山崎亮 第3回 未来授業 Vol. 431

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山崎亮 第3回 未来授業 Vol. 431のメイン画像

今週の講師は、コミュニティデザイナーの山崎亮さんです。
日本全国、人口200万人の大都市から人口2000人の離島に至るまで、さまざまな地域から依頼を受け、その地域を活性化するための提案をされています。
東日本大震災から2年半が経過。
山崎さんは今、福島第一原発事故の被害を受けた人たちとの対話を始めています。
福島をはじめとした被災地の復興と生活再建について、コミュニティデザインが果たすべき役割とは、一体どんなものなのでしょうか。

未来授業3時間目。テーマは『被災地の問題と、被災地以外の問題』

◆山崎亮
1973年生まれ。studio-L代表、京都造形芸術大学教授。地域が抱える課題を、地域に住む人々が解決するコミュニティデザインの第一人者。「海士町総合振興計画」「マルヤガーデンズ」でグッドデザイン賞を受賞。

著書に『コミュニティデザイン――人がつながるしくみをつくる』『つくること、つくらないこと』(以上、学芸出版社)、『コミュニティデザインの仕事』(BIOCITY50号記念増刊号)、『幸せに向かうデザイン』(日経BP社)、『まちの幸福論』(NHK出版)、『地域を変えるデザイン』『海士人』(英治出版)など。

山崎亮 第2回 未来授業 Vol. 430

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山崎亮 第2回 未来授業 Vol. 430のメイン画像

今週の講師は、コミュニティデザイナーの山崎亮さんです。
日本全国、人口200万人の大都市から人口2000人の離島に至るまで、さまざまな地域から依頼を受け、
その地域を活性化するための提案をされています。

地域の課題を、地域の人たちが自ら解決する、住民参加型の街作り。
山崎さんが各地で提唱する、この「コミュニティデザイン」の手法は、
少子高齢化・過疎化が急速に進む中、注目を集めています。


今日は、山崎さんが手がけたコミュニティデザインの実例の一つ、
グッドデザイン賞を受賞した、島根県 隠岐諸島の小さな島「海士町」の街作り計画について伺います。
未来授業2時間目。 テーマは『よそものの視点』

◆山崎亮
1973年生まれ。studio-L代表、京都造形芸術大学教授。地域が抱える課題を、地域に住む人々が解決するコミュニティデザインの第一人者。「海士町総合振興計画」「マルヤガーデンズ」でグッドデザイン賞を受賞。

著書に『コミュニティデザイン――人がつながるしくみをつくる』『つくること、つくらないこと』(以上、学芸出版社)、『コミュニティデザインの仕事』(BIOCITY50号記念増刊号)、『幸せに向かうデザイン』(日経BP社)、『まちの幸福論』(NHK出版)、『地域を変えるデザイン』『海士人』(英治出版)など。

山崎亮 第1回 未来授業 Vol. 429

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山崎亮 第1回 未来授業 Vol. 429のメイン画像

今週の講師は、コミュニティデザイナーの山崎亮さんです。
日本全国、人口200万人の大都市から人口2000人の離島に至るまで、
さまざまな地域から依頼を受け、
その地域を活性化するための提案をされています。

これまでに手掛けられた「街づくり」の数は、
国内だけで150に及びます。

少子高齢化・過疎化が急速に進む中で、
どうしたら街は元気になるか、
山崎亮さんによる「街づくり」=「コミュニティデザイン」に注目が集まっています。

未来授業一時間目。
「コミュニティデザインがデザインすること」

◆山崎亮
1973年生まれ。studio-L代表、京都造形芸術大学教授。地域が抱える課題を、地域に住む人々が解決するコミュニティデザインの第一人者。「海士町総合振興計画」「マルヤガーデンズ」でグッドデザイン賞を受賞。

著書に『コミュニティデザイン――人がつながるしくみをつくる』『つくること、つくらないこと』(以上、学芸出版社)、『コミュニティデザインの仕事』(BIOCITY50号記念増刊号)、『幸せに向かうデザイン』(日経BP社)、『まちの幸福論』(NHK出版)、『地域を変えるデザイン』『海士人』(英治出版)など。

