千住博 第3回 未来授業 Vol. 726

 Podcast

 ダウンロードはこちら

千住博 第3回 未来授業 Vol. 726のメイン画像

今日は、千住さんの創作のアイディアから、
「美とはなにか」「芸術とはなにか」を問いかけます。

日本画家、千住博さん。
国内外で作品を発表し、日本画の美しさと技を世界に発信してきた千住さん。
代表作「THE FALL」はヴェネチア・ビエンナーレで名誉賞を受賞しました。
現在はアメリカ、ニューヨークに拠点に創作活動を行っています。

千住博 第2回 未来授業 Vol. 725

 Podcast

 ダウンロードはこちら

千住博 第2回 未来授業 Vol. 725のメイン画像

今日は「日本とはなにか」「和とはなにか」を、学生たちに問いかけます。

日本画家、千住博さん。
国内外で作品を発表し、日本画の美しさと技を世界に発信してきた千住さん。
代表作「THE FALL」はヴェネチア・ビエンナーレで名誉賞を受賞しました。
現在はアメリカ、ニューヨークに拠点に創作活動を行っています。

千住博 第1回 未来授業 Vol. 724

 Podcast

 ダウンロードはこちら

千住博 第1回 未来授業 Vol. 724のメイン画像

「国と国」「人と人」を隔てる「境界」は、本当に存在するのか。
学生との議論から、この社会的な問題に踏み込みます。

日本画家、千住博さん。
国内外で作品を発表し、日本画の美しさと技を世界に発信してきた千住さん。
代表作「THE FALL」はヴェネチア・ビエンナーレで名誉賞を受賞しました。
現在はアメリカ、ニューヨークに拠点に創作活動を行っています。

ヤマザキマリ 第4回 未来授業 Vol.723

 Podcast

 ダウンロードはこちら

ヤマザキマリ 第4回 未来授業 Vol.723のメイン画像

今週は、この秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ~未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
大きな転換の時期にきている日本。この転換点の先に、若い世代はどんな未来を
描いていくのでしょうか。
各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。

最初の講師は、漫画家のヤマザキマリさん。
大ベストセラー『テルマエ・ロマエ』を生みだしたヤマザキさんは、人生の半分 が海外ということもあり、常に視点が俯瞰的で偏見がありません。自分の限界が現れるたびに、それぞれの世界の文化を自分に取り入れ、自己イノベーションで乗り越えてきたと言います。
今回、掲げたテーマは「辺境のない生き方」。

未来授業4時間目、『自分の本質を見つめよ』。

◆ヤマザキマリ
漫画家
1967年4月20日東京都出身
1984年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院入学
美術史・油絵を専攻
1997年に漫画家としてデビュー
比較文学を研究するイタリア人研究者との結婚を機に、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在はイタリア在住
2010年古代ローマを舞台にした漫画「テルマエ・ロマエ」で第2回漫画大賞受賞
第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞 世界8か国語に翻訳される。
著書に「ルミとマヤとその周辺」「ジャコモ・フォスカリ」等
文筆作品では、
「テルマエ戦記」「望遠ニッポン見聞録」「男性論」等
現在は、講談社:ハツキスで「スティーブ・ジョブズ」新潮45で「プリニウス」を(とり・みきと共著)連載中

ヤマザキマリ 第3回 未来授業 Vol.722

 Podcast

 ダウンロードはこちら

ヤマザキマリ 第3回 未来授業 Vol.722のメイン画像

今週は、この秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ~未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
大きな転換の時期にきている日本。この転換点の先に、若い世代はどんな未来を
描いていくのでしょうか。
各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。

最初の講師は、漫画家のヤマザキマリさん。
大ベストセラー『テルマエ・ロマエ』を生みだしたヤマザキさんは、人生の半分 が海外ということもあり、常に視点が俯瞰的で偏見がありません。自分の限界が現れるたびに、それぞれの世界の文化を自分に取り入れ、自己イノベーションで乗り越えてきたと言います。
今回、掲げたテーマは「辺境のない生き方」。

未来授業3時間目。『異質な人間を排除しない勇気』。

◆ヤマザキマリ
漫画家
1967年4月20日東京都出身
1984年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院入学
美術史・油絵を専攻
1997年に漫画家としてデビュー
比較文学を研究するイタリア人研究者との結婚を機に、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在はイタリア在住
2010年古代ローマを舞台にした漫画「テルマエ・ロマエ」で第2回漫画大賞受賞
第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞 世界8か国語に翻訳される。
著書に「ルミとマヤとその周辺」「ジャコモ・フォスカリ」等
文筆作品では、
「テルマエ戦記」「望遠ニッポン見聞録」「男性論」等
現在は、講談社:ハツキスで「スティーブ・ジョブズ」新潮45で「プリニウス」を(とり・みきと共著)連載中

