TALK SESSION

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

今週はRYO-Z、ILMARI、SUの3人でお送りするSHOCK THE RADIO!

RYO-Z 今日はこの3人で軽快に行こうかなと。

ILMARI はい!

RYO-Z まずは…

SU ヘックション!

RYO-Z 何だ!?来たか来たてないのか?

ILMARI いきなり何なの…(笑)。



♪ はじまりはQ(9)CUE / SPECIAL OTHERS & RIP SLYME

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z 我々の2016年から続いた「DANCE FLOOR MASSIVE V」のツアーも2月26日の沖縄にて無事終了ということで。

ILMARI・SU はい。

RYO-Z 今回はこんなテーマでツアーを振り返っていきましょう!

「SHOCK THE NEWS RANKING」!!

RYO-Z 長きに渡ったツアーの中で、「アレはマジでヤバかった!」「マジで泣けたっす!」というのをフリースタイル具合で紹介していきたいと。自分の中のランキング1位のニュースをお互い発表して、改めて今回のツアーを振り返っていきたいと思います!

ILMARI・SU はい。

RYO-Z 内容は「ライブ中」「楽屋」「移動中」など、何でも構いません!とにかくツアー中“一番ヤバい”というランキング1位の曲を発表してください!

ILMARI なるほど!

RYO-Z 覚えてますか?

ILMARI いろんな事あったっすね~。

SU そう…うん。

RYO-Z 参考までに、「DANCE FLOOR MASSIVE V」は去年の10月6日の横浜ベイホールからスタート。11月までに21公演を回り、12月に「CHRISTMAS TRIP」5公演をはさみ、今年に入って15公演と。RIP SLYME最長のツアーでいろいろ無いわけがないと。
それじゃあSHOCK THE NEWS RANKING、まずはILMARIのニュース1位を発表していきましょう!どうぞ!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

ILMARI 「初めての桂浜」

RYO-Z おお~!

SU 高知県だね~!

ILMARI 高知県自体初めて行きました。いろいろ全国行ったんですけど中でも、朝早起きして、散歩でホテルから桂浜まで7kmくらいSUさんとウチのマネージャーと。

SU せやねんな~。

ILMARI 天気も良かったし、まず清々しい1日だったんですよ!桂浜は坂本龍馬でしょ。浜がホントキレイだったね。あそこで龍馬は秘密のミーティングをしていたわけでしょ。

SU 酒を飲みながらね。

ILMARI それも良かった。

RYO-Z ロマンに想いを馳せたわけですね。

ILMARI あそこ、しばらく座っちゃいますもんね。それで僕、犬が大好きなんですよ。土佐犬なんですよ高知は。

RYO-Z ほう。

ILMARI (土佐犬の)横綱に会えるということで。普通は、柵の外からしか見ることができないんだけど、バイトしていた子が「あっ!RIP SLYMEさんじゃないですか!」ってなって。

RYO-Z VIP待遇だ!

ILMARI 土佐犬の横に立ったりとか、子犬を触らせてもらったりとか。犬好きの僕としてはすごく良い思い出ができた。

RYO-Z なるほど。他の土地はたいしたことなかったと…(笑)。

ILMARI あとの土地もすごい良かった!俺も一番最初に良かったし、話してて「みんな興味無いな~」ってわかってた!「俺も全然面白くない事言ってんな~」って思ってた!

SU わかってた!?

RYO-Z (笑)!!!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

SU でも、俺は一緒に行ってたから。いつもマネージャーさんとお散歩してるんだけど、すぐにタクシー拾ったの!

RYO-Z うわ~散歩欲無い!(笑)

SU でも、また降りて散歩して。

ILMARI タクシーの運転手さん良かったよね。龍馬のマネとかしてくれるの?

RYO-Z え!?

SU すごかった!オバちゃんなんだけど…けっこう激しい高知の口調で。

RYO-Z それは聴いてんみたいな~!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

ILMARI 俺が覚えてたら今できるんだけど、覚えてないからな。

RYO-Z 覚えてないし、そもそも龍馬のマネなんかできないでしょ!って話。

ILMARI 想像でモノマネっていうね。

RYO-Z 関根勤さんの歴史上の人物のモノマネみたいな。それと一緒でしょ!(笑)

ILMARI そうそう、「多分、このくらいキツイ口調だったかな~」って感じで。

RYO-Z とにかく、高知の桂浜が1位と!

