未来授業 第2回 南雄介 Vol. 1175

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  南雄介 Vol. 1175のメイン画像

今週の講師は、国立新美術館の副館長、南雄介さんです。
国立新美術館では現在、世界的な現代絵画の巨匠、草間彌生さんの大規模な企画展が開催されています。
そこで今週は、草間彌生さんの歩みと作品をたどりながら、その魅力に迫っています。
1950年代後半アメリカに渡った草間さんがまず注目を集めたのが、大きなカンヴァスを網目状のモチーフを埋め尽くした、
「ネット・ペインティング」と呼ばれる、一連の作品群です。
そしてその後も、草間さんの表現手法は常に変化を続けてきました。

未来授業2時間目。『これから何を描くのですか。それは私の手に聞いてください。』

南 雄介(みなみゆうすけ)
1959年生まれ。1986年東京芸術大学大学院修了。東京都美術館、東京都現代美術館を経て、2004年4月より国立新美術館設立準備室に勤務、2013年4月より現職。国立新美術館での展覧会に、「開館記念展 20世紀美術探検」、「光 松本陽子/野口里佳」展、「シュルレアリスム展」、「与えられた形象 辰野登恵子/柴田敏雄」展、「アメリカン・ポップ・アート展」、「中村一美展」、「マグリット展」、「ダリ展」、「草間彌生 わが永遠の魂」展など。

未来授業 第1回 南雄介 Vol. 1174

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  南雄介 Vol. 1174のメイン画像

今週の講師は、国立新美術館の副館長、南雄介さん。
国立新美術館では現在、企画展「草間彌生~わが永遠の魂~」が開催されています。
世界を舞台に活躍する現代絵画の巨匠、草間彌生。その独特の感性は観るものを不思議な世界に誘います。
「草間彌生」とはいったいどんな人物なのか。その作品が現代に問いかけるものとは?
今週は、草間彌生さんの歩みと作品を紐解きながら、その魅力に迫ります。

未来授業1時間目。テーマは『 松本~東京~ニューヨーク 』

南 雄介(みなみゆうすけ)
1959年生まれ。1986年東京芸術大学大学院修了。東京都美術館、東京都現代美術館を経て、2004年4月より国立新美術館設立準備室に勤務、2013年4月より現職。国立新美術館での展覧会に、「開館記念展 20世紀美術探検」、「光 松本陽子/野口里佳」展、「シュルレアリスム展」、「与えられた形象 辰野登恵子/柴田敏雄」展、「アメリカン・ポップ・アート展」、「中村一美展」、「マグリット展」、「ダリ展」、「草間彌生 わが永遠の魂」展など。

未来授業 第4回 片渕須直 Vol.1173

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  片渕須直   Vol.1173のメイン画像

今週の講師は、映画「この世界の片隅に」を手掛けたアニメーション映画監督、片渕須直さんです。
公開からおよそ4カ月。映画は口コミで話題となり、いまや観客動員数は150万人を超えました。「日本アカデミー賞」「キネマ旬報ベスト・テン」
「毎日映画コンクール」など、国内の映画賞も相次いで受賞。今年の8月には、アメリカとカナダでの公開も予定されています。
「このヒットは観客の受け取る力に支えられている」と片渕監督は言います。

片渕須直 (かたぶち・すなお) アニメーション映画監督。1960年生まれ。日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品『名探偵ホームズ』に脚本家として参加。『魔女の宅急便』(89)では演出補を務めた。TVシリーズ『名犬ラッシー』(1996)で監督デビュー。その後、長編『アリーテ姫』(01)を監督。TVシリーズ『BLACK LAGOON』(06)の監督・シリーズ構成・脚本。2009年には昭和30年代の山口県防府市に暮らす少女・新子の物語を描いた『マイマイ新子と千年の魔法』を監督。口コミで評判が広がり、異例のロングラン上映とアンコール上映を達成した。
またNHK復興支援ソング『花は咲く』のアニメ版(13)では、こうの史代とタッグを組み多くの人に感動を届けた。

未来授業 第3回 片渕須直 Vol.1172

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  片渕須直   Vol.1172のメイン画像

今週の講師は、映画「この世界の片隅に」を手掛けたアニメーション映画監督、片渕須直さんです。
大学在学中から脚本家としてジブリ作品に参加し、映画『名犬ラッシー』で監督デビュー。
『マイマイ新子と千年の魔法』で多くのファンを獲得して、その成功が今回の作品につながりました。
「この世界の片隅に」は口コミで人気が広がり、いまや150万人を動員するヒットに。
夏にはアメリカ、カナダでの公開も予定されています。

