未来授業 第4回 村上祐資 Vol. 1193

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  村上祐資 Vol. 1193のメイン画像

今週の講師は、極地建築家、村上祐資さんです。
学生時代、「月面に基地を建てる」という夢を抱き、東京大学の博士課程では「極地建築」を学んだ村上さん。現在は、火星での生活を疑似体験する国際的なプロジェクト「Mars160」の副隊長を務めています。
「極地の暮らしや建築に必要なものはなにか」南極やエベレスト、そして砂漠など、極地経験を重ねて見えてきたのは、思いがけない「答え」でした。

未来授業4時間目。テーマは『 空間の本質、人間の本質』

村上 祐資 / YUSUKE MURAKAMI
1978年生まれ。極地建築家。第50次日本南極地域観測隊 越冬隊員。日本火星協会フィールドマネージャー。Mars Desert Research Station Crew144 クルー。Mars Arctic 365 Mission Finalist(北極デヴォン島、2015-16)。HI-SEAS 4 Mission Finalist(マウナロア火山、2015-16)。宇宙の基地のありようを考えるため、南極やヒマラヤなど、極地とよばれる厳しい環境のなかで培われる美しい暮らし⸺極地建築のなかに身を置き、探検を続けている。これまでに昭和基地(南極、2008-10)やエベレストB.C.(ネパール、2010)、シシャパンマB.C.(チベット、2011)、Mars Desert Research Station(米ユタ、2014)、富士山測候所(日本、2010/11/12)、JAXA筑波宇宙センター 閉鎖環境適応訓練施設(日本、2004)などで暮らす。作家、写真家としても活動。子どものためのワークショップ〈秘密基地ヲ作ロウ。〉を主宰。主な美術作品に、極地のことば展(豊島区中央図書館、2015)、ありがとう祭(雪堂美術館、2014)、d.d.d.(ATSUKOBAROUH、2013)、Mission G(ICC、2009-10)など。現在プロジェクト「Mars160」に参加。
ウェブサイト:http://www.fieldnote.net/

未来授業 第3回 村上祐資 Vol. 1192

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  村上祐資 Vol. 1192のメイン画像

今週の講師は、極地建築家、村上祐資さんです。
村上さんは、第50次日本南極地域観測隊に越冬隊員として参加。南極に15カ月滞在しました。また、JAXAでも、閉鎖環境に滞在するミッションを経験。
現在は、火星での生活を疑似体験する国際的なプロジェクト「Mars160」の副隊長を務めています。
もともと、東京大学の博士課程で「極地建築」を学び、
「生きるための建築」をテーマに、さまざまな極地での生活を経験してきた村上さん。
厳しい環境での暮らしや建築に、村上さんは何を見ているのでしょうか。

未来授業3時間目。テーマは『 極限に生きる 』

村上 祐資 / YUSUKE MURAKAMI
1978年生まれ。極地建築家。第50次日本南極地域観測隊 越冬隊員。日本火星協会フィールドマネージャー。Mars Desert Research Station Crew144 クルー。Mars Arctic 365 Mission Finalist(北極デヴォン島、2015-16)。HI-SEAS 4 Mission Finalist(マウナロア火山、2015-16)。宇宙の基地のありようを考えるため、南極やヒマラヤなど、極地とよばれる厳しい環境のなかで培われる美しい暮らし⸺極地建築のなかに身を置き、探検を続けている。これまでに昭和基地(南極、2008-10)やエベレストB.C.(ネパール、2010)、シシャパンマB.C.(チベット、2011)、Mars Desert Research Station(米ユタ、2014)、富士山測候所(日本、2010/11/12)、JAXA筑波宇宙センター 閉鎖環境適応訓練施設(日本、2004)などで暮らす。作家、写真家としても活動。子どものためのワークショップ〈秘密基地ヲ作ロウ。〉を主宰。主な美術作品に、極地のことば展(豊島区中央図書館、2015)、ありがとう祭(雪堂美術館、2014)、d.d.d.(ATSUKOBAROUH、2013)、Mission G(ICC、2009-10)など。現在プロジェクト「Mars160」に参加。
ウェブサイト:http://www.fieldnote.net/

