未来授業 第4回 川村元気 Vol. 1349

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 川村元気 Vol. 1349のメイン画像

今週は、「FM FESTIVAL 2017 未来授業 明日の日本人たちへ」特別公開授業の中から、川村元気さんの授業をダイジェストでお届けしています。

人間のクリエイティブの可能性と、人工知能の本質について語った川村さん。授業に参加した大学生からも、たくさんの質問が飛び出しました。

未来授業4時間目。
テーマは『僕が人工知能と映画を作る日』

川村元気(かわむらげんき)
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。『告白』『悪人』『おおかみこどもの雨と雪』『バクマン。』『君の名は。』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌年には「藤本賞」を史上最年少で受賞。映画『君の名は。』は興行収入250億円、観客動員数1,900万人を超える大ヒットとなる。小説家としては、初小説『世界から猫が消えたなら』が売り上げ130万部を突破し映画化。2作目の『億男』は中国での映画化が決定し、昨年は3作目となる最新小説『四月になれば彼女は』を発表した。

未来授業 第3回 川村元気 Vol. 1348

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 川村元気 Vol. 1348のメイン画像

今週は、「FM FESTIVAL 2017 未来授業 明日の日本人たちへ」特別公開授業の中から、川村元気さんの授業をダイジェストでお届けしています。

「創作とは “発見”と“発明”の掛け合わせだ。」という川村さん。2作目の小説「億男」は、弟の借金を背負った男が、突然大金を手にする物語です。川村さんが、この小説で伝えたかったこととは?

未来授業3時間目。
テーマは『人間らしさとはなにか』

川村元気(かわむらげんき)
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。『告白』『悪人』『おおかみこどもの雨と雪』『バクマン。』『君の名は。』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌年には「藤本賞」を史上最年少で受賞。映画『君の名は。』は興行収入250億円、観客動員数1,900万人を超える大ヒットとなる。小説家としては、初小説『世界から猫が消えたなら』が売り上げ130万部を突破し映画化。2作目の『億男』は中国での映画化が決定し、昨年は3作目となる最新小説『四月になれば彼女は』を発表した。

未来授業 第2回 川村元気 Vol. 1347

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 川村元気 Vol. 1347のメイン画像

今週は、「FM FESTIVAL 2017 未来授業 明日の日本人たちへ」特別公開授業の中から、川村元気さんの授業をダイジェストでお届けしています。

川村さんは、映画「君の名は。」など、数々のヒット作をプロデュースする一方、小説家としても活躍。そんな、気鋭のトップクリエイターの頭の中をのぞくことで、人間のクリエイティブの可能性と、人工知能の未来をうらなう授業です。
「創作とは、 “発見”と“発明”の掛け合わせだ。」と言う川村さん。

未来授業2時間目。
テーマは『集合的無意識の発見、クリエイティブの発明』

川村元気(かわむらげんき)
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。『告白』『悪人』『おおかみこどもの雨と雪』『バクマン。』『君の名は。』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌年には「藤本賞」を史上最年少で受賞。映画『君の名は。』は興行収入250億円、観客動員数1,900万人を超える大ヒットとなる。小説家としては、初小説『世界から猫が消えたなら』が売り上げ130万部を突破し映画化。2作目の『億男』は中国での映画化が決定し、昨年は3作目となる最新小説『四月になれば彼女は』を発表した。

未来授業 第1回 川村元気 Vol. 1346

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 川村元気 Vol. 1346のメイン画像

今週は、この秋全国3カ所で行われた「FM FESTIVAL 2017 未来授業 明日の日本人たちへ」の中から、川村元気さんの授業をダイジェストでお届けします。

川村さんは「告白」「悪人」「君の名は。」など、数々のヒット映画をプロデュースする一方、小説家としても活躍し、いま最も注目されるクリエイターの一人です。
そんな川村さんの授業では、「発想力」「思考力」を紐解くことで、「人間にしかできないこと」そして「人工知能の本質」を明らかにしています。

