未来授業 第4回 高桑早生 Vol.1141

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 高桑早生  Vol.1141のメイン画像

今週は、この秋全国3カ所で行われた「FM FESTIVAL 2016 未来授業」
特別公開授業の模様をダイジェストでお届けしています。

今週は、片足義足の日本最速女王。高桑早生さんの授業です。
多感な中学校時代、難病におかされて、人生の選択を迫られた高桑さん。
片足を切断して義足を履くのか。
それとも、動かすことはできなくなるが生身の足を残すのか。

義足を選択した高桑さんは、いま、競技場では100メートルを13秒台で走り、
街の中ではハイヒールを履いて暮らしています。
「私は、最先端のテクノロジーによって生かされてきた体現者」だと話します。

未来授業4時間目。
『義足というテクノロジーは人間を超えるのか』

◆高桑早生(たかくわ・さき)
中学生の時に骨肉腫で左下腿を切断。高校で本格的に陸上を始めると、才能を一気に開花させ20歳でロンドンパラリンピックに出場を果たした。大学在学中から、競技だけではなく講演を始めとする様々な社会活動に参加するなど活躍の場は広い。クラスはT44。

未来授業 第3回 高桑早生 Vol.1140

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 高桑早生  Vol.1140のメイン画像

今週は、片足義足の日本最速女王。リオパラリンピックには、T44クラスの日本代表として、陸上3種目に出場、いずれも、入賞を果たしているアスリート、高桑早生さんの授業です。

2014年、陸上の歴史を塗り替える大きな出来事がありました。ドイツでおこなわれた陸上選手権、走り幅跳びに出場した、片足義足のマルクス・レーム選手が一般の健常者を破って優勝したのです。スポーツ義足というテクノロジーを享受したパラリンピアンが、オリンピックで金メダルを獲得する日は、今後、やってくるのでしょうか?そういう未来を、私たちは受け入れることができるでしょうか?日本を代表するパラリンピアンの高桑早生さんは、大学生に問いかけました。

未来授業3時間目。
『東京パラリンピックの競技会場が満員になる方法』。

◆高桑早生(たかくわ・さき)
中学生の時に骨肉腫で左下腿を切断。高校で本格的に陸上を始めると、才能を一気に開花させ20歳でロンドンパラリンピックに出場を果たした。大学在学中から、競技だけではなく講演を始めとする様々な社会活動に参加するなど活躍の場は広い。クラスはT44。

未来授業 第2回 高桑早生 Vol.1139

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 高桑早生  Vol.1139のメイン画像

今週は、片足義足の日本最速女王、高桑早生さんの授業です。
今年のリオパラリンピックには、T44クラスの日本代表として、陸上3種目に出場、いずれも入賞を果たした高桑さん。

義足というテクノロジーがものすごい勢いで進化する中、これからは障害を抱えたパラリンピアンが、オリンピアンの記録を越えてくるケースがどんどん生まれてくる、と話します。

すでに走り幅跳びの世界では、義足にもかかわらずオリンピアンよりもより遠く飛ぶ選手が現われています。

未来授業2時間目。
『義足の選手がオリンピックに出場してメダルを獲ることはアリかナシか』

◆高桑早生(たかくわ・さき)
中学生の時に骨肉腫で左下腿を切断。高校で本格的に陸上を始めると、才能を一気に開花させ20歳でロンドンパラリンピックに出場を果たした。大学在学中から、競技だけではなく講演を始めとする様々な社会活動に参加するなど活躍の場は広い。クラスはT44。

未来授業 第1回 高桑早生 Vol.1138

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 高桑早生  Vol.1138のメイン画像

今週もこの秋、全国3カ所で行われた特別公開授業「FM FESTIVAL 2016 未来授業 明日の日本人たちへ」の模様をお届けします。
今年のテーマは『WORK SHIFT 2016、第4次産業革命のハピネスとは?』

「AI」や「IoT」といった最新のテクノロジーによって、わたしたちの働き方、生き方はどう変わるのか?さまざまなジャンルのフロントランナーと現役大学生が熱い議論を繰り広げました。

今週は、片足義足の日本最速女王、高桑早生さんの授業をダイジェストでお届けします。
高校時代に障害者スポーツを始めた高桑さん。ロンドン、そして、リオデジャネイロと、パラリンピックに連続出場。今年のリオでは100メートル・200メートル・走り幅跳び、3種目でいずれも決勝進出を果たしています。いまでこそ、日本を代表するパラアスリートとして活躍している高桑さんですが、多感な中学校時代に難病におかされ、片足を切断するか否か、その決断を自分でくだしています。

