未来授業 第3回 石井遊佳 Vol. 1384

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  石井遊佳 Vol. 1384のメイン画像

今週の講師は、小説「百年泥」で第158回芥川賞を受賞した、作家の石井遊佳さんです。

石井さんは1963年生まれの54歳。
2015年から、夫とともに南インドの町チェンナイで日本語教師として働く傍ら、小説を書き続けてきました。
受賞作「百年泥」も、そんなチェンナイを舞台にした物語です。

未来授業3時間目
テーマは『わたしを構成しているものは、わたしだけではない』

石井遊佳(いしいゆうか)
1963年11月大阪府枚方市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。日本語教師。2017年『百年泥』で新潮新人賞、第158回芥川龍之介賞を受賞。インド、タミル・ナードゥ州チェンナイ市在住。

未来授業 第2回 石井遊佳 Vol. 1383

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  石井遊佳 Vol. 1383のメイン画像

今週の講師は、小説「百年泥」で第158回芥川賞を受賞した、作家の石井遊佳さんです。
石井さんは、インドのチェンナイに住み、夫とIT企業で日本語教師をしながら、執筆を続けてきました。受賞を受けて、先日、初の単行本「百年泥」が出版されたばかり。
石井さんと本との出会いは、少女時代にさかのぼります。

未来授業2時間目
テーマは『書くために生まれてきた』

石井遊佳(いしいゆうか)
1963年11月大阪府枚方市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。日本語教師。2017年『百年泥』で新潮新人賞、第158回芥川龍之介賞を受賞。インド、タミル・ナードゥ州チェンナイ市在住。

未来授業 第1回 石井遊佳 Vol. 1382

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  石井遊佳 Vol. 1382のメイン画像

今週の講師は、小説「百年泥」で、第158回芥川賞を受賞した、作家の石井遊佳さんです。
石井さんは、インドのチェンナイ在住。夫とIT企業で日本語教師をしながら、小説を書き続けてきました。
受賞の知らせを受け、オフィスで夫とともに踊り出したという石井さんに、まずは受賞作「百年泥」について伺いました。

未来授業1時間目
テーマは『百年泥とガンジスの夜明け』

石井遊佳(いしいゆうか)
1963年11月大阪府枚方市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。日本語教師。2017年『百年泥』で新潮新人賞、第158回芥川龍之介賞を受賞。インド、タミル・ナードゥ州チェンナイ市在住。

未来授業 第4回 古谷経衡 Vol. 1381

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  古谷経衡 Vol. 1381のメイン画像

今週の講師は、著述家の古谷経衡(ふるや・つねひら)さんです。
インターネットや若者論などを中心に、言論活動を展開。著書に『左翼も右翼もウソばかり』などがあります。
     
そんな古谷さんの最新刊が、『日本を蝕む「極論」の正体』。政治、教育、メディアなど、さまざまな分野で増殖する「極論」と、その背景を分析した一冊です。

「ネットでも現実社会、閉鎖的な集団が“極論”が生む」という古谷さん。では、極論を見極める感性は、どのように磨けばいいのでしょうか。

未来授業4時間目、テーマは『冷たい笑い、冷笑(れいしょう)のすすめ』

古谷経衡(ふるやつねひら) 
1982(昭和57)年札幌市生まれ。著述家。立命館大学文学部史学科(日本史)卒業。インターネット、ネット保守、若者論などを中心に言論活動を展開。著書に『若者は本当に右傾化しているのか』『戦後イデオロギーは日本人を幸せにしたか』『左翼も右翼もウソばかり』など。

未来授業 第3回 古谷経衡 Vol. 1380

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  古谷経衡 Vol. 1380のメイン画像

今週の講師は、著述家の古谷経衡(ふるや・つねひら)さんです。
インターネットや若者論などを中心に、言論活動を展開。著書に『左翼も右翼もウソばかり』などがあります。
     
そんな古谷さんの最新刊が、『日本を蝕む「極論」の正体』。政治、教育、メディアなど、さまざまな分野で増殖する「極論」と、その背景を分析した一冊です。

今週はこの「極論」をキーワードに、社会と言論について考えています。

未来授業3時間目、テーマは『極論とメディア』

古谷経衡(ふるやつねひら) 
1982(昭和57)年札幌市生まれ。著述家。立命館大学文学部史学科(日本史)卒業。インターネット、ネット保守、若者論などを中心に言論活動を展開。著書に『若者は本当に右傾化しているのか』『戦後イデオロギーは日本人を幸せにしたか』『左翼も右翼もウソばかり』など。

