牛窪恵 第4回 未来授業 Vol.897

 Podcast

 ダウンロードはこちら

牛窪恵 第4回 未来授業 Vol.897のメイン画像

今週の講師は、牛窪恵さん。
『草食系男子』や、『年の差婚』などの言葉を世に広めたことでも知られるマーケティングライターです。

そんな牛窪さんが先日発表した新刊が『恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚』
今週はこの本で明らかになった、若者の恋愛・結婚観やライフスタイル、社会背景について、伺っています。

未来授業4時間目
この国の新たなキーワードとなった「一億総活躍社会」について、若者の恋愛・結婚観の専門家としての意見を伺います。
テーマは『一億総活躍社会の男女関係』

◆牛窪恵(うしくぼめぐみ)
『草食系男子』や、『年の差婚』などの言葉を世に広めたことでも知られるマーケティングライター。若者の消費意識や恋愛・結婚観の専門家であり、テレビ番組のコメンテーターや、内閣府・経済財政諮問会議 政策コメンテーターとしても活躍。
近著に『恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

牛窪恵 第3回 未来授業 Vol.896

 Podcast

 ダウンロードはこちら

牛窪恵 第3回 未来授業 Vol.896のメイン画像

今週の講師は、牛窪恵さん。
『草食系男子』や、『年の差婚』などの言葉を世に広めたことでも知られるマーケティングライターです。

そんな牛窪さんが先日発表した新刊が『恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚』
今週はこの本で明らかになった、若者の恋愛・結婚観やライフスタイル、社会背景について、伺っています。

未来授業3時間目
いまの若い世代の「お金の使い方」消費意識について牛窪さんに伺います。
テーマは『リスクを取らない消費』

◆牛窪恵(うしくぼめぐみ)
『草食系男子』や、『年の差婚』などの言葉を世に広めたことでも知られるマーケティングライター。若者の消費意識や恋愛・結婚観の専門家であり、テレビ番組のコメンテーターや、内閣府・経済財政諮問会議 政策コメンテーターとしても活躍。
近著に『恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

牛窪恵 第2回 未来授業 Vol.895

 Podcast

 ダウンロードはこちら

牛窪恵 第2回 未来授業 Vol.895のメイン画像

今週の講師は、牛窪恵さん。
『草食系男子』や、『年の差婚』などの言葉を世に広めたことでも知られるマーケティングライターです。

そんな牛窪さんが先日発表した新刊が『恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚』
今週はこの本で明らかになった、若者の恋愛・結婚観やライフスタイル、社会背景について、伺っています。

未来授業2時間目
20代をはじめとしたイマドキの若い世代と「親」との関係について。
テーマは『親LOVE族と、超・親LOVE族』

◆牛窪恵(うしくぼめぐみ)
『草食系男子』や、『年の差婚』などの言葉を世に広めたことでも知られるマーケティングライター。若者の消費意識や恋愛・結婚観の専門家であり、テレビ番組のコメンテーターや、内閣府・経済財政諮問会議 政策コメンテーターとしても活躍。
近著に『恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

牛窪恵 第1回 未来授業 Vol.894

 Podcast

 ダウンロードはこちら

牛窪恵 第1回 未来授業 Vol.894のメイン画像

今週の講師は、牛窪恵さん。
『草食系男子』や、『年の差婚』などの言葉を世に広めたことでも知られるマーケティングライターです。
そんな牛窪さんが先日発表した新刊が『恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚』
今週はこの本で明らかになった、若者の恋愛・結婚観やライフスタイル、社会背景について伺っていきます。

未来授業1時間目
まずは、いま20代をはじめとした若者の間で、「恋愛をしない」男女が増えている、ということについて伺います。
テーマは『恋愛しない若者たち』

◆牛窪恵(うしくぼめぐみ)
『草食系男子』や、『年の差婚』などの言葉を世に広めたことでも知られるマーケティングライター。若者の消費意識や恋愛・結婚観の専門家であり、テレビ番組のコメンテーターや、内閣府・経済財政諮問会議 政策コメンテーターとしても活躍。
近著に『恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