片渕須直 (かたぶち・すなお) アニメーション映画監督。1960年生まれ。日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品『名探偵ホームズ』に脚本家として参加。『魔女の宅急便』(89)では演出補を務めた。TVシリーズ『名犬ラッシー』(1996)で監督デビュー。その後、長編『アリーテ姫』(01)を監督。TVシリーズ『BLACK LAGOON』(06)の監督・シリーズ構成・脚本。2009年には昭和30年代の山口県防府市に暮らす少女・新子の物語を描いた『マイマイ新子と千年の魔法』を監督。口コミで評判が広がり、異例のロングラン上映とアンコール上映を達成した。
またNHK復興支援ソング『花は咲く』のアニメ版(13)では、こうの史代とタッグを組み多くの人に感動を届けた。

未来授業 第2回 片渕須直 Vol.1171

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  片渕須直   Vol.1171のメイン画像

今週の講師は、映画「この世界の片隅に」を手掛けたアニメーション映画監督、
片渕須直さんです。
「この世界の片隅に」は、こうの史代さんのマンガが原作。
物語の舞台は、第二次大戦末期の広島と呉です。
片渕監督は、こうのさんの原作を読み解くとともに、
当時の新聞や日記、写真などを丹念に調べて、時代考証を行ったと言います。


◆片渕須直(カタブチ・スナオ)
アニメーション映画監督。
1960年生まれ。日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品『名探偵ホームズ』に脚本家として参加。
『魔女の宅急便』(89)では演出補を務めた。TVシリーズ『名犬ラッシー』(1996)で監督デビュー。
その後、長編『アリーテ姫』(01)を監督。TVシリーズ『BLACK LAGOON』(06)の監督・シリーズ構成・脚本。
2009年には昭和30年代の山口県防府市に暮らす少女・新子の物語を描いた『マイマイ新子と千年の魔法』を監督。
口コミで評判が広がり、異例のロングラン上映とアンコール上映を達成した。
またNHK復興支援ソング『花は咲く』のアニメ版(13)では、こうの史代とタッグを組み多くの人に感動を届けた。

未来授業 第1回 片渕須直 Vol.1170

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  片渕須直   Vol.1170のメイン画像

今週の講師は、映画「この世界の片隅に」を手掛けたアニメーション映画監督、
片渕須直さんです。
第二次大戦中の広島と呉を舞台にしたこの作品は、
クラウドファンディングによる資金調達や、
吹き替えに女優の「のんさん」を起用したことなどで注目を集め、
口コミでじわじわと人気が広がった、異色の作品。
観客動員数150万人、興行収入18億円を超える大ヒットとなっています。


◆片渕須直(カタブチ・スナオ)
アニメーション映画監督。1960年生まれ。
日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品『名探偵ホームズ』に脚本家として参加。
『魔女の宅急便』(89)では演出補を務めた。TVシリーズ『名犬ラッシー』(1996)で監督デビュー。
その後、長編『アリーテ姫』(01)を監督。TVシリーズ『BLACK LAGOON』(06)の監督・シリーズ構成・脚本。
2009年には昭和30年代の山口県防府市に暮らす少女・新子の物語を描いた『マイマイ新子と千年の魔法』を監督。
口コミで評判が広がり、異例のロングラン上映とアンコール上映を達成した。
またNHK復興支援ソング『花は咲く』のアニメ版(13)では、こうの史代とタッグを組み多くの人に感動を届けた。

未来授業 第4回 堤未果 Vol.1169

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 堤未果 Vol.1169のメイン画像

今週の講師は、国際ジャーナリスト・堤未果さん。
国連婦人開発基金、アメリカ野村證券などを経て9.11同時多発テロを機にジャーナリストに。アメリカと日本を行き来し、日本のマスコミが伝えないアメリカの現状を伝えています。「ルポ貧困大国アメリカ」「アメリカ弱者革命」などの著書は、海外でも翻訳され高い評価を受けています。また最新刊『政府はもう嘘をつけない』ではトランプ大統領誕生を予見させるような分析もされています。

