高田史男 第4回 未来授業 Vol. 448

 Podcast

 ダウンロードはこちら

高田史男 第4回 未来授業 Vol. 448のメイン画像

「未来授業」。
今週の講師は、医学博士で北里大学教授の高田史男さん。
北里大学病院に遺伝診療部を開設、遺伝診療の最前線に立つ専門家です。

大学医学部を卒業後小児科に進んだ高田さんは、多くの小さな命と向き合い、子どもたちそれぞれに輝く個性があることを知りました。「新型出生前検査」が完璧な子ども、パーフェクトベビーを選択する社会は、果たして幸せなのか。

女優アンジェリーナ・ジョリーの決断は、アメリカでは受けいれられましたが、日本人の伝統的な価値観に馴染む「遺伝カウンセリング」の確立と、それを支える法的な整備も、まだまだこれからだということです。

未来授業4時間目。
テーマは、『遺伝子の多様性』
◆高田史男(たかだ・ふみお)
医師・医学博士、北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学教授
医学部卒業後小児科に進む。神奈川県立こども医療センター遺伝科に出向の際、遺伝医療の重要性に気づかされ生涯の道と決める。大学院修了後、ハーバード大学医学部留学。帰国後、北里大学大学院に臨床遺伝医学講座を、また大学病院に遺伝診療部をそれぞれ創設し遺伝医学研究と遺伝診療に従事。修士課程には日本初の遺伝カウンセリング養成プログラムを開設し認定遺伝カウンセラー養成と制度作りに取り組む。
近年は遺伝医療・遺伝カウンセリング・遺伝子検査の適切な普及を目指し、日本医学会、日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会で汗を流しつつ、メディアでの啓蒙活動とともに内閣官房、内閣府、厚生労働省、文部科学省、経済産業省、消費者庁等の官僚と議論を深めている。

高田史男 第3回 未来授業 Vol. 447

 Podcast

 ダウンロードはこちら

高田史男 第3回 未来授業 Vol. 447のメイン画像

「未来授業」。
今週の講師は、医学博士で北里大学教授の高田史男さん。北里大学病院に遺伝診療部を開設、遺伝診療の最前線に立つ専門家です。

自分が受け継いで持っている遺伝子の情報を知り、将来の病気発症を防ぐ。それだけでなく、次の世代、生まれてくる子どもに、どのような遺伝的形質があるのかも、医療技術の進歩で解るようになりました。

かつては当たり前だった、お腹に授かった命を大切に産むという価値観が、母体の羊水を調べる「出生前検査」の登場で変わってきました。健康な子どもを産みたいという親の気持ちを応援する最新医療。しかしそこには、生命倫理の問題、課題があります。

未来授業3時間目。
テーマは、『さらに技術が進歩した、新型出生前検査』

◆高田史男(たかだ・ふみお) 医学博士、北里大学教授

高田史男 第2回 未来授業 Vol. 446

 Podcast

 ダウンロードはこちら

高田史男 第2回 未来授業 Vol. 446のメイン画像

「未来授業」。
今週の講師は、医学博士で北里大学教授の高田史男さん。北里大学病院に遺伝診療部を開設、遺伝診療の最前線に立つ専門家です。

女優アンジェリーナ・ジョリーさんの決断で大きな反響を呼んだ遺伝診療。医療技術の急速な進歩で、遺伝子から得られる情報は格段に増えました。その情報を正しく理解して、それぞれの生活向上のために活用すること。
そこで必要になってくるのが、プロによるカウンセリングです。
遺伝子情報は、個人だけでなく、家族や親族に共有されるものもあります。知る権利があると同時に、知らないままでいる権利もある。

未来授業2時間目。テーマは、『遺伝カウンセリング』

高田史男 第1回 未来授業 Vol. 445

 Podcast

 ダウンロードはこちら

高田史男 第1回 未来授業 Vol. 445のメイン画像

「未来授業」。
今週の講師は、医学博士で北里大学教授の高田史男さん。北里大学病院に遺伝診療部を開設、遺伝診療の最前線に立つ専門家です。

自分が将来なるかもしれない病気の予防の為に、健康な体にメスを入れる。女優アンジェリーナ・ジョリーさんの決断は大きな反響を呼びました。彼女の場合、母親をがんで亡くしており、検査の結果自分にも同じ遺伝的形質があることが解って、乳房を切除する手術を受けたことを公表しました。遺伝子がもつ情報で、病気が予防できるようになった医療技術の進歩。

