服部文祥 第3時限目Vol.586

 Podcast

 ダウンロードはこちら

服部文祥  第3時限目Vol.586のメイン画像

今週の講師は、登山家、服部文祥(はっとり・ぶんしょう)さんです。
ヒマラヤ山脈のK2(ケーツー)など、国内外で数々の登山を経験したあと、「サバイバル登山」をスタート。
現代的な装備を捨て、狩りや釣りで食料を現地調達する独自の登山スタイルは、登山家や登山愛好家の間で、大きな話題を呼んでいます。
「サバイバル登山」を行うことで、さまざまな発見があったという服部さん。
未来授業3時間目、テーマは『常識とはなにか』

服部文祥(ハットリ・ブンショウ)
1969(昭和44)年神奈川県生れ。1996年から山岳雑誌「岳人」編集部に参加。K2登頂など、オールラウンドな登山を経験したあと、装備を切りつめ食糧を現地調達するサバイバル登山をはじめる。それらの山行記に、『サバイバル登山家』『狩猟サバイバル』『サバイバル!』『百年前の山を旅する』などがある。

服部文祥 第2時限目Vol.585

 Podcast

 ダウンロードはこちら

服部文祥  第2時限目Vol.585のメイン画像

今週の講師は、登山家、服部文祥(はっとり・ぶんしょう)さんです。
ヒマラヤ山脈のK2(ケーツー)など、国内外で数々の登山を経験したあと、服部さんがとりくみはじめたのが、「サバイバル登山」。
現代的な装備を切り詰めて、狩りや釣りで食料を現地調達する、独自の登山スタイルで、時には1か月近く、山で過ごすこともあります。

未来授業2時間目、テーマは「サバイバル登山のオキテ」

服部文祥(ハットリ・ブンショウ)
1969(昭和44)年神奈川県生れ。1996年から山岳雑誌「岳人」編集部に参加。K2登頂など、オールラウンドな登山を経験したあと、装備を切りつめ食糧を現地調達するサバイバル登山をはじめる。それらの山行記に、『サバイバル登山家』『狩猟サバイバル』『サバイバル!』『百年前の山を旅する』などがある。

服部文祥 第1時限目Vol.584

 Podcast

 ダウンロードはこちら

服部文祥  第1時限目Vol.584のメイン画像

今週の講師は、登山家、服部文祥(はっとり・ぶんしょう)さん。
服部さんは、学生時代から山に親しみ、国内外で数々の登山を経験したあと、独自の登山スタイルをとりはじめます。
それが、「サバイバル登山」。
現代的な装備を切り詰めて、狩りや釣りで食料を現地調達する、一風変わった登山スタイルです。
服部さんが「サバイバル登山」をはじめたきっかけは、
意外にも、ヒマラヤ登山にありました。
未来授業1時間目、テーマは『サバイバル登山への道』

◆服部文祥(ハットリ・ブンショウ)
1969(昭和44)年神奈川県生れ。1996年から山岳雑誌「岳人」編集部に参加。K2登頂など、オールラウンドな登山を経験したあと、装備を切りつめ食糧を現地調達するサバイバル登山をはじめる。それらの山行記に、『サバイバル登山家』『狩猟サバイバル』『サバイバル!』『百年前の山を旅する』などがある。

山本益博 第3時限目 Vol.583

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山本益博  第3時限目 Vol.583のメイン画像

今週の講師は、料理評論家、山本益博さん。
国内外の料理に精通し、美食家としても知られています。
昨年12月、「和食」がユネスコの「無形文化遺産」に登録されました。
季節の移ろいを表現する「和食」。
世界の料理人が注目する「うまみ」や優れた栄養バランスが注目されています。
けれども、「和食文化」を支えるのは、料理人や調理法だけではないと、山本さんは言います。
未来授業3時間目、テーマは『和食文化の真髄』

◆山本益博(やまもと・ますひろ)
早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。
料理評論(「東京・味のグランプリ」「グルマン」)の傍ら、料理人とのコラボによるイヴェントも数多く企画、1985年、東京・有楽町レストラン「アピシウス」でジョエル・ロブションのディナーを企画プロデュースしたことをきっかけに、レストランの催事、食品の商品開発の仕事に携わるようになる。また、TV「探検レストラン」(テレビ朝日系列)では、小淵沢の駅弁「元気甲斐」の商品開発、荻窪のラーメン屋開業プロジェクトに参加した。
2001年には、フランス政府より、農事功労勲章(メリット・アグリコル)シュヴァリエを受勲。
近年は、医療企業との健康長寿食プロジェクトや病院の介護食の料理・食事・サービスに関するアドバイザーも務めている。