未来授業1時間目。『 私が義足を選んだ理由 』

◆高桑早生(たかくわ・さき)
中学生の時に骨肉腫で左下腿を切断。高校で本格的に陸上を始めると、才能を一気に開花させ20歳でロンドンパラリンピックに出場を果たした。大学在学中から、競技だけではなく講演を始めとする様々な社会活動に参加するなど活躍の場は広い。クラスはT44。

未来授業 第4回 石黒浩 Vol.1137

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 石黒浩  Vol.1137のメイン画像

今週は、この秋全国3カ所で行われた「FM FESTIVAL 2016 未来授業」特別公開授業の模様をダイジェストでお届けしています。
今週は、ロボット学の世界的な権威、大阪大学大学院教授・石黒浩さんの授業です。
「人間は技術を使う“猿”で、人間とテクノロジーは切り離せない」という石黒さん。「ロボットや人工知能が人間の雇用を奪うことは自然なこと」とも語りました。
さらに、「人間は限りある肉体を捨ててロボットとなり、いずれ無機物化していくだろう」と1000年後の未来を予測しました。
未来授業4時間目。『わたしたちがロボットになる日』

石黒浩 (いしぐろ ひろし)
1963年滋賀県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻教授(特別教授)・ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。工学博士。社会で活動できる知的システムを持ったロボットの実現を目指し、これまでにヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボットであるジェミノイドなど多数のロボットを開発。2011年大阪文化賞(大阪府・大阪市)受賞。2015年文部科学大臣表彰受賞。最先端のロボット研究者として世界的に注目されている。

未来授業 第3回 石黒浩 Vol.1136

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 石黒浩  Vol.1136のメイン画像

今週は、この秋全国3カ所で行われた「FM FESTIVAL 2016 未来授業」特別公開授業の模様をダイジェストでお届けしています。
今週は、ロボット学の世界的な権威、大阪大学大学院教授・石黒浩(いしぐろ・ひろし)さんの授業です。いまわたしたちの社会には、介護ロボットや野菜収穫ロボットなど、さまざまなロボットが登場し、活躍を始めています。またAI=人工知能の進化も止まりません。近い将来、わたしたちの仕事が
ロボットやコンピューターに奪われる日が来るのでしょうか。
未来授業3時間目。『人間と技術とシンギュラリティ』

石黒浩 (いしぐろ ひろし)
1963年滋賀県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻教授(特別教授)・ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。工学博士。社会で活動できる知的システムを持ったロボットの実現を目指し、これまでにヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボットであるジェミノイドなど多数のロボットを開発。2011年大阪文化賞(大阪府・大阪市)受賞。2015年文部科学大臣表彰受賞。最先端のロボット研究者として世界的に注目されている。

未来授業 第2回 石黒浩 Vol.1135

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 石黒浩  Vol.1135のメイン画像

今週は、この秋全国3カ所で行われた「FM FESTIVAL 2016 未来授業」特別公開授業の模様をダイジェストでお届けしています。
今週は、大阪大学大学院教授、石黒浩さんの授業です。ロボット学の世界的な権威で、マツコロイドの生みの親でもある石黒さん。石黒さんが人型のロボット「アンドロイド」をつくるのは、「人間とは何か」という究極の問いに基づいています。
未来授業2時間目。『人間とロボットの境界線、あなたの存在価値はどこにある?』

石黒浩 (いしぐろ ひろし)
1963年滋賀県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻教授(特別教授)・ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。工学博士。社会で活動できる知的システムを持ったロボットの実現を目指し、これまでにヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボットであるジェミノイドなど多数のロボットを開発。2011年大阪文化賞(大阪府・大阪市)受賞。2015年文部科学大臣表彰受賞。最先端のロボット研究者として世界的に注目されている。

未来授業 第1回 石黒浩 Vol.1134

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 石黒浩  Vol.1134のメイン画像

今週から5週にわたり、この秋全国3カ所で行われた「FM FESTIVAL 2016 未来授業 明日の日本人たちへ」特別公開授業の模様をお届けします。
今年のテーマは『WORK SHIFT 2016、第4次産業革命のハピネスとは?』。「AI」や「IoT」といった最新のテクノロジーによって、わたしたちの働き方、生き方はどう変わるのか?各ジャンルのフロントランナーと現役大学生が熱い議論を繰り広げました。
今週はその中から、大阪大学大学院教授、石黒浩さんの授業をダイジェストでお届けします。
ロボット学の世界的な権威で、マツコロイドの生みの親でもある石黒さん。そんな石黒さんが学生たちに問いかけたテーマは、「人間とロボットの境界線~あなたの存在価値はどこにある?~」です。
未来授業1時間目。『 肉体とは何か?心とは何か? 』

