東 雅夫 第4回 未来授業 Vol. 552

 Podcast

 ダウンロードはこちら

東 雅夫 第4回 未来授業 Vol. 552のメイン画像

今週の講師は、文芸評論家・東雅夫さん。
怪談専門誌「幽」の編集長で、幻想文学・ホラーの批評活動、怪談研究の第一人者。
東さんは2010年、宮城県仙台市の出版社とともに、民俗学者・柳田國男の『遠野物語』刊行100年を記念した「みちのく怪談プロジェクト」という、怪談文学のコンテストをスタート。東日本大震災以降も怪談が本来持つ鎮魂と慰霊をテーマに、被災地支援の「ふるさと怪談トークライブ」というチャリティ・イベントを続けています。

東北に古くから伝わる怪奇譚。
震災をきっかけに、被災地で語り継がれる不思議な話。
民間伝承としての怪談は、日本人にとってどんな意味を持つものなのでしょうか。

未来授業四時間目。テーマは「鎮魂としての、怪談」

◆東 雅夫(ひがし・まさお)
1958年、神奈川県横須賀市生まれ。
怪談専門誌「幽」の編集長で、幻想文学・ホラーの批評活動、怪談研究の第一人者。
早稲田大学文学部卒。1982年に研究批評誌「幻想文学」を創刊、2003年の終刊まで編集長を務めた。近年は各種アンソロジーの企画編纂や、幻想文学・ホラーを中心とする批評、怪談研究などの分野で著述・講演活動を展開。2011年、『遠野物語と怪談の時代』で第64回日本推理作家協会賞を受賞。東日本大震災を機に、全国の有志と被災地支援のチャリティ・イベント「ふるさと怪談トークライブ」を続けている。
著書に『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)『文学の極意は怪談である』(筑摩書房)ほか、編纂書に『文豪怪談傑作選』(ちくま文庫)『おばけずき 鏡花怪異小品集』(平凡社ライブラリー)ほか多数、監修書に『怪談えほん』(岩崎書店)ほかがある。
※著者公式サイト「幻妖ブックブログ」http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/

東 雅夫 第3回 未来授業 Vol. 551

 Podcast

 ダウンロードはこちら

東 雅夫 第3回 未来授業 Vol. 551のメイン画像

今週の講師は、文芸評論家・東雅夫さん。
怪談専門誌「幽」の編集長で、幻想文学・ホラーの批評活動、怪談研究の第一人者。
東さんは2010年、宮城県仙台市の出版社とともに、民俗学者・柳田國男の『遠野物語』刊行100年を記念した「みちのく怪談プロジェクト」という、怪談文学のコンテストをスタート。東日本大震災以降も怪談が本来持つ鎮魂と慰霊をテーマに、被災地支援の「ふるさと怪談トークライブ」というチャリティ・イベントを続けています。

岩手県・遠野に古くから伝わる怪談話、怪奇譚を数多く収録した柳田國男の「遠野物語」。
この、「遠野物語」の中には、明治三陸大津波をめぐる怪談話も
収録されているのですが、東日本大震災以降、みちのく怪談プロジェクトにも、震災に関連した不思議な体験が多く寄せられたといいます。
その不思議な話は、被災地の人々によって語り継がれはじめています。

◆東 雅夫(ひがし・まさお)
1958年、神奈川県横須賀市生まれ。
怪談専門誌「幽」の編集長で、幻想文学・ホラーの批評活動、怪談研究の第一人者。
早稲田大学文学部卒。1982年に研究批評誌「幻想文学」を創刊、2003年の終刊まで編集長を務めた。近年は各種アンソロジーの企画編纂や、幻想文学・ホラーを中心とする批評、怪談研究などの分野で著述・講演活動を展開。2011年、『遠野物語と怪談の時代』で第64回日本推理作家協会賞を受賞。東日本大震災を機に、全国の有志と被災地支援のチャリティ・イベント「ふるさと怪談トークライブ」を続けている。
著書に『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)『文学の極意は怪談である』(筑摩書房)ほか、編纂書に『文豪怪談傑作選』(ちくま文庫)『おばけずき 鏡花怪異小品集』(平凡社ライブラリー)ほか多数、監修書に『怪談えほん』(岩崎書店)ほかがある。
※著者公式サイト「幻妖ブックブログ」http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/