しかし、そこには個人につきつけられる重い選択、決断という課題があります。今週は、ハリウッド女優の決断が日本に投げかけた波紋。
未来授業1時間目。テーマは、『遺伝医療の現状』

◆高田史男(たかだ・ふみお)
医師・医学博士、北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学教授
医学部卒業後小児科に進む。神奈川県立こども医療センター遺伝科に出向の際、遺伝医療の重要性に気づかされ生涯の道と決める。大学院修了後、ハーバード大学医学部留学。帰国後、北里大学大学院に臨床遺伝医学講座を、また大学病院に遺伝診療部をそれぞれ創設し遺伝医学研究と遺伝診療に従事。修士課程には日本初の遺伝カウンセリング養成プログラムを開設し認定遺伝カウンセラー養成と制度作りに取り組む。
近年は遺伝医療・遺伝カウンセリング・遺伝子検査の適切な普及を目指し、日本医学会、日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会で汗を流しつつ、メディアでの啓蒙活動とともに内閣官房、内閣府、厚生労働省、文部科学省、経済産業省、消費者庁等の官僚と議論を深めている。

秋山演亮 第4回 未来授業 Vol.444

 Podcast

 ダウンロードはこちら

秋山演亮 第4回 未来授業 Vol.444のメイン画像

今週の講師は、和歌山大学宇宙教育研究所所長、秋山演亮さん。
宇宙に関わる人材の育成と、
国境を超えた宇宙開発のネットワークづくりに力を注いでいます。

秋山さんが生まれた1969年は、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功した年。
そして、宇宙開発も大きな転換期を迎えようとしています。
中長期的に、「人と宇宙の関わり」は今後どうなっていくのでしょうか。
【秋山演亮】
1969年6月25日生まれ。滋賀県育ち。和歌山大学 宇宙教育研究所 所長 / 特任教授。
小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトでは理学カメラメンバー。西松建設、JAXA研究員を経て、秋田大学で「能代宇宙イベント」を企画。2008年に和歌山大学へ着任し、2010年、宇宙教育研究所の初代所長に就任。

秋山演亮 第3回 未来授業 Vol.443

 Podcast

 ダウンロードはこちら

秋山演亮 第3回 未来授業 Vol.443のメイン画像

今週の講師は、和歌山大学宇宙教育研究所所長、秋山演亮さん。

大学卒業後大手ゼネコンに勤務。
岩石/岩盤の専門家としてJAXA(宇宙航空研究開発機構)の研究員も務め、
「はやぶさプロジェクト」にも携わりました。

秋山さんが現在取り組んでいるのが、宇宙開発に携わる人材の育成。
「宇宙に関わる仕事」は、宇宙飛行士や管制官だけでなく、多岐に渡ります。

【秋山演亮】
1969年6月25日生まれ。滋賀県育ち。和歌山大学 宇宙教育研究所 所長 / 特任教授。
小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトでは理学カメラメンバー。西松建設、JAXA研究員を経て、秋田大学で「能代宇宙イベント」を企画。2008年に和歌山大学へ着任し、2010年、宇宙教育研究所の初代所長に就任。

秋山演亮 第2回 未来授業 Vol.442

 Podcast

 ダウンロードはこちら

秋山演亮 第2回 未来授業 Vol.442のメイン画像

今週の講師は、和歌山大学宇宙教育研究所所長、秋山演亮さん。

大学卒業後、大手ゼネコンに勤務。
岩石/岩盤の専門家としてJAXA(宇宙航空研究開発機構)の研究員も務め、「はやぶさプロジェクト」にも携わりました。

そんな秋山さんが現在取り組んでいるのが、宇宙開発に携わる人材の育成。求め得られるのは、宇宙の専門知識だけではないようです。

【秋山演亮】
1969年6月25日生まれ。滋賀県育ち。和歌山大学 宇宙教育研究所 所長 / 特任教授。
小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトでは理学カメラメンバー。西松建設、JAXA研究員を経て、秋田大学で「能代宇宙イベント」を企画。2008年に和歌山大学へ着任し、2010年、宇宙教育研究所の初代所長に就任。