今週は、アメリカ・トランプ大統領をめぐるメディアの報道と、
報じられない事実について、アメリカを長年取材している堤さんに伺っています。

フェイクニュースと呼ばれるネット上の嘘情報や、大手メディアの偏った報道。
昨年の大統領選以降、それが正しい情報なのか、判断の難しさを私たちの多くが
痛感しました。最後は、今の時代に「情報」と向き合う方法を伺います。

未来授業4時間目、テーマは『違和感のアンテナ』

◆堤未果(つつみみか)
国際ジャーナリスト/東京都生まれ
NY州立大学国際関係論学科卒、NY市立大学大学院国際関係論学科修士号 取得。
国連婦人開発基金(UNIFEM)、アムネスティ・インターナショナル NY支局員を経て、米国野村證券に勤務中に9・11同時多発テロに遭遇。以後ジャーナリストとして各種メディアで発言、執筆・講演活動を続ける。
「政府はもう嘘をつけない」、「18歳からの民主主義」、「政府は必ず嘘をつく」、
「ルポ貧困大国アメリカ」「アメリカ弱者革命」などを執筆

未来授業 第3回 堤未果 Vol.1168

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 堤未果 Vol.1168のメイン画像

今週の講師は、国際ジャーナリスト・堤未果さん。
国連婦人開発基金、アメリカ野村證券などを経て9.11同時多発テロを機にジャーナリストに。アメリカと日本を行き来し、日本のマスコミが伝えないアメリカの現状を伝えています。「ルポ貧困大国アメリカ」「アメリカ弱者革命」などの著書は、海外でも翻訳され高い評価を受けています。また最新刊『政府はもう嘘をつけない』ではトランプ大統領誕生を予見させるような分析もされています。

今週は、アメリカ・トランプ大統領をめぐるメディアの報道と、報じられない事実について、アメリカを長年取材している堤さんに伺っています。

就任以降、大統領令へのサインという形で次々政策を実行に移すトランプ大統領。
特に批判が集中しているのが、移民・難民問題とメキシコ国境問題です。
これについて堤さんは、これまでの報道とは違う見方をしています。

未来授業3時間目 テーマは『メキシコの壁の、断片と真実』

◆堤未果(つつみみか)
国際ジャーナリスト/東京都生まれ
NY州立大学国際関係論学科卒、NY市立大学大学院国際関係論学科修士号 取得。
国連婦人開発基金(UNIFEM)、アムネスティ・インターナショナル NY支局員を経て、米国野村證券に勤務中に9・11同時多発テロに遭遇。以後ジャーナリストとして各種メディアで発言、執筆・講演活動を続ける。
「政府はもう嘘をつけない」、「18歳からの民主主義」、「政府は必ず嘘をつく」、
「ルポ貧困大国アメリカ」「アメリカ弱者革命」などを執筆

未来授業 第2回 堤未果 Vol.1167

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 堤未果 Vol.1167のメイン画像

今週の講師は、国際ジャーナリスト・堤未果さん。
国連婦人開発基金、アメリカ野村證券などを経て9.11同時多発テロを機にジャーナリストに。アメリカと日本を行き来し、日本のマスコミが伝えないアメリカの現状を伝えています。「ルポ貧困大国アメリカ」「アメリカ弱者革命」などの著書は、海外でも翻訳され高い評価を受けています。また最新刊『政府はもう嘘をつけない』ではトランプ大統領誕生を予見させるような分析もされています。

今週は、アメリカ・トランプ大統領をめぐるメディアの報道と、
報じられない事実について、アメリカを長年取材している堤さんに伺っています。

未来授業2時間目。今日は昨年の大統領選におけるメディアの報じ方について。
この大統領選でマスコミは、ヒラリー・クリントンの勝利を予想し続けました。なぜ、マスコミは誤った予測を続けたのか。堤さんは、現代の大メディアが
抱える問題を指摘します。 

テーマは『大手マスコミの敗北』

◆堤未果(つつみみか)
国際ジャーナリスト/東京都生まれ
NY州立大学国際関係論学科卒、NY市立大学大学院国際関係論学科修士号 取得。
国連婦人開発基金(UNIFEM)、アムネスティ・インターナショナル NY支局員を経て、米国野村證券に勤務中に9・11同時多発テロに遭遇。以後ジャーナリストとして各種メディアで発言、執筆・講演活動を続ける。
「政府はもう嘘をつけない」、「18歳からの民主主義」、「政府は必ず嘘をつく」、
「ルポ貧困大国アメリカ」「アメリカ弱者革命」などを執筆