未来授業 第2回 村上祐資 Vol. 1191

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  村上祐資 Vol. 1191のメイン画像

今週の講師は、極地建築家、村上祐資さんです。
村上さんは、第50次日本南極地域観測隊に越冬隊員として参加。JAXA(ジャクサ、宇宙航空研究開発機構)でも、閉鎖環境に滞在するミッションを経験するなど、いわば「極地生活のプロ」ともいえる人物です。
そんな村上さんが、日本人して唯一参加しているのが、「Mars160」という国際的なプロジェクト。
火星に限りなく近い環境で生活するという過酷なミッションです。

未来授業2時間目。テーマは『 リアル火星生活 』

村上 祐資 / YUSUKE MURAKAMI
1978年生まれ。極地建築家。第50次日本南極地域観測隊 越冬隊員。日本火星協会フィールドマネージャー。Mars Desert Research Station Crew144 クルー。Mars Arctic 365 Mission Finalist(北極デヴォン島、2015-16)。HI-SEAS 4 Mission Finalist(マウナロア火山、2015-16)。宇宙の基地のありようを考えるため、南極やヒマラヤなど、極地とよばれる厳しい環境のなかで培われる美しい暮らし⸺極地建築のなかに身を置き、探検を続けている。これまでに昭和基地(南極、2008-10)やエベレストB.C.(ネパール、2010)、シシャパンマB.C.(チベット、2011)、Mars Desert Research Station(米ユタ、2014)、富士山測候所(日本、2010/11/12)、JAXA筑波宇宙センター 閉鎖環境適応訓練施設(日本、2004)などで暮らす。作家、写真家としても活動。子どものためのワークショップ〈秘密基地ヲ作ロウ。〉を主宰。主な美術作品に、極地のことば展(豊島区中央図書館、2015)、ありがとう祭(雪堂美術館、2014)、d.d.d.(ATSUKOBAROUH、2013)、Mission G(ICC、2009-10)など。現在プロジェクト「Mars160」に参加。
ウェブサイト:http://www.fieldnote.net/

未来授業 第1回 村上祐資 Vol. 1190

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  村上祐資 Vol. 1190のメイン画像

今週の講師は、極地建築家、村上祐資さんです。
村上さんは、2009年、第50次日本南極地域観測隊に越冬隊員として参加。その後、JAXA(ジャクサ、宇宙航空研究開発機構)でも、閉鎖環境に滞在するミッションを経験するなど、いわば「極地生活のプロ」ともいえる人物です。
そんな村上さんが現在参加しているのが、「Mars160」という国際的なプロジェクト。
いったいどんなプロジェクトなんでしょうか。

未来授業1時間目。テーマは『 Mars160 』

村上 祐資 / YUSUKE MURAKAMI
1978年生まれ。極地建築家。第50次日本南極地域観測隊 越冬隊員。日本火星協会フィールドマネージャー。Mars Desert Research Station Crew144 クルー。Mars Arctic 365 Mission Finalist(北極デヴォン島、2015-16)。HI-SEAS 4 Mission Finalist(マウナロア火山、2015-16)。宇宙の基地のありようを考えるため、南極やヒマラヤなど、極地とよばれる厳しい環境のなかで培われる美しい暮らし⸺極地建築のなかに身を置き、探検を続けている。これまでに昭和基地(南極、2008-10)やエベレストB.C.(ネパール、2010)、シシャパンマB.C.(チベット、2011)、Mars Desert Research Station(米ユタ、2014)、富士山測候所(日本、2010/11/12)、JAXA筑波宇宙センター 閉鎖環境適応訓練施設(日本、2004)などで暮らす。作家、写真家としても活動。子どものためのワークショップ〈秘密基地ヲ作ロウ。〉を主宰。主な美術作品に、極地のことば展(豊島区中央図書館、2015)、ありがとう祭(雪堂美術館、2014)、d.d.d.(ATSUKOBAROUH、2013)、Mission G(ICC、2009-10)など。現在プロジェクト「Mars160」に参加。
ウェブサイト:http://www.fieldnote.net/

