未来授業 第1回 今泉忠明 Vol. 1418

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  今泉忠明 Vol. 1418のメイン画像

今週の講師は、哺乳動物学者・今泉忠明さん。
国立科学博物館で哺乳類の生態を学び、イリオモテヤマネコの生態調査、上野動物園の動物解説員などを経験。現在は静岡県の「ねこの博物館」の館長を務めながら、様々な動物の研究を続けています。最近では、累計160万部を突破、児童書としては異例のベストセラーとなった「ざんねんないきもの辞典」シリーズの監修者としても注目を集めました。

ゴールデンウィークの今週は、大人も子どもも楽しめて、たくさんの「学び」を得ることができる「ざんねんないきもの」について、今泉さんに色々伺います。

では、未来授業1時間目。「ざんねんないきもの辞典」の「ざんねん」の意味、そして、実際の「ざんねんな例」から。

テーマは『進化が、“ざんねん”を生む』

今泉 忠明(イマイズミ タダアキ)
哺乳類動物学者。1944年、東京都生まれ。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業。国立科学博物館で哺乳類の分類学・生態学を学ぶ。文部省(現・文部科学省)の国際生物計画(IBP)調査、環境庁(現・環境省)のイリオモテヤマネコの生態調査などに参加する。上野動物園で動物解説員を務め、静岡県にある「ねこの博物館」館長。おもな著書に『アニマルトラック』(自由国民社)、『野生ネコの百科』(データハウス)、『絶滅野生動物の事典』(東京堂)、『珍獣図鑑』(人類文化社)、『猛毒動物50傑』(ソフトバンク・クリエイティブ)、『新・ネコの心理』(ナツメ社)、『「もしも?」の図鑑 危険動物との戦い方マニュアル』『「もしも?」の図鑑 珍獣大決戦』(実業之日本社)などがある。

未来授業 第4回 鴻上尚史 Vol. 1417

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  鴻上尚史 Vol. 1417のメイン画像

今週の講師は、作家で演出家の、鴻上尚史さんです。
鴻上さんの最新刊が「不死身の特攻兵、軍神はなぜ上官に反抗したか」。体当たり攻撃「特攻」を9回命じられながら、命令に背き、生還を果たした特攻兵へのインタビューです。いのちを消費する日本型組織に立ち向かうには、どうしたらいいのか。特攻の真実を通して、組織や社会の不条理と向き合う現代人に問いかける一冊です。

未来授業4時間目、テーマは『生きる、生き抜く』

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ) 作家・演出家
1958年愛媛県出身。早稲田大学法学部出身。 1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。2010年には虚構の劇団旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。 また、「からだ」と「声」に関する著作「発声と身体のレッスン」(白水社)、「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」(講談社)「表現力のレッスン」(講談社)や、教則DVD「鴻上尚史の『声』のレッスン」等を発表している。 舞台公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、ラジオ・パーソナリティ、脚本家、などとしても幅広く活動。 桐朋学園芸術短期大学教授。

未来授業 第3回 鴻上尚史 Vol. 1416

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  鴻上尚史 Vol. 1416のメイン画像

今週の講師は、作家で演出家の、鴻上尚史さんです。
鴻上さんの最新刊が「不死身の特攻兵、軍神はなぜ上官に反抗したか」。戦争中、体当たり攻撃「特攻」を9回命じられながら、命令に背き、生還を果たした特攻兵へのインタビューです。この本が、組織や社会の不条理と向き合うビジネスマンの間で、いま静かな話題となっています。

未来授業3時間目、テーマは『特攻とブラック企業』

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ) 作家・演出家
1958年愛媛県出身。早稲田大学法学部出身。 1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。2010年には虚構の劇団旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。 また、「からだ」と「声」に関する著作「発声と身体のレッスン」(白水社)、「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」(講談社)「表現力のレッスン」(講談社)や、教則DVD「鴻上尚史の『声』のレッスン」等を発表している。 舞台公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、ラジオ・パーソナリティ、脚本家、などとしても幅広く活動。 桐朋学園芸術短期大学教授。

未来授業 第2回 鴻上尚史 Vol. 1415

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  鴻上尚史 Vol. 1415のメイン画像

今週の講師は、鴻上尚史さんです。
劇団「第三舞台」を中心に、およそ35年に渡って演劇活動を行う一方、作家、映画監督としても活躍してきました。そんな鴻上さんの最新刊が、「不死身の特攻兵、軍神はなぜ上官に反抗したか」。第二次世界大戦に従軍した、特攻の生き残り、佐々木友次さんへのインタビューをもとに、戦争と日本型組織の不条理を描いた一冊です。