渡部潤一 第4回 未来授業 Vol. 428

 Podcast

 ダウンロードはこちら

渡部潤一 第4回 未来授業 Vol. 428のメイン画像

今週の講師は、天文学者で、国立天文台副台長の、渡部潤一さん。
国立天文台も建設に携わる、世界最大の電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」。これまでにない「抜群の視力」で、宇宙の姿を捉えることが期待されています。科学技術の進歩とともに、次々に明らかになる「宇宙の謎」。

それでも、「宇宙全体の解明には程遠い」と、渡部さんは言います。未来授業4時間目、テーマは、『宇宙的視座のすすめ』

渡部潤一 第3回 未来授業 Vol. 427

 Podcast

 ダウンロードはこちら

渡部潤一 第3回 未来授業 Vol. 427のメイン画像

今週の講師は、天文学者で、国立天文台副台長の、渡部潤一さん。
国立天文台も建設に携わるのが、世界最大の電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」。これまでにない「抜群の視力」で、「宇宙の謎」に迫る切り札として、期待されています。

ガリレオ・ガリレイが、望遠鏡を天体に向けてから、およそ400年。天体への理解を深めることは、わたしたち人類について知ることだと、渡部さんは言います。

未来授業3時間目、テーマは、『生命の起源に迫る』

渡部 潤一(わたなべ じゅんいち)
肩書:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台天文情報センター広報室長、教授、総合研究大学院大学数物科学研究科天文科学専攻教授     太陽系の中の小さな天体(彗星、小惑星、流星など)の観測的研究、
特に彗星を中心に太陽系構造の進化に迫る。天文学の広報普及活動にも
尽力。国際プロジェクト「アルマ望遠鏡」について、
詳しくは、国立天文台のオフィシャルサイトで観ることができます。

また国立天文台では、夏休み期間中、さまざまな天体イベントや観察会を企画。
こちらも、天文台のオフィシャルサイトでチェックしてください。

渡部潤一 第2回 未来授業 Vol. 426

 Podcast

 ダウンロードはこちら

渡部潤一 第2回 未来授業 Vol. 426のメイン画像

今週の講師は、天文学者で、国立天文台副台長の、渡部潤一さん。

国立天文台も関わる国際的なプロジェクトが、南米チリ、標高5000メートルの高地に建設中の「アルマ望遠鏡」です。
世界最大の電波望遠鏡で、アンテナの数は66。
完成は今年の秋の予定ですが、観測はすでに始まっています。
未来授業2時間目、テーマは、
『アルマ望遠鏡と宇宙の謎』

渡部 潤一(わたなべ じゅんいち)
肩書:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台天文情報センター広報室長、教授、総合研究大学院大学数物科学研究科天文科学専攻教授     太陽系の中の小さな天体(彗星、小惑星、流星など)の観測的研究、
特に彗星を中心に太陽系構造の進化に迫る。天文学の広報普及活動にも尽力。国際プロジェクト「アルマ望遠鏡」について、
詳しくは、国立天文台のオフィシャルサイトで観ることができます。

また国立天文台では、夏休み期間中、さまざまな天体イベントや観察会を企画。
こちらも、天文台のオフィシャルサイトでチェックしてください。

渡部潤一 第1回 未来授業 Vol. 425

 Podcast

 ダウンロードはこちら

渡部潤一 第1回 未来授業 Vol. 425のメイン画像

今週の講師は、天文学者で、国立天文台副台長の、渡部潤一さん。

国立天文台も関わる国際的なプロジェクトが、南米チリの、標高5000メートルの高地に建設中の「アルマ望遠鏡」。
今年の秋にも、すべてのアンテナの設置が完了する予定です。
世界中の天文学者が注目する「アルマ望遠鏡」とは?