未来授業 第2回 古谷経衡 Vol. 1379

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  古谷経衡 Vol. 1379のメイン画像

今週の講師は、著述家の古谷経衡(ふるや・つねひら)さんです。
インターネットや若者論などを中心に、言論活動を展開。     
そんな古谷さんの最新刊が、『日本を蝕む「極論」の正体』。政治、教育、メディアなど、さまざまな分野で増殖する「極論」とその背景を分析した一冊です。

「組体操を強制する教育現場」
「TPPで日本は滅びるというTPP亡国論」
「土日休みが大前提のプレミアムフライデー」

これらはすべて、古谷さんが「極論」として挙げる事例。人は環境によって、誰もが極論に同調する危険性をはらんでいると、古谷さんは言います。

未来授業2時間目、テーマは『閉鎖的な集団が極論を生む』

古谷経衡(ふるやつねひら)
1982(昭和57)年札幌市生まれ。著述家。立命館大学文学部史学科(日本史)卒業。インターネット、ネット保守、若者論などを中心に言論活動を展開。著書に『若者は本当に右傾化しているのか』『戦後イデオロギーは日本人を幸せにしたか』『左翼も右翼もウソばかり』など。

未来授業 第1回 古谷経衡 Vol. 1378

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  古谷経衡 Vol. 1378のメイン画像

今週の講師は、著述家の古谷経衡(ふるや・つねひら)さんです。
インターネットや若者論などを中心に、言論活動を展開。著書に『左翼も右翼もウソばかり』などがあります。
     
古谷さんの最新刊が『日本を蝕む「極論」の正体』。政治、教育、メディアなど、さまざまな分野で増殖する「極論」とその背景を分析した一冊です。

今週はこの「極論」をキーワードに、社会と言論について考えていきます。

未来授業1時間目、テーマは『極論とジャーゴン』

古谷経衡(ふるやつねひら)
1982(昭和57)年札幌市生まれ。著述家。立命館大学文学部史学科(日本史)卒業。インターネット、ネット保守、若者論などを中心に言論活動を展開。著書に『若者は本当に右傾化しているのか』『戦後イデオロギーは日本人を幸せにしたか』『左翼も右翼もウソばかり』など。

未来授業 第4回 河合雅司 Vol. 1377

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  河合雅司 Vol. 1377のメイン画像

今週の講師は産経新聞社論説委員、大正大学客員教授の河合雅司さんです。

日本が少子高齢社会であることは、誰もがしる「常識」である。だが、その実態を正確にわかっている日本人は一体どれくらいいるだろうか。

これは河合さんの著書「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」の冒頭にかかれた言葉です。
    
少子高齢化によって、これからどのような事が起きるのか日本の未来図を時系列に沿い、かつ体系的に解き明かす内容となっています。

少子化が進むなか、生涯未婚率が上昇し続ける昨今。今日はこの原因について人口問題の専門家である河合さんの意見をうかがいます。

未来授業4時間目。テーマは 『若者の結婚離れ』

河合雅司(かわい・まさし)
1963年、名古屋市生まれ。産経新聞社論説委員、大正大学客員教授。
中央大学卒業。内閣官房有識者会議委員、厚生省検討会委員、農水省第三者委員会委員、拓殖大学客員教授などを歴任。
2014年「ファイザー医学記事賞」大賞を受賞。

未来授業 第3回 河合雅司 Vol. 1376

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  河合雅司 Vol. 1376のメイン画像

今週の講師は産経新聞社論説委員、大正大学客員教授の河合雅司さんです。

日本が少子高齢社会であることは、誰もがしる「常識」である。だが、その実態を正確にわかっている日本人は一体どれくらいいるだろうか。

これは河合さんの著書「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」の冒頭にかかれている言葉です。
    
少子高齢化によって、これからどのような事が起きるのか日本の未来図を時系列に沿い、かつ体系的に解き明かす内容となっています。
これから起こる未来の中で、特にピンチが訪れるのが2042年だと河合さんは語ります。何故、この年にピンチが訪れるのでしょうか
    