山本益博 第2時限目 Vol.582

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山本益博  第2時限目 Vol.582のメイン画像

今週の講師は、料理評論家、山本益博さん。
国内外の料理に精通し、美食家としても知られています。
昨年12月、ユネスコの「無形文化遺産」に登録され、
いま改めて「和食」が注目されています。
そして、「和食」のベースとなるのが、鰹や昆布を使った「うまみ」。  
まろやかで味わい深い「うまみ」は、アルファベットの「UMAMI」として、
世界の料理人にも影響を与えています。
未来授業2時間目、テーマは『UMAMIとDASHI』

山本益博(やまもと・ますひろ)
早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。
料理評論(「東京・味のグランプリ」「グルマン」)の傍ら、料理人とのコラボによるイヴェントも数多く企画、1985年、東京・有楽町レストラン「アピシウス」でジョエル・ロブションのディナーを企画プロデュースしたことをきっかけに、レストランの催事、食品の商品開発の仕事に携わるようになる。また、TV「探検レストラン」(テレビ朝日系列)では、小淵沢の駅弁「元気甲斐」の商品開発、荻窪のラーメン屋開業プロジェクトに参加した。
2001年には、フランス政府より、農事功労勲章(メリット・アグリコル)シュヴァリエを受勲。
近年は、医療企業との健康長寿食プロジェクトや病院の介護食の料理・食事・サービスに関するアドバイザーも務めている。

山本益博 第1時限目 Vol.581

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山本益博  第1時限目 Vol.581のメイン画像

昨年12月、「自然を尊重する日本人の伝統的な食文化」が認められた、「和食」がユネスコの「無形文化遺産」に登録されました。

これを機に、いま改めて「和食」が注目されています。
そこで、今週の講師は、料理評論家、山本益博さん。
国内外の料理に精通し、美食家としても知られる山本さんが語る、「和食」の魅力と未来とは?    

未来授業1時間目、テーマは『和食と日本料理』

※4月22日の未来授業は特別番組「EARTH×HEART LIVE 2014」放送のため、お休みとなります。

原田曜平 第4回 未来授業 Vol. 580

 Podcast

 ダウンロードはこちら

原田曜平 第4回 未来授業 Vol. 580のメイン画像

今週は、「若者研究」というスタンスから、日本およびアジア各国で若者へのマーケティングや、若者向け商品開発を行っている原田さんに、その最前線のお話をうかがっていきます。

今日のテーマは『「必要の無駄」の必要さ』

原田曜平(はらだ・ようへい)
博報堂、ブランドデザイン若者研究所、リーダー
1977年、東京生まれ。慶應義塾大学卒業後、博報堂へ入社。
ストラテジックプランニング局、生活総合研究所、研究開発局を経て現職に。
原田さんがリーダーをつとめる「若者研究所」とは、高校生から若手の社会人まで全国のおよそ100人が所属する組織で、若者の消費行動やライフスタイルの研究と、若者向けマーケティングやPRも行っています。

原田曜平 第3回 未来授業 Vol. 579

 Podcast

 ダウンロードはこちら

原田曜平 第3回 未来授業 Vol. 579のメイン画像

今週は、「若者研究」というスタンスから、日本およびアジア各国で若者へのマーケティングや、若者向け商品開発を行っている原田さんに、その最前線のお話をうかがっていきます。

今日のテーマは『地域格差と所得格差への誤解』

◆原田曜平(はらだ・ようへい)さん。
博報堂、ブランドデザイン若者研究所、リーダー、
1977年、東京生まれ。慶應義塾大学卒業後、博報堂へ入社。
ストラテジックプランニング局、生活総合研究所、研究開発局を経て現職に。
原田さんがリーダーをつとめる「若者研究所」とは、高校生から若手の社会人まで全国のおよそ100人が所属する組織で、若者の消費行動やライフスタイルの研究と、若者向けマーケティングやPRも行っています。

原田曜平 第2回 未来授業 Vol. 578

 Podcast

 ダウンロードはこちら

原田曜平 第2回 未来授業 Vol. 578のメイン画像

今週は、「若者研究」というスタンスから、日本およびアジア各国で若者へのマーケティングや、若者向け商品開発を行っている原田さんに、その最前線のお話をうかがっていきます。

今日のテーマは『親もマイルド、先生もマイルド』

◆原田曜平(はらだ・ようへい)

博報堂、ブランドデザイン若者研究所、リーダー

1977年、東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、博報堂へ入社。
ストラテジックプランニング局、生活総合研究所、研究開発局を経て現職に。
原田さんがリーダーをつとめる「若者研究所」とは、高校生から若手の社会人まで全国のおよそ100人が所属する組織で、若者の消費行動やライフスタイルの研究と、若者向けマーケティングやPRも行っています。