未来授業1時間目。
テーマは『企画の仕事』

川村元気(かわむらげんき)
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。『告白』『悪人』『おおかみこどもの雨と雪』『バクマン。』『君の名は。』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌年には「藤本賞」を史上最年少で受賞。映画『君の名は。』は興行収入250億円、観客動員数1,900万人を超える大ヒットとなる。小説家としては、初小説『世界から猫が消えたなら』が売り上げ130万部を突破し映画化。2作目の『億男』は中国での映画化が決定し、昨年は3作目となる最新小説『四月になれば彼女は』を発表した。

未来授業 第4回 松尾豊 Vol. 1345

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 松尾豊 Vol. 1345のメイン画像

今週は、この秋、全国で行われたイベント、「FM FESTIVAL 2017 未来授業 明日の日本人たちへ」から、松尾豊さんによる特別公開授業の模様を、ダイジェストでお送りしています。テーマは『人工知能の急速な発達は、社会の何を変えるのか?』

現在の人工知能は、ディープラーニングによって自らが考えるようになり、状況を認識する画像能力、つまり目を手にしたといえる状況です。
これにより、飛躍的な発達が見込まれるようになりましたが、私たちの社会には、どんな関わり方をしてくるのでしょうか?

未来授業4時間目、『ビジネスにおける人工知能の可能性』

松尾豊
東京大学大学院工学系研究科特任准教授。1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。産業技術総合研究所研究員、スタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科准教授、2014年より特任准教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、深層学習。2010年から人工知能学会 副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年より倫理委員長。

未来授業 第3回 松尾豊 Vol. 1344

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 松尾豊 Vol. 1344のメイン画像

今週は、この秋、全国で行われたイベント、「FM FESTIVAL 2017 未来授業 明日の日本人たちへ」から、松尾豊さんによる特別公開授業の模様を、ダイジェストでお送りしています。テーマは『人工知能の急速な発達は、社会の何を変えるのか?』

人工知能研究は、これまでブームと冬の時代を繰り返してきました。1950年代、そして1980年代に続いて、今は“第3次ブーム”とされています。
こうした中、日常生活において、さまざまな形で目にする人工知能を謳った製品がみられるようになってきました。それでも人間の知能が解明されていない以上、完璧な人工知能はできていないのが現実。そのワケはどんなことが考えられるのか? 会場の学生とディスカッションしました。

未来授業3時間目。『人工知能における目の誕生』

松尾豊
東京大学大学院工学系研究科特任准教授。1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。産業技術総合研究所研究員、スタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科准教授、2014年より特任准教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、深層学習。2010年から人工知能学会 副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年より倫理委員長。

未来授業 第2回 松尾豊 Vol. 1343

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 松尾豊 Vol. 1343のメイン画像

今週は、この秋、全国で行われたイベント、「FM FESTIVAL 2017 未来授業 明日の日本人たちへ」から、松尾豊さんによる特別公開授業の模様を、ダイジェストでお送りしています。テーマは『人工知能の急速な発達は、社会の何を変えるのか?』

人間が、自分自身や、その周囲にあるものを現実と認識するために、知能はどんな役割を果たしているのか?この仕組みを解明することで、人工知能の精度はさらに上がっていくことになります。では知能の定義にはどんな考え方があるのでしょうか?

未来授業、2時間目のテーマは『知能の根源となっているもの』

松尾豊
東京大学大学院工学系研究科特任准教授。1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。産業技術総合研究所研究員、スタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科准教授、2014年より特任准教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、深層学習。2010年から人工知能学会 副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年より倫理委員長。

未来授業 第1回 松尾豊 Vol. 1342

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 松尾豊 Vol. 1342のメイン画像

今週から、この秋、全国で行われたイベント、「FM FESTIVAL 2017 未来授業 明日の日本人たちへ」のダイジェストをお送りしていきます。
トップバッターは、東京大学でおこなわれた、松尾豊さんの特別公開授業です。テーマは『人工知能の急速な発達は、社会の何を変えるのか?』

