• TOKYO FM
  • FM OSAKA

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー On Air 7:30〜7:55 Saturdayアース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

現役のツアートッププロから、2020年に向けてLPGAでの活躍が期待される新人まで、夢に向かって頑張る女子プロゴルファーを応援するプログラムです。

*
さあ!今年最後の週末です。
この番組も今年最後の放送です。
いつもお聞きいただきありがとうございます!
今年も残り少ないですが、忙しい中、がんばって時間を作って、
今朝もゴルフのラウンド、練習という方も多いのではないでしょうか?

今朝は、2015年の女子プロゴルフシーン、注目のプロたちのインタビューや
私が心打たれたお話をお届けしました。

まずは…!イ・ボミ プロです。

年間 7勝!獲得賞金も2億円越え!
先日行われた日本女子プロ協会の年間表彰式でも、
最優秀選手賞、賞金ランキング1位、平均ストローク1位の3冠に輝いています。

ただ……イ・ボミプロ、最終的には素晴らしい成績を残されましたが、
今年前半は優勝が1回あるものの、2位が5回、3位1回と、
悔しい思いの中ゴルフを続けていました。

そのイボミプロに転機をもたらしたのが、やはり、
6月25日から28日まで行われたアースモンダミンカップでの優勝ではないでしょうか?

千葉県、カメリアヒルズカントリークラブで行われた、2015年アースモンダミンカップ!!
イ・ボミプロは最終日14アンダーでイ・チヒプロとのプレイオフに臨みました。
その2ホール目!
70ヤードのサードショットをピン側20センチに付けるスーパーショットを放って、
優勝しました。このシーン、覚えている方も多いのでは!?

この優勝でイボミプロは通算10勝を挙げ、ここでの活躍の自信こそが、
その後のイボミプロの大活躍の「きっかけ」となったのではないでしょうか。

続いては、LPGAアワード2015で「新人賞」を受賞したの掘琴音プロです!

1996年生まれ、2014年ステップアップツアーで優勝。
今年は33試合に出場、賞金ランキング33位で来年のシード権を獲得されています。

今年、開幕当初は予選落ちが続きましたが、
その後、5位タイ、7位タイと上位を記録。
ツアー終盤の大会では今年の最高位3位タイと活躍されました。

その掘琴音プロ活躍の機会が増えて来た秘密を
「ツアーに慣れて来た事が一番、でもショートゲームの充実度が今ひとつなので
その辺を修正して来年初優勝に向けてがんばりたい!」とは話されてました。


続いて声をお届けしたのは今年のステップアップツアーでも優勝した青山加織プロ。

青山加織プロは熊本県出身、プロ入会は2007年、
去年までステップアップツアーで3勝を挙げ、
レギュラーツアーでの初優勝が待たれていましたが、
今年のQTランキングは78位で臨み、残念なシーズンとなりました。
しかし、先日のQTファイナルで20位という成績を上げ、
来年のレギュラーツアー初優勝に向けて、力強いスタートを切っています。

青山加織プロの師匠は岡本綾子プロ。
同じ岡本一門の表純子プロや若林舞衣子プロの活躍も刺激になったということです。

そして、今年の締めくくりにご紹介したのは
アースモンダミンカップでもホステスプロを務められました、
茂木宏美プロの話。

出産されてツアーに久しぶりに復帰することや
お子さんと一緒にツアーに参戦することなど、ちょっと不安だったそうですが、
選手たちの励ましや、思いやりのある言葉で勇気付けられたそうです。

この女子プロたちの思いやりは優しい気持ちも
今の女子プロゴルフの人気の秘密と言えるかもしれません!
茂木宏美プロも今年の賞金ランキング30位で、来年のシードを獲得されています。
2016年も一層のご活躍をお祈りしています!

さて、2016年のLPGAのツアー、先日その日程も発表されました。
1試合増えて38試合!
今年以上に盛り上がること間違いなし、来年も目が離せません!
*
*
番組でもお話されてましたが金井智子プロの師匠は「宮里優」さん。

その宮里先生から伝授された
アマチュアにも参考になる練習法を一つご紹介しましょう。

それはピッチングエッジでの「3時から9時のショット練習」

テイクバックでクラブを地面と平行になるまで上げて、
今度はフォロースイングで同じく地面と平行になるまで振る!
これが3時−9時の「180度スイング」です。

この3時から9時のスイング軌道は
通称「ビジネスゾーン」と言われていて、
ここの軌道が優れているスイングのプロは
「お金を稼げる!」と言われています。

金井プロは宮里先生に言われてこの
3時−9時のショットを毎日3ヶ月間!?続けたところ
ドライバーのショットが驚くほど勢い良く!
まっすぐ出てゆきびっくりしたそうです。

