TALK SESSION

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

今週のSHOCK THE RADIOはRYO-ZとPESの二人でお届け!

RYO-Z 我々、最近(RYO-ZとDJ FUMIYAによる)プロデュースチーム、オシャレ・トラック・ファクトリー(O.T.F)が5年ぶりの再始動で。

PES 懐かしいですよね。

RYO-Z 懐かしいですね。特にHALCALIちゃんなんかのプロデュースをしていたんですけど、今回PESくんとNamiちゃんも迎えて、『コノ音コネクション』という作品を作りましたね。

PES はいはい。

RYO-Z これはNHK Eテレ「ねこねこ日本史」というアニメのテーマ曲になってもう放送されているんですけど。

NHKアニメワールド 『ねこねこ日本史』【 コチラ 】

PES 5年ぶりなんですね。5年前って何ですか?最後の…。

RYO-Z HALCALIをやっていましたね。

PES まあアレですよね。やってるようでやっていなかった。

RYO-Z そうなんですよね。お話を頂いた時に”O.T.Fでやるのがふさわしいんじゃないか”となりまして。

PES まぁそろそろやったほうがいいですよね。

RYO-Z そうですね。

PES 僕もソロをやりたいと思ってあっという間に5年過ぎましたからね。

RYO-Z あ〜そういう事もありますよね。

PES やっぱりやれる時にこちらから。忘れてないよO.T.Fと。

RYO-Z たまにはね。アスタラビスタもやんなきゃいけないな、TERIYAKI BOYZもやんなきゃいけないなと思いますね(笑)。

PES 僕もまぁ…乗っかった系ですね。

RYO-Z いやいや来て頂いて。

PES カッコイイ、オープンカーが走ってたから乗っかった系で。

RYO-Z いやいやそれはそれは…!こちらがウェルカムでやっておりますから。

PES  Namiちゃん、宮原永海さんっていういつもRIP SLYMEのライブにも出て頂いてる…。

RYO-Z そうですね、コーラスをいつも手伝ってもらっている第6のメンバーと言っても過言ではないという。

PES ほとんど主力の製作陣じゃないですかね(笑)。

RYO-Z そうですね(笑)。

PES …が、子どものために”こんなカワイイ曲を作れたらな”ということで。

RYO-Z はい。そしてO.T.Fとして復活させて頂いたということで。ぜひ皆さんチェックして頂きたいなと思います!



♪ はじまりはQ(9)CUE / SPECIAL OTHERS & RIP SLYME

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z 今日は僕達2人でゆっくりのんびり…。まずはメールのほうを紹介していこうかな〜と。

PES RYO-Zくんゆっくりになりましたね(笑)。


RN 小太郎さん
PESさんに憧れて今年はサーフィンを始めてみようかなと思っています。
ただ周りに仲間もいないので、何から始めてみたらいいのかわからないのと、実際に海に行ってみるといわゆる”ローカルのパイセン”が強かったりとか、その土地のルールなんかを知らないといけないような気がしていて、いまいち足踏みをしている感じです(泣)。
そんな僕にアドバイス貰えますか。


PES …という事なんですけど。確かにローカルのルールだったり、一番そこの海を大事にされている方々のスポーツであったりするので。

RYO-Z うんうん。この辺興味ありますね。なかなか知らない事なので。

PES まぁ…”常連”的な事ですよね。

RYO-Z ああ!地元の飲み屋の常連さんみたいな…!

PES そこを蔑ろにして…。

RYO-Z 騒いだりしちゃダメよって事ですよね。

PES …って思うじゃないですか。だからそこの方々に対するリスペクトを大事にして。僕なんかはローカルの方々、各地でよくしてもらってて、友達や先輩方もいるんですけど…。まぁいろんな考え方がありますから。僕は結構、人のいない所を。日本も海に囲まれているのでいわゆる”サーフスポット”みたいな所だったりすると混んでたり。そこは良い波が来るので常連さんがいたり…。美味しいお酒が出るお店と一緒ですよね。

RYO-Z そういう事ですね。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

PES 人気のお店なのでそこに行くのもいいですけど、のんびり人のいない所を探して

RYO-Z ”自分のペースで飲みたい”みたいな。

PES そうですね。あとは逆にローカルの方と仲良くなっていくというのが大事なんじゃないですかね。

RYO-Z やっぱり時間帯とかもあるんですか?

PES 良い波が来る時間帯の時は人もいますし、ビジターもたくさんいますから。何て言うんでしょうね。「今日、どこへ行こうか?」ってなると波情報ってものがあるんですけど、良いポイントが付いてる場所には集まりますから。

RYO-Z なるほど。

PES 少し外したりとか。良い波が来てるからといって自分も乗れるとは限らないですから。だったら、そこそこの波の所で死ぬほど練習したほうが上手くなるんじゃないですか?

RYO-Z サーフィン自体がね。

PES 人が全くいない所は危ないので、逆に怒られちゃう。

RYO-Z それはそれでキケンなお店かもしれないと。

PES そうですね(笑)。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z アタクシ、ものすごい売れっ子のお店とか、いつも混んでるようなお店に行く時のコツがあるんですけど。

PES はい。

RYO-Z 『開店と同時に行く』ですね。開店と同時に混むことは無いので。

PES それ全く波が良い時と一緒ですね。日が昇るちょっと前くらい、明るんできた時に入るとローカルの方、ビジターの方、人が少ないですから。ちょっとサーフィンさせてもらってズレたりという事もありますね。

RYO-Z はいはい。

PES 一緒ですね!

RYO-Z 一緒ですね(笑)。

PES サーフィンと飲み屋は一緒!

