キロの行程を、自らの脚力と腕力だけをたよりに遡行する旅「グレートジャーニー」を始める。2002年2月10日タンザニア・ラエトリにゴールした。2004年7月からは「新グレートジャーニー 日本列島にやって来た人々」をスタート。
現在、武蔵野美術大学教授(文化人類学)
国立科学博物館で開催中(2013年3月16日(土)~ 6月9日(日))の特別展、「グレートジャーニー」の監修を担当。

関野吉晴 第3回 未来授業 Vol.379

 Podcast

 ダウンロードはこちら

関野吉晴 第3回 未来授業 Vol.379のメイン画像

今週の講師は、関野吉晴さん。およそ6万年前。アフリカを離れた人類が、ユーラシア大陸を経てアメリカへいたり、世界へ拡散した旅「グレートジャーニー」。その5万3000キロの道のりを、10年の歳月をかけてさかのぼり、その後も、人類の足跡を辿り続ける探検家です。

誰も達成できなかった冒険の末、誰も到達したことのない場所にたどり着いた関野さん。
その「成功」の理由について、ご自身はどう考えているのでしょうか。

未来授業3時間目。テーマは『時間と、失敗』

【関野吉晴】
一橋大学在学中に探検部を創設。1971年アマゾン全域踏査隊長としてアマゾン川全域を下る。その後25年間に32回、通算10年間以上にわたって、南米への旅を重ねる。横浜市大医学部に入学。医師となり、武蔵野赤十字病院、多摩川総合病院などに勤務。1993年からは、アフリカに誕生した人類がユーラシア大陸を通ってアメリカ大陸にまで拡散していった約5万3千キロの行程を、自らの脚力と腕力だけをたよりに遡行する旅「グレートジャーニー」を始める。2002年2月10日タンザニア・ラエトリにゴールした。2004年7月からは「新グレートジャーニー 日本列島にやって来た人々」をスタート。
現在、武蔵野美術大学教授(文化人類学)
国立科学博物館で開催中(2013年3月16日(土)~ 6月9日(日))の特別展、「グレートジャーニー」の監修を担当。