未来授業 第1回 堤未果 Vol.1166

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 堤未果 Vol.1166のメイン画像

今週の講師は、国際ジャーナリスト・堤未果さん。
国連婦人開発基金、アメリカ野村證券などを経て9.11同時多発テロを機にジャーナリストに。アメリカと日本を行き来し、日本のマスコミが伝えないアメリカの現状を伝えています。「ルポ貧困大国アメリカ」「アメリカ弱者革命」などの著書は、海外でも翻訳され高い評価を受けています。また最新刊『政府はもう嘘をつけない』ではトランプ大統領誕生を予見させるような分析もされています。

アメリカ・トランプ大統領誕生から1か月。その発言や打ち出す政策による、混乱の様子が連日報じられています。今週は、こうしたトランプ大統領をめぐるメディアの報道、そして報じられない事実について、現地アメリカを長年取材している堤さんに伺っていきます。

未来授業1時間目。まずは、大方の予想を覆した昨年の大統領選挙の真相です。

テーマは『なぜ、トランプは大統領になれたか』

◆堤未果(つつみみか)
国際ジャーナリスト/東京都生まれ
NY州立大学国際関係論学科卒、NY市立大学大学院国際関係論学科修士号 取得。
国連婦人開発基金(UNIFEM)、アムネスティ・インターナショナル NY支局員を経て、米国野村證券に勤務中に9・11同時多発テロに遭遇。以後ジャーナリストとして各種メディアで発言、執筆・講演活動を続ける。
「政府はもう嘘をつけない」、「18歳からの民主主義」、「政府は必ず嘘をつく」、
「ルポ貧困大国アメリカ」「アメリカ弱者革命」などを執筆

未来授業 第4回 菅付雅信 Vol.1165

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 菅付雅信 Vol.1165のメイン画像

今週の講師は、編集者、菅付雅信さん。
様々な雑誌の編集者を歴任して、ファッション・アート・音楽の最先端を切り取って来た菅付さん。
写真集としては、篠山紀信、森山大道などを担当し、近著「写真の新しい自由」では、写真表現のいまと未来を綴っています。
今週はそんな菅付さんによる「デジタル時代の写真論」。

未来授業4時間目。テーマは『歴史を知る、未来を知る』

菅付雅信(すがつけ・まさのぶ)
編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役。1964年宮崎県生まれ。「コンポジット」「インビテーション」「エココロ」の編集者を務め、出版からウェブ、広告、展覧会までを編集し、様々なプランニングやブランディングを手がける。写真集では篠山紀信、森山大道、上田義彦、マーク・ボスウィック、ジェフ・バートン等を編集。またアートブック出版社「ユナイテッドヴァカボンズ」の代表も務める。著書に「はじめての編集」「中身化する社会」」「物欲なき世界」等。下北沢B&Bにて「編集スパルタ塾」を開講中。多摩美術大学非常勤講師。NYADC賞銀賞受賞。
http://gutenbergorchestra.com/

未来授業 第3回 菅付雅信 Vol.1164

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 菅付雅信 Vol.1164のメイン画像

今週の講師は、編集者、菅付雅信さん。
様々な雑誌の編集者を歴任して、ファッション・アート・音楽の最先端を切り取って来た菅付さん。
写真集としては、篠山紀信、森山大道などを担当し、近著「写真の新しい自由」では、写真表現のいまと未来を綴っています。
今週はそんな菅付さんによる「デジタル時代の写真論」。

未来授業3時間目。テーマは『プロとアマの境界線』

菅付雅信(すがつけ・まさのぶ)
編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役。1964年宮崎県生まれ。「コンポジット」「インビテーション」「エココロ」の編集者を務め、出版からウェブ、広告、展覧会までを編集し、様々なプランニングやブランディングを手がける。写真集では篠山紀信、森山大道、上田義彦、マーク・ボスウィック、ジェフ・バートン等を編集。またアートブック出版社「ユナイテッドヴァカボンズ」の代表も務める。著書に「はじめての編集」「中身化する社会」」「物欲なき世界」等。下北沢B&Bにて「編集スパルタ塾」を開講中。多摩美術大学非常勤講師。NYADC賞銀賞受賞。
http://gutenbergorchestra.com/

