未来授業 第4回 飯村まきみ Vol. 1329

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 飯村まきみ Vol. 1329のメイン画像

今週の講師は オランダを拠点に、アフリカのアルビノの人権擁護活動をしている「ジョセファット・トーナー財団ヨーロッパ本部」事務局長の飯村まきみさん。
アフリカの一部の国と地域では、先天的なメラニンの欠乏により生まれつき肌の白い、先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)と言われるアルビノの人々が、迷信のために迫害を受け、特に誘拐しやすい子供たちが殺害される事件が相次いでいます。
彼らを守るためにはどうしたらいいのでしょうか。

未来授業4時間目。

テーマは「アルビノを守るために私たちができること」

飯村まきみ
障害者福祉が専門で、日本、カナダと障害者福祉関係のフィールドで活動。2000年よりオランダ在住。2000年~2007年まではフリーランスのライターとして日本から来る研究者のサポートをし、2008年からはオランダをベースにしたNGOで、発展途上国の障害児をサポートする仕事に従事。現在はアフリカで迫害されるアルビニズムをもつ人々の人権擁護活動をする「ジョセファット・トーナー財団ヨーロッパ本部」の事務局長を勤める。

未来授業 第3回 飯村まきみ Vol. 1328

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 飯村まきみ Vol. 1328のメイン画像

今週の講師は アフリカのアルビノの人権擁護活動をしている「ジョセファット・トーナー財団ヨーロッパ本部」事務局長の飯村まきみさん。
アフリカの一部の国と地域では、先天的なメラニンの欠乏により生まれつき肌の白い、アルビニズムを持つ人々が迫害・殺害される事件が相次いでいます。
彼らを守るためにはどうしたらいいのでしょうか。

未来授業3時間目。

テーマは「アルビノを守るために国際社会ができること」

飯村まきみ
障害者福祉が専門で、日本、カナダと障害者福祉関係のフィールドで活動。2000年よりオランダ在住。2000年~2007年まではフリーランスのライターとして日本から来る研究者のサポートをし、2008年からはオランダをベースにしたNGOで、発展途上国の障害児をサポートする仕事に従事。現在はアフリカで迫害されるアルビニズムをもつ人々の人権擁護活動をする「ジョセファット・トーナー財団ヨーロッパ本部」の事務局長を勤める。

未来授業 第2回 飯村まきみ Vol. 1327

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 飯村まきみ Vol. 1327のメイン画像

今週の講師は オランダを拠点に、アフリカのアルビノの人権擁護活動をしている「ジョセファット・トーナー財団ヨーロッパ本部」事務局長の飯村まきみさん。
アフリカの一部の国と地域では、先天的なメラニンの欠乏により生まれつき肌の白い、先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)と言われるアルビノの人々が迫害・殺害される事件が相次いでいます。
実際はどんな状況なんでしょうか。

未来授業2時間目。

テーマは「アルビノに関するアフリカの現状」

飯村まきみ
障害者福祉が専門で、日本、カナダと障害者福祉関係のフィールドで活動。2000年よりオランダ在住。2000年~2007年まではフリーランスのライターとして日本から来る研究者のサポートをし、2008年からはオランダをベースにしたNGOで、発展途上国の障害児をサポートする仕事に従事。現在はアフリカで迫害されるアルビニズムをもつ人々の人権擁護活動をする「ジョセファット・トーナー財団ヨーロッパ本部」の事務局長を勤める。

未来授業 第1回 飯村まきみ Vol. 1326

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 飯村まきみ Vol. 1326のメイン画像

今週の講師は オランダを拠点にアフリカのアルビノの人権擁護活動をしている「ジョセファット・トーナー財団ヨーロッパ本部」の事務局長 飯村まきみさんです。
アフリカの一部の国や地域では古くから、白い肌を持って生まれた人々、アルビニズムを持った人々を「アルビノ」と呼び、特別視する習慣があり、水面下で行われる「アルビノ狩り」が問題になっています。
人間が人間を狩る。
なぜ、そんな事が行われるようになったのでしょうか…。