未来授業3時間目 テーマは 『大人がやるべきこと』

河合雅司(かわい・まさし)
1963年、名古屋市生まれ。産経新聞社論説委員、大正大学客員教授。
中央大学卒業。内閣官房有識者会議委員、厚生省検討会委員、農水省第三者委員会委員、拓殖大学客員教授などを歴任。
2014年「ファイザー医学記事賞」大賞を受賞。

未来授業 第2回 河合雅司 Vol. 1375

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  河合雅司 Vol. 1375のメイン画像

今週の講師は産経新聞社論説委員、大正大学客員教授の河合雅司さんです。

世界的に見ても類を見ない少子高齢社会である日本。何故、事態がここまで深刻になるまで対策が遅れてしまったのでしょうか。
その理由と、これから出来る対策についてお話を伺います。
    
未来授業2時間目 テーマは 『静かなる有事』

河合雅司(かわい・まさし)
1963年、名古屋市生まれ。産経新聞社論説委員、大正大学客員教授。
中央大学卒業。内閣官房有識者会議委員、厚生省検討会委員、農水省第三者委員会委員、拓殖大学客員教授などを歴任。
2014年「ファイザー医学記事賞」大賞を受賞。

未来授業 第1回 河合雅司 Vol. 1374

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  河合雅司 Vol. 1374のメイン画像

今週の講師は産経新聞社論説委員、大正大学客員教授の河合雅司さん。

日本が少子高齢社会であることは、誰もがしる「常識」である。だが、その実態を正確にわかっている日本人は一体どれくらいいるだろうか。

これは河合さんの著書「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」の冒頭にかかれている言葉です。
少子高齢化によって、これからどのような事が起きるのか日本の未来図を時系列に沿い、かつ体系的に解き明かす内容となっています。

1時間目の今日は、この本を執筆したきっかけと、日本の現状についてお話を伺います。

テーマは 『これから日本に起きること』

河合雅司(かわい・まさし)
1963年、名古屋市生まれ。産経新聞社論説委員、大正大学客員教授。
中央大学卒業。内閣官房有識者会議委員、厚生省検討会委員、農水省第三者委員会委員、拓殖大学客員教授などを歴任。
2014年「ファイザー医学記事賞」大賞を受賞。

未来授業 第4回 いとうせいこう Vol. 1373

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  いとうせいこう Vol. 1373のメイン画像

今週の講師は、作家のいとうせいこうさんです。
最新刊は、『「国境なき医師団」を見に行く』。
「国境なき医師団」、通称MSFは、世界各地の紛争地や貧困に苦しむ人たちに、医療と人道的な支援を行う国際的なNGOです。
せいこうさんは、MFSへの寄付をきっかけに、活動の現場を取材することに。
そこから見えてきたのは、貧困や紛争で苦しむ人々の現実。そして、彼らを支えようとする、MSFスタッフの懸命な姿でした。

未来授業4時間目、テーマは
『現場に行く、個人を描く』

いとうせいこう
1984年早稲田大学法学部卒業後、講談社に入社。86年に退社後は作家、クリエーターとして、活字/映像/舞台/音楽/ウェブなど、あらゆるジャンルに渡る幅広い表現活動を行っている。著書に『ノーライフキング』(1988年 ・第2回三島由紀夫賞候補作、第10回野間文芸新人賞候補作)、『見仏記』(みうらじゅんと共著)、『ボタニカル・ライフ』(第15回講談社エッセイ賞受賞)、『想像ラジオ』(第149回芥川龍之介賞候補作、第35回野間文芸新人賞受賞)など多数。

未来授業 第3回 いとうせいこう Vol. 1372

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  いとうせいこう Vol. 1372のメイン画像

今週の講師は、作家のいとうせいこうさん。
さまざまな分野で活動を続けるせいこうさんの最新刊が、『「国境なき医師団」を見に行く』です。
せいこうさんは、MFSへの寄付をきっかけに、活動の現場を取材することに。ハイチ、ギリシャ、フィリピン、そしてウガンダで、貧困や災害に苦しむ人々、ふるさとを離れ、難民となった人々の姿を目の当たりにします。

