TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ショウ ゴールデンウィークも終わりましたがどうですか?コウキさん。最近、何かやってる事とかあるの?

コウキ 最近ですか?ゴールデンウィークと言われましても、僕達はあまりよく分かっていなく…(笑)。

ショウ (笑)。

コウキ いつのまにか通り過ぎいったという感じで。最近は曲作りですかね?

ショウ レコーディングですかね。

コウキ OKAMOTO’S的なトピックとしてはちょっとだけやった。

ショウ そうだね、やり始めたね。すごい、レイジさんからいろんなアレンジを…ほどこされた曲が!

コウキ いや〜いいよ!今回いきなりすごいよ。

ショウ ヤバイね。ズバ抜けてカッコよくなっているので、いつみなさんにお聴かせできるか…?

コウキ 今は始まってるっていうか。

ショウ そうだね。あと俺は初のソロツアー(「オカモトショウ(OKAMOTO’S) TOUR 2018 ~Take Five~」)をやりまして。

コウキ それですよ。それが結構…なんだかんだ7ヶ所やってて。OKAMOTO’Sのツアーが終わったらすぐソロツアーが始まりずっとやってたって感じでしたけど。

ショウ はい、無事終わって、東京に戻ってきたのが昨日!みたいな感じなので(笑)

コウキ 録っている日的にはね(笑)。

ショウ 後でその話をしようと思ってます!実は今回のソロツアーはKANDYTOWNのRYOHUにも来てもらって一緒にやっていたので最初のナンバーは、こんなナンバーを聴いてもらいましょう!



♪ NEKO(Remix) feat.呂布/MUD / OKAMOTO’S

SHOCK THE RADIO

ショウ まずは先日無事終了したソロツアー「Take Five」について、振り返っていきたいと思います。

コウキ はい。「Take Five」4月6日京都から4月27日大阪まで7公演、1ヶ月にわたり。

ショウ しかも京都始まり大阪終わりっていう。

コウキ 渋いですね(笑)。関西ですね〜。

ショウ くるりみたいなツアーの組み方ですね(笑)。

コウキ 東京の人とは思えない(笑)。これきっかけはなんだったんですか?そもそもやろうと思ったきっかけ。

ショウ やっぱさぁ、バンドはどんどん大きいステージでやろうとか、こういう作戦でやろうとか、来年10周年だったりもするじゃないですか。だからみんなでいろいろ考えながらバンドを大きくしようと考えている中で、フットワークが重くなる瞬間ってどうしてもあるじゃん。

コウキ なるほどね、そうだね。

ショウ 好き勝手にできないっていうか。

コウキ セットリストをちゃんと考えて、それでどうしようか作戦考えて。

ショウ そうそう。それがやれてるのがOKAMOTO’Sの強みでありつつ、ミュージシャンとしてはパッと一緒にやろうよ!みたいな時に、パッとギターを持って出ていったら、ボーカリストとしてはすごくいいなと思って。民生さんが弾き語り始めたのが、結婚式に呼ばれた時に歌うのに緊張するからそれに慣れたいっていうね。

コウキ へぇ〜いいね、そういう動機!じゃあ割とフットワークの面でも、あとは自分的に幅を広げるというか。

ショウ そうそう。ミュージシャンとしてそれがやりたいなと思って。ただギター買っても何を買っても全然始めなかったので(笑)

コウキ まあ具体的に何かないと、このタイミングでやるって決めてそれに向かってやるってなると、どうしてもやらざるをえなくなるからね。

ショウ そう!それでウチの敏腕マネージャーがソロツアーを切ってくれたわけですよ。

コウキ なるほど。7ヶ所切ったわけですね。

ショウ 思ったよりも大きい会場もあって…!300人とかもあって。

コウキ けっこうですね!やってみて発見とかありました?

ショウ まず俺がソロでやるって事に対して、ありがたいことにソールドアウトしまして全部。それを観に行きたいって思ってくれてる人がそんだけいるのが嬉しかったのと、まあ未熟な所はいっぱいあるっていうか、バンドでやるとある程度、予想外過ぎることがあんまり起こんなくなってきたじゃない?