松尾豊さんは、20年以上に渡って人工知能の研究を続けています。現在は東京大学大学院 工学系研究科の准教授として、また、人工知能学会の倫理委員長として活躍中。AI研究のフロントランナーが、最初に問いかけたのは人間における“認識”のあり方についてでした。

未来授業1時間目。『知能とは何か?』

松尾豊
東京大学大学院工学系研究科特任准教授。1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。産業技術総合研究所研究員、スタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科准教授、2014年より特任准教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、深層学習。2010年から人工知能学会 副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年より倫理委員長。

未来授業 第4回 家入一真 Vol. 1341

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 家入一真 Vol. 1341のメイン画像

今週の講師は、家入一真(いえいり・かずま)さん。日本最大規模のクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」共同創業者で、
現・代表です。「連続起業家」として数々のベンチャーのスタートアップに関わる一方、2014年には東京都知事選に出馬、ネットを使った選挙活動で注目を集めました。現在も、数多くの企業役員などを務め、投資も行っています。

今週は、今年1000億円市場にまで拡大したクラウドファンディングの「今 と これから」、そして、日本のクラウドファンディングの草分けキャンプファイヤーが目指すものを伺っています。

木曜日 4日目は、いま起業を目指している人、アイデアを実現したい人へ、連続起業家・家入さんからのメッセージです。

未来授業4時間目。
テーマは「まずは、小さく始めてみよう。」

家入一真
1978年福岡県出身。JASDAQ上場企業「paperboy&co.(現GMOペパボ)」創業社長。クラウドファンディング「CAMPFIRE」代表取締役CEO。スマートEC「BASE」共同創業取締役。株式会社キメラ代表取締役CEO。カフェプロデュース・運営「partycompany Inc.」代表取締役。スタートアップベンチャー投資「partyfactory Inc.」代表取締役。モノづくり集団「Liverty」代表。現代の駆け込み寺(シェアハウス)「リバ邸」を全国に作るなど、リアルやネットを問わず、カフェやウェブサービスなど人の集まる場を創っている。50社程のスタートアップ・ベンチャー投資も行う。

未来授業 第3回 家入一真 Vol. 1340

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 家入一真 Vol. 1340のメイン画像

今週の講師は、家入一真(いえいり・かずま)さん。日本最大規模のクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」共同創業者で、
現・代表です。「連続起業家」として数々のベンチャーのスタートアップに関わる一方、2014年には東京都知事選に出馬、ネットを使った選挙活動で注目を集めました。現在も、数多くの企業役員などを務め、投資も行っています。

今週は、今年1000億円市場にまで拡大したクラウドファンディングの「今 と これから」、そして、日本のクラウドファンディングの草分けキャンプファイヤーが目指すものを伺っています。

きょうは、クラウドファンディングによる資金調達で、ここ数年、活動や表現の幅を広げ、芸人ではなくクリエイターとしても注目される、あの人物について。

未来授業3時間目。
テーマは「西野亮廣は、なぜ成功したのか」

未来授業2時間目。
テーマは「資金集めの民主化」

家入一真
1978年福岡県出身。JASDAQ上場企業「paperboy&co.(現GMOペパボ)」創業社長。クラウドファンディング「CAMPFIRE」代表取締役CEO。スマートEC「BASE」共同創業取締役。株式会社キメラ代表取締役CEO。カフェプロデュース・運営「partycompany Inc.」代表取締役。スタートアップベンチャー投資「partyfactory Inc.」代表取締役。モノづくり集団「Liverty」代表。現代の駆け込み寺(シェアハウス)「リバ邸」を全国に作るなど、リアルやネットを問わず、カフェやウェブサービスなど人の集まる場を創っている。50社程のスタートアップ・ベンチャー投資も行う。

未来授業 第2回 家入一真 Vol. 1339

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 家入一真 Vol. 1339のメイン画像

今週の講師は、家入一真(いえいり・かずま)さん。日本最大規模のクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」共同創業者で、
現・代表です。「連続起業家」として数々のベンチャーのスタートアップに関わる一方、2014年には東京都知事選に出馬、ネットを使った選挙活動で注目を集めました。現在も、数多くの企業役員などを務め、投資も行っています。