武井壮 第4回 未来授業 Vol.893

 Podcast

 ダウンロードはこちら

武井壮 第4回 未来授業 Vol.893のメイン画像

今週の講師は、タレントの武井壮さん。
日々の忙しい芸能活動の合間を縫うようにトレーニングを続け、 
今年8月、マスターズ世界陸上で金メダルという偉業を成し遂げた
武井壮流、『自分史上最高の作り方』に迫っています。

トレーニング、そして知識を得ること。
毎日1時間の積み重ねが、いずれ大きな効果を生み出してくれるという事実は、
彼自身の活躍をもって私たちに示されました。

その場にとどまることは何より怖いこと、
まずは一歩踏み出してみることで、臆病さを後ろに置いていく
その上で自分を強くするための装備を、毎日少しずつ身に着ける。
このくりかえしで今の武井壮が生み出されてきました。

未来授業4時間目、テーマは『挑戦の向こうに見えるもの』

◆武井壮(たけい・そう)
タレント。陸上競技・十種競技の元日本チャンピオン。
十種競技で数々の国内タイトルを獲得し(十種競技の100mのベスト10秒54は今も破られない十種競技においての日本最高記録)、独自の『パーフェクトボディーコントロール』理論をもって、ゴルフ・野球・ボクシング・陸上・柔道などさまざまなスポーツにチャレンジし続け、いまもなお、地上最強の百獣の王をめざして日夜トレーニングをつづけている。アスリートチーム「EARTHLETES」代表。

武井壮 第3回 未来授業 Vol.892

 Podcast

 ダウンロードはこちら

武井壮 第3回 未来授業 Vol.892のメイン画像

今週の講師は、タレントの武井壮さん。
芸人、コメンテーター、俳優など芸能界では独自のポジションで活躍し、一方で今年8月、マスターズ陸上で世界一に輝くなど日頃さまざまな話題を届けている武井さんに、彼のテーマである『自分史上最高の作り方』を伺っています。

常にパワフル、常にポジティブなイメージを見せている武井さんですが、その心に影が射すこともあります。 
誰しもが経験する悩み、無力感。そんなとき、どう立ち直ればいいのか、

未来授業3時間目、テーマは『百獣の王・武井壮が一番怖いこと』

◆武井壮(たけい・そう)
タレント。陸上競技・十種競技の元日本チャンピオン。
十種競技で数々の国内タイトルを獲得し(十種競技の100mのベスト10秒54は今も破られない十種競技においての日本最高記録)、独自の『パーフェクトボディーコントロール』理論をもって、ゴルフ・野球・ボクシング・陸上・柔道などさまざまなスポーツにチャレンジし続け、いまもなお、地上最強の百獣の王をめざして日夜トレーニングをつづけている。アスリートチーム「EARTHLETES」代表。

武井壮 第2回 未来授業 Vol.891

 Podcast

 ダウンロードはこちら

武井壮 第2回 未来授業 Vol.891のメイン画像

今週の講師は、タレントの武井壮さん。
武井さんは、マスターズ陸上での金メダル獲得について、毎日1時間のトレーニングを、
2年にわたって休むことなく続けたことによる賜物といいます。
最初、その意味すらわからない、小さな可能性を探しだすようなトレーニングは、
700時間を超えるころになると、大きな自信をもたらす存在に変わりました。
この1時間の積み重ねという習慣、
武井さんはトレーニングだけでなく、知識の分野でも応用しています。
    
未来授業2時間目、テーマは『知ることがもたらす効果』

◆武井壮(たけい・そう)
タレント。陸上競技・十種競技の元日本チャンピオン。
十種競技で数々の国内タイトルを獲得し(十種競技の100mのベスト10秒54は今も破られない十種競技においての日本最高記録)、独自の『パーフェクトボディーコントロール』理論をもって、ゴルフ・野球・ボクシング・陸上・柔道などさまざまなスポーツにチャレンジし続け、いまもなお、地上最強の百獣の王をめざして日夜トレーニングをつづけている。アスリートチーム「EARTHLETES」代表。