原田曜平 第1回 未来授業 Vol. 577

 Podcast

 ダウンロードはこちら

原田曜平 第1回 未来授業 Vol. 577のメイン画像

今週は、「若者研究」というスタンスから、日本およびアジア各国で若者へのマーケティングや、若者向け商品開発を行っている原田さんに、その最前線のお話をうかがっていきます。

今日のテーマは『地元大好き!“マイルドヤンキー”という存在』

原田曜平(はらだ・ようへい)
博報堂、ブランドデザイン若者研究所 リーダー、
1977年、東京生まれ。慶應義塾大学卒業後、博報堂へ入社。
ストラテジックプランニング局、生活総合研究所、研究開発局を経て現職に。
原田さんがリーダーをつとめる「若者研究所」とは、高校生から若手の社会人まで全国のおよそ100人が所属する組織で、若者の消費行動やライフスタイルの研究と、若者向けマーケティングやPRも行っています。

山本繁 第4回 未来授業 Vol576

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山本繁 第4回 未来授業 Vol576のメイン画像

今週の講師は、NPO法人NEWVERY理事長で、日本中退予防研究所所長の山本繁さん。
フリーターや中退者など社会的弱者への支援で幅広く活動する山本さんに、その最前線のお話と取り組みについてうかがっていきます。

山本さんは、これまでの12年間、
常に「可能性は誰にでもある。機会と環境が人を変える」という強い信念のもとに活動を続けてきました。
そんな山本さんが、考えている次の取り組みとは何でしょうか。

未来授業4時間目
テーマは『新規プロジェクトの意義と、変革すべき大学教育』


山本繁(やまもと・しげる)
NPO法人NEWVERY理事長 日本中退予防研究所所長。
1978年、東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、NPOコトバノアトリエを設立。約4年間のボランティア活動を経て、事業型NPO(社会的企業)に組織転換し、以後、フリーターやニート、ひきこもりの若者のためにあらゆるプロジェクトを立ち上げる。
その活動は、ニートやひきこもりの若者しか入学できない「神保町小説アカデミー」や、ニートのためのインターネットラジオ局「オールニートニッポン」、漫画家志望の若者に格安で住居を提供する「トキワ荘プロジェクト」など多岐にわたり、若者たちが未来に希望を持てる社会の創造に取り組んでいる。

山本繁 第3回 未来授業 Vol575

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山本繁 第3回 未来授業 Vol575のメイン画像

今週の講師は、NPO法人NEWVERY理事長で、日本中退予防研究所所長の山本繁さん。
フリーターや中退者など社会的弱者への支援で幅広く活動する山本さんに、その最前線のお話と取り組みについてうかがっていきます。

やりたいことが見つからない、と悩む若者に対して、山本さんはこう言います。
「やりたいことをやらなくてもいい」と。その真意とは?

未来授業3時間目。
テーマは『“やりたいことがないヤツは社会起業家になれ”』

◆山本繁(やまもと・しげる)
NPO法人NEWVERY理事長 日本中退予防研究所所長。
1978年、東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、NPOコトバノアトリエを設立。約4年間のボランティア活動を経て、事業型NPO(社会的企業)に組織転換し、以後、フリーターやニート、ひきこもりの若者のためにあらゆるプロジェクトを立ち上げる。
その活動は、ニートやひきこもりの若者しか入学できない「神保町小説アカデミー」や、ニートのためのインターネットラジオ局「オールニートニッポン」、漫画家志望の若者に格安で住居を提供する「トキワ荘プロジェクト」など多岐にわたり、若者たちが未来に希望を持てる社会の創造に取り組んでいる。

山本繁 第2回 未来授業 Vol574

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山本繁 第2回 未来授業 Vol574のメイン画像

今週の講師は、NPO法人NEWVERY理事長で、日本中退予防研究所所長の山本繁さん。
フリーターや中退者など社会的弱者への支援で幅広く活動する山本さんに、その最前線のお話と取り組みについてうかがっていきます。

学生が中退するおもな理由は、その学校と自分とのミスマッチにあると山本さんは分析しています。それを予防するためのある「体験」は、一定の効果をあげているようです。

未来授業2時間目
テーマは『日本中退予防研究所の取り組み』

◆山本繁(やまもと・しげる)
NPO法人NEWVERY理事長 日本中退予防研究所所長。
1978年、東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、NPOコトバノアトリエを設立。約4年間のボランティア活動を経て、事業型NPO(社会的企業)に組織転換し、以後、フリーターやニート、ひきこもりの若者のためにあらゆるプロジェクトを立ち上げる。
その活動は、ニートやひきこもりの若者しか入学できない「神保町小説アカデミー」や、ニートのためのインターネットラジオ局「オールニートニッポン」、漫画家志望の若者に格安で住居を提供する「トキワ荘プロジェクト」など多岐にわたり、若者たちが未来に希望を持てる社会の創造に取り組んでいる。