ヤマザキマリ 第2回 未来授業 Vol.721

 Podcast

 ダウンロードはこちら

ヤマザキマリ 第2回 未来授業 Vol.721のメイン画像

今週は、この秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ~未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
大きな転換の時期にきている日本。この転換点の先に、若い世代はどんな未来を描いていくのでしょうか。

各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。

最初の講師は、漫画家のヤマザキマリさん。
大ベストセラー『テルマエ・ロマエ』を生みだしたヤマザキさんは、人生の半分 が海外ということもあり、常に視点が俯瞰的で偏見がありません。自分の限界が現れるたびに、それぞれの世界の文化を自分に取り入れ、自己イノベーションで乗り越えてきたと言います。
今回、掲げたテーマは「辺境のない生き方」。

未来授業2時間目。『たくさんの引き出しを持つ』。

◆ヤマザキマリ
漫画家
1967年4月20日東京都出身
1984年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院入学 美術史・油絵を専攻
1997年に漫画家としてデビュー
比較文学を研究するイタリア人研究者との結婚を機に、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在はイタリア在住
2010年古代ローマを舞台にした漫画「テルマエ・ロマエ」で第2回漫画大賞受賞
第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞 世界8か国語に翻訳される。
著書に「ルミとマヤとその周辺」「ジャコモ・フォスカリ」等
文筆作品では、
「テルマエ戦記」「望遠ニッポン見聞録」「男性論」等
現在は、講談社:ハツキスで「スティーブ・ジョブズ」新潮45で「プリニウス」を(とり・みきと共著)連載中

ヤマザキマリ 第1回 未来授業 Vol.720

 Podcast

 ダウンロードはこちら

ヤマザキマリ 第1回 未来授業 Vol.720のメイン画像

今週は、この秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ~未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
大きな転換の時期にきている日本。この転換点の先に、若い世代はどんな未来を
描いていくのでしょうか。
各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。

最初の講師は、漫画家のヤマザキマリさん。
大ベストセラー『テルマエ・ロマエ』を生みだしたヤマザキさんは、人生の半分 が海外ということもあり、常に視点が俯瞰的で偏見がありません。自分の限界が現れるたびに、それぞれの世界の文化を自分に取り入れ、自己イノベーションで乗り越えてきたと言います。
今回、掲げたテーマは「辺境のない生き方」。

未来授業1時間目、『頼れるのは自分しかいない』。

◆ヤマザキマリ
漫画家
1967年4月20日東京都出身
1984年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院入学
美術史・油絵を専攻
1997年に漫画家としてデビュー
比較文学を研究するイタリア人研究者との結婚を機に、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在はイタリア在住
2010年古代ローマを舞台にした漫画「テルマエ・ロマエ」で第2回漫画大賞受賞
第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞 世界8か国語に翻訳される。
著書に「ルミとマヤとその周辺」「ジャコモ・フォスカリ」等 

文筆作品では、「テルマエ戦記」「望遠ニッポン見聞録」「男性論」等

現在は、講談社:ハツキスで「スティーブ・ジョブズ」新潮45で「プリニウス」を(とり・みきと共著)連載中

野瀬 泰申 第4回 未来授業 Vol. 719

 Podcast

 ダウンロードはこちら

野瀬 泰申 第4回 未来授業 Vol. 719のメイン画像

今週の講師は、日本経済新聞 特別編集委員 野瀬泰申さん。
日本全国の食文化、ご当地グルメを長年にわたり取材、日経のウェブサイト『列島あちこち食べるぞB級グルメ』などで、コラムを執筆しています。
また野瀬さんはご当地グルメによる町おこしイベント「B-1グランプリ」の顧問としても活動しています。

B-1グランプリは、毎年秋に開催される全国大会の来場客数がおよそ50万人という、巨大なイベントに成長。
それを支えるのが、全国各地のご当地グルメによる町おこし団体です。
これらの団体は、地域活性の新たな方法を示したといえますが、これから先、新たなご当地グルメが出てくる可能性はあるのでしょうか。