今週は、今年1000億円市場にまで拡大したクラウドファンディングの「今 と これから」、そして、日本のクラウドファンディングの草分けキャンプファイヤーが目指すものを伺っています。

元々インターネットのレンタルサーバー事業で起業した家入さん。その経験を踏まえ、ネットや、クラウドファンディングが社会に与えた影響をこう捉えています。

未来授業2時間目。
テーマは「資金集めの民主化」

家入一真
1978年福岡県出身。JASDAQ上場企業「paperboy&co.(現GMOペパボ)」創業社長。クラウドファンディング「CAMPFIRE」代表取締役CEO。スマートEC「BASE」共同創業取締役。株式会社キメラ代表取締役CEO。カフェプロデュース・運営「partycompany Inc.」代表取締役。スタートアップベンチャー投資「partyfactory Inc.」代表取締役。モノづくり集団「Liverty」代表。現代の駆け込み寺(シェアハウス)「リバ邸」を全国に作るなど、リアルやネットを問わず、カフェやウェブサービスなど人の集まる場を創っている。50社程のスタートアップ・ベンチャー投資も行う。

未来授業 第1回 家入一真 Vol. 1338

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 家入一真 Vol. 1338のメイン画像

今週の講師は、家入一真(いえいり・かずま)さん。日本最大規模のクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」共同創業者で、
現・代表です。「連続起業家」として数々のベンチャーのスタートアップに関わる一方、2014年には東京都知事選に出馬、ネットを使った選挙活動で注目を集めました。現在も、数多くの企業役員などを務め、投資も行っています。

アイデア実現のために、ネットを通じて個人から資金を集める仕組み、クラウドファウンディングは、今年2017年に1000億円市場に拡大。この仕組を通じた商品、サービスのヒットも相次ぎました。
そこで今週は、日本のクラウドファンディングの草分け、キャンプファイヤーについて、そして、クラウドファウンディングの「今 と これから」について、家入さんに伺っていきます。

未来授業1時間目。
テーマは「キャンプファイヤーというプラットフォーム」

家入一真
1978年福岡県出身。JASDAQ上場企業「paperboy&co.(現GMOペパボ)」創業社長。クラウドファンディング「CAMPFIRE」代表取締役CEO。スマートEC「BASE」共同創業取締役。株式会社キメラ代表取締役CEO。カフェプロデュース・運営「partycompany Inc.」代表取締役。スタートアップベンチャー投資「partyfactory Inc.」代表取締役。モノづくり集団「Liverty」代表。現代の駆け込み寺(シェアハウス)「リバ邸」を全国に作るなど、リアルやネットを問わず、カフェやウェブサービスなど人の集まる場を創っている。50社程のスタートアップ・ベンチャー投資も行う。

未来授業 第4回 おおたとしまさ Vol. 1337

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 おおたとしまさ Vol. 1337のメイン画像

今週の講師は「育児・教育ジャーナリストのおおたとしまさ」さんです。
子供と一緒にいられる時間を作るために、株式会社リクルートから独立。その後、育児・教育誌の編集に関わり、自身も数々の現場を取材されています。以前、東京の都立高校の約6割が、生徒が髪の毛を染めたりパーマをかけたりしていないか、生まれつきの髪かを見分けるため、一部の生徒から入学時に「地毛証明書」を提出させていることがわかり、大きな反響を呼びました。この件に関して、おおたさんの見解を伺います。

未来授業4時間目、テーマは『自己肯定感というキーワード』

おおたとしまさ (育児・教育ジャーナリスト)
「子どもが“パパ〜!”っていつでも抱きついてくれる期間なんてほんの数年。今、子どもと一緒にいられなかったら一生後悔する」と株式会社リクルートを脱サラ。育児・教育をテーマに執筆・講演活動を行う。心理カウンセラーの資格があり、父親のためのオンライン・カウンセリング・サイト「パパの悩み相談横丁」では、産後の夫婦関係に悩む父親からの悩みを受け付けている。
著書「名門校の人生を学ぶ授業」はSBクリエイティブより好評発売中。

