TALK SESSION

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

今週はRYO-ZとPESがお届け!RIP SLYMEのSHOCK THE RADIO!!

RYO-Z 今日も早速ゲストの方を紹介しちゃいましょう!CRAZY KEN BAND横山剣さんです!!

横山 どうぞよろしくお願いします〜。横山でございます。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z 僕は多分、かなりご無沙汰……!

横山 ご無沙汰しております!

RYO-Z よくいらしてくださいました!

(RYO-Z・PESの拍手!)

横山 RHYMESTERのイベント…。

RYO-Z そうですね、RHYMESTERの武道館(KING OF STAGE Vol.7)以来ですから相当前ですけど、PESくんは別件で…!

PES 僕は大阪のイベント(MARK’E Rolling 60)で…!

横山 大阪のイベントでご一緒しましたね。

PES そうです!ありがとうございます!

RYO-Z 特にPESくんは熱狂的な…!!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

PES そうですね。僕は体のエキスの何%…何割かは剣さんで出来ています!

横山 ありがとうございます(笑)嬉しいですね!

RYO-Z 普段は同じカシオのオシアヌスをつけていらっしゃる剣さんなんですけども、今日はG-SHOCKをつけてのご登場で…!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

横山 はい、白くてカッコイイです。

RYO-Z すいません、RIP SLYME仕様となっております…!(汗)

横山 最高です!

RYO-Z ありがとうございます!そんな剣さん、早速ですが、8月2日(水)には結成20周年記念オールタイムベストアルバム「愛の世界」をリリースということで!

横山 はい。

RYO-Z 55曲、全部ご自身で選曲なさったとか…!?

横山 そうですね。今回は1人で選曲しました。

RYO-Z だって…100曲…何百曲とある中で55曲を選ぶってなかなか…!

横山 もうね、残酷ですよね!

RYO-Z (笑)!!

横山 もう100曲以上諦めたわけですから…!

RYO-Z これはキツイ!

PES でもアレですよね、グループで選んだら揉めるし長引くっていうのも…!

RYO-Z そうだね。

PES ウチ(RIP SLYME)がやったら出来ない…(笑)。

横山 そうなりますよね、やっぱり。

RYO-Z リリース出来ない!

横山 (CRAZY KEN BANDは)11人だしたいへんな事になりますから、独断と偏見で。

RYO-Z それでは早速なんですが、そんなオールタイムベストアルバム「愛の世界」に収録される曲の中から1曲お願いします!

横山 はい、それではCRAZY KEN BAND『スージー・ウォンの世界 *CKB仕様』



♪ スージー・ウォンの世界 *CKB仕様 / CRAZY KEN BAND

RYO-Z カッコイイっすね〜!素晴らしい!

横山 ちょっと古い曲で、1995年にソロ名義、クレイジーケンで出したんですけど、CKB準備号みたいなアルバム(「クレイジーケンの世界」)で、その時に結構悔いが残っていたので再録というか新録したんですよ。

RYO-Z ルーツ中のどルーツな曲ですね!

横山 ええ、22年前の曲になります。

RYO-Z この後、かっこいい大人とは何かについて、剣さんにお話しをお伺いしていきます!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z ここからは、デビュー35周年、クレイジーケンバンド結成20週年を迎えた横山剣さんに、いくつかの「キーワード」を用意してあれこれお伺いしていきたいと思います!

横山 よろしくお願いします!

最初のキーワードは…「小学生時代」!!

RYO-Z 僕、資料を読ませて貰ったんですけど、やっぱり小学生からもう”剣さん”ですね!(笑)

横山 そうですね!まぁ……(笑)。

RYO-Z 思いっきり…”不良クラブ”なるユニットを結成していたと…!!

横山 クラブの名前が”不良クラブ”で…まぁ、子どもプレイボーイクラブみたいな感じで…”子どもヒュー・ヘフナー”みたいな(笑)

RYO-Z はい!(笑)

横山 プレイメイト数名に囲まれて、男性会員は僕ともう1人いて、もう1人は”見張り”っていうの(笑)。

RYO-Z&PES (笑)!!

横山 「先生来たぞ!」って(笑)。

RYO-Z じゃあイイ思いは剣さんしかしてない!?(笑)

横山 僕が気持ち良くなるためのユニットでしたからね!

RYO-Z そういう不良クラブなるものを結成していたり、レコードの実演販売を小学生の時点で経験してるという…!!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

横山 そうですね。最初は植木屋さんのアルバイトをしていたんですけど、近所のジュークボックスに入ってる、ジャンル関係無くレコードをダァーッと売っている実演販売の屋台のレコード屋さんがいて、面白そうだなって思って。そこのおじさんがマイクをギンギンにエコーを効かせて、口上って言うんですか?(『男はつらいよ』の)寅さんみたいに…!ジャマイカな感じもするんですけど、ラバダブ的な感じでやるわけですけども。

RYO-Z ええ。

横山 カッコイイなと思って、おじさんが油断しているうちにマイクを奪って…!

RYO-Z&PES (笑)!!