武井壮 第1回 未来授業 Vol.890

 Podcast

 ダウンロードはこちら

武井壮 第1回 未来授業 Vol.890のメイン画像

今週の講師はタレントの武井壮さん。
今年8月、フランスで行われた
第21回 世界マスターズ陸上競技選手権の400メートルリレーにおいて、
タレントの武井壮さんら4人の日本代表が、金メダルを受賞しました。
日本記録、アジア記録を更新しての偉業です。

未来授業、今週は『自分史上最高の作り方』と題し、
毎日のようにメディアに登場し続ける彼が、世界に挑んだ理由、
そしてその挑戦を支えるものは何なのか、探っていきます。

未来授業1時間目、テーマは『マスターズ陸上に挑戦した理由』

◆武井壮(たけい・そう)
タレント。陸上競技・十種競技の元日本チャンピオン。
十種競技で数々の国内タイトルを獲得し(十種競技の100mのベスト10秒54は今も破られない十種競技においての日本最高記録)、独自の『パーフェクトボディーコントロール』理論をもって、ゴルフ・野球・ボクシング・陸上・柔道などさまざまなスポーツにチャレンジし続け、いまもなお、地上最強の百獣の王をめざして日夜トレーニングをつづけている。アスリートチーム「EARTHLETES」代表。

萩原栄幸 第4回 未来授業 Vol.889

 Podcast

 ダウンロードはこちら

萩原栄幸 第4回 未来授業 Vol.889のメイン画像

今週の講師は、日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事 萩原栄幸さん。
組織内部犯罪やネット犯罪、コンプライアンス、情報セキュリティなどのテーマで講演や執筆、コンサルティングと幅広く活躍する、個人情報管理のスペシャリストです。

萩原さんはさらにスマートフォンなどの端末の普及も便利さと引き換えに、大きなリスクを伴うのではないかと、警鐘を鳴らしています。

未来授業4時間目
テーマは『笑えない未来』

◆萩原栄幸(はぎわら・えいこう)
日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事。
組織内部犯罪やネット犯罪、コンプライアンス、情報セキュリティなどのテーマで講演や執筆、コンサルティングと幅広く活躍する、個人情報管理のスペシャリスト。
近著に『「デジタル遺品」が危ない: そのパソコン遺して逝けますか? 』(ポプラ新書)など。

萩原栄幸 第3回 未来授業 Vol.888

 Podcast

 ダウンロードはこちら

萩原栄幸 第3回 未来授業 Vol.888のメイン画像

今週の講師は、日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事萩原栄幸さん。
組織内部犯罪やネット犯罪、コンプライアンス、情報セキュリティなどのテーマで講演や執筆、コンサルティングと幅広く活躍する、個人情報管理のスペシャリストです。

そんな萩原さんの新刊が『「デジタル遺品」が危ない: そのパソコン遺して逝けますか?』(ポプラ社)。
この本では、私たちがこの世を去ったあとの「情報」がどうなるのか。そのリスクを実際の事例とともに紹介しています。

未来授業3時間目
テーマは『デジタル遺品』

◆萩原栄幸(はぎわら・えいこう)
日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事。
組織内部犯罪やネット犯罪、コンプライアンス、情報セキュリティなどのテーマで講演や執筆、コンサルティングと幅広く活躍する、個人情報管理のスペシャリスト。
近著に『「デジタル遺品」が危ない: そのパソコン遺して逝けますか? 』(ポプラ新書)など。

萩原栄幸 第2回 未来授業 Vol.887

 Podcast

 ダウンロードはこちら

萩原栄幸 第2回 未来授業 Vol.887のメイン画像

今週の講師は、日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事萩原栄幸さん。
組織内部犯罪やネット犯罪、コンプライアンス、情報セキュリティなどのテーマで講演や執筆、コンサルティングと幅広く活躍する、個人情報管理のスペシャリストです。