未来授業1時間目、テーマは、『宇宙を観る眼』

【渡部 潤一(わたなべ じゅんいち)】
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台天文情報センター広報室長、教授、総合研究大学院大学数物科学研究科天文科学専攻教授
太陽系の中の小さな天体(彗星、小惑星、流星など)の観測的研究、特に彗星を中心に太陽系構造の進化に迫る。天文学の広報普及活動にも尽力。国際プロジェクト「アルマ望遠鏡」について、詳しくは、国立天文台のオフィシャルサイトで観ることができます。
また国立天文台では、夏休み期間中、さまざまな天体イベントや観察会を企画。
こちらも、天文台のオフィシャルサイトでチェックしてください。

山崎文明 第4回 未来授業 Vol. 424

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山崎文明 第4回 未来授業 Vol. 424のメイン画像

今週の講師は、会津大学教授の山崎文明さん。
情報セキュリティや、サイバー攻撃に対する各国の動向の調査、分析を
長年手がけ、内閣官房情報セキュリティ対策推進室の委員などを歴任。
国の情報セキュリティ対策をけん引してきた、サイバー攻撃の専門家です。

サイバー攻撃への対策として、自衛隊の中に発足した『サイバー防衛隊』。
立ち上がったばかりのこの新しい集団には、いくつか大きな課題があります。
これを解消するため、いま山崎さんは政府に対し、提案をしているといいます。

未来授業4時間目。
テーマは『日本のサイバーセキュリティの課題と提言。』

◆山崎文明(やまさき・ふみあき) 会津大学教授
情報セキュリティや、サイバー攻撃に対する各国の動向の調査、分析を
長年手がけ、内閣官房情報セキュリティ対策推進室の委員などを歴任。
国の情報セキュリティ対策をけん引してきた、サイバー攻撃の専門家。

山崎文明 第3回 未来授業 Vol. 423

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山崎文明 第3回 未来授業 Vol. 423のメイン画像

今週の講師は、会津大学教授の山崎文明さん。
情報セキュリティや、サイバー攻撃に対する各国の動向の調査、分析を
長年手がけ、内閣官房情報セキュリティ対策推進室の委員などを歴任。
国の情報セキュリティ対策をけん引してきた、サイバー攻撃の専門家です。

インターネット上では、24時間・365日、
いまこの瞬間も、世界中がサイバー攻撃の危機にさらされているといいます。
そうした中、日本のこの問題への対策はどうなっているのでしょうか。

未来授業3時間目。
テーマは『サイバー空間防衛隊』

◆山崎文明(やまさき・ふみあき) 会津大学教授
情報セキュリティや、サイバー攻撃に対する各国の動向の調査、分析を
長年手がけ、内閣官房情報セキュリティ対策推進室の委員などを歴任。
国の情報セキュリティ対策をけん引してきた、サイバー攻撃の専門家。

山崎文明 第2回 未来授業 Vol. 422

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山崎文明 第2回 未来授業 Vol. 422のメイン画像

今週の講師は、会津大学教授の山崎文明さん。
情報セキュリティや、サイバー攻撃に対する各国の動向の調査、分析を
長年手がけ、内閣官房情報セキュリティ対策推進室の委員などを歴任。
国の情報セキュリティ対策をけん引してきた、サイバー攻撃の専門家です。

今年3月、韓国で、放送局や金融機関のコンピュータシステムを狙った
大規模なサイバー攻撃が発生、深刻な混乱をもたらしました。
また現在、アメリカと中国の間で、
サイバー攻撃の問題について、けん制しあう関係が続います。

そこで今週は、サイバー攻撃、サイバーテロの現状と、
いま、日本が直面しているリスク、その対策について山崎さんに伺っています。
きょうは国のインフラや経済活動に打撃を与える
サイバーテロの、具体的な“手法”について解説して頂きます。

未来授業2時間目。テーマは『攻撃の自動化』
◆山崎文明(やまさき・ふみあき) 会津大学教授
情報セキュリティや、サイバー攻撃に対する各国の動向の調査、分析を
長年手がけ、内閣官房情報セキュリティ対策推進室の委員などを歴任。
国の情報セキュリティ対策をけん引してきた、サイバー攻撃の専門家。