横山 歌ったり喋ったりしていたら、おじさんから「手伝うか?」って言われて、「手伝います!」って言って。

RYO-Z 小学生ですよね!?

横山 小学校5年生!(笑)

PES いいなぁ〜。

RYO-Z すごいっすね!

横山 レコードを段ボール一杯に貰って、まぁジャンルレスの…、それが僕のルーツかもしれない。

RYO-Z お宝ですね。

横山 お宝でございます。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z そこがミュージックルーツにもなってしまうと…。あと、もう1つ気になったんですが、”イイネ!”の…!

横山 イイネ!

PES (笑)!!

RYO-Z このルーツが伯父さんの口癖って聞いたんですけど。

横山 母方の伯父で、彼の口癖が移っちゃって、”イイネ!”じゃなくて”いいね〜”だったんですけど、バージョンアップされて…!(笑)

RYO-Z アレンジされながら今に至ると…最高のパンチラインになってる…!ルーツは伯父さん!

横山 伯父さんです!

RYO-Z 小学生時代からだいぶすごいんですけど…!まだまだお伺いしたいので次のキーワードへ!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

続いては「海外」!!

RYO-Z もう17歳で1人でロスに行ってしまうという…。

横山 ロスとか海外のチャイナタウン、コリアタウン、リトルトーキョーとか西洋の中のオリエンタル…ちょっと間違った解釈、半ズレ感にグッと来ていました!(笑)。

RYO-Z&PES (笑)!!

RYO-Z 古着を買ってくる…?

横山 ええ、本当はボーリングシャツとかちょっと良い感じの物をちょっと買ってくればいいものを、段ボール何箱分も買っちゃって。友達のおじさんにインボイス(送り状)を書いて貰って…送って、処分に困って!(笑)それで横浜からスーツケースにバァーっと入れて原宿に行ったんです。明治神宮前は「古着買います!」って店多かったんで、行商してました。

RYO-Z&PES へぇ〜!

RYO-Z それが高校生ですもんね!バイタリティがハンパじゃないなって思いますけど!

PES ”生活力”ね!

RYO-Z あと”香港”も剣さんのキーワードな気がしますけど。

横山 香港もね、狭い街にギュッと全部ある感じがたまんないですね。

RYO-Z アジアって感じですもんね。代表的な都市ですもんね。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

横山 中1の時にブルース・リーの映画を観て、やられたのが最初ですね〜。あとは「慕情」っていう映画とかね〜!

RYO-Z オリエンタリズムがまさに詰まっている!

横山 西洋目線のオリエンタリズムが詰まっている映画だったのでグッと来ましたね。

RYO-Z ギュッと濃縮された…!でも、若い頃に旅をしているのが大きいと思うんですけど?

横山 そうですね、後から後から、色んなネタになってますね。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

PES その…見えないオーケストラはいつも聴こえていたんですか?

横山 そうです。自分ではロックバンドの編成しかないのに、頭の中ではバート・バカラックっていうか、カラーベルときらめくストリングスが脳内で鳴っているんですよ。

RYO-Z&PES へぇ〜!

横山 現実では4人組のロックバンドで…。

RYO-Z&PES (笑)!!

RYO-Z やっぱりやりたい事が溢れまくっているっていう!

横山 そうですね。

RYO-Z この辺りで、そんな剣さんのすべてが詰まったと言ってもいい、CRAZY KEN BANDのオールタイムベストアルバム「愛の世界」から1曲お願いします!



♪ カフェレーサー *canggu beach 2211 / CRAZY KEN BAND

RYO-Z この曲、リアレンジされているという事で。

横山 そうですね、元々擬似のストリングスが入っていたんですけど、コンピューターでやっている、やっぱり本物がいいなという事で。

RYO-Z 先ほどもお話にあった、頭の中に鳴っている!

横山 頭の鳴っている本物のストリングス、第1バイオリンが2人、第2バイオリンが2人、それからビオラとチェロが1人ずつ。割と少なめの編成で。

RYO-Z でも曲としては豪華になっているという…!

横山 そうですね。

RYO-Z そちらをお届けしました!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

続いてのキーワードは「スタイル」!!

RYO-Z 剣さんといえばハットにスーツ、サングラス、車とどれもこだわりを感じるものばかりがするんですが…!

横山 今日も暑いんでちょっと…!(笑)

RYO-Z いやいや!あまりにも今日はラフな感じで一瞬気付かなかったんですけど…!(笑)

横山 気付かれないんですよね〜。

RYO-Z オーラで分かりました!どうなんですか?この辺の”こだわり”というのは?

横山 子供時分になりたかった大人をコスプレしている気分なんですね。

RYO-Z あ〜!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

横山 当時の…僕が小学校低学年の頃の、60年代の割と粋な人達のスタイルを。

PES へぇ…!

RYO-Z 僕らもお仕事が上手く回るようになってから、当時若い頃に買えなかった物を買ってしまいますね!(笑)

PES そう!(笑)

横山 あ〜!ホントあるんですよ〜。バイクとかもそうだし。

RYO-Z&PES ああっ!

