阿部彩 第1回 未来授業 Vol.620

 Podcast

 ダウンロードはこちら

阿部彩 第1回 未来授業 Vol.620のメイン画像

今週の講師は、国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部長の阿部彩さん。国内外の「貧困」や「社会保障」をテーマに、研究活動を続けてきました。

阿部さんは、OECD諸国の中で「第二位」という日本の貧困の現実に、大きな危惧を抱いています。

未来授業1時間目、テーマは『豊かな国ニッポンの貧困問題』

◆阿部彩(あべあや)
国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部 部長
マサチューセッツ工科大学卒業。タフツ大学フレッチャー法律外交大学院修士号・博士号取得。国際連合、海外経済協力基金を経て、1999年より現職。
国内外の「貧困」や「社会保障」をテーマに、研究活動を続けている。
著書に「子どもの貧困」(岩波新書)、「弱者の居場所がない社会」(講談社現代新書)など。

金谷年展 第4回 未来授業 Vol. 619

 Podcast

 ダウンロードはこちら

金谷年展 第4回 未来授業 Vol. 619のメイン画像

今後の日本のエネルギーを考える上で、大きなキーワード、再生可能エネルギーの現状と今後について伺っていきます。

改正電気事業法が成立し、2016年にはエネルギーの小売が完全自由化されます。エネルギーの在り方が、大きく変わる中、国、企業、コミュニティ、私たちに必要な変化とは。

今日のテーマは『エネルギーを競い合う時代』

金谷年展 第3回 未来授業 Vol.618

 Podcast

 ダウンロードはこちら

金谷年展 第3回 未来授業 Vol.618のメイン画像

今週は、今後の日本のエネルギーを考える上で、大きなキーワードとなる「再生可能エネルギーの現状と今後」について伺っていきます。

先日成立した改正電気事業法について。
この法律は、再生エネルギーと私たちの生活にどんな影響をもたらすのでしょうか。

今日のテーマは『スマートコミュニティ』

◆金谷年展(かなやとしのぶ)
東京工業大学 ソリューション研究機構 特任教授 
国土強靱化担当大臣・私的諮問委員会の委員をはじめ、
国や地方自治体の委員等を多く務める、環境・エネルギー問題の専門家です。

金谷年展 第2回 未来授業 Vol.617

 Podcast

 ダウンロードはこちら

金谷年展 第2回 未来授業 Vol.617のメイン画像

今週は、今後の日本のエネルギーを考える上で、大きなキーワードとなる「再生可能エネルギーの現状と今後」について伺っていきます。

夏至をすぎ、いよいよ本格的な暑さとともに、電力需要が最も高まる時期。

今日のテーマは『再生可能エネルギーに、エースはいない』

◆金谷年展(かなやとしのぶ)
東京工業大学 ソリューション研究機構 特任教授 
国土強靱化担当大臣・私的諮問委員会の委員をはじめ、
国や地方自治体の委員等を多く務める、環境・エネルギー問題の専門家。

金谷年展 第1回 未来授業 Vol. 616

 Podcast

 ダウンロードはこちら

金谷年展 第1回 未来授業 Vol. 616のメイン画像

今週は、今後の日本のエネルギーを考える上で、大きなキーワードとなる「再生可能エネルギーの現状と今後」について伺っていきます。

夏至をすぎ、いよいよ本格的な暑さとともに、電力需要が最も高まる時期。

今日のテーマは『再生可能エネルギーが目指すところ』

◆金谷年展(かなやとしのぶ)
東京工業大学 ソリューション研究機構 特任教授 
国土強靱化担当大臣・私的諮問委員会の委員をはじめ、
国や地方自治体の委員等を多く務める、環境・エネルギー問題の専門家。

西辻一真 第4回 未来授業 Vol. 615

 Podcast

 ダウンロードはこちら

西辻一真 第4回 未来授業 Vol. 615のメイン画像

今週の講師は、株式会社マイファーム代表取締役、西辻一真さん。
マイファームは、後継者不足などで使われなくなった畑、いわゆる「耕作放棄地」を再生する農業ベンチャー企業。「耕作放棄地」を家庭菜園として一般の利用者に貸し出して、「農業のある暮らし」を提案しています。

東日本大震災のあと、西辻さんが度々足を運んでいるのが、東北の被災地。
津波や塩害で荒れた農地の再生に、地域の住民とともに取り組んでいます。
全国の耕作放棄地と震災で被災した農地には、共通点も多いと、西辻さんは言います。

未来授業4時間目、テーマは『東北の農地を再生する』

◆西辻一真(にしつじかずま)
株式会社マイファーム代表取締役。レンタルファーム(貸し農園)のコンサルティング、農業教育・リーダー育成事業など

西辻一真 第3回 未来授業 Vol. 614

 Podcast

 ダウンロードはこちら

西辻一真 第3回 未来授業 Vol. 614のメイン画像

今週の講師は、株式会社マイファーム代表取締役、西辻一真さん。
マイファームは、後継者不足などで使われなくなった畑、いわゆる「耕作放棄地」を再生する農業ベンチャー企業。「耕作放棄地」を家庭菜園として一般の利用者に貸し出して、「農業のある暮らし」を提案しています。