コウキ まあね。起こってるほうだけどね(笑)。でもわかる。だんだん上手くなってきてフォローできるようになってきたから。

ショウ そうそう。もうライブ終わった後に良かったか悪かったか分かんないけど楽しいね!って。本当に新人になった気持ち。初めての事に向き合ってるフレッシュさがものすごくて。バンドは10周年を迎えて成熟して、個人としてはすごく新しい事をやり始められたなって感じですかね。ツアーゲストにはRYOHUくんにも来てもらって。RYOHUにもアコースティックセットをやってもらって。

コウキ そうですね。

ショウ それもよかったよ。ずっと一緒の友達と初めてね。

コウキ それこそ昔ねズットズレテルズで一緒だったけど、またここ最近でMUDと一緒に参加してくれた『NEKO』があって、ソロツアーにつながって。みんなで盛り上がっていこうってすごくあったし、流れもすごくよかった。

SHOCK THE RADIO

ショウ あと、コウキさんありがとうございました

コウキ いえいえ。

ショウ 名古屋公演に…!

コウキ 何故、名古屋なのかってありますけど(笑)。

ショウ 来てくれるなら東京って一瞬言ったんだけど、違う所に来た(笑)。東京は恵まれてると!

コウキ 東京はね〜(笑)。

ショウ 普段、そういうばかりを味わっているから。

コウキ そうですよ(笑)。あれも楽しかったですよ。

ショウ 2曲かな。コウキと一緒にやって。コウキにも歌ってもらって。

コウキ ソロツアーだけど、観に行った人は分かると思うけどなんだかんだレイジさんがビートを作った曲があったり、ハマさんが選曲したヤツがあったりとか。僕が出たりと決して不仲でソロツアーに踏み出したわけじゃないと伝わったんじゃないかと(笑)。

ショウ (笑)。「Take Five」ってタイトルもバンドがありきで、“Take Five”って“休憩”とかそういう意味もあるから。

コウキ 広げていくって意味でね。

ショウ うん、一休みって感じでね。

コウキ めちゃくちゃ良かったですね。

ショウ ツアーに来てくれたみなさん、本当に感謝しています。ありがとうございます。

コウキ ありがとうございました。

ショウ そのツアーではカバー曲もたくさんやっていたんですが、そのカバー曲を聴いてもらいましょうか。俺はね、これの日本語訳を自分で付けてツアーの1曲目で歌っていたんですけど、トーキング・ヘッズ『サイコ・キラー』という曲でストップ・メイキング・センスというライブでのバージョンをお聴きください。



♪ Psycho Killer / Talking Heads

SHOCK THE RADIO

ショウ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO。ゲスト続きで紹介できていなかったんですが、実は番組に大量にメールが届いています!

OKAMOTO’S ありがとうございます!

ショウ ということで早速メールを紹介していきましょう!


RNラン
オカモトショウさんに質問なんですが、
ソロツアーで歌っていた1曲目は何ていう曲ですか? 
カッコいい曲でもう一度聴きたいので教えて下さい。


ショウ というのがこれですよ!まさにこれ『サイコ・キラー』ですね。

コウキ これジョンサン・デミっていう「羊たちの沈黙」とか撮った映画監督が撮ったライブドキュメンタリーがあって。その1曲目がこれ。

ショウ そうなんですよ。

コウキ ものすごい。

ショウ 曲を追うごとに徐々にメンバーが増えていく形式で。それの最初にリズムボックスでドラムの音を鳴らしながら、ボーカルのデヴィッド・バーンが弾き語りをしているのがカッコイイなと思って、俺も1曲目はそれをやってましたね。

SHOCK THE RADIO


RNコウメ

本当に初歩的な質問で、皆さまに質問するのが申し訳ないくらいなのですが、とてもいい機会だと思い、僭越ながらメールさせて頂きました。
ギターの種類でテレキャスやレスポールなどとありますが、具体的な違いはなんなのでしょうか?
そして、初心者が一番最初に持つべきギターのオススメはありますか?
個人的にはCHAIのカナちゃんのようなレスポールのギターが形が可愛いなと思ったり、コウキくんのようなテレキャスのギターもカッコいいなと思ったり、関ジャニ∞のすばるくんが持っているアコギにも憧れます。
ぜひオススメを教えて下さると嬉しいです!


コウキ いい質問ですね!これは永遠にあり続ける。ギターは何を最初に買ったらいいのか。

ショウ そうだよね〜。

コウキ これはね古今東西いろいろな解答があるんですが、1個だけ言うなら…形で選んだら良いと思うんだ

ショウ (笑)。

コウキ もう見かけで。

ショウ そうか〜。

コウキ 音の種類はありますよ。具体的にギターに載っているマイクの種類が違って。例えばテレキャスはジャキジャキしたソリッドな音だったり、レスポールはもうちょっとブワッと広がるような音で太い感じの。音楽性の違いはあるんですけど、後になってテレキャス買って、レスポールいいなってなって思ったら買うのもありだと思うし、第一印象でカッコイイっていうのも大事だと思いますよ。

ショウ 持ってて愛着がわくのがいい。

コウキ 本当にそう。

ショウ なるほどね。

コウキ だからカナちゃんのようなレスポールがいいと思ったら同じものを買ってもいいわけだしさ。

ショウ たしかに。

ショウ 動機は何であれ、とりあえずね見かけで選んじゃっていいと思いますね。

コウキ コウメさんはぜひぜひ自分が気に入ったヤツを買ってください!