未来授業2時間目、テーマは『死なない特攻兵』

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ) 作家・演出家
1958年愛媛県出身。早稲田大学法学部出身。 1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。2010年には虚構の劇団旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。 また、「からだ」と「声」に関する著作「発声と身体のレッスン」(白水社)、「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」(講談社)「表現力のレッスン」(講談社)や、教則DVD「鴻上尚史の『声』のレッスン」等を発表している。 舞台公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、ラジオ・パーソナリティ、脚本家、などとしても幅広く活動。 桐朋学園芸術短期大学教授。

未来授業 第1回 鴻上尚史 Vol. 1414

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  鴻上尚史 Vol. 1414のメイン画像

今週の講師は、鴻上尚史さん。
大学在学中に劇団「第三舞台」を結成し、作家、演出家として活躍してきました。そんな鴻上さんの最新刊が、いまベストセラーとなっています。タイトルは「不死身の特攻兵、軍神はなぜ上官に反抗したか」。第二次世界大戦に従軍し、特攻で9回出撃を命じられながら、命令に背き、生還を果たした、ある特攻兵の生きざまを、本人へのインタビューをもとに記した一冊です。

未来授業1時間目、テーマは『手繰り寄せる戦争の記憶』

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ) 作家・演出家
1958年愛媛県出身。早稲田大学法学部出身。 1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。2010年には虚構の劇団旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。 また、「からだ」と「声」に関する著作「発声と身体のレッスン」(白水社)、「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」(講談社)「表現力のレッスン」(講談社)や、教則DVD「鴻上尚史の『声』のレッスン」等を発表している。 舞台公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、ラジオ・パーソナリティ、脚本家、などとしても幅広く活動。 桐朋学園芸術短期大学教授。

未来授業 第4回 杉本昌隆 Vol. 1413

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  杉本昌隆 Vol. 1413のメイン画像

今週の講師は、プロ将棋棋士、杉本昌隆さんです。
杉本さんの段位は七段。弟子は史上最年少でプロ棋士となり、史上5人目の中学生棋士となっただけでなく、29連勝で将棋界の連勝記録を更新した藤井聡太六段。3月に行われた師弟対決では、弟子に軍配が上がりました。新年度、藤井六段はどんな活躍を見せるのか。昇段やタイトル戦へのチャレンジにも注目が集まっています。                                 
                                                    
未来授業4時間目、テーマは『弟子、藤井聡太から学んだこと』

杉本昌隆(すぎもとまさたか)
1990年にプロ入りし、段位は7段。2001年第20回朝日オープン将棋選手権準優勝。2006年7段。2008年「NHK将棋講座」の講師を務める。本格派振り飛車党。 将棋の戦術書は15冊以上。藤井聡太の師匠としても知られる。
《新刊情報》 『弟子・藤井聡太の学び方』 杉本昌隆 著 発売中 PHP研究所/1,512円(税込)
「思考力」「集中力」「忍耐力」「想像力」「自立心」「平常心」… 将棋に強くなるために要するこれらはすべて、人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びである。本書では、藤井聡太という才能、兄弟弟子との交流、師弟関係の源流ともいえる、著者・杉本昌隆の師匠・板谷進との師弟関係から、「真に学ぶこと」とは何かを明らかにする。

来週の講師は、著書「不死身の特公兵―軍神はなぜ上官に反抗したかー」が売上10万部を超えるベストセラーとなってい作家の鴻上尚史さんです。

未来授業 第3回 杉本昌隆 Vol. 1412

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  杉本昌隆 Vol. 1412のメイン画像

今週の講師は、プロ将棋棋士、杉本昌隆さんです。
杉本さんの段位は七段。弟子は史上最年少でプロ棋士となり、史上5人目の中学生棋士となっただけでなく、29連勝で将棋界の連勝記録を更新した藤井聡太六段。将棋界にもAIの指し手を取り入れる人が増えていますが、AIに頼ってばかりいると、自分で考えなくなってしまう。それは車にカーナビを導入すると道を覚えなくなってしまう事に似ているそうです。最後は自分で考えて決めることが大事。それは人生も同じ。 藤井少年がなぜ、強くなれたのか。その秘密を明かします。                                                                   
                                  