東 雅夫 第2回 未来授業 Vol. 550

 Podcast

 ダウンロードはこちら

東 雅夫 第2回 未来授業 Vol. 550のメイン画像

今週の講師は、文芸評論家・東雅夫さん。
怪談専門誌「幽」の編集長で、幻想文学・ホラーの批評活動、怪談研究の第一人者。
東さんは2010年、宮城県仙台市の出版社とともに、民俗学者・柳田國男の『遠野物語』刊行100年を記念した「みちのく怪談プロジェクト」という、怪談文学のコンテストをスタート。東日本大震災以降も怪談が本来持つ鎮魂と慰霊をテーマに、被災地支援の「ふるさと怪談トークライブ」というチャリティ・イベントを続けています。

岩手県・遠野に古くから伝わる怪談話、怪奇譚を数多く収録した柳田國男の「遠野物語」。
日本の民俗学の原点とも言えるこの作品は、どんな背景から生まれたのでしょうか。

未来授業二時間目。
「なぜ東北には、怪談話が多いのか」

◆東 雅夫(ひがし・まさお)
1958年、神奈川県横須賀市生まれ。
怪談専門誌「幽」の編集長で、幻想文学・ホラーの批評活動、怪談研究の第一人者。
早稲田大学文学部卒。1982年に研究批評誌「幻想文学」を創刊、2003年の終刊まで編集長を務めた。近年は各種アンソロジーの企画編纂や、幻想文学・ホラーを中心とする批評、怪談研究などの分野で著述・講演活動を展開。2011年、『遠野物語と怪談の時代』で第64回日本推理作家協会賞を受賞。東日本大震災を機に、全国の有志と被災地支援のチャリティ・イベント「ふるさと怪談トークライブ」を続けている。
著書に『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)『文学の極意は怪談である』(筑摩書房)ほか、編纂書に『文豪怪談傑作選』(ちくま文庫)『おばけずき 鏡花怪異小品集』(平凡社ライブラリー)ほか多数、監修書に『怪談えほん』(岩崎書店)ほかがある。
※著者公式サイト「幻妖ブックブログ」http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/

東 雅夫 第1回 未来授業 Vol. 549

 Podcast

 ダウンロードはこちら

今週の講師は、文芸評論家・東雅夫さん。
怪談専門誌「幽」の編集長で、幻想文学・ホラーの批評活動、怪談研究の第一人者。
東さんは2010年、宮城県仙台市の出版社とともに、民俗学者・柳田國男の『遠野物語』刊行100年を記念した「みちのく怪談プロジェクト」という、怪談文学のコンテストをスタート。東日本大震災以降も怪談が本来持つ鎮魂と慰霊をテーマに、被災地支援の「ふるさと怪談トークライブ」というチャリティ・イベントを続けています。

未来授業一時間目。
まずは、柳田國男が執筆・編纂した「遠野物語」から「みちのく怪談プロジェクト」へ至る経緯です。
テーマは『現代の遠野物語をつくる』

◆東 雅夫(ひがし・まさお)
1958年、神奈川県横須賀市生まれ。
怪談専門誌「幽」の編集長で、幻想文学・ホラーの批評活動、怪談研究の第一人者。
早稲田大学文学部卒。1982年に研究批評誌「幻想文学」を創刊、2003年の終刊まで編集長を務めた。近年は各種アンソロジーの企画編纂や、幻想文学・ホラーを中心とする批評、怪談研究などの分野で著述・講演活動を展開。2011年、『遠野物語と怪談の時代』で第64回日本推理作家協会賞を受賞。東日本大震災を機に、全国の有志と被災地支援のチャリティ・イベント「ふるさと怪談トークライブ」を続けている。
著書に『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)『文学の極意は怪談である』(筑摩書房)ほか、編纂書に『文豪怪談傑作選』(ちくま文庫)『おばけずき 鏡花怪異小品集』(平凡社ライブラリー)ほか多数、監修書に『怪談えほん』(岩崎書店)ほかがある。
※著者公式サイト「幻妖ブックブログ」http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/

増田明美 第4回 未来授業 Vol548

 Podcast

 ダウンロードはこちら

増田明美 第4回 未来授業 Vol548のメイン画像

今週の講師は、スポーツジャーナリストの増田明美さんです。

現役時代は、日本最高記録を12回更新。ロサンゼルス・オリンピックにも出場し、
日本を代表するマラソンランナーとして活躍しました。

引退後は、スポーツジャーナリストとして活動。
健康や教育とスポーツの関わりについても、広く提言しています。

2020年の東京オリンピック開催は、スポーツを通して、日本が自信と品格を取り戻すチャンスだと、増田さんはいいます。

未来授業4時間目、テーマは『スポーツのチカラ』

【増田明美(ますだあけみ)】
1964年、千葉県生まれ。元女子マラソン・陸上競技長距離走選手。
現役時代は、日本最高記録を12回、世界最高記録を2回更新。
日本を代表するマラソンランナーとして活躍し、1984年にはロサンゼルス・オリンピックにも出場。
現在はスポーツジャーナリストとして執筆活動・マラソン中継の解説に携わるほか、講演、イベント、TV・ラジオ番組の出演など多方面に活動中。

増田明美 第3回 未来授業 Vol547

 Podcast

 ダウンロードはこちら

増田明美 第3回 未来授業 Vol547のメイン画像

今週の講師は、スポーツジャーナリストの増田明美さんです。

日本を代表するマラソンランナーとして活躍し、1984年にはロサンゼルス・オリンピックにも出場。
引退後は、スポーツジャーナリストとして活動し、わかりやすいマラソンの解説でもお馴染みです。

増田さんは昨年、新聞の人生相談への回答をまとめた、「認めて励ます、人生案内」を出版しました。

この「認めて励ます」という精神を教えてくれたのが、マラソンの名監督、小出義雄さんだといいます。

未来授業3時間目、テーマは『認めて励ます』

【増田明美(ますだあけみ)】
1964年、千葉県生まれ。元女子マラソン・陸上競技長距離走選手。
現役時代は、日本最高記録を12回、世界最高記録を2回更新。
日本を代表するマラソンランナーとして活躍し、1984年にはロサンゼルス・オリンピックにも出場。
現在はスポーツジャーナリストとして執筆活動・マラソン中継の解説に携わるほか、講演、イベント、TV・ラジオ番組の出演など多方面に活動中。

増田明美 第2回 未来授業 Vol546

 Podcast

 ダウンロードはこちら

増田明美 第2回 未来授業 Vol546のメイン画像

今週の講師は、スポーツジャーナリストの増田明美さんです。

日本を代表するマラソンランナーとして活躍し、1984年にはロサンゼルス・オリンピックにも出場。
引退後は、スポーツジャーナリストとして活動し、わかりやすいマラソンの解説でもお馴染みです。

そんな増田さんがマラソンを通して学んだこととは?
また、「世界に通用するランナー」になるために必要な、ある才能とは?

未来授業2時間目、テーマは『マラソンのチカラ』

【増田明美(ますだあけみ)】
1964年、千葉県生まれ。元女子マラソン・陸上競技長距離走選手。
現役時代は、日本最高記録を12回、世界最高記録を2回更新。
日本を代表するマラソンランナーとして活躍し、1984年にはロサンゼルス・オリンピックにも出場。
現在はスポーツジャーナリストとして執筆活動・マラソン中継の解説に携わるほか、講演、イベント、TV・ラジオ番組の出演など多方面に活動中。

増田明美 第1回 未来授業 Vol545

 Podcast

 ダウンロードはこちら

増田明美 第1回 未来授業 Vol545のメイン画像

今週の講師は、スポーツジャーナリストの増田明美さん。
現役時代は、日本最高記録を12回、世界最高記録を2回更新。日本を代表するマラソンランナーとして活躍し、1984年にはロサンゼルス・オリンピックにも出場しました。現在はスポーツジャーナリストとして活動。マラソンの解説でもお馴染みです。