未来授業1時間目、テーマは「アルビノとは何か」

飯村まきみ
障害者福祉が専門で、日本、カナダと障害者福祉関係のフィールドで活動。2000年よりオランダ在住。2000年~2007年まではフリーランスのライターとして日本から来る研究者のサポートをし、2008年からはオランダをベースにしたNGOで、発展途上国の障害児をサポートする仕事に従事。現在はアフリカで迫害されるアルビニズムをもつ人々の人権擁護活動をする「ジョセファット・トーナー財団ヨーロッパ本部」の事務局長を勤める。

未来授業 第4回 安藤忠雄 Vol. 1325

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 安藤忠雄 Vol. 1325のメイン画像

「未来授業」。今週の講師は、建築家 安藤忠雄さんです。

プロボクサーから独学で建築家に。既成概念を打ち破る、挑戦的で革新的な作品群は、建築業界に大きなインパクトをもたらしました。
また、環境の再生や震災復興など、建築の枠を超えた取り組みも。挑戦を続ける76歳です。

未来授業4時間目、最後日のテーマは『生涯ケンカや!やったるで~』

◆安藤忠雄(あんどう・ただお)
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」など。1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2003年文化功労者、2005年国際建築家連合(UIA) ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、2015年イタリア共和国功労勲章グランデ・ウフィチャ―レ章、2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。1991年ニューヨーク近代美術館、1993年パリのポンピドー・センターにて個展開催。イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。1997年から東京大学教授、現在、名誉教授。

未来授業 第3回 安藤忠雄 Vol. 1324

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 安藤忠雄 Vol. 1324のメイン画像

「未来授業」。今週の講師は、建築家 安藤忠雄さん。
現在「国立新美術館」では、「安藤忠雄展~挑戦~」が開催されています。

安藤さんの設計図や建築模型が展示されているほか、代表品「光の教会」を野外展示場に原寸で再現。また、瀬戸内海の「直島アートプロジェクト」の全容が、空間インスタレーションで描き出されています。安藤さんが、直島の再生に関わって、およそ30年。自然と文化、建築とアートが融合した、革新的なチャレンジです。

未来授業3時間目、テーマは『アートで島を再生する』

◆安藤忠雄(あんどう・ただお)
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」など。1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2003年文化功労者、2005年国際建築家連合(UIA) ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、2015年イタリア共和国功労勲章グランデ・ウフィチャ―レ章、2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。1991年ニューヨーク近代美術館、1993年パリのポンピドー・センターにて個展開催。イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。1997年から東京大学教授、現在、名誉教授。

未来授業 第2回 安藤忠雄 Vol. 1323

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 安藤忠雄 Vol. 1323のメイン画像

「未来授業」。今週の講師は、建築家 安藤忠雄さんです。
現在「国立新美術館」では、「安藤忠雄展~挑戦~」が開催されています。

住宅、教会、劇場、駅。住まいから都市空間まで、幅広い作品群を手掛けてきた安藤さんですが、その原点ともいえる建築が、大阪「住吉の長屋」です。三軒長屋の真ん中の一軒を切り取り、中央を中庭に仕立てた、鉄筋コンクリートの2階建て。住宅の常識を覆すアイディアは、当時、建築業界で物議を醸しました。

未来授業2時間目、テーマは『ラジカルに建築する』

◆安藤忠雄(あんどう・ただお)
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」など。1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2003年文化功労者、2005年国際建築家連合(UIA) ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、2015年イタリア共和国功労勲章グランデ・ウフィチャ―レ章、2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。1991年ニューヨーク近代美術館、1993年パリのポンピドー・センターにて個展開催。イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。1997年から東京大学教授、現在、名誉教授。

未来授業 第1回 安藤忠雄 Vol. 1322

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 安藤忠雄 Vol. 1322のメイン画像

今週の講師は、建築家 安藤忠雄さん。
現在「国立新美術館」では、「安藤忠雄展~挑戦~」が開催されています。

プロボクサーから独学で建築家に。異色の経歴を持つ安藤さんは、およそ半世紀に渡って、国内外で多くの建築作品を手掛け、高い評価を得てきました。そんな安藤さんが、そもそも建築家を志したきっかけはなんだったのか。