未来授業3時間目、テーマは『自分で考え抜く力を養う』

杉本昌隆(すぎもとまさたか)
1990年にプロ入りし、段位は7段。2001年第20回朝日オープン将棋選手権準優勝。2006年7段。2008年「NHK将棋講座」の講師を務める。本格派振り飛車党。 将棋の戦術書は15冊以上。藤井聡太の師匠としても知られる。
《新刊情報》 『弟子・藤井聡太の学び方』 杉本昌隆 著 発売中 PHP研究所/1,512円(税込)
「思考力」「集中力」「忍耐力」「想像力」「自立心」「平常心」… 将棋に強くなるために要するこれらはすべて、人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びである。本書では、藤井聡太という才能、兄弟弟子との交流、師弟関係の源流ともいえる、著者・杉本昌隆の師匠・板谷進との師弟関係から、「真に学ぶこと」とは何かを明らかにする。

未来授業 第2回 杉本昌隆 Vol. 1411

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  杉本昌隆 Vol. 1411のメイン画像

今週の講師は、プロ将棋棋士、杉本昌隆さんです。
杉本さんの段位は七段。弟子は史上最年少でプロ棋士となり、史上5人目の中学生棋士となっただけでなく、29連勝で将棋界の連勝記録を更新した藤井聡太六段。杉本さんが出会ったのは藤井少年が小学一年生の頃。既に類まれな才能を感じていたそうです。一見、冷静沈着なイメージの藤井六段ですが、将棋では野性味溢れる指し手が特徴。小学生の頃は負けると将棋盤を抱えて号泣していたそうです。涙の理由は何だったのか、少年の才能を開花させた理由も涙の奥に見出せそうです。

未来授業2時間目、テーマは『藤井少年、涙の理由(わけ)』  

杉本昌隆(すぎもとまさたか)
1990年にプロ入りし、段位は7段。2001年第20回朝日オープン将棋選手権準優勝。2006年7段。2008年「NHK将棋講座」の講師を務める。本格派振り飛車党。 将棋の戦術書は15冊以上。藤井聡太の師匠としても知られる。
《新刊情報》 『弟子・藤井聡太の学び方』 杉本昌隆 著 発売中 PHP研究所/1,512円(税込)
「思考力」「集中力」「忍耐力」「想像力」「自立心」「平常心」… 将棋に強くなるために要するこれらはすべて、人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びである。本書では、藤井聡太という才能、兄弟弟子との交流、師弟関係の源流ともいえる、著者・杉本昌隆の師匠・板谷進との師弟関係から、「真に学ぶこと」とは何かを明らかにする。

未来授業 第1回 杉本昌隆 Vol. 1410

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  杉本昌隆 Vol. 1410のメイン画像

今週の講師は、プロ将棋棋士、杉本昌隆さんです。
1990年にプロ入りし、段位は七段。30年近くにわたり、プロの将棋棋士として活躍しています。杉本七段の弟子は話題の高校生プロ棋士、藤井聡太六段です。2016年に史上最年少の14歳2か月でプロ入りし、史上5人目の中学生プロ棋士で、昨年は将棋界の連勝記録を更新する公式戦29連勝! 4月下旬から5月にかけては早くも昇段の可能性や今後のタイトル戦へのチャレンジにも注目が集まっています。そんな師匠と弟子の公式戦での対決が、今年3月、王将戦の予選で、早くも実現しました。
軍配が上がったのは弟子、藤井聡太六段。その時、師匠の本音は?そして杉本七段が長い間、悔やんでいた、自身の師匠との事についても語ります。

未来授業1時間目、テーマは『師弟対決と恩返し』

杉本昌隆(すぎもとまさたか)
1990年にプロ入りし、段位は7段。2001年第20回朝日オープン将棋選手権準優勝。2006年7段。2008年「NHK将棋講座」の講師を務める。本格派振り飛車党。 将棋の戦術書は15冊以上。藤井聡太の師匠としても知られる。
《新刊情報》 『弟子・藤井聡太の学び方』 杉本昌隆 著 発売中 PHP研究所/1,512円(税込)
「思考力」「集中力」「忍耐力」「想像力」「自立心」「平常心」… 将棋に強くなるために要するこれらはすべて、人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びである。本書では、藤井聡太という才能、兄弟弟子との交流、師弟関係の源流ともいえる、著者・杉本昌隆の師匠・板谷進との師弟関係から、「真に学ぶこと」とは何かを明らかにする。