石黒浩 (いしぐろ ひろし)
1963年滋賀県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻教授(特別教授)・ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。工学博士。社会で活動できる知的システムを持ったロボットの実現を目指し、これまでにヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボットであるジェミノイドなど多数のロボットを開発。2011年大阪文化賞(大阪府・大阪市)受賞。2015年文部科学大臣表彰受賞。最先端のロボット研究者として世界的に注目されている。

未来授業 第4回 安齋肇、みうらじゅん Vol.1133

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 安齋肇、みうらじゅん  Vol.1133のメイン画像

今週の講師は、安齋肇さんと、みうらじゅんさん。

今週は日本のサブカルチャーをけん引してきた お2人に
様々なお話を 対談形式でゆる~く語って頂いています。

未来授業4時間目。最後は、お2人がタッグを組んだ、現在公開中の映画
『変態だ』について。

テーマは『変態とは、なにか』

安齋さんはイラストレーター・アートディレクターとして
数々のミュージシャンのPV、ツアーパンフを手掛け、テレビ番組
「タモリ倶楽部」のソラミミストとしても活躍。
一方、「マイブーム」の生みの親・みうらさんは、作家、イラストレーターなど
幅広く活動しながら、ゆるキャラ、ゴム蛇、仏像、いやげもの など、
好きなものを独自の視点で面白くする仕掛け人として知られています。

未来授業 第3回 安齋肇、みうらじゅん Vol.1132

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 安齋肇、みうらじゅん  Vol.1132のメイン画像

今週の講師は、安齋肇さんと、みうらじゅんさん。

今週は日本のサブカルチャーをけん引してきた お2人に
様々なお話を 対談形式でゆる~く語って頂いています。

未来授業3時間目。きょうは、ノーベル文学賞で再注目され、
みうらじゅんさんが長年敬愛するあのミュージシャンについて伺います。
テーマは『ボブ・ディランと、お遍路』

安齋さんはイラストレーター・アートディレクターとして
数々のミュージシャンのPV、ツアーパンフを手掛け、テレビ番組
「タモリ倶楽部」のソラミミストとしても活躍。
一方、「マイブーム」の生みの親・みうらさんは、作家、イラストレーターなど
幅広く活動しながら、ゆるキャラ、ゴム蛇、仏像、いやげもの など、
好きなものを独自の視点で面白くする仕掛け人として知られています。

未来授業 第2回 安齋肇、みうらじゅん Vol.1131

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 安齋肇、みうらじゅん  Vol.1131のメイン画像

今週の講師は、安齋肇さんと、みうらじゅんさん。

今週は日本のサブカルチャーをけん引してきた お2人の仕事論から
みうらさんが敬愛するボブ・ディランのお話にいたるまで、
対談形式でゆる~く語って頂きます。

未来授業2時間目。きょうは、マイブームの生みの親、みうらさんの
現在のマイブームについて伺います。テーマは『ワッフル』

安齋さんはイラストレーター・アートディレクターとして
数々のミュージシャンのPV、ツアーパンフを手掛け、テレビ番組
「タモリ倶楽部」のソラミミストとしても活躍。
一方、「マイブーム」の生みの親・みうらさんは、作家、イラストレーターなど
幅広く活動しながら、ゆるキャラ、ゴム蛇、仏像、いやげもの など、
好きなものを独自の視点で面白くする仕掛け人として知られています。

未来授業 第1回 安齋肇、みうらじゅん Vol.1130

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 安齋肇、みうらじゅん  Vol.1130のメイン画像

今週の講師は、安齋肇さんと、みうらじゅんさん。

今週は日本のサブカルチャーをけん引してきた お2人の仕事論、
クリエイティブ論、さらに、みうらさんが敬愛するボブ・ディランなど、
さまざまなお話を、対談形式でゆる~く語って頂きます。

未来授業1時間目。まずはお2人の仕事に対する考え方から。
テーマは『失敗と、般若心経と、遅刻』

安齋さんはイラストレーター・アートディレクターとして
数々のミュージシャンのPV、ツアーパンフを手掛け、テレビ番組
「タモリ倶楽部」のソラミミストとしても活躍。
一方、「マイブーム」の生みの親・みうらさんは、作家、イラストレーターなど
幅広く活動しながら、ゆるキャラ、ゴム蛇、仏像、いやげもの など、
好きなものを独自の視点で面白くする仕掛け人として知られています。