未来授業 四時間目、テーマは 『ご当地グルメの“条件”』。

◆野瀬 泰申(のせ やすのぶ)
日本経済新聞特別編集委員。コラムニスト。福岡県久留米市出身。
地域独特の食文化を「食の方言」と名づけ、日経のウェブサイト『列島あちこち食べるぞB級グルメ』などでコラムを執筆しています。また、ご当地グルメによる町おこしイベント「B-1グランプリ」の顧問としても活動。

主な著書
『九州この土地この味』、『偏食アカデミー』、『秘伝「たこ焼きの踊り食い」』
『全日本「食の方言」地図』、『天ぷらにソースをかけますか?―ニッポン食文化の境界線 』

野瀬 泰申 第3回 未来授業 Vol.718

 Podcast

 ダウンロードはこちら

野瀬 泰申 第3回 未来授業 Vol.718のメイン画像

今週の講師は、日本経済新聞 特別編集委員 野瀬泰申さん。
日本全国の食文化、ご当地グルメを長年にわたり取材、日経のウェブサイト『列島あちこち食べるぞB級グルメ』などで、コラムを執筆しています。
また野瀬さんはご当地グルメによる町おこしイベント「B-1グランプリ」の顧問としても活動しています。

地元への経済効果 およそ600億円以上とされる『富士宮焼きそば学会』。
この成功例は、ご当地グルメによる地域おこしが全国へ広がるきっかけとなりました。
なぜ、富士宮焼きそばは、成功することが出来たのでしょうか。

未来授業三時間目、テーマは 『お金をかけない、地域おこし』。

◆野瀬 泰申(のせ やすのぶ)
日本経済新聞特別編集委員。コラムニスト。福岡県久留米市出身。
地域独特の食文化を「食の方言」と名づけ、日経のウェブサイト『列島あちこち食べるぞB級グルメ』などでコラムを執筆しています。また、ご当地グルメによる町おこしイベント「B-1グランプリ」の顧問としても活動。
主な著書
『九州この土地この味』、『偏食アカデミー』、『秘伝「たこ焼きの踊り食い」』『全日本「食の方言」地図』、『天ぷらにソースをかけますか?―ニッポン食文化の境界線 』

野瀬 泰申 第2回 未来授業 Vol.717

 Podcast

 ダウンロードはこちら

野瀬 泰申 第2回 未来授業 Vol.717のメイン画像

今週の講師は、日本経済新聞 特別編集委員 野瀬泰申さん。
日本全国の食文化、ご当地グルメを長年にわたり取材、日経のウェブサイト『列島あちこち食べるぞB級グルメ』などで、コラムを執筆しています。
また野瀬さんはご当地グルメによる町おこしイベント「B-1グランプリ」の顧問としても活動しています。

今週は、日本の食文化の多様性とその魅力、今や国民的イベントとなった「B-1グランプリ」をはじめ、ご当地グルメが地域を活性化させる理由について伺っていきます。 

全国にお国ことば・方言があるように、食文化にも「方言」がある。そして「食の方言」を地域おこしに活用したのが、いわゆる「ご当地グルメ」です。

未来授業二時間目。今日は、ご当地グルメの代表的な成功例と、その背景について
伺います。テーマは 『地域産業と、食文化』。

◆野瀬 泰申(のせ やすのぶ)
日本経済新聞特別編集委員。コラムニスト。福岡県久留米市出身。
地域独特の食文化を「食の方言」と名づけ、日経のウェブサイト『列島あちこち食べるぞB級グルメ』などでコラムを執筆しています。また、ご当地グルメによる町おこしイベント「B-1グランプリ」の顧問としても活動。
主な著書
『九州この土地この味』、『偏食アカデミー』、『秘伝「たこ焼きの踊り食い」』
『全日本「食の方言」地図』、『天ぷらにソースをかけますか?―ニッポン食文化の境界線 』

野瀬 泰申 第1回 未来授業 Vol.716

 Podcast

 ダウンロードはこちら

野瀬 泰申  第1回 未来授業 Vol.716のメイン画像

今週の講師は、日本経済新聞 特別編集委員 野瀬泰申さん。
日本全国の食文化、ご当地グルメを長年にわたり取材、日経のウェブサイト『列島あちこち食べるぞB級グルメ』などで、コラムを執筆しています。
また野瀬さんはご当地グルメによる町おこしイベント「B-1グランプリ」の顧問としても活動しています。