未来授業 第4回 植木亜弓 Vol. 1409

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  植木亜弓 Vol. 1409のメイン画像

今週の講師は、音楽療法士、植木亜弓さんです。
音楽療法とは、音楽の力で心身の健康の回復や生活の質の向上をはかる手法。医療や福祉の現場でいま活用が広がっています。音楽療法士の仕事はその人自身でも気付かないような自身の中にある豊かで光輝くものを見出すAIにはできない仕事。

未来授業4時間目、テーマは『音楽療法士を目指す人へ』

音楽療法について詳しくは日本音楽療法学会のホームページもご覧ください。

植木 亜弓(うえき あゆみ)
幼児教育や高齢者の介護や福祉の仕事を通じて音楽の力強さや癒しの効果を知り、音楽療法の道を志す。東北労災病院緩和ケア内科、ホームホスピス「にじいろの家」、共生型施設「みんなのおうち太白だんだん」などで音楽療法士として活躍。   国際音楽療法専門学院講師。目指すはミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のマリアのような音楽療法士。

未来授業 第3回 植木亜弓 Vol. 1408

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  植木亜弓 Vol. 1408のメイン画像

今週の講師は、音楽療法士、植木亜弓さんです。
音楽療法とは、音楽の力で心身の健康の回復や生活の質の向上をはかる手法。医療や福祉の現場で活用が広がっていて音楽療法を「グリーフケア」の一環として応用した事例もあります。グリーフケアとは、大切な人を失った悲しみに寄り添い、サポートすること。

植木さんは東日本大震災の被災地、岩手県大槌町で、音楽療法士として活動されました。未来授業3時間目、テーマは『音楽療法とグリーフケア』

植木 亜弓(うえき あゆみ)
幼児教育や高齢者の介護や福祉の仕事を通じて音楽の力強さや癒しの効果を知り、音楽療法の道を志す。東北労災病院緩和ケア内科、ホームホスピス「にじいろの家」、共生型施設「みんなのおうち太白だんだん」などで音楽療法士として活躍。  国際音楽療法専門学院講師。目指すはミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のマリアのような音楽療法士。

未来授業 第2回 植木亜弓 Vol. 1407

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  植木亜弓 Vol. 1407のメイン画像

今週の講師は、音楽療法士、植木亜弓さん。
音楽療法は医療や福祉の現場で活用が広がっています。

未来授業2時間目、テーマは『音楽の“癒す力”』

音楽療法を用いた具体的な事例を伺います。脳梗塞の後遺症により言葉を話せなくなったことで、周囲からは認知症が進んでいると思われていた男性が、音楽を通して周囲が思うほど認知症が進んでいないと思える手がかりを見つけ、言葉を取り戻していく事例と余命数週間を宣告された20代女性の終末期の緩和ケアの事例をご紹介します。

植木 亜弓(うえき あゆみ)
幼児教育や高齢者の介護や福祉の仕事を通じて音楽の力強さや癒しの効果を知り、音楽療法の道を志す。東北労災病院緩和ケア内科、ホームホスピス「にじいろの家」、共生型施設「みんなのおうち太白だんだん」などで音楽療法士として活躍。国際音楽療法専門学院講師。目指すはミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のマリアのような音楽療法士。

未来授業 第1回 植木亜弓 Vol. 1406

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  植木亜弓 Vol. 1406のメイン画像

今週の講師は、音楽療法士、植木亜弓さんです。

音楽療法とは、音楽の力で心身の健康の回復や生活の質の向上をはかる手法。生前「日本音楽療法学会」の会長を務めたのが、聖路加国際病院の日野原重明さんです。終末期や認知症患者の症状の改善や病気の子どもたちの教育に、音楽療法を取り入れました。

植木さんは、幼児教育や心理学、福祉、人間学を学ぶ中で、音楽療法と出会い、音楽療法の経験を18年重ねてきました。医療や福祉の現場で活用が広がりつつある「音楽療法」とは、いったいどのようなものなのか。
今週は植木さんに「音楽療法とその可能性」について伺います。

未来授業1時間目、テーマは『音楽療法にできること』

植木 亜弓(うえき あゆみ)

幼児教育や高齢者の介護や福祉の仕事を通じて音楽の力強さや癒しの効果を知り、音楽療法の道を志す。東北労災病院緩和ケア内科、ホームホスピス「にじいろの家」、共生型施設「みんなのおうち太白だんだん」などで音楽療法士として活躍。国際音楽療法専門学院講師。目指すはミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のマリアのような音楽療法士。