山崎文明 第1回 未来授業 Vol. 421

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山崎文明 第1回 未来授業 Vol. 421のメイン画像

今週の講師は、会津大学教授の山崎文明さん。
情報セキュリティや、サイバー攻撃に対する各国の動向の調査、分析を
長年手がけ、内閣官房情報セキュリティ対策推進室の委員などを歴任。
国の情報セキュリティ対策をけん引してきた、サイバー攻撃の専門家です。

今年3月、韓国で、放送局や金融機関のコンピュータシステムを狙った
大規模なサイバー攻撃が発生、深刻な混乱をもたらしました。
また現在、アメリカと中国の間で、
サイバー攻撃の問題について、けん制しあう関係が続います。

そこで今回は、サイバー攻撃、サイバーテロの現状と、
いま、日本が直面しているリスク、その対策について山崎さんに伺います。

未来授業1時間目。
テーマは『いまそこにあるサイバー攻撃の危機』
◆山崎文明(やまさき・ふみあき) 会津大学教授
情報セキュリティや、サイバー攻撃に対する各国の動向の調査、分析を
長年手がけ、内閣官房情報セキュリティ対策推進室の委員などを歴任。
国の情報セキュリティ対策をけん引してきた、サイバー攻撃の専門家。

野口健 第4回 未来授業 Vol. 420

 Podcast

 ダウンロードはこちら

野口健 第4回 未来授業 Vol. 420のメイン画像

今週の講師は、アルピニスト 野口健さん。1973年アメリカ・ボストン生まれ。
植村直己の著書に感銘を受け高校生で登山をはじめ、99年、エベレストの登頂に成功後、25歳で7大陸最高峰・世界最年少登頂記録を樹立。その翌年からは、エベレストと富士山における清掃登山をスタートさせ、以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど積極的に環境問題への取り組みを行っています。

6月26日、ユネスコが、富士山を世界文化遺産に登録されました。
今週は、このニュースを受けて、長年、清掃登山を通じて富士山と向き合ってきた野口さん 今の考えとこれからの課題、さらに日本人の環境意識について伺っています。

未来授業 4時間目。最後は、富士山の世界遺産登録を受けて、
野口さんからの提言です。

テーマは『富士山を守るために』
◆野口健。1973年アメリカ・ボストン生まれ。
植村直己の著書に感銘を受け高校生で登山をはじめ、
99年、エベレストの登頂に成功後、25歳で7大陸最高峰・世界最年少登頂記録を樹立。
その翌年からは、エベレストと富士山における清掃登山をスタートさせ、
以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど
積極的に環境問題への取り組みを行っている。

野口健 第3回 未来授業 Vol. 419

 Podcast

 ダウンロードはこちら

野口健 第3回 未来授業 Vol. 419のメイン画像

今週の講師は、アルピニスト 野口健さん。1973年アメリカ・ボストン生まれ。
植村直己の著書に感銘を受け高校生で登山をはじめ、99年、エベレストの登頂に成功後、25歳で7大陸最高峰・世界最年少登頂記録を樹立。その翌年からは、エベレストと富士山における清掃登山をスタートさせ、以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど積極的に環境問題への取り組みを行っています。

6月26日、ユネスコが、富士山を世界文化遺産に登録されました。
今週は、このニュースを受けて、長年、清掃登山を通じて富士山と向き合ってきた野口さん 今の考えとこれからの課題、さらに日本人の環境意識について伺っています。

未来授業3時間目。きょうはエベレストの清掃登山が
もたらした変化についてです。
テーマは『拾うことで、気づくこと』

◆野口健。1973年アメリカ・ボストン生まれ。
植村直己の著書に感銘を受け高校生で登山をはじめ、
99年、エベレストの登頂に成功後、25歳で7大陸最高峰・世界最年少登頂記録を樹立。
その翌年からは、エベレストと富士山における清掃登山をスタートさせ、
以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど
積極的に環境問題への取り組みを行っている。