未来授業 第4回 川原啓嗣 Vol. 1189

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  川原啓嗣 Vol. 1189のメイン画像

今週の講師は、日本における「ユニバーサルデザイン」の第一人者!インダストリアルデザイナーで、一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会の専務理事、川原啓嗣さんです。

老若男女、文化も、言語も、国籍も違い、障害の有無を問わず、だれもが、利用することができるユニバーサルデザイン。
その先進国は、意外にも、福祉にやさしい北欧の国々ではありません。

未来授業4時間目

「ユニバーサルデザイン先進国、ニッポン」

川原啓嗣(かわはら・けいじ)
インダストリアルデザイナー 名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科 学科長 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会の専務理事。専門分野は、身体障害者の生活機器のデザイン。これまで、産業、情報、住宅、医療など、分野を越えて、たくさんのプロダクトの企画・開発を手掛けている。

未来授業 第3回 川原啓嗣 Vol. 1188

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  川原啓嗣 Vol. 1188のメイン画像

今週の講師は、日本における「ユニバーサルデザイン」の第一人者!インダストリアルデザイナーで、一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会の専務理事、川原啓嗣さんです。

老若男女、文化も、言語も、国籍も違い、障害の有無を問わず、だれもが、利用することができるデザイン、それが「ユニバーサルデザイン」。日本においてその理解が進む絶好の機会が、2020年だと川原さんは話します。

未来授業3時間目

「ダイバーシティ・インクルージョン」


川原啓嗣(かわはら・けいじ)
インダストリアルデザイナー 名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科 学科長 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会の専務理事。専門分野は、身体障害者の生活機器のデザイン。これまで、産業、情報、住宅、医療など、分野を越えて、たくさんのプロダクトの企画・開発を手掛けている。

未来授業 第2回 川原啓嗣 Vol. 1187

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  川原啓嗣 Vol. 1187のメイン画像

今週の講師は、日本における「ユニバーサルデザイン」の第一人者!インダストリアルデザイナーで、名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科の学科長、川原啓嗣さんです。

私たちが、これまで聞き馴染みのある言葉のひとつに「バリアフリー」がありますが、ユニバーサルデザインと「バリアフリー」は なにが違うのでしょうか。

川原啓嗣(かわはら・けいじ)
インダストリアルデザイナー 名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科 学科長 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会の専務理事。専門分野は、身体障害者の生活機器のデザイン。これまで、産業、情報、住宅、医療など、分野を越えて、たくさんのプロダクトの企画・開発を手掛けている。

未来授業2時間目

「デザインフォーオール」

未来授業 第1回 川原啓嗣 Vol. 1186

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  川原啓嗣 Vol. 1186のメイン画像

今週の講師は、日本における「ユニバーサルデザイン」の第一人者。
インダストリアルデザイナーで、名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科の学科長、川原啓嗣さんです。一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会の専務理事も務めていらっしゃいます。

川原さんの専門分野は、身体障害者の生活機器のデザイン。
私たちの暮らしの中には、あらゆるデザインが溢れていますが、デザインの本質は、形あるモノを作ることではなく、社会の問題を解決することだと川原さんは話します。

未来授業1時間目

「デザインは人間のためにある」

川原啓嗣(かわはら・けいじ)
インダストリアルデザイナー 名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科 学科長 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会の専務理事。専門分野は、身体障害者の生活機器のデザイン。これまで、産業、情報、住宅、医療など、分野を越えて、たくさんのプロダクトの企画・開発を手掛けている。