「耕作放棄地」を家庭菜園として貸し出して、農業をやってみたい!という一般の利用者に開放しています。利用者は原則一年単位で農地を借り受け、自分の好きな作物を育てることができます。初心者には、クワの持ち方や種の播き方など、技術サポートも行っています。

未来授業3時間目、テーマは『農業が教えてくれること』

◆西辻一真(にしつじかずま)
株式会社マイファーム代表取締役。レンタルファーム(貸し農園)のコンサルティング、農業教育・リーダー育成事業など

西辻一真 第2回 未来授業 Vol. 613

 Podcast

 ダウンロードはこちら

西辻一真 第2回 未来授業 Vol. 613のメイン画像

今週の講師は、株式会社マイファーム代表取締役、西辻一真さん。
マイファームは、後継者不足などで使われなくなった畑、いわゆる「耕作放棄地」を再生する農業ベンチャー企業。「耕作放棄地」を家庭菜園として一般の利用者に貸し出して、「農業のある暮らし」を提案しています。

「地産地消」は、地域でとれた農産物などをその地域で消費すること。
これに対して、西辻さんが目指すのは、農作物を自分で作って自分で消費する社会です。

未来授業2時間目、テーマは『自産自消社会へ』

◆西辻一真(にしつじかずま)
株式会社マイファーム代表取締役。レンタルファーム(貸し農園)のコンサルティング、農業教育・リーダー育成事業など

西辻一真 第1回 未来授業 Vol. 612

 Podcast

 ダウンロードはこちら

西辻一真 第1回 未来授業 Vol. 612のメイン画像

今週の講師は、株式会社マイファーム代表取締役、西辻一真さん。

マイファームは、後継者不足などで使われなくなった畑、いわゆる「耕作放棄地」を再生する農業ベンチャー企業。「耕作放棄地」を家庭菜園として一般の利用者に貸し出して、「農業のある暮らし」を提案しています。

では、そもそもなぜ「耕作放棄地」が生まれてしまうのでしょうか。

未来授業1時間目、テーマは『ニッポンの耕作放棄地』

◆西辻一真(にしつじかずま)
株式会社マイファーム代表取締役。レンタルファーム(貸し農園)のコンサルティング、農業教育・リーダー育成事業など

玉木正之 第4回 未来授業 Vol. 611

 Podcast

 ダウンロードはこちら

玉木正之 第4回 未来授業 Vol. 611のメイン画像

今週の講師は、スポーツライターの玉木正之(たまき・まさゆき)さん。

東京大学教養学部中退後、編集者を経て雑誌記者に。
その後、スポーツライター、音楽評論家、小説家、放送作家と多岐にわたって活躍。現在もあらゆるメディアに執筆、出演し、発言を続けています。

今週は、玉木さんにとブラジル大会と、日本代表のチーム分析についてうかがっていきます。

今日のテーマは『日本代表が、今大会でやるべきこと』

玉木正之 第3回 未来授業 Vol. 610

 Podcast

 ダウンロードはこちら

玉木正之 第3回 未来授業 Vol. 610のメイン画像

今週の講師は、スポーツライターの玉木正之(たまき・まさゆき)さん。

東京大学教養学部中退後、編集者を経て雑誌記者に。
その後、スポーツライター、音楽評論家、小説家、放送作家と多岐にわたって活躍。現在もあらゆるメディアに執筆、出演し、発言を続けています。

今週は、玉木さんにとブラジル大会と、日本代表のチーム分析についてうかがっていきます。

今日のテーマは『ザックジャパンの使命』

玉木正之 第2回 未来授業 Vol. 609

 Podcast

 ダウンロードはこちら

玉木正之 第2回 未来授業 Vol. 609のメイン画像

今週の講師は、スポーツライターの玉木正之(たまき・まさゆき)さん。

東京大学教養学部中退後、編集者を経て雑誌記者に。
その後、スポーツライター、音楽評論家、小説家、放送作家と多岐にわたって活躍。現在もあらゆるメディアに執筆、出演し、発言を続けています。

今週は、玉木さんにとブラジル大会と、日本代表のチーム分析についてうかがっていきます。

今日のテーマは『ブラジル開催の意義とは』

玉木正之 第1回 未来授業 Vol. 608

 Podcast

 ダウンロードはこちら

玉木正之 第1回 未来授業 Vol. 608のメイン画像

今週の講師は、スポーツライターの玉木正之(たまき・まさゆき)さん。

東京大学教養学部中退後、編集者を経て雑誌記者に。
その後、スポーツライター、音楽評論家、小説家、放送作家と多岐にわたって活躍。現在もあらゆるメディアに執筆、出演し、発言を続けています。

