TALK SESSION

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z 今週もゲストの方をお迎えしちゃいましょう!Young Juvenile Youthゆう姫ちゃんです!よろしくお願いしますっ!

ゆう姫 ありがとうございます(笑)。よろしくお願いします。

RYO-Z 初めましてですね!ご兄弟の方はね、お会いしたり、飲み屋さんで一緒になったりはよくあるんですけどね(笑)。はよろしくお願いします。

ゆう姫 はい、よろしくお願いします。

RYO-Z 早速ですが、先月リリースしたデビューアルバム「mirror」聴かせてもらったんですけどこれはまた独特の…!!アブストラクトな…!!!

ゆう姫 アブストラクトですか?(笑)

RYO-Z そういう言い方ヤダ?(笑)

ゆう姫 良いですよ(笑)。アブストラクトから結構、リアルを求めたんですよ、これでも。

RYO-Z はいはい。

ゆう姫 だから…ちょっと…!(笑)

RYO-Z 元々もっとアブストラクトだったのに、これでも…!(笑)

ゆう姫 リアルに近づいたほう…!。

RYO-Z でも浮遊感。音もそうだし、ゆうきちゃんの声もそうだし、詞の世界観っていうかもすごい独特だなって思ったんですけど、どういうシチュエーションで作詞したりします?

ゆう姫 もうね、その場なんです。

RYO-Z スタジオでって事?

ゆう姫 スタジオというか、音が流れている状態で…。

RYO-Z 家とかでも基本的に音を流している状態で考えるんだ。

ゆう姫 ビートに合わせてどんどん歌詞が生まれていくって感じですね。

RYO-Z へぇ〜!それで聴いてたら「急にラップが入ってきた!」と思って。それで資料とかも見てなかったんだけど「これCampanellaだ!」と思って!

ゆう姫 知ってらしたんですか?

RYO-Z すぐ分かった!独特のイントネーションで。これなんで、Campanellaくんを起用したんですか?唯一のコラボだよね?

ゆう姫 そうですね、私のトラックメーカーJEMAPURがCampanellaと長い友人で、名古屋でライブがあるって聞いて行ったんですよ。その時のライブの歌い方とフローがめちゃくちゃカッコ良くて。

RYO-Z カッコイイよね。

ゆう姫 「ヤバ…!」ってなって「何か一緒にやりませんか?」って声掛けて。

RYO-Z すごいね…!(笑)そんな第一印象、ファーストインパクトで(笑)。

ゆう姫 しかも私、遅れて行っちゃって。2曲くらいしか聴いてないんですよ(笑)。

RYO-Z でもその2曲がすごいフックされたって事でしょ?すごいなぁ。早速そのデビューアルバム「mirror」から1曲聴かせて頂きましょう!

ゆう姫 はい。Campanellaくんも一番好きって言ってくれてる曲『Girlfriend』



♪ Girlfriend / Young Juvenile Youth

RYO-Z Young Juvenile Youthはゆう姫ちゃんとトラックメイカー・JEMAPURくんとのユニットとして、2012年から活動をしているわけですけども、そもそも活動のきっかけは?

ゆう姫 きっかけはYouTubeで聴いたんです。

RYO-Z うんうん、JEMAPURくんの動画を。

ゆう姫 私がトラックメイカーを探していて、知り合いの監督さんに見せてもらった映像にたまたま(JEMAPURの音楽)が付いてた…違法で。

RYO-Z 違法の?(笑)

ゆう姫 勝手に使われたみたい…(笑)。それで「この映像もカッコイイけど、この音楽は誰?」ってなって調べたらJEMAPURで静岡に住んでて…プロフィールを見てちょっと連絡してみようと思って連絡して、始まったんです。

RYO-Z へぇ〜!すごいね常に能動的な出会いというか、受動的というのか…ある意味ね!(笑)

ゆう姫 そうですね…ある意味、私も攻めますよね。

RYO-Z そうだよね。

ゆう姫 狙い撃ちというか…。

RYO-Z 「気に入った!おまえ!!」って感じで「Campanella、一緒にラップしようぜ!」みたいな(笑)。

ゆう姫 本当にそんな感じで(笑)。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z それで彼と出会い始まるわけだけど、音楽自体はやろうと思っていたわけでしょ?