未来授業1時間目、テーマは『本を読め。自分で考えろ。』

◆安藤忠雄(あんどう・ただお)
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」など。1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2003年文化功労者、2005年国際建築家連合(UIA) ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、2015年イタリア共和国功労勲章グランデ・ウフィチャ―レ章、2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。1991年ニューヨーク近代美術館、1993年パリのポンピドー・センターにて個展開催。イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。1997年から東京大学教授、現在、名誉教授。

未来授業 第4回 小林さやか Vol. 1321

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 小林さやか Vol. 1321のメイン画像

2013年に出版された『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』、累計100万部を超える大ヒットとなりました。
実在の女子高生を題材にしたこのノンフィクションは映画化され『ビリギャル』は、流行語にもなっています。

渋谷ママ大学はじめ、小林さんがいま活動のテーマに置いているのが、「親子関係のあり方をより良いものにしていく」ことです。たくさんの子どもや母親とふれあうことで、小林さんの挑戦は進んでいくわけですが、今後はどんな道を目指そうとしているのでしょうか?自分自身の羅針盤のような役割を果たしてきた“ビリギャル”という名前とのつき合い方についても伺いました。

未来授業4時間目、『ビリギャル卒業宣言』

小林さやか
坪田信貴著「学年ビリのギャルが一年で偏差値40上げて慶應大学に現役合格した話」の主人公''ビリギャル”本人。2017年11月現在29歳。大学卒業後のウエディングプランナー経験を活かし、2014年に自身の結婚を機にフリーに転身。夫は都内で飲食店経営をしておりサービス業の師匠でもある。独自の熱い子育て論を持つ母(通称ああちゃん)と「ダメ親と呼ばれても3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」を共著で出版。現在全国の中高生や親御さまを中心に講演活動を行いながら、子育て支援活動計画を遂行中。

未来授業 第3回 小林さやか Vol. 1320

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 小林さやか Vol. 1320のメイン画像

2013年に出版された『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』、累計100万部を超える大ヒットとなりました。
実在の女子高生を題材にしたこのノンフィクションは映画化され『ビリギャル』は、流行語にもなっています。
大学卒業後に入社した会社で感じた、自分の思いと社会とのギャップ。これを乗り越えるために取ったのが、1人で社会に出て挑戦することでした。
        
未来授業3時間目。『ワクワクする挑戦の見つけ方。』

小林さやか
坪田信貴著「学年ビリのギャルが一年で偏差値40上げて慶應大学に現役合格した話」の主人公''ビリギャル”本人。2017年11月現在29歳。大学卒業後のウエディングプランナー経験を活かし、2014年に自身の結婚を機にフリーに転身。夫は都内で飲食店経営をしておりサービス業の師匠でもある。独自の熱い子育て論を持つ母(通称ああちゃん)と「ダメ親と呼ばれても3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」を共著で出版。現在全国の中高生や親御さまを中心に講演活動を行いながら、子育て支援活動計画を遂行中。

未来授業 第2回 小林さやか Vol. 1319

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 小林さやか Vol. 1319のメイン画像

2013年に出版された『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』、累計100万部を超える大ヒットとなりました。実在の女子高生を題材にしたこのノンフィクションは映画化され『ビリギャル』は、流行語にもなっています。
偏差値40以上を上げて慶応大学に入学した小林さやかさん、アルバイトやサークル活動など、いわゆる“普通の大学生活”を楽しんでいました。
そんなとき、アルバイト先で、その後の人生を決めるような出会いをします。