未来授業 第4回 安珠 Vol. 1185

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  安珠 Vol. 1185のメイン画像

未来授業、今週の講師は写真家の安珠さんです。
フランスのパリを拠点に活躍する国際的なトップモデルを経て、日本に帰国後、写真家に転身。
東日本大震災の後は、「東北をはじめ、日本の子どもたちの”夢”」を追いかけ続けた安珠さんが、新たな被写体に選んだのは、京都、です。

四季折々の絶景。伝統文化が息づく、世界屈指の観光地。その源である平安京に焦点を当てて、目には見えない、美しさやはかなさの撮影に挑戦されています。

未来授業4時間目。

テーマは、「Invisible Kyoto -目に見えぬ平安京-」

安珠(あんじゅ)/写真家/日本/東京出身
東京都出身。パリを拠点に各国のヴォーグやパリコレに出演する国際的なトップモデルとして活躍。帰国後、写真家に転身。文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界で注目される。ライフワークとして、「仙人の千年、蜻蛉の一時」をテーマに中国世界自然遺産張家界を撮影し、平安京をテーマにした「Invisible Kyoto」写真展をライカギャラリー京都で開催中〜6/15

未来授業 第3回 安珠 Vol. 1184

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  安珠 Vol. 1184のメイン画像

未来授業、今週の講師は写真家の安珠さんです。
フランスのパリを拠点に活躍する国際的なトップモデルを経て、日本に帰国後、写真家に転身した安珠さん。
東日本大震災の後、安珠さんが作った一冊の写真集は国内外で大きな話題になりました。
『Dream Linking☆つなぐ夢、千年忘れない』

震災を境に、多感な10代は何を失い、何を得て、未来へつなげていくのか?
東北を中心に、日本のこどもたちの生き生きとした表情を切り取りながら、彼らの「夢」を綴ったフォトブックです。
「大人ではなく、子供たちの夢を追いかけたことに意味がある」
安珠さんは、そう話します。

未来授業3時間目。

テーマは、「写真の笑顔は、連鎖する」

安珠(あんじゅ)/写真家/日本/東京出身
東京都出身。パリを拠点に各国のヴォーグやパリコレに出演する国際的なトップモデルとして活躍。帰国後、写真家に転身。文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界で注目される。ライフワークとして、「仙人の千年、蜻蛉の一時」をテーマに中国世界自然遺産張家界を撮影し、平安京をテーマにした「Invisible Kyoto」写真展をライカギャラリー京都で開催中〜6/15

未来授業 第2回 安珠 Vol. 1183

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  安珠 Vol. 1183のメイン画像

未来授業、今週の講師は写真家の安珠さんです。
フランスのパリを拠点に活躍する国際的なトップモデルを経て、日本に帰国後、写真家に転身した安珠さん。
東日本大震災の後、安珠さんが作った一冊の写真集は国内外で大きな話題になりました。
『Dream Linking☆つなぐ夢、千年忘れない』

震災を境に、多感な10代は何を失い、何を得て、未来へつなげていくのか?
東北を中心に、日本のこどもたちの「夢」が綴られたフォトブックです。

未来授業2時間目。

テーマは、「Dream Linking(ドリーム・リンキング)」

安珠(あんじゅ)/写真家/日本/東京出身
東京都出身。パリを拠点に各国のヴォーグやパリコレに出演する国際的なトップモデルとして活躍。帰国後、写真家に転身。文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界で注目される。ライフワークとして、「仙人の千年、蜻蛉の一時」をテーマに中国世界自然遺産張家界を撮影し、平安京をテーマにした「Invisible Kyoto」写真展をライカギャラリー京都で開催中〜6/15