ゆう姫 そうですね、ギターでポロンポロン弾いて作っていて。

RYO-Z あっ楽器も弾くんだ!

ゆう姫 本当に超ヘタなんですけど…。

RYO-Z いやいや…!でもそこから音楽の道に入る?

ゆう姫 そうですね。私、歌う気も無くて、音楽もやめていたので、とある女の子をプロデュースしようかなと考えた時に、トラックメイカーが必要だなって思っていたんですけど、その話が無くなっちゃったから、JEMAPURくんが「じゃあゆう姫ちゃんが歌えばいいじゃん」って始まったんですけど(笑)。

RYO-Z そうなんだ(笑)。「やりたい!やりたい!」じゃなくて、とりあえず雰囲気!

ゆう姫 とりあえず「やらない?」で。

RYO-Z だってお家はすごいじゃん、芸能一家というかで。

ゆう姫 そうですね。

RYO-Z 逆にそっちのお芝居に行きたいとか無かったの?

ゆう姫 それはもう、とてもじゃないけど言い出せなかったし、自信が無かったから。コンプレックスの塊みたいな子だったから。

RYO-Z へぇ〜!お兄ちゃん2人は普通にやっていくわけでしょ?

ゆう姫 そう、だからどんどん離れていっちゃうんですよね、私の中で。だから「自分も追いつかないと」って思って常に「自分探し」みたいな事をやっていました。

RYO-Z へぇ、その中で出会った音楽なんだ。

ゆう姫 元々、自分の声は好きだったんですよ。歌が好きとかじゃなくて。

RYO-Z えっ!それはまずすごいね!”声が好き”って。自分の声を初めて録音して聴いた時「うわ〜っ!こんな声してんの!?」ってならなかったんだ。

ゆう姫 ならなかったんですよね。歌が上手いとかじゃ無かったんですけど、自分の声に包まれると安心するというか…。

RYO-Z いや!心地良いよ!正直、音源聴いた時に「心地良い声してんな!」って思うけど…!

ゆう姫 嬉しい…!そこが一番、自分の好きな所だったので「何かできたら良いな」って思っていたけど、形になりましたね。

RYO-Z いやいやバッチリ、ハマってしまいましたよ〜!やっぱり”表現力の一家”だなと思いますよ。

ゆう姫 確かに(笑)。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z 12月という事で、ゲストの方に「今年よく聴いた曲、気になったアーティスト」などを訊いているんだけども、あります?

ゆう姫 このアルバムを作ってて、ほぼ自分のアルバムしか聴いていないんですよ(笑)。

RYO-Z まあね〜(笑)。そうなりますよね、ミュージシャンの仕事ですから!

ゆう姫 でもリリースして最近気に入って聴いている曲があるんですけど…。

RYO-Z はいはい。

ゆう姫 それはYazmin Laceyの『Marie』って曲なんですけど。

RYO-Z では聴いてみましょう。



♪ Marie / Yazmin Lacey

RYO-Z これはどういうアーティストなんですか?

ゆう姫 ロンドン出身のアーティストで、最近出てきたのかな?コンピとかも出してて。すごいカッコイイなと思って。

RYO-Z うん、通ずる物があるよね。

ゆう姫 でも、この1曲しかカッコ良くないの(笑)。

RYO-Z (笑)!!でもね、この前ぼくのりりっくのぼうよみくんが来た時に、「どんなアーティストが好きなの?」って聞いた時に「この人のこの曲が好き、あの人のあの曲は好き。あとは知らない」ってすごいそういう聴き方の人が多いなって思って。

ゆう姫 そうですね。1曲買い的なね。

RYO-Z そういう時代なんだなと思いつつね、「アルバムで○○枚も持っています」っていう聴き方をしないんだろうなって。

ゆう姫 ちょっと寂しい気もしますよね。アルバム全体の雰囲気とかもあるから。

RYO-Z アーティストとしてはね、送り手側としては「アルバムで聴いてくださいよ!そのために作っているんで」っていうね。

ゆう姫 うんうん。

RYO-Z そう思うけど、受取り側が好きに選べる時代だからね。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z ゆう姫ちゃんは高校はカナダ、大学はアメリカと…。今も海外は行ったり来たりしてるんですか?