未来授業3時間目、テーマは
『いまそこにある危機』

いとうせいこう
1984年早稲田大学法学部卒業後、講談社に入社。86年に退社後は作家、クリエーターとして、活字/映像/舞台/音楽/ウェブなど、あらゆるジャンルに渡る幅広い表現活動を行っている。著書に『ノーライフキング』(1988年 ・第2回三島由紀夫賞候補作、第10回野間文芸新人賞候補作)、『見仏記』(みうらじゅんと共著)、『ボタニカル・ライフ』(第15回講談社エッセイ賞受賞)、『想像ラジオ』(第149回芥川龍之介賞候補作、第35回野間文芸新人賞受賞)など多数。

未来授業 第2回 いとうせいこう Vol. 1371

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  いとうせいこう Vol. 1371のメイン画像

今週の講師は、作家のいとうせいこうさんです。
サブカルチャーから環境問題まで、さまざまな分野で活動を続けるせいこうさんの最新刊が、『「国境なき医師団」を見に行く』。
せいこうさんは、MFSへの寄付をきっかけに、活動の現場を取材することに。その一つが、ギリシャです。
経済破綻で混乱を極めるこの国に、いまシリアやイラクなどの紛争地域から、多くの難民が押し寄せています。

未来授業2時間目、テーマは
『ギリシャの難民キャンプで』

いとうせいこう
1984年早稲田大学法学部卒業後、講談社に入社。86年に退社後は作家、クリエーターとして、活字/映像/舞台/音楽/ウェブなど、あらゆるジャンルに渡る幅広い表現活動を行っている。著書に『ノーライフキング』(1988年 ・第2回三島由紀夫賞候補作、第10回野間文芸新人賞候補作)、『見仏記』(みうらじゅんと共著)、『ボタニカル・ライフ』(第15回講談社エッセイ賞受賞)、『想像ラジオ』(第149回芥川龍之介賞候補作、第35回野間文芸新人賞受賞)など多数。

未来授業 第1回 いとうせいこう Vol. 1370

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  いとうせいこう Vol. 1370のメイン画像

今週の講師は、作家のいとうせいこうさん。
サブカルチャーから環境問題まで、興味と関心が赴くままに、さまざまな活動を展開しているせいこうさんの最新刊が、『「国境なき医師団」を見に行く』です。
「国境なき医師団」、通称MSFは、世界各地の紛争地や貧困に苦しむ人たちに、医療と人道的な支援を行う国際的なNGO。いとうせいこうさんは今回、ハイチやウガンダなど、MSFの活動の現場を取材し、その様子をまとめました。

未来授業1時間目、テーマは
『「国境なき医師団」を見に行く』

いとうせいこう
1984年早稲田大学法学部卒業後、講談社に入社。86年に退社後は作家、クリエーターとして、活字/映像/舞台/音楽/ウェブなど、あらゆるジャンルに渡る幅広い表現活動を行っている。著書に『ノーライフキング』(1988年 ・第2回三島由紀夫賞候補作、第10回野間文芸新人賞候補作)、『見仏記』(みうらじゅんと共著)、『ボタニカル・ライフ』(第15回講談社エッセイ賞受賞)、『想像ラジオ』(第149回芥川龍之介賞候補作、第35回野間文芸新人賞受賞)など多数。

未来授業 第4回 谷崎テトラ Vol. 1369

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  谷崎テトラ Vol. 1369のメイン画像

今週の講師は、小説家であり、ミュージシャンであり、放送作家。いくつもの顔を持ちながら、京都造形芸術大学の教授を務める谷崎テトラさん。
専門領域は、「地球環境」。

ラジオにテレビ。環境問題をテーマにした番組の構成も数多く手がけている谷崎さんですが、そのきっかけになったのは、「旅」だったそうです。

未来授業4時間目、テーマは、「doの肩書き、beの肩書き」。

谷崎テトラ(たにざき・てとら)
京都造形芸術大学 創造学習センター教授・愛知県立芸術大学非常勤講師
作家・放送作家・小説家・メディア&音楽プロデューサー・DJ
1964年、静岡生まれ。環境・平和・社会貢献・フェアトレードなどをテーマにしたTV、ラジオ、WEB番組、出版、イベントの企画・構成をつうじて、新しい価値観(パラダイムシフト)や、持続可能な社会の転換(ワールドシフト)の 発信者&キュレーターとして活動中。世界のエコビレッジやコミュニテイラーニングに関して深い知見を持つ。国連 地球サミット(RIO+20)など国際会議のNGO参加・社会提言、環境省「つなげよう森里川海」映像制作など、社会提言のメディア発信、企業・市民セクターとの連携などを数多くてがける。