未来授業 第4回 箕輪厚介 Vol. 1405

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  箕輪厚介 Vol. 1405のメイン画像

今週の講師は、「今、最も売れる本を作る」と言われる編集者、箕輪厚介(みのわ・こうすけ)さん。
幻冬社の社員でありながら、自らのオンラインサロンを運営して、さらには、自らの会社も経営して、様々な肩書きを横断しながら「未来の働き方」を実践しています。

様々な肩書きを横断しながら「未来の働き方」を実践する箕輪さんにとって、「なにかをやりたい」という気持ちはありません。あるのは、「やる」、のみです。

未来授業4時間目、テーマは、「やりたいとやるの違い」。

箕輪厚介(みのわこうすけ) 幻冬舎・編集者
2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として四年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼 創刊。2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹/『逆転の仕事論』堀江貴文。2015年7月に幻冬舎に入社。 「多動力」堀江貴文・でアマゾン総合ランキング1位を獲得。 他に「お金2.0」など。ニューズピックスブック創刊。オンラインサロン箕輪編集室主宰。

未来授業 第3回 箕輪厚介 Vol. 1404

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  箕輪厚介 Vol. 1404のメイン画像

今週の講師は、「今、最も売れる本を作る」と言われる編集者、箕輪厚介(みのわ・こうすけ)さん。
幻冬社の社員でありながら、自らのオンラインサロンを運営して、さらには、自らの会社も経営して、様々な肩書きを横断しながら「未来の働き方」を実践しています。

完璧なコンテンツを仕上げることが「編集1.0」だとしたら、完璧に仕上げたコンテンツを、「より多くの人に届ける仕掛けをデザインすること」が「編集2.0」だと箕輪さんは話します。

未来授業3時間目。テーマは、「納品主義とアップデート主義」

箕輪厚介(みのわこうすけ) 幻冬舎・編集者
2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として四年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼 創刊。2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹/『逆転の仕事論』堀江貴文。2015年7月に幻冬舎に入社。 「多動力」堀江貴文・でアマゾン総合ランキング1位を獲得。 他に「お金2.0」など。ニューズピックスブック創刊。オンラインサロン箕輪編集室主宰。

未来授業 第2回 箕輪厚介 Vol. 1403

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  箕輪厚介 Vol. 1403のメイン画像

今週の講師は、「今、最も売れる本を作る」と言われる編集者、箕輪厚介(みのわ・こうすけ)さん。
幻冬社の社員でありながら、自らのオンラインサロンを運営して、さらには、自らの会社も経営して、様々な肩書きを横断しながら「未来の働き方」を実践しています。

堀江貴文さんの『多動力』
落合陽一さんの『日本再興戦略』
佐藤航陽(さとう・かつあき)さんの『お金2.0』
編集者として仕掛ける本が次々とベストセラーになる箕輪さんにとって、「いいものを作ること」は、ゴールではなく、むしろ、スタートです。

未来授業2時間目。テーマは「コミュニティをデザインするチカラ」

箕輪厚介(みのわこうすけ) 幻冬舎・編集者
2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として四年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼 創刊。2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹/『逆転の仕事論』堀江貴文。2015年7月に幻冬舎に入社。 「多動力」堀江貴文・でアマゾン総合ランキング1位を獲得。 他に「お金2.0」など。ニューズピックスブック創刊。オンラインサロン箕輪編集室主宰。

未来授業 第1回 箕輪厚介 Vol. 1402

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  箕輪厚介 Vol. 1402のメイン画像

今週の講師は、「今、最も売れる本を作る」と言われる編集者、箕輪厚介(みのわ・こうすけ)さん。
幻冬社の社員でありながら、自らのオンラインサロンを運営して、さらには、自らの会社も経営して、様々な肩書きを横断しながら「未来の働き方」を実践しています。

そんな箕輪さんが、大学を卒業後、最初に就職したのは双葉社という出版社でした。編集者経験がまだほとんど無い時に、「大物」として知られる見城徹さんと堀江貴文さんの本を企画。多忙を極める二人を熱意で説得して作り上げた二冊はベストセラーになりました。

未来授業1時間目。テーマは「経験がないからこその強み」

箕輪厚介(みのわこうすけ) 幻冬舎・編集者
2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として四年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼 創刊。2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹/『逆転の仕事論』堀江貴文。2015年7月に幻冬舎に入社。 「多動力」堀江貴文・でアマゾン総合ランキング1位を獲得。 他に「お金2.0」など。ニューズピックスブック創刊。オンラインサロン箕輪編集室主宰。