今週は、日本の食文化の多様性とその魅力、今や国民的イベントとなった「B-1グランプリ」をはじめ、ご当地グルメが地域を活性化させる理由について伺っていきます。 

未来授業一時間目。
まずは、野瀬さんが全国のご当地グルメに関心を持つようになったきっかけから。
テーマは 『食には、方言がある』。

◆野瀬 泰申(のせ やすのぶ)
日本経済新聞特別編集委員。コラムニスト。福岡県久留米市出身。
地域独特の食文化を「食の方言」と名づけ、日経のウェブサイト『列島あちこち食べるぞB級グルメ』などでコラムを執筆しています。また、ご当地グルメによる町おこしイベント「B-1グランプリ」の顧問としても活動。
主な著書
『九州この土地この味』、『偏食アカデミー』、『秘伝「たこ焼きの踊り食い」』
『全日本「食の方言」地図』、『天ぷらにソースをかけますか?―ニッポン食文化の境界線 』

西田司 第4回 未来授業 Vol. 715

 Podcast

 ダウンロードはこちら

西田司 第4回 未来授業 Vol. 715のメイン画像

今週の講師は、オンデザインパートナーズ代表 建築家 西田司さん。
国内を代表する若手建築家であると同時に、、
宮城県石巻市の町づくり団体ISHINOMAKI2.0のメンバーとしても活動。
建築・設計という職業の枠を超え、東日本大震災の被災地や、
全国の「町づくり」プロジェクトも数々手がけています。

今週は、西田さんが関わる町づくりの実例を紹介しながら、
これから先の、日本の「町」の在り方を考えていきます。

西田さんは、町づくりの成功例として有名な、島根県の離島、海士町の地域活性プロジェクトにも関わっています。
未来授業4時間目は、そこで発見した、未来の「町と建築」の新しい関係のお話です。

テーマは 『町が変わると、建築も変わる』。

西田司 第3回 未来授業 Vol. 714

 Podcast

 ダウンロードはこちら

西田司 第3回 未来授業 Vol. 714のメイン画像

今週の講師は、オンデザインパートナーズ代表 建築家 西田司さん。
国内を代表する若手建築家であると同時に、宮城県石巻市の町づくり団体ISHINOMAKI2.0のメンバーとしても活動。建築・設計という職業の枠を超え、東日本大震災の被災地や、全国の「町づくり」プロジェクトも数々手がけています。

今週は、西田さんが関わる町づくりの実例を紹介しながら、これから先の、日本の「町」の在り方を考えていきます。

西田さんが震災直後から関わる、石巻市の町づくり。そこには、東京ではありえない、大きな可能性があると言います。
未来授業3時間目。
テーマは 『ゼロから、モノ作りができる場所』。

◆西田司(おさむ))
オンデザインパートナーズ代表 建築家
国内を代表する若手建築家であると同時に、宮城県石巻市の町づくり団体ISHINOMAKI2.0のメンバーとしても活動。建築・設計という職業の枠を超え、東日本大震災の被災地や、全国の「町づくり」プロジェクトも数々手がけています。

西田司 第2回 未来授業 Vol.713

 Podcast

 ダウンロードはこちら

西田司 第2回 未来授業 Vol.713のメイン画像

今週の講師は、オンデザインパートナーズ代表 建築家 西田司さん。
国内を代表する若手建築家であると同時に、、
宮城県石巻市の町づくり団体ISHINOMAKI2.0のメンバーとしても活動。
建築・設計という職業の枠を超え、東日本大震災の被災地や、
全国の「町づくり」プロジェクトも数々手がけています。

今週は、西田さんが関わる町づくりの実例を紹介しながら、
これから先の、日本の「町」の在り方を考えていきます。

未来授業2時間目。
きょうは、西田さんが今まさに取り組む中の一つ、
石巻市・雄勝半島の旧校舎をめぐるプロジェクトのお話です。
テーマは 『古いものを活かす』。

◆西田司(おさむ))
オンデザインパートナーズ代表 建築家
国内を代表する若手建築家であると同時に、宮城県石巻市の町づくり団体ISHINOMAKI2.0のメンバーとしても活動。建築・設計という職業の枠を超え、東日本大震災の被災地や、全国の「町づくり」プロジェクトも数々手がけています。

西田司 第1回 未来授業 Vol.712

 Podcast

 ダウンロードはこちら

西田司 第1回 未来授業 Vol.712のメイン画像

今週の講師は、オンデザインパートナーズ代表 建築家 西田司(おさむ))さん。
国内を代表する若手建築家であると同時に、、
宮城県石巻市の町づくり団体ISHINOMAKI2.0のメンバーとしても活動。
建築・設計という職業の枠を超え、東日本大震災の被災地や、
全国の「町づくり」プロジェクトも数々手がけています。