野口健 第2回 未来授業 Vol. 418

 Podcast

 ダウンロードはこちら

野口健 第2回 未来授業 Vol. 418のメイン画像

今週の講師は、アルピニスト 野口健さん。1973年アメリカ・ボストン生まれ。
植村直己の著書に感銘を受け高校生で登山をはじめ、99年、エベレストの登頂に成功後、25歳で7大陸最高峰・世界最年少登頂記録を樹立。その翌年からは、エベレストと富士山における清掃登山をスタートさせ、以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど積極的に環境問題への取り組みを行っています。

6月26日、ユネスコが、富士山を世界文化遺産に登録されました。
今週は、このニュースを受けて、長年、清掃登山を通じて富士山と向き合ってきた野口さん 今の考えとこれからの課題、さらに日本人の環境意識について伺っていきます。

未来授業2時間目。きょうは、2000年に野口さんが
清掃登山をスタートさせたきっかけです。
テーマは『エベレストと富士山』
◆野口健。1973年アメリカ・ボストン生まれ。
植村直己の著書に感銘を受け高校生で登山をはじめ、
99年、エベレストの登頂に成功後、25歳で7大陸最高峰・世界最年少登頂記録を樹立。
その翌年からは、エベレストと富士山における清掃登山をスタートさせ、
以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど
積極的に環境問題への取り組みを行っている。

野口健 第1回 未来授業 Vol. 417

 Podcast

 ダウンロードはこちら

野口健 第1回 未来授業 Vol. 417のメイン画像

今週の講師は、アルピニスト 野口健さん。1973年アメリカ・ボストン生まれ。
植村直己の著書に感銘を受け高校生で登山をはじめ、99年、エベレストの登頂に成功後、25歳で7大陸最高峰・世界最年少登頂記録を樹立。その翌年からは、エベレストと富士山における清掃登山をスタートさせ、以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど積極的に環境問題への取り組みを行っています。

6月26日、ユネスコが、富士山を世界文化遺産に登録されました。
今週は、このニュースを受けて、
長年、清掃登山を通じて富士山と向き合ってきた野口さん 今の考えと
これからの課題、さらに日本人の環境意識について伺っていきます。

未来授業1時間目。
テーマは『世界遺産登録に課せられた宿題』

◆野口健。1973年アメリカ・ボストン生まれ。
植村直己の著書に感銘を受け高校生で登山をはじめ、
99年、エベレストの登頂に成功後、25歳で7大陸最高峰・世界最年少登頂記録を樹立。
その翌年からは、エベレストと富士山における清掃登山をスタートさせ、
以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど
積極的に環境問題への取り組みを行っている。

諸富祥彦 第4回 未来授業 Vol.416

 Podcast

 ダウンロードはこちら

諸富祥彦 第4回 未来授業 Vol.416のメイン画像

今週の講師は、明治大学文学部教授で臨床心理士でもある、諸富祥彦(もろとみ・よしひこ)さん。
オーストリアの精神科医で心理学者のビクトール・フランクルが著した『夜と霧』。
第二次世界大戦の際、ナチスの強制収容所での過酷な経験をつづった世界的なベストセラーですが、そこから導き出された真理「どんな時にも人生には意味があ
る」という思想を、諸富さんは現代にも照らし合わせ、積極的に紹介しています。

人間には様々な苦難が日々、立ち向かってきます。それを乗り越え、満ち足りた人生を送るためにはどうしたらいいのでしょうか。最後に、若い世代に向けて必要な考え方を伺いました。

【諸富祥彦】
1963年福岡県生まれ。1986年筑波大学人間学類、1992年同大学院博士課程修了。英国イーストアングリア大学、米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、千葉大学教育学部講師、助教授(11年)を経て、現在、明治大学文学部教授。教育学博士。
日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会理事、日本産業カウンセリング学会理事、日本生徒指導学会理事。教師を支える会代表、現場教師の作戦参謀。
臨床心理士、上級教育カウンセラー、学会認定カウンセラーなどの資格を持つ。

