ききみみ名作文庫
不朽の名作文学を日本を代表する俳優・女優が朗読でお送りします。移動中でも文学を「聴ける」コンテンツです。教科書に載っていた!名前は聞いたことがある!けれども、どんな作品だったかな・・・。名作文学をセレクトしてお届けいたします。通勤通学で、ご自宅で、気軽に文学に親しめる硬派なコンテンツ。文章が苦手な方も朗読から文学に触れてみてください!文学好きな方も一流の朗読で作品の新たな発見をしてください!

過去のバックナンバーはCDBOXとしてご購入いただけます。詳しくはPrivate Bankのサイトをご覧ください。アドレスはhttp://www.privatebank.jp/です。
番組登録方法
iTunesから番組登録
iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録出来ます。
RSS Podcasting
iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
Podcastを聴くには?
番組サイトへ
PODCAST一覧
TOKYO FM
ききみみ名作文庫CD-BOXはPrivatebank.jp でお買い求めいただけます。
2007年12月11日
ききみみ名作文庫 CD-BOX 発売のお知らせ
ききみみ名作文庫 CD-BOX 発売のお知らせ


「ききみみ名作文庫」がCDになりました!

古谷一行、三上博史、小川真由美、窪塚俊介など豪華俳優陣が、日本を代表する作家たちの名作を感情豊かに朗読。


詳しくは “こちらのページ” をご覧ください。
MP3 download 音声ファイルはこちらから
| 12:00 |

2007年11月20日
森鴎外『高瀬舟』 朗読:金田賢一
「高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である」。
あるとき高瀬舟で護送の任を担った同心が、いつもとは違う雰囲気を持った罪人に興味を引かれます。その罪人の額は晴れやかで、目にはかすかな輝きがあったのです。
生まれながらの極貧の生活を強いられながらも、欲心のない喜助。人助けの気持ちから弟の自害に手を貸してしまい、殺しの罪を負ってしまいます。この作品では人間の欲望ということと、現代でも大きな問題となっている安楽死の問題を取り上げています。
金田賢一の朗読は、同心と罪人のゆるやかなテンポで交わされる会話を、まるで船上に居合わせたが如く、味わい深く聴かせてくれます。

(当作品の配信は終了いたしました。CD BOXにてお楽しみください。詳しくはこちらをご覧ください。
| 10:00 |

2007年11月06日
梶井基次郎『路上』 朗読:横内正
「傾斜についている路はもう一層柔かであった。しかし自分は引き返そうとも、立留って考えようともしなかった。危ぶみながら下りてゆく。」
作者は雨上がりのぬかるんだ斜面を危険を冒しながら下っていく自分の心情を冷静に分析しようと試みます。
何故好きこのんで泥んこになり意地を張って下りて行くのか、崖の下では危険が待ち受けているかもしれないのに。しかも誰もみていないのがもの足りない。作家の歩む道とはこんな茨の道なのだ、あるいは作家なんて
こんなものなのだ、といっているような気がします。
気まぐれな作家の独白を語る横内正の朗読はベテランならではの味わいが感じられます。

(当作品の配信は終了いたしました。CD BOXにてお楽しみください。詳しくはこちらをご覧ください。
| 10:00 |

2007年10月16日
芥川龍之介『秋』 朗読:小川真由美
女子大学にいた時から、才媛の名声を担い、誰もが文壇に打って出ると思っていた信子。また、彼女は従兄で作家を目指していた
俊吉と気が合い、親しくしていました。ところが、信子は学校を卒業すると同時に高商出身の青年と突然見合結婚してしまいます。この時代の女として仕方のないことのように思えますが、結婚後、創作活動に理解のない夫に違和感を覚えます。そして、妹の主人となってしまった俊吉に再会。自らが世話をして結婚させたはずなのに、今では幸せそうな妹に嫉妬します。
小川眞由美の朗読は信子の性格を歯切れよく伝え、微妙な心の移ろいを、秋という季節に巧みに絡ませて語ります。

(当作品の配信は終了いたしました。CD BOXにてお楽しみください。詳しくはこちらをご覧ください。
| 10:00 |

2007年10月02日
森鴎外『木精』 朗読:金田賢一
「フランツはいつもここへ来てハルロオと呼ぶ。暫くすると、大きい鈍いコントルバスのような声でハルロオと答える。これが木精である。」
いつも谷川にいって当たり前のように木精を楽しんでいた少年が、
大きくなってしばらく振りで谷川を訪れて呼びかけるが、答えがありません。しかし、同じ日の夕方再び出かけてみると、小さい子供たちの呼びかけに木精は答えているのです。
成長とともに失われるもののあることを知る少年の戸惑いと哀しみ。そしてそれを受け入れる少年の純粋さ。金田賢一の素直な朗読が少年の心の移ろいを見事に表現しています。

(当作品の配信は終了いたしました。CD BOXにてお楽しみください。詳しくはこちらをご覧ください。
| 10:00 |

バックナンバー
2007年12月 (1)
2007年11月 (2)
2007年10月 (2)
2007年09月 (2)
2007年08月 (2)
2007年07月 (2)
2007年06月 (2)
2007年05月 (2)
2007年04月 (2)
2007年03月 (2)
2007年02月 (2)
2007年01月 (2)
2006年12月 (2)
2006年11月 (2)
2006年10月 (2)
2006年09月 (1)
最新記事
ききみみ名作文庫 CD-BO...
森鴎外『高瀬舟』 朗読:金田...
梶井基次郎『路上』 朗読:横...
芥川龍之介『秋』 朗読:小川...
森鴎外『木精』 朗読:金田賢...
森鴎外『杯』 朗読:金田賢一...
芥川龍之介『雛』 朗読:小川...
菊池寛『恩讐の彼方に』後編 ...
菊池寛『恩讐の彼方に』前編 ...
林芙美子『幸福の彼方』 朗読...