未来授業 第1回 安珠 Vol. 1182

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  安珠 Vol. 1182のメイン画像

未来授業、今週の講師は写真家の安珠さんです。

フランスのパリを拠点に活躍する国際的なトップモデルを経て、日本に帰国後、写真家に転身した安珠さん。

テーマは、「生きるチカラ~青い空と赤い椿」

セカンドキャリアとして写真の道に全力疾走しているときに、立ち止まった出来事が、東日本大震災だったと安珠さんは話します。

安珠(あんじゅ)/写真家/日本/東京出身
東京都出身。パリを拠点に各国のヴォーグやパリコレに出演する国際的なトップモデルとして活躍。帰国後、写真家に転身。文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界で注目される。ライフワークとして、「仙人の千年、蜻蛉の一時」をテーマに中国世界自然遺産張家界を撮影し、平安京をテーマにした「Invisible Kyoto」写真展をライカギャラリー京都で開催中〜6/15

未来授業 第4回 池澤夏樹 Vol. 1181

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  池澤夏樹 Vol. 1181のメイン画像

今週の講師は、作家、池澤夏樹さんです。
小説、評論、エッセイ、翻訳。池澤さんはその作品を通して、人間の在り方や文明の行方を世に問い続けてきました。
分断と対立が続く世界における、「知識人の存在意義」とは?
人権や民主主義の根幹を揺るがしかねない「140字」の言葉の力に、池澤さんは警鐘を鳴らします。

未来授業4時間目。テーマは『 反知性主義の時代に 』

池澤夏樹(いけざわなつき)
作家、詩人。1945年、北海道生まれ。小説、書評、翻訳など多くの分野で活躍、ギリシャ、沖縄、フランスに滞在し世界的な視野で作品を発表。「スティル・ライフ」(中公文庫)で芥川賞、「マシアス・ギリの失脚」(新潮文庫)で谷崎潤一郎賞、「パレオマニア」(集英社文庫)で桑原武雄学芸賞などを受賞。河出書房新書「世界文学全集」「日本文学全集」を個人編集。

未来授業 第3回 池澤夏樹 Vol. 1180

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  池澤夏樹 Vol. 1180のメイン画像

今週の講師は、作家、池澤夏樹さんです。
数々の作品を通して、人間の在り方や文明の行方を世に問い続けてきました。池澤さんが長年培ってきた「情報収集」や「思考法」のノウハウを一冊にまとめたのが、著書「知の仕事術」です。
 「生きるためには“情報”“知識”そして“思想”が必要」と池澤さんは言います。
では、情報や知識をもとに自分なりの「思想」を築き上げるには、どうしたらいいのでしょうか。

未来授業3時間目。テーマは『 偏見が思想になる 』

池澤夏樹(いけざわなつき)
作家、詩人。1945年、北海道生まれ。小説、書評、翻訳など多くの分野で活躍、ギリシャ、沖縄、フランスに滞在し世界的な視野で作品を発表。「スティル・ライフ」(中公文庫)で芥川賞、「マシアス・ギリの失脚」(新潮文庫)で谷崎潤一郎賞、「パレオマニア」(集英社文庫)で桑原武雄学芸賞などを受賞。河出書房新書「世界文学全集」「日本文学全集」を個人編集。

未来授業 第2回 池澤夏樹 Vol. 1179

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  池澤夏樹 Vol. 1179のメイン画像

今週の講師は、作家、池澤夏樹さんです。
その作品は、小説から評論、エッセイ、翻訳まで多岐に及びます。
また、ギリシャやフランスにも滞在し、世界的な視点で作品を発表してきたことでも知られています。
そんな池澤さんの著書が「知の仕事術」。
情報化社会を知的に生き抜く具体的なノウハウをまとめた一冊です。
未来授業2時間目。テーマは『本を探す、本を読む』