未来授業 第3回 おおたとしまさ Vol. 1336

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 おおたとしまさ Vol. 1336のメイン画像

今週の講師は、育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささんです。
子供と一緒にいられる時間を作るために、株式会社リクルートから独立。その後、育児・教育誌の編集に関わり、自身も数々の現場を取材されています。    
おおたさんの著書「名門校の人生を学ぶ授業」の中では16の名門校でのユニークな授業が紹介されていますが、実はその全てにおいて“あること”が共通しています。
  
未来授業3時間目、テーマは『生きる力を育む』

おおたとしまさ (育児・教育ジャーナリスト)
「子どもが“パパ〜!”っていつでも抱きついてくれる期間なんてほんの数年。今、子どもと一緒にいられなかったら一生後悔する」と株式会社リクルートを脱サラ。育児・教育をテーマに執筆・講演活動を行う。心理カウンセラーの資格があり、父親のためのオンライン・カウンセリング・サイト「パパの悩み相談横丁」では、産後の夫婦関係に悩む父親からの悩みを受け付けている。
著書「名門校の人生を学ぶ授業」はSBクリエイティブより好評発売中。

未来授業 第2回 おおたとしまさ Vol. 1335

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 おおたとしまさ Vol. 1335のメイン画像

今週の講師は「育児・教育ジャーナリストのおおたとしまさ」さんです。
子供と一緒にいられる時間を作るために、株式会社リクルートから独立。その後、育児・教育誌の編集に関わり、自身も数々の現場を取材されています。名門校と呼ばれる進学校ほど、実は受験勉強以外の教育により多くの時間を割いている。とおおたさん。では、いったいどのようなことを教えているのでしょうか。
2時間目の今日は、おおたさんの出身校でもある麻布中学校・高等学校と
東大合格者数NO1を誇る名門校、開成中学校・高等学校で行われているユニークな授業についてお話を伺います。

未来授業2時間目、テーマは『他者と関わり自己を知る』

おおたとしまさ (育児・教育ジャーナリスト)
「子どもが“パパ〜!”っていつでも抱きついてくれる期間なんてほんの数年。今、子どもと一緒にいられなかったら一生後悔する」と株式会社リクルートを脱サラ。育児・教育をテーマに執筆・講演活動を行う。心理カウンセラーの資格があり、父親のためのオンライン・カウンセリング・サイト「パパの悩み相談横丁」では、産後の夫婦関係に悩む父親からの悩みを受け付けている。
著書「名門校の人生を学ぶ授業」はSBクリエイティブより好評発売中。

未来授業 第1回 おおたとしまさ Vol. 1334

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 おおたとしまさ Vol. 1334のメイン画像

今週の講師は、育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささんです。
子供と一緒にいられる時間を作るために、株式会社リクルートから独立。その後、育児・教育誌の編集に関わり、自身も数々の現場を取材されています。
    
名門校と呼ばれる進学校ほど、実は受験勉強以外の教育により多くの時間を割いている。とおおたさん。では、いったいどのようなことを教えているのでしょうか。今日は、名門校で実施されているユニークな授業に注目したきっかけと、その内容について伺います。

未来授業1時間目、テーマは『名門校のユニークな授業』

おおたとしまさ (育児・教育ジャーナリスト)
「子どもが“パパ〜!”っていつでも抱きついてくれる期間なんてほんの数年。今、子どもと一緒にいられなかったら一生後悔する」と株式会社リクルートを脱サラ。育児・教育をテーマに執筆・講演活動を行う。心理カウンセラーの資格があり、父親のためのオンライン・カウンセリング・サイト「パパの悩み相談横丁」では、産後の夫婦関係に悩む父親からの悩みを受け付けている。
著書「名門校の人生を学ぶ授業」はSBクリエイティブより好評発売中。