#26 奇才!立川吉笑さんによるお金にまつわる創作落語「クレーム」をネタおろし!新たな紙幣を作るために会議を行うものの、様々な角度からクレームの恐れが…

 Podcast

 ダウンロードはこちら

#26 奇才!立川吉笑さんによるお金にまつわる創作落語「クレーム」をネタおろし!新たな紙幣を作るために会議を行うものの、様々な角度からクレームの恐れが…のメイン画像

人気二つ目!奇才の落語家 立川吉笑さんによるお金にまつわる創作落語!「クレーム」がネタおろし!
舞台は市場を活性化するための新紙幣プロジェクトの会議の場。新しい1万円札のデザインに苦戦するプロジェクトチーム…一億総クレーマーのこの時代、誰の肖像画を使用すれば国民からクレームが来ないのか!?

◆立川吉笑
2010年11月、立川談笑に入門。
わずか1年5ヵ月のスピードで二ツ目に昇進。
「立川流は〈前代未聞メーカー〉であるべき」をモットーに、気鋭の若手学者他をゲストに迎えた『吉笑ゼミ』の主宰や、初の単著『現在落語論』(毎日新聞出版)の刊行、全国ツアーを開催するなど、業界内外の注目を集める。

◆公式ホームページ
http://tatekawakisshou.com/

◆立川吉笑 twitter
https://twitter.com/tatekawakisshou

#26 奇才!立川吉笑さんによるお金にまつわる創作落語「クレーム」をネタおろし!新たな紙幣を作るために会議を行うものの、様々な角度からクレームの恐れが…のサブ画像1

#25 女流落語家 春風亭 ぴっかり☆さんによるお金にまつわる創作落語!「ニーサン」がネタおろし!道具屋を廃業した与太郎が投資の賢い知恵「NISA」を学ぶものの…

#25 女流落語家 春風亭 ぴっかり☆さんによるお金にまつわる創作落語!「ニーサン」がネタおろし!道具屋を廃業した与太郎が投資の賢い知恵「NISA」を学ぶものの…のメイン画像

人気二つ目!女流落語家 春風亭 ぴっかり☆さんによるお金にまつわる創作落語!
「ニーサン」がネタおろし!道具屋を廃業した与太郎…。すっかり働かなくってしまうが、
「お金に働いてもらう」という妙の事を言い出す。なんでも投資に関する賢い知恵「NISA」を勉強したものの、
与太郎の大きなミスとは!?
※春風亭ぴっかり☆さんのPodcast配信期間は10月16日12:00で終了しました。

◆◆春風亭ぴっかり☆
女流落語の歴史を変える?とも噂される若手噺家の二つ目ホープ。
「大人AKBオーディション」最終選考進出で話題を呼ぶなど、
落語、女優などマルチに活躍!上手い!可愛い!華がある!と三拍子そろった落語界のプリンセス!

◆春風亭ぴっかり☆ オフィシャルブログ
http://pikkari.club/

#25 女流落語家 春風亭 ぴっかり☆さんによるお金にまつわる創作落語!「ニーサン」がネタおろし!道具屋を廃業した与太郎が投資の賢い知恵「NISA」を学ぶものの…のサブ画像1

#24 人気二つ目!春風亭昇々さんによる創作落語!「米屋騒動」がネタおろし!まだ通貨が存在しなかった時代、ならず者の米屋から始まる騒動とは…?

 Podcast

 ダウンロードはこちら

#24 人気二つ目!春風亭昇々さんによる創作落語!「米屋騒動」がネタおろし!まだ通貨が存在しなかった時代、ならず者の米屋から始まる騒動とは…?のメイン画像

人気二つ目!春風亭昇々さんによる創作落語!「米屋騒動」がネタおろし!
まだ通貨という物が存在しなかった時代のお話。
ならず者の米屋が物々交換をスタート!まだ物の価値が決まっていない時代ですから、
その物の価値はいい値で決まります。そんな町がどうなったのか?乞うご期待。
そして、投資のネタ帳では江戸時代のお金のしくみをご紹介していきます。

◆春風亭昇々
生年月日:昭和59年11月26日
千葉県出身
平成19年4月 春風亭昇太入門 前座名「昇々」
平成23年4月 二ツ目昇進
平成28年NHK新人落語大賞決勝進出
平成28年第二回渋谷らくご大賞

◆落語芸術協会
https://www.geikyo.com/profile/profile_detail.php?id=27

◆立川談笑公式Twitter
https://twitter.com/danshou

#24 人気二つ目!春風亭昇々さんによる創作落語!「米屋騒動」がネタおろし!まだ通貨が存在しなかった時代、ならず者の米屋から始まる騒動とは…?のサブ画像1

#23 真打ち 立川談笑による、お金にまつわる古典落語「千両みかん」。時期外れのみかんを探しに呉服屋の番頭が命がけで江戸の町を駆け巡る!

 Podcast

 ダウンロードはこちら

#23 真打ち 立川談笑による、お金にまつわる古典落語「千両みかん」。時期外れのみかんを探しに呉服屋の番頭が命がけで江戸の町を駆け巡る!のメイン画像

真打ち 立川談笑による、お金にまつわる古典落語「千両みかん」。
江戸時代、みかんは冬場だけの果物。にも関わらず、呉服屋の若旦那が真夏にみかんが食べたくなり体調不良を起こしてしまった。番頭は時期外れのみかんを探すため江戸を駆け回るが、やっと見つかった、みかん1個の値段は!?
そして、今回はファイナンシャルプランナー長谷部真奈見さんが登場。「株価」と「季節」の関係について学んでいきます。

◆立川談笑
1993年 立川談志に入門。2005年 真打昇進
ドキドキワクワクするような、先鋭でスリリングな爆笑落語を標榜する。
ジャンルは古典から改作、新作まで。古典落語に現代の息吹を吹き込む、
意欲的で明るい高座は落語好きは…もちろん、
落語になじみのない若年層の支持も集めている。

◆公式ホームページ
http://danshou.jp/

◆立川談笑 twitter
https://twitter.com/danshou

#23 真打ち 立川談笑による、お金にまつわる古典落語「千両みかん」。時期外れのみかんを探しに呉服屋の番頭が命がけで江戸の町を駆け巡る!のサブ画像1