未来授業 第2回 菅付雅信 Vol.1163

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 菅付雅信 Vol.1163のメイン画像

今週の講師は、編集者、菅付雅信さん。
様々な雑誌の編集者を歴任して、ファッション・アート・音楽の最先端を切り取って来た菅付さん。
写真集としては、篠山紀信、森山大道などを担当し、近著「写真の新しい自由」では、写真表現のいまと未来を綴っています。
今週はそんな菅付さんによる「デジタル時代の写真論」。

未来授業2時間目。テーマは『技術革新とブランディング』

菅付雅信(すがつけ・まさのぶ)
編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役。1964年宮崎県生まれ。「コンポジット」「インビテーション」「エココロ」の編集者を務め、出版からウェブ、広告、展覧会までを編集し、様々なプランニングやブランディングを手がける。写真集では篠山紀信、森山大道、上田義彦、マーク・ボスウィック、ジェフ・バートン等を編集。またアートブック出版社「ユナイテッドヴァカボンズ」の代表も務める。著書に「はじめての編集」「中身化する社会」」「物欲なき世界」等。下北沢B&Bにて「編集スパルタ塾」を開講中。多摩美術大学非常勤講師。NYADC賞銀賞受賞。
http://gutenbergorchestra.com/

未来授業 第1回 菅付雅信 Vol.1162

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 菅付雅信 Vol.1162のメイン画像

今週の講師は、編集者、菅付雅信さん。
『エスクァイア』、『コンポジット』、『インビテーション』など、ジャンルを越えた様々な雑誌の編集者を歴任して、ファッション・アート・音楽の最先端を切り取って来ました。
また、篠山紀信、森山大道などの写真集の編集も手掛け、近著「写真の新しい自由」では、写真表現のいまと未来を綴っています。
今週はそんな菅付さんによる「デジタル時代の写真論」。

未来授業1時間目。テーマは『ネット時代の写真と写真家』

菅付雅信(すがつけ・まさのぶ)
編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役。1964年宮崎県生まれ。「コンポジット」「インビテーション」「エココロ」の編集者を務め、出版からウェブ、広告、展覧会までを編集し、様々なプランニングやブランディングを手がける。写真集では篠山紀信、森山大道、上田義彦、マーク・ボスウィック、ジェフ・バートン等を編集。またアートブック出版社「ユナイテッドヴァカボンズ」の代表も務める。著書に「はじめての編集」「中身化する社会」」「物欲なき世界」等。下北沢B&Bにて「編集スパルタ塾」を開講中。多摩美術大学非常勤講師。NYADC賞銀賞受賞。
http://gutenbergorchestra.com/

未来授業 第4回 指出一正 Vol.1161

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 指出一正 Vol.1161のメイン画像

最終日のきょうは、これからの未来を楽しくするために求められる、“複眼的な視点”の養い方について考えます。
毎日の安定した生活を主流とするならば、そこから外れる不安というのは大きいはず。でもその不安を和らげる考え方があります。
ヒントとなるのが、一つではなく、複数の視点を持つということです。    

未来授業4時間目。『自分のこととして楽しむ』

指出一正(さしで・かずまさ)
月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、広島県「ひろしま里山ウェーブ拡大プロジェクト」全体統括メンター、高知県文化広報誌『とさぶし』編集委員、沖縄県久米島町アドバイザー、静岡県「地域のお店デザイン表彰」審査委員長、奈良県「奥大和アカデミー」メイン講師、広島県「ひろしま さとやま未来博2017」総合監修をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。趣味はフライフィッシング。

未来授業 第3回 指出一正 Vol.1160

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 指出一正 Vol.1160のメイン画像

地方で、より面白い未来を作ろうとしているソーシャル世代の若者たち。その多くが一度は都会の生活を経験しています。
人やモノ、仕事や娯楽にあふれる都会を離れるとき、多くの人々は生活の糧(かて)をどうするかといった理想と現実のギャップに悩むことになります。
現代社会を生きるために必要な仕事とお金の問題。一見、実際住むにあたって厳しいように思える場所での生活も、
ちょっと考え方を変えるだけで豊かなものに変わります。

未来授業3時間目。『縁が生み出す仲間経済』

指出一正(さしで・かずまさ)
月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、広島県「ひろしま里山ウェーブ拡大プロジェクト」全体統括メンター、高知県文化広報誌『とさぶし』編集委員、沖縄県久米島町アドバイザー、静岡県「地域のお店デザイン表彰」審査委員長、奈良県「奥大和アカデミー」メイン講師、広島県「ひろしま さとやま未来博2017」総合監修をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。趣味はフライフィッシング。