秋山演亮 第1回 未来授業 Vol.441

 Podcast

 ダウンロードはこちら

秋山演亮 第1回 未来授業 Vol.441のメイン画像

今週の講師は、和歌山大学宇宙教育研究所所長、秋山演亮さん。
秋山さんは、宇宙開発に携わる人材の育成に取り組んでいます。

国際的な協力体制の一方で、日本は独自の宇宙技術の開発に力を注いできました。
今月4日には、国際宇宙ステーションへの物資輸送船「こうのとり」4号機を宇宙に。
そして、来週打ち上げが予定されているのが、12年ぶりとなる国産ロケット「イプシロン」の初号機です。

【秋山演亮】
1969年6月25日生まれ。滋賀県育ち。和歌山大学 宇宙教育研究所 所長 / 特任教授。
小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトでは理学カメラメンバー。西松建設、JAXA研究員を経て、秋田大学で「能代宇宙イベント」を企画。2008年に和歌山大学へ着任し、2010年、宇宙教育研究所の初代所長に就任。

税所篤快 第4回 未来授業 Vol.440

 Podcast

 ダウンロードはこちら

税所篤快 第4回 未来授業 Vol.440のメイン画像

今週の講師は、早稲田大学教育学部4年生で、国際教育支援NPO「e-Education」代表の税所篤快さん。バングラディシュの貧困地域の高校生を対象にDVDを使った映像授業を展開、最難関のダッカ大学に合格者を出します。現在は、発展途上国への教育改革「五大陸ドラゴン桜プロジェクト」を掲げ、ルワンダ、ヨルダン、インドネシアなど7ヵ所8地域でその活動を続けています。

最後に税所さんと同年代の人に向けて、エールをいただきました。

【税所篤快】
五大陸ドラゴン桜e-Education project代表。1989年生まれ。東京都足立区出身。早稲田大学教育学部4年生。19歳でバングラデシュに渡り、グラミン銀行の研究ラボ「GCC」で初の日本人コーディネーターになる。20歳で独立し、バングラデシュ初の映像授業を実施する「e-Educationプロジェクト」をスタート。現地の大学生パートナーと協力して貧困地域の高校生を国内最高峰ダッカ大学に入学させる。現在は仲間と共に、世界各地でこの方式を広めようと奮闘中。2012年にはヨルダン、ルワンダ、パレスチナ、フィリピンでの活動を開始。

税所篤快 第3回 未来授業 Vol.439

 Podcast

 ダウンロードはこちら

税所篤快 第3回 未来授業 Vol.439のメイン画像

今週の講師は、早稲田大学教育学部4年生で、国際教育支援NPO「e-Education」代表の税所篤快さん。バングラデシュでの成功が世界中で話題になり、各国からオファーが次々に届きます。それは大学受験以外にも広がっていきました。「教育には責任がある」。そのために「ニーズをくみ取って、徹底的なリサーチを欠かしません」と税所さんは語ります。

【税所篤快】
五大陸ドラゴン桜e-Education project代表。1989年生まれ。東京都足立区出身。早稲田大学教育学部4年生。19歳でバングラデシュに渡り、グラミン銀行の研究ラボ「GCC」で初の日本人コーディネーターになる。20歳で独立し、バングラデシュ初の映像授業を実施する「e-Educationプロジェクト」をスタート。現地の大学生パートナーと協力して貧困地域の高校生を国内最高峰ダッカ大学に入学させる。現在は仲間と共に、世界各地でこの方式を広めようと奮闘中。2012年にはヨルダン、ルワンダ、パレスチナ、フィリピンでの活動を開始。

税所篤快 第2回 未来授業 Vol.438

 Podcast

 ダウンロードはこちら

税所篤快 第2回 未来授業 Vol.438のメイン画像

今週の講師は、早稲田大学教育学部4年生で、国際教育支援NPO「e-Edu cation」代表の税所篤快さん。『グラミン銀行を知っていますか』という本との出会いが、税所さんを動かしました。自らが経験したDVD授業をバングラデシュで実践し、地方の貧困層は大学に行けない、という常識を見事に覆したのです。今日は「不可能を可能にする喜び」について税所さんに伺っていきます。