今週は、西田さんが関わる町づくりの実例を紹介しながら、
これから、日本の「町」の在り方を考えていきます。

未来授業一時間目。
テーマは 『ソーシャルディベロップメント』。

◆西田司(おさむ))
オンデザインパートナーズ代表 建築家
国内を代表する若手建築家であると同時に、宮城県石巻市の町づくり団体ISHINOMAKI2.0のメンバーとしても活動。建築・設計という職業の枠を超え、東日本大震災の被災地や、全国の「町づくり」プロジェクトも数々手がけています。

友野典男 第4回 未来授業 Vol.711

 Podcast

 ダウンロードはこちら

友野典男 第4回 未来授業 Vol.711のメイン画像

今週の講師は、明治大学 情報コミュニケーション学部教授、友野典男さん。
友野さんが専攻する学問は、「行動経済学」です。
既存の経済学が、超・合理的な「経済人」をモデルにしているのに対し、行動経済学は、感情や直感に左右される、より現実的な人間を前提としています。

今週は、行動経済学が私たちが消費者のなにげない行動をどう解釈するのか友野さんに伺っていきます。

未来授業三時間目。
テーマは 『人は、本能的に 衝動買いをしている』。

◆友野典男(ともの・のりお)
明治大学 情報コミュニケーション学部教授。専攻する学問は、「行動経済学」。
主な著書 『行動経済学—経済は「感情」で動いている』(光文社新書・2006年)

友野典男 第3回 未来授業 Vol. 710

 Podcast

 ダウンロードはこちら

友野典男 第3回 未来授業 Vol. 710のメイン画像

今週の講師は、明治大学 情報コミュニケーション学部教授、友野典男さん。
友野さんが専攻する学問は、「行動経済学」です。
既存の経済学が、超・合理的な「経済人」をモデルにしているのに対し、行動経済学は、感情や直感に左右される、より現実的な人間を前提としています。

今週は、行動経済学が私たちが消費者のなにげない行動をどう解釈するのか友野さんに伺っていきます。

未来授業三時間目。
テーマは 『人は、本能的に 衝動買いをしている』。

◆友野典男(ともの・のりお)
明治大学 情報コミュニケーション学部教授。専攻する学問は、「行動経済学」。
主な著書 『行動経済学—経済は「感情」で動いている』(光文社新書・2006年)

友野典男 第2回 未来授業 Vol.709

 Podcast

 ダウンロードはこちら

友野典男 第2回 未来授業 Vol.709のメイン画像

今週の講師は、明治大学 情報コミュニケーション学部教授、友野典男さん。
友野さんが専攻する学問は、「行動経済学」です。
行動経済学。この学問が生まれたのは、およそ40年前。この学問は、既存の経済学と同じ研究領域を持ちながら、そのアプローチは大きく異なると言います。
今週は、行動経済学の基礎的な知識とともに、この学問が私たちが消費者のなにげない行動をどう解釈するのか友野さんに伺っていきます。

未来授業一時間目。まずは従来の経済学と、行動経済学が 前提とするものの違いから。
テーマは 『経済人(けいざいじん)』。

◆友野典男(ともの・のりお)
明治大学 情報コミュニケーション学部教授。専攻する学問は、「行動経済学」。
主な著書 『行動経済学—経済は「感情」で動いている』(光文社新書・2006年)

友野典男 第1回 未来授業 Vol.708

 Podcast

 ダウンロードはこちら

友野典男 第1回 未来授業 Vol.708のメイン画像

今週の講師は、明治大学 情報コミュニケーション学部教授、友野典男さん。
友野さんが専攻する学問は、「行動経済学」です。
行動経済学。この学問が生まれたのは、およそ40年前。この学問は、既存の経済学と同じ研究領域を持ちながら、そのアプローチは大きく異なると言います。
今週は、行動経済学の基礎的な知識とともに、この学問が私たちが消費者のなにげない行動をどう解釈するのか友野さんに伺っていきます。

未来授業一時間目。まずは従来の経済学と、行動経済学が 前提とするものの違いから。
テーマは 『経済人(けいざいじん)』。

◆友野典男(ともの・のりお)
明治大学 情報コミュニケーション学部教授。専攻する学問は、「行動経済学」。
主な著書 『行動経済学—経済は「感情」で動いている』(光文社新書・2006年)