RNオカチリ
私は高校生で、軽音部に所属しておりバンドを組んでいます。
メインで活動しているガールズバンドでは、OKAMOTO’Sの曲をよくコピーさせて頂いています。
青い天国や、brotherなどなどたくさんやって来ましたが、最近はWanna?など、コールアンドレスポンスのある曲もやりたいという風に話し合いで決まりました。
でもOKAMOTO’Sのバンドスコアがまだ出てなくて、コピーしたくてもできない曲が沢山あります。
皆初心者なので耳コピとかが難しくて、挑戦してはいるのですが、やっぱり複雑に音が絡まるとできないことも多いです。
これから先、バンドスコアを出すことなどはありますでしょうか?


コウキ なるほど!

ショウ バンドスコアね〜。

コウキ どうですか?分からないというのが正直なところ…(笑)。出したい気持ちはありますけど。

ショウ OKAMOTO’Sは全員楽譜が読めないんですよ。あっコウキさんは読めるね。

コウキ 読めるけど…そんなには読めない(笑)。

ショウ いわゆる音楽理論で言うと、ほぼ全員できてないからね。今は一瞬でだけど、耳コピね。耳で聴いて、音を探して、聴いた音を自分で弾くっていうコピーの仕方ですね。OKAMOTO’Sは全員耳コピで楽器を覚えていったもんね。

コウキ そうですよ。耳コピでしたね、スタートは。よくさ、バンドスコアを出してください!とか、どうやって弾いてるんですか?ってありますけど。けっこう、別に間違ってコピーしちゃって弾いちゃってても、それはそれでいいと思うし。

ショウ 間違いが個性ですから。

コウキ そうですね、とりあえず耳コピして自分なりにやって全然良いと思うんだよね。

ショウ なるほどね。

コウキ それにOKAMOTO’Sの曲はそんなにダビングしてないし、けっこう単純だから大丈夫だと思う!

ショウ (笑)!!

コウキ もうMaj7とか出てきたの最近だから!

ショウ ややこしいコードね。

コウキ そうそう。本当に3コードだしね。

ショウ オシャレなコードは最近だよね。

コウキ そうそう。だから『Wanna?』もね、すごく単純で。

ショウ 『Wanna?』は俺がリフ作ってるからね。ギターあんまり弾けない人が作ってるからけっこう簡単だと思います。

コウキ できると思いますよ。

ショウ ぜひぜひ。でも嬉しいね、こうやってコピーしてもらえて。OKAMOTO’Sの曲いっぱいコピーしてください。まだまだたくさんのメッセージがあるんですが、ここまでということで。たくさんのメッセージありがとうございました。来週はハマ&レイジコンビなんで、彼らにもメール紹介を俺らから引き継いで。

コウキ やってもらいましょう。

ショウ 来週もお楽しみに!
               



♪ Wanna? / OKAMOTO’S

SHOCK THE RADIO

ショウ 聴いてもらっているのがRN オカチリさんのメールにありました『Wanna?』。『Wanna?』はRIP SLYMEとやりましたから、このSHOCK THE RADIOで流したい曲No.1でしたね。

コウキ これは流したかったね!どうですか?今回はゲストがいなくて2人だけでソロツアーを振り返ったりだとか、メールを読んだりとか。

ショウ メッセージいっぱい来てるね!めちゃくちゃ嬉しい。

コウキ 多かったのが、意外にOKAMOTO’Sって普通に曲を流して、音楽についてストイックにゲストと話すってなかったから、すごく音楽を紹介してくれてるのが嬉しいっていう意見があって。届いてるなって思ってすごい嬉しいです。

ショウ 音楽はもうずっと聴いてるね。

コウキ 俺らもゲストの方が紹介してくれる曲、勉強になるしね。

ショウ 俺、あれからジャスティス『D.A.N.C.E』をけっこう聴いてるんだよね。(※CHAIのカナさん選曲)

コウキ あ〜いいね。

ショウ ではまた来週お会いしましょう!

OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでは、引き続きみなさんからのメッセージを募集しています。
疑問質問リクエスト、どんなものでもかまいません。
応募は【 コチラ 】から!

6 / 9
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM