飯沢耕太郎 第1回 未来授業 Vol. 569

 Podcast

 ダウンロードはこちら

飯沢耕太郎 第1回 未来授業 Vol. 569のメイン画像

今週の講師は、写真評論家、飯沢耕太郎さん。
国内外の写真作品を、時代とともに読み解いて、写真評論の第一人者として活躍する一方、「写真の力」「写真的思考」など、数多くの著書を発表してきました。
1990年代以降、デジタルカメラの登場によって、「写真」は大きな変革期を迎えました。
「誰でも簡単にきれいな写真が撮れる時代」。
でも、「写真表現の本質は変わらない」と、飯沢さんは言います。   
未来授業1時間目、テーマは『アナログからデジタルへ、プロとアマの境界線』

◆飯沢耕太郎
写真評論家。きのこ文学研究家。1954年、宮城県生まれ。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『きのこ文学大全』(平凡社新書 2008)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル 2012)、『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS 2013)などがある。

下村政嗣 第4回 未来授業 Vol. 568

 Podcast

 ダウンロードはこちら

下村政嗣 第4回 未来授業 Vol. 568のメイン画像

今週は、バイオミメティクス研究会の運営にも関わる下村さんに、バイオミメティクスの可能性についてうかがっていきます。

今日のテーマは『いま、何を学ぶべきか』
◆下村政嗣
東北大学 原子分子材料科学 高等研究機構 

下村政嗣 第3回 未来授業 Vol. 567

 Podcast

 ダウンロードはこちら

下村政嗣 第3回 未来授業 Vol. 567のメイン画像

今週は、バイオミメティクス研究会の運営にも関わる下村さんに、バイオミメティクスの可能性についてうかがっていきます。

今日のテーマは『猫は、どうやって水を飲んでいるのか』

◆下村政嗣
東北大学 原子分子材料科学 高等研究機構 

下村政嗣 第2回 未来授業 Vol. 566

 Podcast

 ダウンロードはこちら

下村政嗣 第2回 未来授業 Vol. 566のメイン画像

今週は、バイオミメティクス研究会の運営にも関わる下村さんに、バイオミメティクスの可能性についてうかがっていきます。
今日のテーマは『サメ肌からムール貝まで』

◆下村政嗣
東北大学 原子分子材料科学 高等研究機構 

下村政嗣 第1回 未来授業 Vol. 565

 Podcast

 ダウンロードはこちら

下村政嗣 第1回 未来授業 Vol. 565のメイン画像

今週は、バイオミメティクス研究会の運営にも関わる下村さんに、バイオミメティクスの可能性についてうかがっていきます。

今日のテーマは『バイオミメティクスという考え方』

◆下村政嗣
東北大学 原子分子材料科学 高等研究機構 下村政嗣

市古太郎 第4回 未来授業 Vol. 564

 Podcast

 ダウンロードはこちら

市古太郎 第4回 未来授業 Vol. 564のメイン画像

今週の講師は、首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授の市古太郎さん。

市古さんは、災害が発生する「前に」被害を想定して、
生活再建プラン、復興計画をまとめておく考え方「事前復興」を提唱しています。

現在、事前復興のワークショップは、東京の都市部だけではなく、地方都市に近い特徴を持つ 八王子市でも盛んに行われています。

市古さんは、この八王子の取り組みが、災害とは別の、日本が抱える大きな問題の解決にも繋がる、と言います。

未来授業四時間目、テーマは『事前復興から始まる未来』

◆市古太郎(いちこ・たろう)
首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授。
研究テーマは、自然災害からの復興、そして東京の『事前復興まちづくり』。

市古太郎 第3回 未来授業 Vol. 563

 Podcast

 ダウンロードはこちら

市古太郎 第3回 未来授業 Vol. 563のメイン画像

今週の講師は、首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授の市古太郎さん。

市古さんは、災害が発生する「前に」被害を想定して、
生活再建プラン、復興計画をまとめておく考え方「事前復興」を提唱しています。

現在、事前復興のワークショップは、東京の都市部だけではなく、地方都市に近い特徴を持つ 八王子市でも盛んに行われています。

市古さんは、この八王子の取り組みが、災害とは別の、日本が抱える大きな問題の解決にも繋がる、と言います。

未来授業四時間目、テーマは『事前復興から始まる未来』

◆市古太郎(いちこ・たろう)
首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授。
研究テーマは、自然災害からの復興、そして東京の『事前復興まちづくり』。

市古太郎 第2回 未来授業 Vol. 562

 Podcast

 ダウンロードはこちら

市古太郎 第2回 未来授業 Vol. 562のメイン画像

今週の講師は、首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授の市古太郎さん。
市古さんは、災害が発生する「前に」被害を想定して、
生活再建プラン、復興計画をまとめておく考え方「事前復興」を提唱しています。

阪神淡路大震災の反省から生まれた事前復興という考え方は、すでに、東京のいくつかの自治体の災害対策にも導入されていて、事前復興のプランを作るワークショップも、各地で行われています。このワークショップとは、一体どんなものなのでしょうか。

未来授業二時間目、テーマは『復興を、イメージする』

◆市古太郎(いちこ・たろう)
首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授。
研究テーマは、自然災害からの復興、そして東京の『事前復興まちづくり』。

市古太郎 第1回 未来授業 Vol. 561

 Podcast

 ダウンロードはこちら

市古太郎 第1回 未来授業 Vol. 561のメイン画像

今週の講師は、首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授の市古太郎さん。
研究テーマは、自然災害からの復興、そして東京の『事前復興まちづくり』です。

事前復興とは、災害が発生する「前に」被害を想定して、生活再建プラン、復興計画をまとめておく考え方です。

すでに、東京のいくつかの自治体では、事前復興の計画を作るワークショップも行われていて、市古さんはその企画運営に研究者の立場で関わっています。

今週は、次の災害に備えるための、「事前復興」という考え方についてお届けします。

未来授業一時間目は、テーマは『阪神淡路大震災の反省』

◆市古太郎(いちこ・たろう)
首都大学東京、都市環境科学研究科 准教授。
研究テーマは、自然災害からの復興、そして東京の『事前復興まちづくり』。

次世代型医療の構築『東北メディカル・メガバンク機構』 第4回 未来授業 Vol. 560

 Podcast

 ダウンロードはこちら

次世代型医療の構築『東北メディカル・メガバンク機構』 第4回 未来授業 Vol. 560のメイン画像

今週の講師は「東北メディカル・メガバンク機構」の山本雅之機構長です。

「東北メディカル・メガバンク機構」は、「被災した方たちの健康サポート」を軸に、
次世代型の医療を構築しようというプロジェクト。

被災地で「コホート調査」と呼ばれる大規模な健康調査を実施して、
その結果を、一人一人の体質に合った「病気の予防」に役立てる考えです。

また、「遺伝子研究」も、このプロジェクトの一貫。
将来的には、遺伝子情報から得られる「病気にかかるリスク」を被験者に伝え、個別化医療、個別化予防に繋げていくことも、視野に入れています。
  
未来授業4時間目、テーマは「遺伝子研究と未来の医療」

◆山本雅之
東北メディカル・メガバンク機構」機構長。

次世代型医療の構築『東北メディカル・メガバンク機構』 第3回 未来授業 Vol. 559

 Podcast

 ダウンロードはこちら

次世代型医療の構築『東北メディカル・メガバンク機構』 第3回 未来授業 Vol. 559のメイン画像

今週の講師は「東北メディカル・メガバンク機構」の山本雅之機構長です。

「東北メディカル・メガバンク機構」は、「被災した方たちの健康サポート」を軸に、次世代型の医療を構築しようというプロジェクト。

その大きな柱が、「コホート調査」と呼ばれる大規模な健康調査です。

現在、宮城県や岩手県を中心に呼びかけを行い、すでに、およそ1万人が調査に参加しています。

個別化医療、個別化予防の基礎となる「コホート調査」「コホート研究」とは、いったいどんなものなのか。

未来授業3時間目、テーマは『コホート研究と医療フロンティア』

◆山本雅之
東北メディカル・メガバンク機構」機構長。

次世代型医療の構築『東北メディカル・メガバンク機構』 第2回 未来授業 Vol. 558

 Podcast

 ダウンロードはこちら

次世代型医療の構築『東北メディカル・メガバンク機構』 第2回 未来授業 Vol. 558のメイン画像

今週の講師は「東北メディカル・メガバンク機構」の山本雅之機構長です。

「東北メディカル・メガバンク機構」は、東北大学医学部を中心としたプロジェクト。
「被災した方たちの健康サポート」を目的に、
大規模な健康調査を行い、個別化医療、個別化予防に取り組んでいます。

また、地域医療を支える医師の育成も、プロジェクトの大きな柱。

「循環型医師支援制度」という仕組みを取り入れて、
若手の医師や研究者のキャリアをバックアップしています。

未来授業2時間目、テーマは『医師を育てる仕組み』

◆山本雅之
東北メディカル・メガバンク機構」機構長。

次世代型医療の構築『東北メディカル・メガバンク機構』 第1回 未来授業 Vol. 557

 Podcast

 ダウンロードはこちら

次世代型医療の構築『東北メディカル・メガバンク機構』 第1回 未来授業 Vol. 557のメイン画像

今週の講師は「東北メディカル・メガバンク機構」の山本雅之機構長です。

震災後、東北の被災地では、病院も被災。カルテが津波で流出したり、医療機器が失われたりしました。
また、長引く仮設住宅での暮らしから、健康に不安を抱えて暮らしている方も少なくありません。

そんな中、東北大学医学部を中心に設立されたのが、「東北メディカル・メガバンク機構」。
被災地の医療を復興し、東北で次世代型の医療を構築することが目的です。

未来授業1時間目、テーマは「医療復興と個別化予防」

◆山本雅之
東北メディカル・メガバンク機構」機構長。

風見正三 第4回 未来授業 Vol. 556

 Podcast

 ダウンロードはこちら

風見正三 第4回 未来授業 Vol. 556のメイン画像

今週の講師は、宮城大学 教授 事業構想学部 副学部長の風見正三さん。
「地域経営学/コミュニティビジネス」という、
街作りや街を活性化するためのビジネスが専門です。

風見さんが、宮城県東松島市で取り組むプロジェクト、
「森の学校」。これは森の中に学校を置き、教育をきっかけに、持続可能な産業も生み出そう、という取り組みです。

未来授業四時間目。
最後は、風見さんが、この「森の学校」の先に見据える未来です。
テーマは 「里山への回帰」

◆風見正三 (かざみ しょうぞう)
宮城大学事業構想学部教授。地域計画、都市計画、環境計画、まちづくりコミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、持続可能な地域創造学、田園都市論などが専門。
社会活動としては、地方自治体の環境審議会や都市計画審議会の委員の他、環境省のイノバティブコミュニティビジネス研究会のワーキングメンバーに参加する等、持続可能な地域づくりとコモンズの創造の研究、事業型NPOの支援システムの体制整備にも関わり、2011年の東日本大震災以降はC.W.二コルさんが代表のアファン財団と共に、東松島市の「森の学校」事業にも取り組んでいる。

風見正三 第3回 未来授業 Vol. 555

 Podcast

 ダウンロードはこちら

風見正三 第3回 未来授業 Vol. 555のメイン画像

今週の講師は、宮城大学 教授 事業構想学部 副学部長の風見正三さん。
「地域経営学/コミュニティビジネス」という、
街作りや街を活性化するためのビジネスが専門です。