今週は、マイナンバー制度の本格運用を受けた個人のプライバシーの問題、そして、インターネット上に“残り続ける”自分の情報の「処分」など、ネット社会に浮かび上がる様々な問題と、その対処法について、萩原さんに伺っていきます。

未来授業2時間目
テーマは『全てが監視される社会』

◆萩原栄幸(はぎわら・えいこう)
日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事。
組織内部犯罪やネット犯罪、コンプライアンス、情報セキュリティなどのテーマで講演や執筆、コンサルティングと幅広く活躍する、個人情報管理のスペシャリスト。
近著に『「デジタル遺品」が危ない: そのパソコン遺して逝けますか? 』(ポプラ新書)など。

萩原栄幸 第1回 未来授業 Vol.886

 Podcast

 ダウンロードはこちら

萩原栄幸 第1回 未来授業 Vol.886のメイン画像

今週の講師は、日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事萩原栄幸さん。
組織内部犯罪やネット犯罪、コンプライアンス、情報セキュリティなどのテーマで講演や執筆、コンサルティングと幅広く活躍する、個人情報管理のスペシャリストです。

まずは、日本でも運用が始まるマイナンバーなど、個人を管理する情報について。

未来授業1時間目
テーマは『覗かれ続け、漂い続ける個人情報』

◆萩原栄幸(はぎわら・えいこう)
日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事。
組織内部犯罪やネット犯罪、コンプライアンス、情報セキュリティなどのテーマで講演や執筆、コンサルティングと幅広く活躍する、個人情報管理のスペシャリスト。
近著に『「デジタル遺品」が危ない: そのパソコン遺して逝けますか? 』(ポプラ新書)など。

岡田美智男 第4回 未来授業 Vol.885

 Podcast

 ダウンロードはこちら

岡田美智男 第4回 未来授業 Vol.885のメイン画像

今週の講師は、豊橋技術科学大学 教授 岡田美智男さん。
「弱いロボット」を開発、提唱する化学者です。
弱いロボットとは、人間より優れた知性や能力を持つロボット・人工知能では
なく、一人では何もできないロボットのこと。
ここまでは、弱いロボットたちが人にもたらすコミュニケーションの「場」に
ついて、紹介してきましたが、実はそこには一つの限界があることが分かってきています。

未来授業4時間目
テーマは『コミュニケーションの本質』

◆岡田美智男(おかだ みちお)
豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授
社会的ロボティクス、次世代ヒューマンインタフェース、コミュニケーションの認知科学、生態心理学、社会的相互行為論が専門。著書に、『弱いロボット (シリーズ ケアをひらく)』『口ごもるコンピュータ (情報フロンティアシリーズ)』など。

岡田美智男 第3回 未来授業 Vol.884

 Podcast

 ダウンロードはこちら

岡田美智男 第3回 未来授業 Vol.884のメイン画像

今週の講師は、豊橋技術科学大学 教授 岡田美智男さん。
「弱いロボット」を開発、提唱する化学者です。
今回は、最近 よく見かける「会話できるロボット」を「弱いロボット」として開発すると何が生まれるのか、というテーマでお話しを伺います。

未来授業3時間目
テーマは『足し算ではなく、引き算のロボット』

◆岡田美智男(おかだ みちお)
豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授
社会的ロボティクス、次世代ヒューマンインタフェース、コミュニケーションの認知科学、生態心理学、社会的相互行為論が専門。著書に、『弱いロボット (シリーズ ケアをひらく)』『口ごもるコンピュータ (情報フロンティアシリーズ)』など。

岡田美智男 第2回 未来授業 Vol.883

 Podcast

 ダウンロードはこちら

岡田美智男 第2回 未来授業 Vol.883のメイン画像

今週の講師は、豊橋技術科学大学 教授 岡田美智男さん。
「弱いロボット」を開発、提唱する科学者です。
弱いロボットとは、人間より優れた知性や能力を持つロボット・人工知能では
なく、一人では何もできないロボットのこと。
岡田さんは、こうした「弱いロボット」を数々開発。「弱さ」を備えたロボットが人に何をもたらすか考え続けています。
今回はこれまでに岡田さんが開発した「弱いロボット」たちの特徴を通じて、その「能力」について伺っていきます。