未来授業2時間目『ギャップとどう向き合うか』

小林さやか
坪田信貴著「学年ビリのギャルが一年で偏差値40上げて慶應大学に現役合格した話」の主人公''ビリギャル”本人。2017年11月現在29歳。大学卒業後のウエディングプランナー経験を活かし、2014年に自身の結婚を機にフリーに転身。夫は都内で飲食店経営をしておりサービス業の師匠でもある。独自の熱い子育て論を持つ母(通称ああちゃん)と「ダメ親と呼ばれても3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」を共著で出版。現在全国の中高生や親御さまを中心に講演活動を行いながら、子育て支援活動計画を遂行中。

未来授業 第1回 小林さやか Vol. 1318

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 小林さやか Vol. 1318のメイン画像

2013年に出版された『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』、累計100万部を超える大ヒットとなりました。実在の女子高生を題材にしたこのノンフィクションは映画化され『ビリギャル』は、流行語にもなっています。

そのビリギャル当人、小林さやかさんは、自らが変わった大学受験から10年近くが経ち、新たなチャレンジをしています。今週は、ビリギャルならではの挑戦の見つけ方、そして立ち向かい方、伺っていきます。 

きょう第1日目のテーマは『その後のビリギャル、大学生になってから』

小林さやか
坪田信貴著「学年ビリのギャルが一年で偏差値40上げて慶應大学に現役合格した話」の主人公''ビリギャル”本人。2017年11月現在29歳。大学卒業後のウエディングプランナー経験を活かし、2014年に自身の結婚を機にフリーに転身。夫は都内で飲食店経営をしておりサービス業の師匠でもある。独自の熱い子育て論を持つ母(通称ああちゃん)と「ダメ親と呼ばれても3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」を共著で出版。現在全国の中高生や親御さまを中心に講演活動を行いながら、子育て支援活動計画を遂行中。

未来授業 第4回 上田壮一 Vol. 1317

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 上田壮一 Vol. 1317のメイン画像

今週の講師はNPO Think the Earthプロデューサー、上田壮一さんです。

SDGs『持続可能な開発のための目標』が掲げるのは、2030年をめどに、世界で課題になっている17の目標を達成することです。
そのためには、国境という壁だけでなく、世代を越える協力が必要です。SDGs達成のために必要な心構え、どんなことなのでしょうか?

未来授業4時間目、『大人と子供で考える未来』

上田 壮一 Think the Earth 理事 / プロデューサー
1965年、兵庫県生まれ。広告代理店で6年間働いたあと、表現の現場を求めて映像ディレクターに。95年に宇宙から地球を見る視点を共有したいとの想いで「アースウォッチ」を企画。98年にプロトタイプを作ったことを機に、多くの方と出会いながらThink the Earthの設立まで突き進むことに。以後、プロデューサー/ディレクターとして『百年の愚行』『1秒の世界』『グリーンパワーブック』などの書籍をはじめ、携帯アプリケーション「live earth」などを手掛けている。

Think the Earthのトピックニュースは下記のURLからご確認出来ます
http://www.thinktheearth.net/jp/

未来授業 第3回 上田壮一 Vol. 1316

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 上田壮一 Vol. 1316のメイン画像

今週の講師はNPO Think the Earthプロデューサー、上田壮一さんです。

2030年までの『持続可能な開発のための目標』=SDGsでは、気候変動やエネルギー、貧困といった問題の解決やジェンダーの平等など17の目標を掲げています。具体的にはどんなものがあるのでしょうか?

未来授業3時間目 『SDGsを通じて見出した、教育と社会の連携』

上田 壮一 Think the Earth 理事 / プロデューサー
1965年、兵庫県生まれ。広告代理店で6年間働いたあと、表現の現場を求めて映像ディレクターに。95年に宇宙から地球を見る視点を共有したいとの想いで「アースウォッチ」を企画。98年にプロトタイプを作ったことを機に、多くの方と出会いながらThink the Earthの設立まで突き進むことに。以後、プロデューサー/ディレクターとして『百年の愚行』『1秒の世界』『グリーンパワーブック』などの書籍をはじめ、携帯アプリケーション「live earth」などを手掛けている。

Think the Earthのトピックニュースは下記のURLからご確認出来ます
http://www.thinktheearth.net/jp/