ILMARI はい!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z 続いてのSHOCK THE NEWS RANKINGの1位は誰のにしようかな…!

SU はいはーい!

RYO-Z SUくんの第1位は…!

SU 「ドランク・ドンキ」

RYO-Z ドランク・ドンキ?どういった事でしょうか?

SU ツアーの最初のほうでウチのマネージャーがいろいろ用意する物があると、その後髭剃りとか。それでライブ終わった後にゴハン食べに行きます。で、(お酒を)飲んでるじゃないですか。

RYO-Z はいはい。

SU その後、飲んでる状態でドンキ(ドン・キホーテ)に行くっていうのがありとあらゆる地方で。いろんなドンキに行ったんですよ。それこそ高知のドンキどか。「ここのドンキはこうだ」って。

ILMARI 違いはあるんですか?

SU どこ行っても一緒でした。

RYO-Z・ILMARI (笑)。

ILMARI 「だろうな~。」と思った!だから今、俺が振らなきゃって!

RYO-Z どこも一緒なの?

SU 一緒なの。しかもお酒飲んで酔っ払ってるから、どこ行っても気に入る物、欲しがる物が一緒。芳香剤とか香水とか。
その途中でネックレス買ったり、ピアス買ったり…90’sっぽい。

RYO-Z はいはい。

ILMARI いろいろありましたね楽屋に。ドン・キホーテで買ってきたんだろうなって物が。

SU だから…たまにPESも一緒に行くんだけど、「そろそろドンキもスポンサーしてくれねえかな」って。

RYO-Z こんだけ利用してるなら。こんだけ利用しているアーティストもいねえだろと。

SU 多分、いないんじゃないかな。利用する人はいると思うけど。俺達、黒と黄がチームカラーみたいになってきてるからね。

ILMARI 俺はそんな事思ってないよ(笑)。

RYO-Z 僕らは行ってないし!

SU もう一つは、「岩盤浴」。さっきの桂浜も…。

RYO-Z ごめんさない。1位を発表してください。

SU うん、でもワンセットになってるから。ドンキと岩盤浴、起きたらウォーキング。

RYO-Z なるほど、それがみんなとは違う行動形態なんですね。

ILMARI でも健康的。いや期待が高まってきたね…(RYO-Zの)1位。俺達はたいした話できなかったから(笑)。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z でもそのドンキのエピソードで…このツアーのシンボリックとして「POLO SPORTS」っていうのがあるんだけど。そこでゲットしたわけでしょ。

SU ああ、そうだね。

RYO-Z 一番最初からPOLO SPORTS付けてないでしょ。

SU うん。

RYO-Z このツアーの裏テーマとして“90’s”っていうのがあって。「90’sをどうかましていくか」っていうのにドンキで気付いた?

SU そう。

RYO-Z 「POLO SPORTS」っていう僕らが90年代に付けてた香水があって、それをずっと纏ってステージに出るっていう。それをドンキで掘れたっていうのは…!

SU そう。だからアレどこだったっけな~?

RYO-Z ツアーの匂いって観点からすると。ツアーの匂いはPOLO SPORTSだもん!

SU 人はやっぱり嗅覚で覚えてるからね。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

ILMARI これでしばらくPOLO SPORTSを付けなくなるわけじゃん。で、次に嗅いだ時に「ツアー懐かしいな」って思うわけじゃん!

SU 絶対そうだよ!

RYO-Z そう言った事だと大きいですよね。では次は僕がいきたいところなんですが、ここで1曲かけたいと思います。それでどうします?珍しく2人が来てるから。

SU ツアー中にやって印象的だったのは、やっぱり最初の『What’s Up ? ? How’re You Doin’ ?』

RYO-Z あ~!

ILMARI もうやんないかな…?

RYO-Z なかなかね。オンエアする事も無いだろうし、ライブでもなかなか観られないって意味を込めていきますか。



♪ What’s Up ? ~ How’re You Doin’ ? / RIP SLYME

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z まぁというわけで僕になるんですね…!

SU ウィース。

ILMARI 何だろう!