【税所篤快】
五大陸ドラゴン桜e-Education project代表。1989年生まれ。東京都足立区出身。早稲田大学教育学部4年生。19歳でバングラデシュに渡り、グラミン銀行の研究ラボ「GCC」で初の日本人コーディネーターになる。20歳で独立し、バングラデシュ初の映像授業を実施する「e-Educationプロジェクト」をスタート。現地の大学生パートナーと協力して貧困地域の高校生を国内最高峰ダッカ大学に入学させる。現在は仲間と共に、世界各地でこの方式を広めようと奮闘中。2012年にはヨルダン、ルワンダ、パレスチナ、フィリピンでの活動を開始。

税所篤快 第1回 未来授業 Vol.437

 Podcast

 ダウンロードはこちら

税所篤快 第1回 未来授業 Vol.437のメイン画像

今週の講師は、早稲田大学教育学部4年生で、国際教育支援NPO「e-Edu cation」代表の税所篤快さん。
高校時代に偏差値28まで落ちこぼれ、「大学進学どころか、進級すら無理」と言われたことに奮起した税所さん。ならば、「世界に飛び出して、自分の価値を生み出そう!」と考えたと話します。世界標準のアイデアと行動力――。その軌跡を追いかけます。


【税所篤快】
五大陸ドラゴン桜e-Education project代表。1989年生まれ。東京都足立区出身。早稲田大学教育学部4年生。19歳でバングラデシュに渡り、グラミン銀行の研究ラボ「GCC」で初の日本人コーディネーターになる。20歳で独立し、バングラデシュ初の映像授業を実施する「e-Educationプロジェクト」をスタート。現地の大学生パートナーと協力して貧困地域の高校生を国内最高峰ダッカ大学に入学させる。現在は仲間と共に、世界各地でこの方式を広めようと奮闘中。2012年にはヨルダン、ルワンダ、パレスチナ、フィリピンでの活動を開始。

石垣幸二 第4回 未来授業 Vol436

 Podcast

 ダウンロードはこちら

石垣幸二 第4回 未来授業 Vol436のメイン画像

今週の講師は、沼津港 深海水族館館長・石垣幸二さん。

水族館の館長として、海の生物の魅力を伝える活動を続ける傍ら、世界各国の水族館、博物館、大学に、「海の珍しい生き物」を納めるブルーコーナーという会社の代表も務めています。
石垣さんはこれまで、海の生き物を「展示する」水族館の役割やご自身の仕事について、疑問を投げかけられることもあったといいます。

それでも、この仕事を続けられている理由とは一体どんなものなでしょうか。

未来授業4時間目。
テーマは『自分にできることをやる』

【石垣幸二 (いしがき こうじ)】
1967 年、静岡県下田市生まれ。大学卒業後、上場企業へ就職、営業マンとして活動後、潜水士として水産会社に転職。
2000 年に独立、水族館向けの海水魚卸販売業の会社「ブルーコーナー」を設立。世界各国の水族館、博物館、大学に希少な海洋生物を納入している。その手腕から「海の手配師」と呼ばれ、メディアにも数々取り上げられた。
仕事を通じ、地元に貢献したいという思いから、2011 年に「沼津港深海水族館」の館長に就任。

石垣幸二 第3回 未来授業 Vol435

 Podcast

 ダウンロードはこちら

石垣幸二 第3回 未来授業 Vol435のメイン画像

今週の講師は、沼津港 深海水族館館長・石垣幸二さん。

水族館の館長として、「深海生物~奇妙で楽しいいきもの~」というビジュアルブックの執筆・監修を手掛けるなど、海の生物の魅力を伝える活動を続ける傍ら、世界各国の水族館、博物館、大学に、「海の珍しい生き物」を納めるブルーコーナーという会社の代表も務めています。

水族館の館長として、様々な企画も手掛ける石垣さん。その活動を通じて、どんなことを伝えようとしているのでしょうか。

未来授業3時間目。
テーマは『触れることで気づくこと』
【石垣幸二 (いしがき こうじ)】
1967 年、静岡県下田市生まれ。大学卒業後、上場企業へ就職、営業マンとして活動後、潜水士として水産会社に転職。
2000 年に独立、水族館向けの海水魚卸販売業の会社「ブルーコーナー」を設立。世界各国の水族館、博物館、大学に希少な海洋生物を納入している。その手腕から「海の手配師」と呼ばれ、メディアにも数々取り上げられた。
仕事を通じ、地元に貢献したいという思いから、2011 年に「沼津港深海水族館」の館長に就任。