今週は、玉木さんにとブラジル大会と、日本代表のチーム分析についてうかがっていきます。

今日のテーマは『サッカーは、なぜ人を魅了するのか?』

◆玉木正之(たまき・まさゆき)
1952年、京都生まれ。
東京大学教養学部中退後、編集者を経て雑誌記者に。
その後、スポーツライター、音楽評論家、小説家、放送作家と多岐にわたって活躍。現在もあらゆるメディアに執筆、出演し、発言を続けています。
また、その一方で静岡文化芸術大学客員教授、立教大学、同大学院、筑波大学の非常勤講師として「スポーツジャーナリズム」を論じ、後進の育成にも力を注いでいます。

藻谷浩介 第4回 未来授業 Vol. 607

 Podcast

 ダウンロードはこちら

藻谷浩介 第4回 未来授業 Vol. 607のメイン画像

今週の講師は、にほん総合研究所 調査部 主席研究員 藻谷浩介さん。
『デフレの正体』『里山資本主義』などのベストセラーで知られる町作り・地域活性の専門家です。徹底した現場主義で、今も全国各地を自らの足で歩き、講演活動などを精力的に続けています。

商店街や観光産業を例に、地域社会のこれからについて伺ってきましたが、最後にもう一つ、地域活性化の有効な方法を挙げて頂きました。

未来授業四時間目、テーマは『地域のシンボル“鉄道”』

◆藻谷浩介(もたに・こうすけ)
にほん総合研究所 調査部 主席研究員
専門は、まちづくり、観光振興、産業振興、人口成熟問題
『デフレの正体』『里山資本主義』などベストセラーに。
新書は『藻谷浩介 対話集 しなやかな日本列島の作り方』。

藻谷浩介 第3回 未来授業 Vol.606

 Podcast

 ダウンロードはこちら

藻谷浩介 第3回 未来授業 Vol.606のメイン画像

今週の講師は、にほん総合研究所 調査部 主席研究員 藻谷浩介さん。
『デフレの正体』『里山資本主義』などのベストセラーで知られる町作り・地域活性の専門家です。徹底した現場主義で、今も全国各地を自らの足で歩き、講演活動などを精力的に続けています。

今回は、藻谷さんの新刊『藻谷浩介 対話集 しなやかな日本列島の作り方』の中で語られている、地域社会のこれからについて、伺っています。
ゆるキャラやB級グルメは、地域活性に繋がらない。そう断言する藻谷さんが、地域を盛り上げる観光産業の例として挙げているのが、「エコ ツーリズム」です。

未来授業三時間目。テーマは『子どもたちが、帰ってくる地域』

◆藻谷浩介(もたに・こうすけ)
にほん総合研究所 調査部 主席研究員
専門は、まちづくり、観光振興、産業振興、人口成熟問題
『デフレの正体』『里山資本主義』などベストセラーに。
新書は『藻谷浩介 対話集 しなやかな日本列島の作り方』。

藻谷浩介 第2回 未来授業 Vol605

 Podcast

 ダウンロードはこちら

藻谷浩介 第2回 未来授業 Vol605のメイン画像

今週の講師は、にほん総合研究所 調査部 主席研究員 藻谷浩介さん。
『デフレの正体』『里山資本主義』などのベストセラーで知られる町作り・地域活性の専門家です。徹底した現場主義で、今も全国各地を自らの足で歩き、講演活動などを精力的に続けています。

今回は、藻谷さんの新刊『藻谷浩介 対話集 しなやかな日本列島の作り方』の中で語られている、地域社会のこれからについて、伺っています。

未来授業二時間目、テーマは、『ゆるキャラは、本当に地域を救うのか』

◆藻谷浩介(もたに・こうすけ)
にほん総合研究所 調査部 主席研究員
専門は、まちづくり、観光振興、産業振興、人口成熟問題
『デフレの正体』『里山資本主義』などベストセラーに。
新書は『藻谷浩介 対話集 しなやかな日本列島の作り方』。

藻谷浩介 第1回 未来授業 Vol604

 Podcast

 ダウンロードはこちら

藻谷浩介 第1回 未来授業 Vol604のメイン画像

今週の講師は、にほん総合研究所 調査部 主席研究員 藻谷浩介さんです。『デフレの正体』『里山資本主義』などのベストセラーで知られる、町作り・地域活性の専門家。平成合併前のおよそ3200市町村の99.9%、海外59ヶ国をほぼ自腹で訪問した経験を持ち、今も全国を自ら歩き、講演活動などを精力的に続けています。

そんな藻谷さんが、先日発表した新刊が『藻谷浩介 対話集 しなやかな日本列島の作り方』。
商店街、限界集落、観光、農業、医療、鉄道、街作り。
7つの分野、7人の専門家との対談集です。
藻谷さん2度目の登壇となる今回は、この本の中でも語られている、地域社会の在り方、これからについて、伺っていきます。

未来授業一時間目
テーマは『商店街が生まれた理由、残すべき理由』


◆藻谷浩介(もたに・こうすけ)
にほん総合研究所 調査部 主席研究員
専門は、まちづくり、観光振興、産業振興、人口成熟問題『デフレの正体』『里山資本主義』などベストセラーに。新書は『藻谷浩介 対話集 しなやかな日本列島の作り方』。