諸富祥彦 第3回 未来授業 Vol.415

 Podcast

 ダウンロードはこちら

諸富祥彦 第3回 未来授業 Vol.415のメイン画像

今週の講師は、明治大学文学部教授で臨床心理士でもある、諸富祥彦(もろとみ・よしひこ)さん。
オーストリアの精神科医で心理学者のビクトール・フランクルが、第二次世界大戦の際、ナチスの強制収容所での過酷な経験をつづった世界的なベストセラー『夜と霧』。英語版だけでも900万部に達しているこの本は、世界中で翻訳され、心理学や精神医学のジャンルの中でも時代を超えて読み継がれている名著と言えます。
今回はそのフランクルが収容所生活から得た人生観を紹介します。

【諸富祥彦】
1963年福岡県生まれ。1986年筑波大学人間学類、1992年同大学院博士課程修了。英国イーストアングリア大学、米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、千葉大学教育学部講師、助教授(11年)を経て、現在、明治大学文学部教授。教育学博士。
日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会理事、日本産業カウンセリング学会理事、日本生徒指導学会理事。教師を支える会代表、現場教師の作戦参謀。
臨床心理士、上級教育カウンセラー、学会認定カウンセラーなどの資格を持つ。

諸富祥彦 第2回 未来授業 Vol.414

 Podcast

 ダウンロードはこちら

諸富祥彦 第2回 未来授業 Vol.414のメイン画像

今週の講師は、明治大学文学部教授で臨床心理士でもある、諸富祥彦(もろとみ・よしひこ)さん。
オーストリアの精神科医で心理学者のビクトール・フランクルが著した『夜と霧』。
第二次世界大戦の際、ナチスの強制収容所での過酷な経験をつづった世界的なベストセラーですが、そこから導き出された真理「どんな時にも人生には意味がある」という思想を、諸富さんは現代にも照らし合わせ、積極的に紹介しています。

人は誰でも、つい他人と比較したり、世間体に振り回されがちです。
「ひとりでいることは、そんなに悪いことでしょうか――?」
人間関係に煩わされることなく、本当に自分らしい人生を歩みたいのであれば、
自分と深く対話する力、そして明確なモノサシを持つことだと諸富さんは説きます。

【諸富祥彦】
1963年福岡県生まれ。1986年筑波大学人間学類、1992年同大学院博士課程修了。英国イーストアングリア大学、米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、千葉大学教育学部講師、助教授(11年)を経て、現在、明治大学文学部教授。教育学博士。
日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会理事、日本産業カウンセリング学会理事、日本生徒指導学会理事。教師を支える会代表、現場教師の作戦参謀。
臨床心理士、上級教育カウンセラー、学会認定カウンセラーなどの資格を持つ。

諸富祥彦 第1回 未来授業 Vol.413

 Podcast

 ダウンロードはこちら

諸富祥彦 第1回 未来授業 Vol.413のメイン画像

今週の講師は、明治大学文学部教授で臨床心理士でもある、諸富祥彦(もろとみ・よしひこ)さん。

オーストリアの精神科医で心理学者のビクトール・フランクルが著した『夜と霧』。第二次世界大戦の際、ナチスの強制収容所での過酷な経験をつづった世界的なベストセラーですが、そこから導き出された真理「どんな時にも人生には意味がある」という思想を、諸富さんは現代にも照らし合わせ、積極的に紹介しています。

就活に婚活、そして貧困問題や減らない自殺者……。
具体的な形があるわけではないものの、漠然とある空虚感と、そこから生まれる疲労感に襲われ、先の見えない不安な日々を過ごしている人も多い現在の日本。
諸富さんに、悩み苦しむ若者たちへ「生きる意味とは何か?」を伺っていきます。


【諸富祥彦】
1963年福岡県生まれ。1986年筑波大学人間学類、1992年同大学院博士課程修了。英国イーストアングリア大学、米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、千葉大学教育学部講師、助教授(11年)を経て、現在、明治大学文学部教授。教育学博士。
日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会理事、日本産業カウンセリング学会理事、日本生徒指導学会理事。教師を支える会代表、現場教師の作戦参謀。
臨床心理士、上級教育カウンセラー、学会認定カウンセラーなどの資格を持つ。