ゆう姫 いやそんなにしてないですけど、去年はキエフでライブしたりとか、今年はシンガポールでちょっとだけライブしました。

RYO-Z 良いですね。海外に行く機会があるのがまたね〜。

ゆう姫 そうですね、もっと行きたいですね。

RYO-Z そうだよね、そういうアーティストだと思うもん。

ゆう姫 ホントですか?

RYO-Z うんうん。

ゆう姫 行けますか?グローバルに?

RYO-Z うん…!行けると思いますよ、それは目指し方1つだと思いますよ。

ゆう姫 でもカナダとかアメリカにも住んでいたので、海外に対する距離感…壁があまりあると思っていないので。

RYO-Z 英語も普通に?

ゆう姫 普通に。

RYO-Z 僕なんかすごい(ゆう姫ちゃんが)ヨーロッパな感じがしますけどね。

ゆう姫 言われますね、音的には。

RYO-Z そっちにワッと行っちゃいそうな…!

ゆう姫 ギャンって…!!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z ギャンって行ってほしい!だってそうなんでしょ!イギリスのビジュアルアーティスト・WEIRDCOREの方と出会って…!イギリスでたまたま出会った?

ゆう姫 たまたまっていうか、元々ウチのレーベルのボスが古い友人で「こういう人がいるんだよ」って見せてもらってたら、カッコイイなと思って。イギリスに行く機会があったので「会いに行きたい」って言って、自分でアポを取って会いに行ったら、すごく仲良くなって…!

RYO-Z 「mirror」の中に入っている『Slapback』のMVを撮ってもらったんだよね!Aphex Twinとかやられている方達でしょ?

ゆう姫 フジロックに来ている時に撮ってもらったんです。

RYO-Z すごいよね!(笑)なんだろう!?「ミシェル・ゴンドリーと仲良くなりました!ビデオ撮って!」って感じだよね(笑)。そんな感覚なかなか無いからさ〜!

ゆう姫 (笑)。

RYO-Z 普通ならないよね〜!

ゆう姫 ならないですね。

RYO-Z それはすごいよね!あとか感覚のチャンネルが合ってるかもしれないよね。

ゆう姫 そうかもしれなかった。

RYO-Z だからすごいヨーロッパとか期待しますよ。ライブとか活動を。

ゆう姫 来てくれますか?海外のライブでも。

RYO-Z 行き…なかなか難しいな…(笑)。「ゆう姫ちゃんのライブが明日ロンドンであるんだよね」それはなかなか行けない!(笑)。

ゆう姫 行けないね(笑)。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RYO-Z 2017年もそろそろ終わろうとしていますけど、2018年はどんな年にしたいですか?

ゆう姫 そうですね、いろんな場所に行ける年になったらいいなって思いますね。

RYO-Z ツアーですか?

ゆう姫 ツアーかな?

RYO-Z 良いですね〜!ツアーはやった事あるんですか?

ゆう姫 無いんですよ。

RYO-Z めっちゃ楽しいよ!面白い!「こんなに美味い物があるのか!」って物を食ってもらいたい!

ゆう姫 だよね。

RYO-Z それは独自に調べたほうがいいよ。

ゆう姫 でも「ツアー行くと太る」って言いますよね。

RYO-Z そうだね。いっぱい美味い物があるから(笑)。あとはその街の人間に触れるっていうのも面白いし。

ゆう姫 そうですね。楽しみです。

RYO-Z ツアー期待しております!

最後に「カッコイイ大人とはどんな人か?」ゆう姫さんにお伺いしました。

ゆう姫 そうですね…”楽しんでる人”?(笑)

RYO-Z そうね、楽しんでいる人(笑)。

ゆう姫 子どもみたいな目をしている人が素敵だなと思いますね。

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

Young Juvenile Youth・ゆう姫さん、本日はありがとうございました!

RIPSLYME SHOCK THE RADIO

105 / 110
  • +ALL VIEW SESSION

SHOCK THE RADIO SNS AND GOODS

TALK SESSION

MAIL FORM