RYO-Z 奇妙なリンクを感じますね!”飲む”と”乗る”!

PES なんにせよ、周りの人に気を遣っていく事が大事だと思います。くれぐれも気を付けて。

RYO-Z 飲むなら乗るな、飲んだら乗るなですね。

PES はい。

RYO-Z サーフィンの話題だったので、サーフィンらしい1曲を選んで頂きましょうか。ノリノリな。

PES じゃあどこでやっても自由なので…!『Free』ドノヴァン・フランケンレイター(Donavon Frankenreiter)先輩で。



♪ Free / Donavon Frankenreiter

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z もう1枚メール行こうかな。


RN taka
RIP SLYMEの皆さん、いつも楽しく聴いています。
自分も春から社会人。カッコイイ大人になるために、本に映画にいろんなカルチャーに触れていきたいと思っております。
そこで、「これを観ればRIP SLYMEになれる映画」とか「これを観ればRIP SLYMEになれる本」などありましたら教えてほしいです!


PES 本とか映画っていったらRYO-Zくんでしょ。

RYO-Z まあね。漫画から小説大好きですし、映画も観てるんですけど。その中で最近…アレ最高だったな、『ラ・ラ・ランド』

PES あ〜良かったっすよね。

RYO-Z スゲェイイよ!

PES 『ラ・ラ・ランド』、俺スゲェ良かったんですけど逆の意見の方もいたりとかで。

RYO-Z いろいろあるみたいだね。僕はすごい良かった!素晴らしいエンターテイメントだし。

PES だから『レ・ミゼラブル』みたいなミュージカル映画ではないじゃない。

RYO-Z はいはい。

PES ライフスタイルの映画をミュージカルでやっていて、そこがすごいグッと来る良いトコ。

RYO-Z 良いトコなの。すごく壮大なエンターテイメントと一緒。僕はたまらなく好きなんですけどそれはちょっと置いておいて。

PES あっ置いておくのね。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z RIP SLYMEらしさで1本パッと思い付いたのは…。一度、これRIP SLYMEのメンバーで観に行ったなっていう20年も前の…『トレインスポッティング』

PES はいはい。

RYO-Z 今、続編だね『T2 トレインスポッティング』それから20年後の世界の。もう公開されてるけど、これは本当に観に行きたい!

PES うん。

RYO-Z 今すぐ観に行きたいんですが、アタクシまだ観れてないんですけど。とにかくその最初の1本目となる『トレインスポッティング』。これはみんなで、RIPで打ち合わせしてそのまんまのノリで行って。当時、FUMIYAはいなかったけど俺、イル(ILMARI)、PESの3人かな。当時DJのショーちゃん(DJ SHOJI)とかと一緒に渋谷の単館上映なさってたんだけど8ヶ月くらいのロングランだったらしいよ。

PES へぇ〜。あの当時のグダグダ感。20歳くらいのさ、グダグダ感に毎日によくこんなに起伏を加えたなっていう。

RYO-Z そうだよね!ヒドイ若者達の話なんだよね。最悪だよっていう、どうしようもないユルユルだしグダグダだし。そういうバカ者というか若者というか。

PES それを「こんなにドラマチックに考えるか!」っていうね、僕らの生活を(笑)。

RYO-Z まあね、ダニー・ボイルの演出が…!ものすごい豊かな色彩感覚とものすごい突飛な演出で最高にオシャレな映画でしたね。

PES 少しイリーガルな面もありますけど、”基本的には合法だろう”という少しグダグダした…。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z 群像劇。決してマネしてはいけない若者達の話なんですけど非常にスタイリッシュに描かれているという点ではいいんじゃないかなと。しかも僕ですね、この前インタビューさせてもらったんですよね、この番組にも出てもらったんですけどアンダーワールド(Underworld)のカール・ハイド (Karl Hyde)氏と…!(カール・ハイド氏へのインタビュー回は【 コチラ 】)

PES 最高ですよ。

RYO-Z 再会して、しかもそこが渋谷だったんですよ!

PES ”再会”って(笑)。

RYO-Z 再会じゃない!(笑)勝手にこっちが憧れてたんですけど。映画の中で重要な場面でアンダーワールドの『Born Slippy』がかかると。そんな話をさせてもらって、ちょうどその時に同じ映画館でリバイバル上映で『トレインスポッティング』がやってて…!

PES 観に行ったんですか?

RYO-Z その時はさすがに観に行かなかったけど、すごいなって思って。でもこの間、テレビの映画チャンネルでやってるのをついつい観てしまいました。

PES なるほど。

RYO-Z その辺も含めて、僕のリクエストで1曲かけたいなと思うんですけど…!よろしいでしょうか?

PES お願いします。

RYO-Z まぁ…この映画を観たからといってRIP SLYMEになれるわけではございませんが、非常にスタイリッシュでカッコイイ映画です。ぜひチェックしてください!アンダーワールド『Born Slippy』



♪ Born Slippy / Underworld

RYO-Z いやぁ懐かしいですね。胸躍ります。若かり頃のRIP SLYMEを思い出しますね。

PES はい。

RYO-Z RN takaくんのためになったんでしょうか?そしてRN 小太郎のサーフィンね。とにかく人がいない時間帯を狙って。

PES 居酒屋の戦法で。

RYO-Z アタクシがよく取っている戦法で。開店と同時で行く。そんな戦法でいいんじゃないかと思います。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

69 / 88
  • +ALL VIEW SESSION

SHOCK THE RADIO SNS AND GOODS

TALK SESSION

MAIL FORM