石垣幸二 第2回 未来授業 Vol.434

 Podcast

 ダウンロードはこちら

石垣幸二 第2回 未来授業 Vol.434のメイン画像

今週の講師は、沼津港 深海水族館館長・石垣幸二さん。

水族館の館長として、「深海生物~奇妙で楽しいいきもの~」というビジュアルブックの執筆・監修を手掛けるなど、海の生物の魅力を伝える活動を続ける傍ら、世界各国の水族館、博物館、大学に、「海の珍しい生き物」を納めるブルーコーナーという会社の代表も務めています。

きょうは石垣さんが、特に魅力を感じている深海生物について伺います。

未来授業2時間目。
テーマは『わからないから、面白い』

【石垣幸二 (いしがき こうじ)】
1967 年、静岡県下田市生まれ。大学卒業後、上場企業へ就職、営業マンとして活動後、潜水士として水産会社に転職。
2000 年に独立、水族館向けの海水魚卸販売業の会社「ブルーコーナー」を設立。世界各国の水族館、博物館、大学に希少な海洋生物を納入している。その手腕から「海の手配師」と呼ばれ、メディアにも数々取り上げられた。
仕事を通じ、地元に貢献したいという思いから、2011 年に「沼津港深海水族館」の館長に就任。

石垣幸二 第1回 未来授業 Vol433

 Podcast

 ダウンロードはこちら

石垣幸二 第1回 未来授業 Vol433のメイン画像

今週の講師は、沼津港 深海水族館館長・石垣幸二さん。

水族館の館長として、「深海生物~奇妙で楽しいいきもの~」というビジュアルブックの執筆・監修を手掛けるなど、海の生物の魅力を伝える活動を続ける傍ら、世界各国の水族館、博物館、大学に、「海の珍しい生き物」を納めるブルーコーナーという会社の代表も務めています。

今週は、国内では珍しい、海洋生物の納入という仕事について、そして、石垣さんが海に関わる仕事を通じて伝えたいことを伺っていきます。

未来授業1時間目。
テーマは『海の手配師、というお仕事』

◆石垣幸二 (いしがき こうじ)
1967 年、静岡県下田市生まれ。大学卒業後、上場企業へ就職、営業マンとして活動後、潜水士として水産会社に転職。
2000 年に独立、水族館向けの海水魚卸販売業の会社「ブルーコーナー」を設立。世界各国の水族館、博物館、大学に希少な海洋生物を納入している。その手腕から「海の手配師」と呼ばれ、メディアにも数々取り上げられた。
仕事を通じ、地元に貢献したいという思いから、2011 年に「沼津港深海水族館」の館長に就任。

山崎亮 第4回 未来授業 Vol. 432

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山崎亮 第4回 未来授業 Vol. 432のメイン画像

今週の講師は、コミュニティデザイナーの山崎亮さんです。
日本全国、人口200万人の大都市から人口2000人の離島に至るまで、さまざまな地域から依頼を受け、
その地域を活性化するための提案をされています。

地域の課題を地域の力で解決するための、街の描き方…「コミュニティデザイン」。
山崎さんはこの仕事を通じて、高齢化、過疎化が特に深刻な離島や山間部、いわゆる「中山間離島地域」を何度も訪れています。
そして、そうした地域に起きている、「あること」を感じています。

未来授業4時間目。
テーマは『気付いちゃった若者たち』

◆山崎亮
1973年生まれ。studio-L代表、京都造形芸術大学教授。地域が抱える課題を、地域に住む人々が解決するコミュニティデザインの第一人者。「海士町総合振興計画」「マルヤガーデンズ」でグッドデザイン賞を受賞。

著書に『コミュニティデザイン――人がつながるしくみをつくる』『つくること、つくらないこと』(以上、学芸出版社)、『コミュニティデザインの仕事』(BIOCITY50号記念増刊号)、『幸せに向かうデザイン』(日経BP社)、『まちの幸福論』(NHK出版)、『地域を変えるデザイン』『海士人』(英治出版)など。