山本繁 第1回 未来授業 Vol573

 Podcast

 ダウンロードはこちら

山本繁 第1回 未来授業 Vol573のメイン画像

今週の講師は、NPO法人NEWVERY理事長で、日本中退予防研究所所長の山本繁さん。
フリーターやニート、ひきこもりの若者のためにあらゆるプロジェクトを立ち上げ、若者たちが未来に希望を持てる社会の創造に取り組んでいます。

今週は、フリーターや中退者など社会的弱者への支援で幅広く活動する山本さんに、その最前線のお話と取り組みについてうかがっていきます。

未来授業1時間目
テーマは『なぜ若者支援なのか、そして大学中退のリスクとは?』

山本繁(やまもと・しげる)
NPO法人NEWVERY理事長 日本中退予防研究所所長。
1978年、東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、NPOコトバノアトリエを設立。約4年間のボランティア活動を経て、事業型NPO(社会的企業)に組織転換し、以後、フリーターやニート、ひきこもりの若者のためにあらゆるプロジェクトを立ち上げる。
その活動は、ニートやひきこもりの若者しか入学できない「神保町小説アカデミー」や、ニートのためのインターネットラジオ局「オールニートニッポン」、漫画家志望の若者に格安で住居を提供する「トキワ荘プロジェクト」など多岐にわたり、若者たちが未来に希望を持てる社会の創造に取り組んでいる。

飯沢耕太郎 第4回 未来授業 Vol. 572

 Podcast

 ダウンロードはこちら

飯沢耕太郎 第4回 未来授業 Vol. 572のメイン画像

今週の講師は、写真評論家、飯沢耕太郎さんです。
国内外の写真作品を時代とともに読み解き、写真評論の第一人者として活躍する一方、著書も数多く執筆。
公募展の審査員なども務めてきました。
未来授業4時間目、テーマは『写真の力、記録と記憶』

飯沢耕太郎 写真評論家。きのこ文学研究家。1954年、宮城県生まれ。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『きのこ文学大全』(平凡社新書 2008)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル 2012)、『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS 2013)などがある。この春、東京恵比寿に写真集の図書館、写真集食堂「めぐたま」をオープン。
19世紀から現代まで、飯沢さんが所蔵する国内外の写真集、およそ5000冊を自由に閲覧することができるスペースです。http://megutama.com/

飯沢耕太郎 第3回 未来授業 Vol. 571

 Podcast

 ダウンロードはこちら

飯沢耕太郎 第3回 未来授業 Vol. 571のメイン画像

今週の講師は、写真評論家、飯沢耕太郎さんです。
1980年代から写真研究や写真評論をスタート。
国内外の写真作品を時代とともに読み解き、写真評論の第一人者として活躍してきました。
「写真の力」「写真的思考」などの著書でも知られています。
飯沢さんが「日本固有の写真表現のあり方」として挙げるのが、「写真集」。
海外の専門家も、日本の写真集に注目しているといいます。
未来授業3時間目、テーマは『写真集と俳句』

◆飯沢耕太郎 写真評論家。きのこ文学研究家。1954年、宮城県生まれ。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『きのこ文学大全』(平凡社新書 2008)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル 2012)、『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS 2013)などがある。

飯沢耕太郎 第2回 未来授業 Vol. 570

 Podcast

 ダウンロードはこちら

飯沢耕太郎 第2回 未来授業 Vol. 570のメイン画像

今週の講師は、写真評論家、飯沢耕太郎さん。
国内外の写真作品を、時代とともに読み解いて、写真評論の第一人者として活躍する一方、「写真の力」「写真的思考」など、数多くの著書を発表してきました。
1990年以降、日本の写真を取り巻く世界で、2つの大きな変化がありました。
一つは「デジタルカメラの登場」。もう一つは「女性写真家の台頭」です。
飯沢さんは1990年代、この動きにいち早く着目。
「ガーリーフォトブーム」を作った一人でもあります。
未来授業2時間目、テーマは『「女の子写真」の時代』

◆飯沢耕太郎
写真評論家。きのこ文学研究家。1954年、宮城県生まれ。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『きのこ文学大全』(平凡社新書 2008)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル 2012)、『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS 2013)などがある。