地味な練習かもしれませんが、実はこんな地味な練習こそ
上達の近道なのかもしれませんね!
*
*
女子プロゴルフツアーも今はオフシーズン。
3月の開幕に向けてみなさんトーレーニングやイベントの出演とか、
オフとはいえ忙しくされていると思います。

このトレーニング、、最近では海外に行くプロも
多いと聞きました。ハワイ、タイ、、などですね。
でも、ゴルフの環境が良く、多くの強いプロゴルファーを
輩出しているところが国内にもありますよね!「沖縄」です。

今日にゲストに来ていただいたのは、この「沖縄」出身の
女子プロゴルファーです。
この寒い時期「ゴルフ」でなくても憧れの場所「沖縄」。

今週はこの沖縄のこと!ゴルフ環境のこと!
ゲストの女子プロ金井智子プロにお話をうかがいました。


金井プロは、
1983年生まれ、沖縄県出身。
ゴルフ歴は16歳から。
東北福祉大を経て、沖縄に戻り宮里優さんに弟子入り(?)。
そして、2007年プロ入会を果たし、
2009年にはステップアップツアーで優勝。
2015年はQT3位でツアーに参戦。賞金ランキング79位
という記録を残されています。

168センチの長身、エキゾチックな美人!です!
ちなみに金井プロの師匠は宮里優先生!
宮里藍ちゃんの活躍を見て、金井プロの音様が
弟子入りを進めたそうです。
そう!あの宮里兄弟のお父様が宮里優さん。
沖縄、いえ!日本のゴルフ界に多大な貢献をされている方です。
その宮里先生から伝授!されたレッスンもご紹介いただきました。


昨年はフル参戦ながら2016年のシードは
獲得出来なかった金井プロ。ステップアップツアーでの優勝経験もありますので
大好きな「沖縄」「沖縄の食べ物!」で心機一転!
そのダイナミックなゴルフで再度の活躍を期待しましょう!

*
*
2015年シーズンの女子プロゴルフツアーも先月終了しました。
賞金ランキング50位以内に入り、来年のシード権を獲得した
選手たちは一息入れて、この華やかな12月の雰囲気を
楽しんでおられると思いますが、、シードを逃した選手、
今年シードを持たないで戦った選手たちは
12月に入ってもう一つの熱い戦いを繰り広げています。
それが「QT」です。

「QT」、LPGAツアーのファイナルクオリファイリングトーナメントです。
この順位で来年の出場試合のチャンスが大きく違って来ます。
実はこの「QT」、8月から11月にかけてファースト、セカンド、
そしてサードと行われていまして、今回のファイナルには
この戦いを勝ち抜いた選手、今年のトーナメントのシード権を持ちながら
成績によりシードを獲得出来なかった選手達、
合わせての戦いになります。

通常の4日間のトーナメントと同じ、4日間プレイして
最終成績で上位35位前後の選手が、来年のレギュラーツアーの試合に
ほぼ出場出来るとあって、まさに「QT」は来年の女子プロ達の
「職場」をめぐる争いなんです。

今週は12月1日から4日まで千葉県、紫カントリークラブ・
すみれコースで行われた、このファイナル「QT」の最終日を取材、
ラウンドの後のプロたちの声をお届けしました。

まずは、ツアー2勝を挙げている比嘉真美子プロに
お話をうかがいました。
今年、シード権を持って戦いながら賞金ランキング95位で
シード権を失った比嘉真美子プロ、今回のQTファイナルの結果は
18位と健闘されました。

比嘉真美子プロ、実は今回ある作戦を持ってこのQTに臨みました。
それが「ドライバー」を抜いていて戦う事です!

実は、比嘉真美子プロは飛ばし屋で知られています。
260ヤードを越えるドライバーショットが持ち味、
昨年のドライビングディスタンスでも1位に輝いています。
その選手が「ドライバー」を抜いて戦うなんて、
よほどの決心だったと思います!
ここに このQTの戦いの厳しさが伝わって来ますよね。

比嘉真美子プロは沖縄県出身 現在22歳。ナショナルチームのエースとして活躍。
日本女子アマ選手権2連覇、そして、2012年プロ入り。
2013年、10代で2勝を挙げ、賞金ランキング8位、
2014年の賞金ランキング45位。
この頃は、、お話にもありました、、
「男子は松山英樹、女子は比嘉真美子」
と将来を大きく期待されていました。

しかし、2014年の後半から不調に苦しみ、
今年、シード権を失い、このQTにすべてをかけて戦いました。

結果、QTランキング18位を獲得。
ドライバーを封印、3番ウッドのティーショットのお陰で
ショットもパターもいい感じになって来たそうです!