空前のマラソンブームに沸く日本。
増田さんはこのマラソン人気をどのように見ているんでしょうか。

未来授業1時間目、テーマは『マラソン人気のヒミツ』

中川恵一 第4回 未来授業 Vol. 544

 Podcast

 ダウンロードはこちら

中川恵一 第4回 未来授業 Vol. 544のメイン画像

今週は、日本のがん予防・がん教育の第一人者である中川さんに、その最前線のお話と、臨床医としての取り組みについてうかがっています。

今日のテーマは『がん教育の必要性』

【中川恵一】
東京大学医学部附属病院放射線科准教授で緩和ケア診療部長 中川恵一(なかがわ・けいいち)。
1960年、東京生まれ。東京大学医学部卒業後、同学部放射線医学教室入局。
2002年、東京大学医学部放射線医学教室助教授を経て現職に。
中川さんは、がん予防や早期発見の重要性を唱え、全国の小中高校へ「がん教育」の出前授業を続け、その意識改革から患者を減らす活動をしていらっしゃいます。
同時に、厚生労働省の「がん対策推進協議会」委員、
「がんに関する普及啓発懇談会」座長、
「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボード議長、
日本放射線腫瘍学会理事の要職を務めています。

中川恵一 第3回 未来授業 Vol. 543

 Podcast

 ダウンロードはこちら

中川恵一 第3回 未来授業 Vol. 543のメイン画像

今週は、日本のがん予防・がん教育の第一人者である中川さんに、その最前線のお話と、臨床医としての取り組みについてうかがっています。

今日のテーマは『“がん家系”の真偽と、サプリ、コーヒーの効用とは?』

東京大学医学部附属病院放射線科准教授で緩和ケア診療部長の
中川恵一(なかがわ・けいいち)さん。
1960年、東京生まれ。東京大学医学部卒業後、同学部放射線医学教室入局。
2002年、東京大学医学部放射線医学教室助教授を経て現職に。
中川さんは、がん予防や早期発見の重要性を唱え、全国の小中高校へ「がん教育」の出前授業を続け、その意識改革から患者を減らす活動をしていらっしゃいます。
同時に、厚生労働省の「がん対策推進協議会」委員、
「がんに関する普及啓発懇談会」座長、「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボード議長、
日本放射線腫瘍学会理事の要職を務めています。

中川恵一 第2回 未来授業 Vol. 542

 Podcast

 ダウンロードはこちら

中川恵一 第2回 未来授業 Vol. 542のメイン画像

今週は、日本のがん予防・がん教育の第一人者である中川さんに、その最前線のお話と、臨床医としての取り組みについてうかがっていきます。

今日のテーマは『がん予防の可能性』

【中川恵一】
東京大学医学部附属病院放射線科准教授で緩和ケア診療部長の
中川恵一(なかがわ・けいいち)さん。
1960年、東京生まれ。東京大学医学部卒業後、同学部放射線医学教室入局。
2002年、東京大学医学部放射線医学教室助教授を経て現職に。
中川さんは、がん予防や早期発見の重要性を唱え、全国の小中高校へ「がん教育」の出前授業を続け、その意識改革から患者を減らす活動をしていらっしゃいます。
同時に、厚生労働省の「がん対策推進協議会」委員、
「がんに関する普及啓発懇談会」座長、
「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボード議長、日本放射線腫瘍学会理事の要職を務めています。