都市と農村を融合させる「田園都市」をベースに、
風見さんが取り組むプロジェクト、「森の学校」。

このプロジェクトは、教育だけでなく、地域の産業や
人々のライフスタイルも大きく変える可能性があると、
風見さんは話します。一体どういうことなのでしょうか。

未来授業三時間目。テーマは 「田園都市から、森林都市へ」

◆風見正三 (かざみ しょうぞう)
宮城大学事業構想学部教授。地域計画、都市計画、環境計画、まちづくりコミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、持続可能な地域創造学、田園都市論などが専門。
社会活動としては、地方自治体の環境審議会や都市計画審議会の委員の他、環境省のイノバティブコミュニティビジネス研究会のワーキングメンバーに参加する等、持続可能な地域づくりとコモンズの創造の研究、事業型NPOの支援システムの体制整備にも関わり、2011年の東日本大震災以降はC.W.二コルさんが代表のアファン財団と共に、東松島市の「森の学校」事業にも取り組んでいる。

風見正三 第2回 未来授業 Vol. 554

 Podcast

 ダウンロードはこちら

風見正三 第2回 未来授業 Vol. 554のメイン画像

今週の講師は、宮城大学 教授 事業構想学部 副学部長の風見正三さん。
「地域経営学/コミュニティビジネス」という、
街作りや街を活性化するためのビジネスが専門です。

月曜日は、都市と農村を融合させる「田園都市」という考え方を紹介しましたが、。
これをベースに風見さんが、作家で環境活動家のCWニコルさんと取り組むプロジェクトが、「森の学校」です。

風見さんは、このプロジェクトが、被災した地域の新たな町作りに繋がると考えています。

未来授業二時間目。テーマは 「森を中心とした街作り」

◆風見正三 (かざみ しょうぞう)
宮城大学事業構想学部教授。地域計画、都市計画、環境計画、まちづくりコミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、持続可能な地域創造学、田園都市論などが専門。
社会活動としては、地方自治体の環境審議会や都市計画審議会の委員の他、環境省のイノバティブコミュニティビジネス研究会のワーキングメンバーに参加する等、持続可能な地域づくりとコモンズの創造の研究、事業型NPOの支援システムの体制整備にも関わり、2011年の東日本大震災以降はC.W.二コルさんが代表のアファン財団と共に、東松島市の「森の学校」事業にも取り組んでいる。

風見正三 第1回 未来授業 Vol. 553

 Podcast

 ダウンロードはこちら

風見正三 第1回 未来授業 Vol. 553のメイン画像

今週の講師は、宮城大学 教授 事業構想学部 副学部長の風見正三さん。
「地域経営学/コミュニティビジネス」という、
街作りや街を活性化するためのビジネスが専門です。

風見さんはいま、東北被災地の ある地域で、
学校作りをきっかけとした持続可能な地域の形成に取り組んでいます。
今週は、この取り組みが目指す、
新しい「都市の在り方」「コミュニティ」について考えていきます。

元々、建物の建築が専門だった風見さんは、道路や公園を作る「都市計画」を
学ぶ中で、イギリスで生まれた「田園都市」という考え方に注目したと言います。
まずはこの考え方について伺いました。

未来授業一時間目、テーマ 『都市と農村の融合、田園都市』

◆風見正三 (かざみ しょうぞう)
宮城大学事業構想学部教授。地域計画、都市計画、環境計画、まちづくりコミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、持続可能な地域創造学、田園都市論などが専門。
社会活動としては、地方自治体の環境審議会や都市計画審議会の委員の他、環境省のイノバティブコミュニティビジネス研究会のワーキングメンバーに参加する等、持続可能な地域づくりとコモンズの創造の研究、事業型NPOの支援システムの体制整備にも関わり、2011年の東日本大震災以降はC.W.二コルさんが代表のアファン財団と共に、東松島市の「森の学校」事業にも取り組んでいる。