来年「豪快なドライーバーショット!」そして「優勝」で
比嘉真美子プロの復活、期待したいですね!

さて、この番組にも以前出ていただいたあの女子プロも
QT上位通過されました。笹原優美プロです。


笹原プロ、今年はQTランキング(61)でなかなか試合に
出る事ができず不本意なシーズンを過ごしましたが、
今回は4日間72、73、72、73と安定したスコアで14位で、
QTファイナルを終えられています!

昨年は最終日に崩れその悔しい思いを1年間胸に
がんばってきたという事!
長く、苦しい1年だったと思いますが、メンタル面でも一層
成長したと思います。
来年の活躍お祈りしています。

そして、今回のQTで第3位というすばらし成績を残された
この女子プロが斉藤愛璃プロです。


2011年プロ入り。2012年に初優勝し、シード権を獲得。
しかし、その後2014年、15年とシード権を逃し、
今年も賞金ランキング67位でシード権獲得する事は
できませんでしたが、その秘められた実力、ポテンシャルは高く評価され、
まさに2勝目が待ち望まれているプロです。

QTファイナル3位と最高の結果を残された斉藤愛璃プロ、
来年は「優勝」期待出来そうですね!
*
*
今回のレッスンは「リストコック」。
さて、11月大好評だった勝又優美プロの「ゴルフ上達キーワードレッスン」。
今月も4つの「キーワード」を選んでお届けます。

今週は「リストコック」(コッキング)とは!?
正しいリストコックを身につけることで、クラブヘッドが走り、
飛距離を伸ばすことができます!
せひ、動画を見て、正しいリストコックを身につけ、練習やラウンドに活かしてください!

また、勝又プロは雑誌「GOLFコミック」の巻頭カラーレッスンでも登場されています。
こちらも合わせて是非ご覧ください!

*
*
今年春から始まった女子プロゴルフツアーも、
先週の「LPGAツアーチャンピオンシップ」で最終戦、
全37試合が終了しました。

その中で今年も若手の選手の活躍が目立ちました。
どんどん新しい選手が登場、そして、表純子プロのようなベテランも
がんばっている!これが日本女子プロゴルフの魅力ですよね!

でも、その魅力は厳しいシード争いの戦いの上に
なりたっています。
賞金上位50選手に与えられる来年のシード権。
今年新たに獲得したプロ、そして残念ながら失ったプロ!
結果を受け入れて、それぞれにもう来年の試合に向けて
動き始めてます!
今日は、来年のシードを確保した有望若手選手の
喜びの声をお届けしました。

永峰咲希プロです。


永峰プロは、
1995年生まれ、宮崎県出身。
アマチュア時代からナショナルチームの一員として活躍。
2012年の日本女子オープンでは「ローアマ」に輝き、
2014年プロテスト合格。その後もLPGA新人戦でも2位という成績を収め、今年はQTランキング37位の成績でレギュラーツアーの出場権を得て臨み、 出場試合数32試合(確認) ベスト10入り8回と活躍。
獲得賞金39位で来年のシード権を獲得されています。

永峰プロ、、昨年のファイナルQTで劇的なプレイもあって
プレッシャーに強いという評判です。
難しいロングパット、アプローチなんかの時には、
まずいろいろ分析をした上で最後は、「誰が打っても難しいのだから!!」
と開き直って、思い切ってプレイすることを心がけているそうです。
こんなところがピンチに強い、プレッシャーに強い永峰プロの
魅力ですね。

2016年シーズンも応援しましょう!
*

Message 番組の感想やメッセージをお寄せください。 メッセージを送る

Podcastを登録する

※iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録することができます。

Podcast RSS

※iTunesなどのpodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。

*

パーソナリティ 松本あゆ美

11月24日生まれ、群馬県出身。
日本女子大学理学部数物科卒業後フリーアナウンサーに。ゴルフ歴は約7年。大学3年生の時に祖母に勧められて始める。テレビ東京「ゴルフ宮里道場」を担当してから本格的にゴルフに取り組む。

page top