◆池澤夏樹(イケザワ・ナツキ)
作家、詩人。1945年、北海道生まれ。
小説、書評、翻訳など多くの分野で活躍、ギリシャ、沖縄、フランスに滞在し世界的な視野で作品を発表。
「スティル・ライフ」(中公文庫)で芥川賞、「マシアス・ギリの失脚」(新潮文庫)で谷崎潤一郎賞、
「パレオマニア」(集英社文庫)で桑原武雄学芸賞などを受賞。河出書房新書「世界文学全集」「日本文学全集」を個人編集。

未来授業 第1回 池澤夏樹 Vol. 1178

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  池澤夏樹 Vol. 1178のメイン画像

今週の講師は、作家、池澤夏樹さんです。
代表作は「スティル・ライフ」や「マシアス・ギリの失脚」、そして「アトミック・ボックス」。
ギリシャ、沖縄、フランスなどに滞在し、世界的な視点で作品を発表してきたことでも知られています。
そんな池澤さんの最近の著書が「知の仕事術」。
池澤さんが長年培ってきた「情報収集」や「思考法」のノウハウを初公開して、
情報化社会を知的に生き抜くヒントをまとめた一冊です。
未来授業1時間目。テーマは『新聞の使い方』

◆池澤夏樹(イケザワ・ナツキ)
作家、詩人。1945年、北海道生まれ。
小説、書評、翻訳など多くの分野で活躍、ギリシャ、沖縄、フランスに滞在し世界的な視野で作品を発表。
「スティル・ライフ」(中公文庫)で芥川賞、「マシアス・ギリの失脚」(新潮文庫)で谷崎潤一郎賞、
「パレオマニア」(集英社文庫)で桑原武雄学芸賞などを受賞。河出書房新書「世界文学全集」「日本文学全集」を個人編集。

未来授業 第4回 南雄介 Vol. 1177

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  南雄介 Vol. 1177のメイン画像

今週の講師は、国立新美術館の副館長、南雄介さんです。
国立新美術館では現在、企画展「草間彌生~わが永遠の魂x~」が開催されています。絵画から造詣作品、インスタレーション、彫刻、そしてファッションまで、誰も観たことのない作品群を次々に世に送り出してきた草間彌生。
1990年代になると、その世界的評価と人気は不動のものとなります。

未来授業4時間目。テーマは『 純粋と情熱 』

南 雄介(みなみゆうすけ)
1959年生まれ。1986年東京芸術大学大学院修了。東京都美術館、東京都現代美術館を経て、2004年4月より国立新美術館設立準備室に勤務、2013年4月より現職。国立新美術館での展覧会に、「開館記念展 20世紀美術探検」、「光 松本陽子/野口里佳」展、「シュルレアリスム展」、「与えられた形象 辰野登恵子/柴田敏雄」展、「アメリカン・ポップ・アート展」、「中村一美展」、「マグリット展」、「ダリ展」、「草間彌生 わが永遠の魂」展など。

未来授業 第3回 南雄介 Vol. 1176

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  南雄介 Vol. 1176のメイン画像

今週の講師は、国立新美術館の副館長、南雄介さんです。
国立新美術館では現在、企画展「草間彌生~わが永遠の魂~」が開催されています。
2009年に着手され、いまも描き続けられている連作「わが永遠の魂」を中心とした、大規模な展覧会です。2メートルかける2メートル。
大きな正方形のカンヴァスに描かれた色鮮やかな一連の作品は、草間彌生の「いま」を知るための手がかりです。

未来授業3時間目。テーマは『 わが永遠の魂 』

南 雄介(みなみゆうすけ)
1959年生まれ。1986年東京芸術大学大学院修了。東京都美術館、東京都現代美術館を経て、2004年4月より国立新美術館設立準備室に勤務、2013年4月より現職。国立新美術館での展覧会に、「開館記念展 20世紀美術探検」、「光 松本陽子/野口里佳」展、「シュルレアリスム展」、「与えられた形象 辰野登恵子/柴田敏雄」展、「アメリカン・ポップ・アート展」、「中村一美展」、「マグリット展」、「ダリ展」、「草間彌生 わが永遠の魂」展など。