未来授業 第4回 川村元気 Vol.1129

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 川村元気  Vol.1129のメイン画像

今週の講師は、川村元気さんです。
今年はプロデュース作品「君の名は。」「怒り」「何者(なにもの)」が軒並みヒット。
「君の名は。」は興行収入190億円を突破して、社会的なブームを巻き起こしています。
一方、最新小説「四月になれば彼女は」も出版されたばかり。
次々とヒット作を生み出すアイデアの源泉は、いったいどこにあるのでしょうか。
未来授業、4時間目。テーマは『違和感ボックスと川村元気の幸福論』

川村 元気 (かわむら げんき)
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン』『君の名は。』『怒り』などの映画を製作。。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。2012年に初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。他の著書に『億男』、絵本『ティニーふうせんいぬのものがたり』『ムーム』『パティシエのモンスター』、対談集『仕事。』『理系に学ぶ。』、『超企画会議』がある。

未来授業 第3回 川村元気 Vol.1128

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 川村元気  Vol.1128のメイン画像

今週の講師は、川村元気さんです。
映画会社「東宝」のプロデューサーとして、
「告白」「悪人」「モテキ」など数々のヒット作をプロデュース。
今年も手掛けた映画「君の名は。」「怒り」「何者(なにもの)」が、
軒並みヒットを記録しています。
一方小説家としては、先日最新小説「四月になれば彼女は」を出版したばかり。
映画、小説を通して、川村作品に共通するのが、全編に流れる「音楽のエッセンス」です。
そこにはどんな狙いがあるのでしょうか。
未来授業3時間目。テーマは『 音楽の力、物語のレイヤー 』

川村 元気 (かわむら げんき)
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン』『君の名は。』『怒り』などの映画を製作。。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。2012年に初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。他の著書に『億男』、絵本『ティニーふうせんいぬのものがたり』『ムーム』『パティシエのモンスター』、対談集『仕事。』『理系に学ぶ。』、『超企画会議』がある。

未来授業 第2回 川村元気 Vol.1127

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 川村元気  Vol.1127のメイン画像

今週の講師は、川村元気さんです。
2012年に「世界から猫が消えたなら」で小説家デビュー。先日、最新小説「四月になれば彼女は」を出版しました。
一方、映画のプロデューサーとしても活躍。これまで「告白」「悪人」「モテキ」など、数々のヒット作を手掛け、今年公開された作品「君の名は。」は、興行収入190億円を突破して、社会的なブームを巻き起こしています。
 若者から広がった人気が、いまや中高年にまで及ぶ「君の名は。」の大ヒット。
その秘密はどこにあるのでしょうか。
未来授業2時間目。テーマは『 恋愛できない大人たち 』

川村 元気 (かわむら げんき)
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン』『君の名は。』『怒り』などの映画を製作。。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。2012年に初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。他の著書に『億男』、絵本『ティニーふうせんいぬのものがたり』『ムーム』『パティシエのモンスター』、対談集『仕事。』『理系に学ぶ。』、『超企画会議』がある。

未来授業 第1回 川村元気 Vol.1126

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 川村元気  Vol.1126のメイン画像

今週の講師は、川村元気さんです。
映画会社「東宝」のプロデューサーとして、「告白」「悪人」「モテキ」など、数々のヒット作をプロデュース。
今年公開された作品「君の名は。」は、興行収入190億円を突破して、社会的なブームを巻き起こしています。
一方2012年には、「世界から猫が消えたなら」で小説家デビュー。
2作目「億男(おくおとこ)」に続いて、先日3作目となる小説「四月になれば彼女は」が出版されたばかりです。
今週は、そんな気鋭のクリエーター、川村元気さんの創作の原点に迫ります。
未来授業1時間目。テーマは『 ネットで答えが出ないことを書く 』

川村 元気 (かわむら げんき)
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン』『君の名は。』『怒り』などの映画を製作。。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。2012年に初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。他の著書に『億男』、絵本『ティニーふうせんいぬのものがたり』『ムーム』『パティシエのモンスター』、対談集『仕事。』『理系に学ぶ。』、『超企画会議』がある。

未来授業 第4回 開沼博 Vol.1125

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  開沼博 Vol.1125のメイン画像

今週の講師は立命館大学准教授で福島学のスペシャリスト、開沼博さんです。

開沼さんは福島県いわき市出身。
2006年から福島第一原発周辺地域の社会学的調査に携わり、
東日本大震災後は福島の復興に関する調査研究を続けてきました。

開沼さんによる「はじめての福島学、未来授業エディション」
4時間目のテーマは・・、『 中間貯蔵施設と福島の新たな産業 』。

◆開沼博(かいぬま・ひろし)
1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。専攻は社会学。著書に『はじめての福島学』(イースト・プレス)『漂白される社会』(ダイヤモンド社)『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久氏との共著)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。学術誌の他、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。