未来授業2時間目
テーマは『弱さが生み出す、関係性』

◆岡田美智男(おかだ みちお)
豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授
社会的ロボティクス、次世代ヒューマンインタフェース、コミュニケーションの認知科学、生態心理学、社会的相互行為論が専門。著書に、『弱いロボット (シリーズ ケアをひらく)』『口ごもるコンピュータ (情報フロンティアシリーズ)』など。

岡田美智男 第1回 未来授業 Vol.882

 Podcast

 ダウンロードはこちら

岡田美智男 第1回 未来授業 Vol.882のメイン画像

今週の講師は、豊橋技術科学大学 教授 岡田美智男さん。
「弱いロボット」を開発、提唱する科学者です。
弱いロボットとは、人間より優れた知性や能力を持つロボット・人工知能ではなく、一人では何もできないロボットのこと。
コミュニケーションの認知科学、社会的・関係論的ロボティクスなどを専門とする岡田さんは、こうした「弱いロボット」を数々開発。
「弱さ」を備えたロボットが人に何をもたらすか考え続けています。

未来授業1時間目
テーマは『掃除をしたのは、お掃除ロボットか、それとも人か』

◆岡田美智男(おかだ みちお)
豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授
社会的ロボティクス、次世代ヒューマンインタフェース、コミュニケーションの認知科学、生態心理学、社会的相互行為論が専門。著書に、『弱いロボット (シリーズ ケアをひらく)』『口ごもるコンピュータ (情報フロンティアシリーズ)』など。

尾原和啓 第4回 未来授業 Vol. 881

 Podcast

 ダウンロードはこちら

尾原和啓 第4回 未来授業 Vol. 881のメイン画像

今週の講師は、尾原和啓さんです。
京都大学大学院工学研究科修了後、
コンサルティング会社、マッキンゼーでキャリアをスタートし、
NTTドコモのiモード事業の立ち上げを支援。
その後、リクルート、サイバード、オプト、Googleなど、
11回の転職を繰り返し、それぞれの会社で、
事業企画、投資、新規事業に携わってきました。
現在は日本とインドネシアのバリに拠点を構えて活動。
日本のオフィスにはDouble Robotics)という、
iPadとロボットが合体したリモートマシンを使って、
ミーティングをしたり、スタッフと話をしたりしています。
人工知能が人間の知能を超えるとされる「2045年」まで、あと30年。
仕事は、わたしたちの働き方は、どのように変わっていくのでしょうか。
未来授業4時間目、テーマは『シンギュラリティとわたしたちの働き方』。

◆尾原和啓(おばら・かずひろ)
Fringe81執行役員、執筆・IT批評家、Professional Connector
京都大学院で人口知能論を研究。マッキンゼー、Google、iモード、楽天執行役員、
2回のリクルートなど事業立上げ・投資を歴任。現在12職目、
バリ島をベースに人・事業を紡いでいる。ボランティアでTED日本オーディション、
Burning ManJapanに従事するなど、西海岸文化事情にも詳しい。
著書「ザ・プラットフォーム」(NHK出版新書)はKindle、有名書店1位のベストセラー(*1)
前著「ITビジネスの原理」(NHK出版)も Kindle 年間ランキングビジネス書7位の
ロングセラー(*2)、韓国語、中国語版にも翻訳されている。
(*1)15/6/11 Kindleランキングにて、書店はABC六本木、渋谷Book 1st 6/15調べ
(*2)14/8/30 ランキングにて、年間でも2014年Kindleビジネス書7位
■「ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?」⇒http://goo.gl/QqdY6e
■「ITビジネスの原理」⇒ http://goo.gl/7AbfRP
■「静かなる革命へのブループリント」⇒ http://bit.ly/T0w6vP
Twitter⇒https://twitter.com/kazobara