中川恵一 第1回 未来授業 Vol. 541

 Podcast

 ダウンロードはこちら

中川恵一 第1回 未来授業 Vol. 541のメイン画像

今週は、日本のがん予防・がん教育の第一人者である中川さんに、その最前線のお話と、臨床医としての取り組みについてうかがっていきます。

今日のテーマは『発がんのメカニズムと、治療・治癒の現状』


【中川恵一】
東京大学医学部附属病院放射線科准教授で緩和ケア診療部長の中川恵一(なかがわ・けいいち)さん。
1960年、東京生まれ。東京大学医学部卒業後、同学部放射線医学教室入局。
2002年、東京大学医学部放射線医学教室助教授を経て現職に。中川さんは、がん予防や早期発見の重要性を唱え、全国の小中高校へ「がん教育」の出前授業を続け、その意識改革から患者を減らす活動をしていらっしゃいます。
同時に、厚生労働省の「がん対策推進協議会」委員、
「がんに関する普及啓発懇談会」座長、「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボード議長、日本放射線腫瘍学会理事の要職を務めています。

アーサー・ビナード 第4回 未来授業 Vol. 540

 Podcast

 ダウンロードはこちら

アーサー・ビナード 第4回 未来授業 Vol. 540のメイン画像

今週の講師は、アメリカ出身の詩人、アーサー・ビナードさん。
来日からおよそ24年。巧みな日本語で詩や絵本を発表する一方、翻訳も手がけています。
また、エッセイストやラジオパーソナリティとしても活躍。
鋭い観察力と辛口の批評で、社会問題にも積極的にアプローチしています。
ニュースや情報があふれる現代社会で、わたしたちはなにを信じたらいいのでしょうか。
未来授業4時間目、テーマは『見抜く力』

アーサー・ビナード 第3回 未来授業 Vol. 539

 Podcast

 ダウンロードはこちら

アーサー・ビナード 第3回 未来授業 Vol. 539のメイン画像

今週の講師は、アメリカ出身の詩人、アーサー・ビナードさん。
巧みな日本語で詩やエッセイを発表する一方、絵本の執筆や翻訳も数多く手がけています。
今回ビナードさんが日本語に翻訳したのが、イギリス人、ジョニー・ダドルの絵本「かいぞく ゴックン」(ポプラ社)。
怪しいバイオリン弾きに誘われて、宝の地図を手に海に出かけた海賊たちの運命を描いた冒険譚です。
でもそこには、宣伝や広告に惑わされがちなわたしたち現代人への「教訓」が込められていると、ビナードさんはいいます。未来授業3時間目、テーマは『騙されないヒント』

アーサー・ビナード 第2回 未来授業 Vol. 538

 Podcast

 ダウンロードはこちら

アーサー・ビナード 第2回 未来授業 Vol. 538のメイン画像

今週の講師は、アメリカ出身の詩人、アーサー・ビナードさん。
日本語の豊かな響きに魅かれて来日し、詩集や、エッセイ、絵本を数多く手がけてきました。日本人以上に巧みに日本語を操る姿は、ちょっとユーモラス。
来日からもうすぐ丸24年を迎えます。
そんなビナードさんが、今回2年の歳月をかけて出版したのが、宮澤賢治『雨ニモマケズ』の翻訳絵本。自然、農業、経済、そして人間・・さまざまなエッセンスが詰まったこの作品は、わたしたち現代人へのメッセージだと、ビナードさんは言います。
未来授業2時間目、テーマは『雨ニモマケズと日本の豊かさ』

アーサー・ビナード 第1回 未来授業 Vol. 537

 Podcast

 ダウンロードはこちら

アーサー・ビナード 第1回 未来授業 Vol. 537のメイン画像

アーサー・ビナード(Arthur Binard)
1967年、米国ミシガン州生まれ。ニューヨーク州のコルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、絵本『ここが家だ――ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞。
エッセイ集に『亜米利加ニモ負ケズ』(日本経済新聞出版社)、『日々の非常口』(新潮文庫)、絵本に『くうきのかお』(福音館書店)、『ことばメガネ』(大月書店)、詩集に『ゴミの日』(理論社)、翻訳詩集には『日本の名詩、英語でおどる』(みすず書房)。翻訳絵本に『ダンデライオン』『どんなきぶん?』(ともに福音館書店)、『カエルもヒキガエルもうたえる』(長崎出版)、『ホットケーキできあがり!』(偕成社)、『雨ニモマケズ Rain Won't 』(今人舎)、『かいぞく ゴックン』(ポプラ社)がある。