RYO-Z SHOCK THE NEWS RANKING!!、RYO-Zの第1位は…!「ツアーバス」!!

ILMARI ツアーバス…!

RYO-Z ツアーバスですよ!これデカかったでしょ!前半の行ける所はほとんど車で行こうと。そんな移動行程やった事無いですよ!

SU そうだね。

RYO-Z 駆け出しの頃にやっとかなきゃいけなかった。

SU 自分達で運転してね…。

RYO-Z そうそう。バンドだったらそうやったやってるじゃん、バンドワゴンで。僕らの場合は運転手さんが付いた僕ら専用のバス!しかも外装もちゃんと「RIP号」的な感じでペインティングされて、オシャレな感じで。あれで回った数々の土地達。ツアーの思い出の何割かは車内…(笑)。

SU 3週間ね。

ILMARI ライブ終わってそのまま次の土地に移動してって感じだったもんね。

RYO-Z そうだね。でも一番移動行程的にすごかったのは“3週間”でした。

ILMARI 3週間出ずっぱ。

RYO-Z 11月10日に出発して、12月1日に帰ってくるっていう。これはけっこう来たんじゃないですか!?

ILMARI 若者がやる事だよね。ただやってなかったからできて良かった。

RYO-Z 楽しかったよ。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

ILMARI 2席ずつ貰えてたじゃん。

RYO-Z 俺達はね。あとのスタッフは1席だったから。

ILMARI アレを横になって、膝抱えて小っちゃくなって寝るっていう。

RYO-Z ちなみに俺の座ってた席は横になればフルフラットも可だったよ。

ILMARI ウソ!!?

RYO-Z ドアの所だったから、補助席も出せば足伸ばせたよ。

SU 窓際から、次の席、補助席、ドア。

ILMARI 要注意だな…これから車の座る場所は…RYO-Zくん!

RYO-Z 「良い所取った~!」って思ったもん(笑)。

ILMARI 俺達そういう時にボーっとしてるんだろうな。SUさん、タイヤの上だもんね。

SU うん。膝ちょっと上がってるもん。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z 狭い(笑)!映画とか全然観れないでしょ!

ILMARI 映画も遠くて字幕が全然読めないんだもん!

SU 映画も字幕にするか日本語吹き替えにするかでちょっと揉めたじゃん。

RYO-Z うんうん。

SU 見えないから、日本語じゃないと…!

RYO-Z 音声でね。俺、超観てたわ~。

ILMARI 一本も覚えてないもん。

RYO-Z 『ROOM』も観たでしょ、『レヴェナント: 蘇えりし者』も。あとヒップホップのドキュメンタリーとかも。スゲー面白かったし。

ILMARI 中途半端に絵が入ってきちゃうから観れてないけど、話わかっちゃうし。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

SU そんな事もあるかと思ってさ、ポケットWiFi加入したらさ、全然使えねえの。

RYO-Z (笑)!!

ILMARI あれスマホだと一回パスワード覚えたら拾っちゃうの!「ジャマ!」って思って…。

RYO-Z 接続したら遅くなるからねSUさんのWi-Fi(笑)。ほら盛り上がった…!

SU そうだね。

RYO-Z 今回のツアーの大きい部分を占めたトピックスだったと。

SU もう1回やりたいですね。

RYO-Z 思い出ですよ。その土地行くまで。車で実際に距離を走って行くと実感がハンパじゃない。「やっと着いた~!」って。そういう濃い所もあったんじゃないかなって思います。ツアーに来てくれたみなさん…!

3人 ありがとうございました!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

「DANCE FLOOR MASSIVE V」を振り返った「SHOCK THE NEWS RANKING」!
リスナーの皆さん、いかがだったでしょうか?

RYO-Z ツアー色々ありましたよね。もっと振り返るべき事があったと思うんですが…。

ILMARI でも初めての所回ったよね。

RYO-Z ホントそれですよね。

ILMARI あとコンパクトな会場回ったじゃないですか。それも良い経験になったっす。

RYO-Z まさに裏テーマの“90’s”。僕らが90年代に都内のライブハウスでやっていたサイズ感で、そういう距離感でできた楽しいツアーでした!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

64 / 105
  • +ALL VIEW SESSION

SHOCK THE RADIO SNS AND GOODS

TALK SESSION

MAIL FORM