横山 バイクとかも本当は10代の頃に乗りたかったヤツを今乗っているみたいな。

RYO-Z PESくんもバイクに乗りますもんね!

PES まぁ僕は生活のレベルですね。

RYO-Z なるほど。特にこだわりは無く。

PES (剣さんは)レースとかされるわけですもんね?

RYO-Z そうですね、二輪も四輪も。さすがに二輪はちょっとビビっちゃうので四輪の旧車に乗ってますけど。

PES そこまではさ、いけないよね。

RYO-Z いかないよ!なかなかこだわり切れない。でもやっぱり若い頃に色んな物をすごい見ているから、余計に欲しい物があったり、余計にこだわりたい物があったりするのかもしれないって思いますが…!最近はファストファッションとか、ファッションにこだわっている子があまりいない気がするんですが?

横山 もったいないですよね。

RYO-Z やっぱりカッコつけるのは大事な事だと思いますよね。僕は言えないですけども…!

PES まぁ今は色んな物がたくさんありますから、逆に「良いな!」と思う物がボヤけてしまっているのかもしれないですね。

RYO-Z あとはみんな一緒が良いっぽい感じもね、仲間外れにならないような…そんな雰囲気もちょっと見られるんですが…やっぱり濃いめの人が楽しいですよね…!(笑) 濃い〜方に会うと…!

横山 濃い〜時には良い時と悪い時があって、不遇の時代もあって「イヤだこんな人!」みたいな!真っ赤なポマードべっとり塗って…!

RYO-Z 経て経て今があるんですね!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

続いてのキーワードは「横浜」

RYO-Z 横浜ですよ!もうレペゼン横浜!

横山 はい(笑)。

RYO-Z この番組のテーマ曲『The Man』という曲があるんですが、この曲FIRE BALLCHOZEN LEEくんにご一緒させてもらったんですが…。

横山 ええ。

RYO-Z やっぱり「兄貴は…!兄貴は…!」とおっしゃってましたよ!

PES ちょうどPVのファッションとかは剣さんのイメージじゃない?

RYO-Z そうだね、LEEくんが。

PES マフィア感!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

横山 マフィア感(笑)もうLEEくんとかMIGHTY CROWN関係はみんな近所で。徒歩圏内にいたり、たまり場が本牧にあるんですけど、そこは69歳か70歳くらいの大先輩がいて。その方がスカのバンドをやっていて。すごい…ロンドンスタイルでやっていて。僕らが真ん中の世代で下の代にMIGHTY CROWNとかFIRE BALLがいる。みんなその辺繋がっているんですよ。

PES スカしてますね〜!”スカ”ですよ!

RYO-Z 横浜が出てますね〜!

PES 香港とかもそうですけど、融合している所の感じがやっぱり…!

横山 ミクスチャーですよね。横浜も東京もそうですよね。横浜も東京もどっちも好きなので。車で行った来たりは楽しいですよね。その間に曲が生まれる事もある。

RYO-Z へぇ〜!僕「タイガー&ドラゴン」が大好きなんですよ!

横山 ありがとうございます(照)。

RYO-Z その一節も本当に3つ目のトンネルを抜けると…!

横山 横須賀の海が広がる!港が見えて…。歌詞も結構も”せーのっ!”で出てきたそのままで。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z まだまだお伺いしたいんですが、ベストアルバムリリースの後、9月からは全国ツアーがスタート、さらに6月24日(土)から公開の映画「イイネ!イイネ!イイネ!」に出演中という事で相変わらずお忙しい事で…!

横山 もう映画は「嫌だ嫌だ」って言ったんですけど、楽曲が幸せな形で世に出る事を考えたら、自分はいいから曲を立たせてあげようという気持ちで一肌脱いだ感じなんですけれども。

RYO-Z 素晴らしい!そして7月16日(日)、17日(月)に開催される、僕達主催の夏フェス「真夏のWOW!」7月16日(日)にCRAZY KEN BANDとして出演してくれるという事で!

横山 よくぞ呼んでくれました!

RYO-Z&PES ありがとうございます!!

横山 今プレッシャーがね…!

RYO-Z いやいや僕らも!

横山 選曲がどういうのを選んだらいいのかと悩み中なんですけどね。

RYO-Z 一応”フェス”と銘打ってましてお祭り騒ぎですんで…!

横山 ちょっとそれを意識して!ぶちかましたいなと思っています!

RYO-Z そろそろお別れの時間ですが、この番組では全ての方に「カッコイイ大人とはどんな人か?」をお伺いしています。
剣さんが思う、かっこいい大人とは??

横山 僕が思うにやっぱり、僕が好きだった人達は”どこかチャーミングな所がある”。

RYO-Z はい。

横山 そして”はみ出してる”!例えば勝新太郎さんとかそういう大人が好きですね!

RYO-Z 「チャーミングではみ出してる大人が好き」と。素敵な金言頂きました!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

CRAZY KEN BAND・横山剣さん本日はありがとうございました!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

80 / 84
  • +ALL VIEW SESSION

SHOCK THE RADIO SNS AND GOODS

TALK SESSION

MAIL FORM