陰山英男のヒューマン・ラボ
日本教育界の最前線で活躍する陰山英男が子どもの教育、日本の将来について、リアルな教育事情に迫ります。教育再生が求められている今、親はわが子に何をしてやれるのか?将来本当に必要な能力とは?
子どもたちがこれから健康に育っていくための環境への配慮など・・・様々な観点から「教育」を考えます。
番組登録方法
iTunesから番組登録
iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録出来ます。
RSS Podcasting
iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
Podcastを聴くには?
番組サイトへ
PODCAST一覧
TOKYO FM
 
2010年05月29日
陰山英男のヒューマン・ラボ Vol.87
良い先生は目がギョロギョロといろいろなところを見ている。例えば、手を挙げた子供達を指しながら、他の生徒のこともしっかりと注意をはらっていることが大切。教室の隅から隅までを見ている先生は良い先生と言えるだろう。例えば、授業を見に行って、この先生は終わりのチャイムを守れないと言うことに気付く。それは時計を見ていないから。生徒だけでなく、時計も見ながら、時間割を自分の中でしっかりと作っていることが先生には大切。また、授業について行けない生徒が何をしているか、注意している先生も良い先生と言える。こうして考えてみると、やはりいろいろなところに気遣うことが出来る先生、つまり視野の広い先生が良い先生と言える。
MP3 download 音声ファイルはこちらから
| 07:55 |

2010年05月22日
陰山英男のヒューマン・ラボ Vol.86
難問はハードルが高いから、多くの子供達がつまずく。裏を返せば、ハードルを越えられたら、難問も克服できる。難問は解き方を説明されて、1度解けるとホットしてしまう。学校で出来たことだが、家でいざやろうと思うと解けないことが多い。1度解けたことで、理解したという誤解が、難問を解けなくさせる原因につながる。どうすればよいか?何度も同じ問題を解かせる。1度出来た問題でも、何度もやることで理解することができる。難問は繰り返しやることで、解き方を覚える事が大切。
MP3 download 音声ファイルはこちらから
| 07:55 |

2010年05月15日
陰山英男のヒューマン・ラボ Vol.85
そもそも、計算力の弱い子供達に100マス、100回の計算をさせてしまうことが間違い。努力と根性でやっていくと、計算嫌いの子供達を作り出してしまう。100マスを5分以上かかってしまう子供達は1度やめて、10マス計算からやって欲しい。短時間で高速の計算をする脳を作り出すことが100マス計算の目的なので、極端に言えば、10マスが多いのであれば、5マス、過去には1マスでやったこともある。
子供達が素早くやること、それが大切。なので、子供達のレベルを理解して、今はどの程度なら素早く出来るかを見極めて欲しい。
MP3 download 音声ファイルはこちらから
| 07:55 |

2010年05月08日
陰山英男のヒューマン・ラボ Vol.84
算数の勉強をするのに、考えることが大切で、早くやる必要はない。という人が良くいる。論理数学の先進国ヨーロッパでも、最近は変わってきて、計算力を高める方法がとられている。計算を繰り返し、徹底して反復する方法をイギリスの進学校でもとられている。先日はインド人の方から、アバカスという塾がはやっているという事を聞いて、資料をもらったら「そろばん」だった。どの国も今は計算力を上げようとしている。
MP3 download 音声ファイルはこちらから
| 07:55 |

2010年05月01日
陰山英男のヒューマン・ラボ Vol.83
漢字前倒し学習の方法としては、まず陰山のプリントを用意してください。大体1年で覚えるのは200字。新しい漢字は読むことで出会わせる。どの様な漢字が出てくるかということを意識させます。正しい漢字をまねて隣に書いていく。何度も書くことでキレイな漢字を書くことができる。そして熟語も同時に覚えなければならない。一文字一文字は覚えているが、熟語になると読めなく、書けなくなる。それをなくすことも重要。
MP3 download 音声ファイルはこちらから
| 07:55 |

パーソナリティ
陰山英男
Hideo Kageyama
プロフィール
*陰山英男 (かげやま ひでお) 1958年、兵庫県出身。
89年に兵庫県朝来郡朝来町立山口小学校に赴任。「読み・書き・計算」の徹底した反復学習、「早寝早起き朝ご飯」を二本柱に、基礎学力の向上を図る「陰山メソッド」を確立。 同校出身者の国公立大学進学率が類を見ない高さだっため、教育実践がメディアで紹介されるようになる。2003年、全国公募により、広島県尾道市立土堂小学校校長に就任。
06年4月より立命館小学校副校長・立命館大学教育開発支援センター教授を、08年4月からは立命館小学校副校長・教育開発推進機構教授を務める。
小学館の通信添削学習『ドラゼミ』総監修者。著作・共著多数。 文部科学省・中央教育審議会教育課程部会委員/安倍前首相の諮問機関「教育再生会議」有識者委員/大阪府教育委員会教育委員
陰山英男 Official WebSite http://kageyamahideo.com/
メッセージフォームへ
百ます計算に挑戦!
■やり方 ■答え合わせ
漢字ドリルに挑戦!
■やり方 ■答え合わせ
バックナンバー
2012年03月 (5)
2012年02月 (4)
2012年01月 (4)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (4)
2011年09月 (4)
2011年08月 (4)
2011年07月 (5)
2011年06月 (4)
2011年05月 (4)
2011年04月 (5)
2011年03月 (3)
2011年02月 (4)
2011年01月 (5)
2010年12月 (4)
2010年11月 (4)
2010年10月 (5)
2010年09月 (4)
2010年08月 (4)
2010年07月 (5)
2010年06月 (4)
2010年05月 (5)
2010年04月 (4)
2010年03月 (4)
2010年02月 (4)
2010年01月 (5)
2009年12月 (4)
2009年11月 (4)
2009年10月 (5)
2009年09月 (4)
2009年08月 (5)
2009年07月 (4)
2009年06月 (4)
2009年05月 (5)
2009年04月 (4)
2009年03月 (4)
2009年02月 (4)
2009年01月 (5)
2008年12月 (4)
2008年11月 (5)
2008年10月 (5)
最新記事
陰山英男のヒューマン・ラボ ...
陰山英男のヒューマン・ラボ ...
陰山英男のヒューマン・ラボ ...
陰山英男のヒューマン・ラボ ...
陰山英男のヒューマン・ラボ ...
陰山英男のヒューマン・ラボ ...
陰山英男のヒューマン・ラボ ...
陰山英男のヒューマン・ラボ ...
陰山英男のヒューマン・ラボ ...
陰山英男のヒューマン・ラボ ...