• TOKYO FM
  • FM OSAKA

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー On Air 7:30〜7:55 Saturdayアース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

現役のツアートッププロから、2020年に向けてLPGAでの活躍が期待される新人まで、夢に向かって頑張る女子プロゴルファーを応援するプログラムです。

*
「左足の足の裏と指で大地を掴んでスイング!!」

お姉さんの絵梨藻プロのレッスンは「左手を意識してスイング!」でしたが、
妹の真梨藻プロの今回のレッスンは同じ左でも「左足に気をつける!」がレッスンです。

飛ばそうと力を入れてスイングすると、フニッシュがうまくとれずにぐらついてしまう方が多いと思います。
それではボールの方向の安定度が低くなります。
    
そこで「左足の足の裏と指で大地をつかむように意識しながらスイング!」

そうすると無駄な体重移動や振り過ぎを抑える事が出来てスイングが安定、ボールの方向性や飛距離も安定します。
左足の裏を意識した池内絵梨藻プロのレッスン、是非次回のラウンドで試してください。
*
*
女子プロゴルフ界にも双子でプロとして活躍されているかたがいらっしゃいます。
以前この番組にも出ていただいた「久保啓子、宣子」プロもそうです。
そして先日、ステップアップツアーで優勝し、ゲストにいらしてくれた池内絵梨藻プロもそうです!
その池内絵梨藻プロの双子の妹さんが今朝のゲスト池内真梨藻プロです。

池内真梨藻プロは、兵庫県生まれの高知県育ち、お母様の影響でゴルフを始め、
高知県、名門明徳義塾高校を卒業! お姉さんの絵梨藻さんも一緒になんと!
2010年に姉妹で同時にプロテストに合格されています。

たった6分間しか違わないけど絵梨藻さんはお姉さん気質、真梨藻さんはやっぱり妹気質の甘えん坊で1日に何度も絵梨藻さんに電話をしてしまうようです。
    
でも、お互いを思いやる気持ちは誰よりも強く、番組内で絵梨藻さんのステップアップツアーのエピソードを話されていた時には、
真梨藻プロ思わず涙をこぼされていました。
    
実は、真梨藻プロ今年は首痛の影響もあって思うようなゴルフが出来ない状態が続いていると言う事ですが、何とか早い回復を目指して、
QTでも頑張りたい!ということです。応援しましょう!
 
ちなみに、、人気者の池内真梨藻プロ、絵梨藻プロですが、ブログも大人気で、そのブログを拝見したら食欲が止まらない!と書かれていました!
リンクはコチラ。
是非、食べて直して、姉妹2人揃っての活躍を期待しましょう!
*
*
今週も、伊藤栞奈プロによるティーショットの攻略法をお届け!
3回目は、374yard PAR4のティーショット攻略法をザ・カントリークラブ・ジャパンからお届けします。

左は、OB。右はきつい傾斜。落としどころの難しいホールです。

まずベースとして、考えすぎれば、考えすぎるほど体は硬くなるので、「しっかりここに打つ」という強い気持ちで、臨みましょう!

続いて、プロはフェアウェイの傾斜がやや左に傾斜しているのを考慮して、センター方向やや右を目標にルーティーンを大事にしてスイング。
目標を決めたら、ルーティーンを大事にスイングしてください。

*
*
今週は、今年ツアーデビューした注目の新人!三ヶ島かなプロのお話をお届けします。

三ヶ島かなプロは福岡県出身。ゴルフ歴は10歳から。
1996年の7月13日の生まれということで、
2ヶ月前に20歳になったばかりです。

   
九州ジュニアゴルフ選手権 優勝
九州高等学校ゴルフ選手権春季大会 優勝
など、輝かしいジュニアでの成績を残されています。    

昨年のプロテストでは残念ながら2打差で不合格となりましたが、
QTでがんばり、今年はランキング5位の成績でレギュラーツアーに参戦中です。

5月は初の公式戦ながら初日4アンダー!で大きな話題に!
その後の試合でも8位タイと初のベスト10入りを記録。
後半戦は初戦で予選落ちした以降は(これまで)9試合予選落ちなし!という頑張りを見せています。

現在の賞金ランキング50位台、、いきなりのシード獲得に向けて後半戦期待の女子プロです!

三ヶ島かなプロ、、その新人ばなれしたプレイとは別にご本人の素顔はとってもかわいくて、守ってあげたくなるような印象で、私はお会いしてすぐに妹にしたいなー!と思ってしまいました。
勝手にすいません!

ちょっと癒し系の素顔ですがと秘めた強いゴルフへの思いは熱く、とてもしっかりされています!後半戦の活躍、シード獲得に期待したいですね!

帽子のロゴは三ヶ島かなプロのスポンサー「RUNTEC(ランテック)」さん!

*
*
「ドライバーの飛ばし方のコツは??
 飛ばしたい時ほど力を抜こう!」

ドラコンホール!「ここは飛ばしたい!」と思うとどうしても力が入ります。
そうするとクラブが上から入ったり、スピンが多くなったりして飛距離をロスしてしまいます。

葭葉 ルミレッスンは、「ここは飛ばしたい!」と思ったら「まず力を抜きましょう!」ということです。
そうすると、まっすぐ飛ぶし、余計なスピンがなくなり飛距離もランも出る!そうです。
「飛ばしたい時ほど力を抜こう!」覚えておきたいですね。

*
*
「AKBの指原に似ている」とネット上で注目を集める、葭葉 (よしば)ルミプロは東京都出身の23歳。
5歳の時にゴルフと出会い、小学校中学年から競技に参加。
高校入学後にプロを目指し、2012年に2度目の挑戦でプロテスト合格。
2013年にはステップアップツアーで優勝!2014年位はシードを獲得し、2015年にはツアーで3位になるなどの活躍、
また、この年予選会を勝ち抜いて全米女子オープンに出場し、14位と健闘しています。そして、今年7月に、念願の初優勝を飾られています。

実は葭葉 ルミプロは今年の3月にコース内の階段で足首を骨折、1ヶ月以上試合を休みましたが、4月後半からツアーに復帰、
6月のアースモンダミンカップでは初日首位で注目を集めましたが結果は9位。

でもこの経験を活かして、2週間後の7月の後半戦最初の試合で優勝を飾りました。
   
「アースモンダミンカップ」の初日の活躍で得たものが優勝への大きなきっかけになったと言う事です。
ちなみに、、足首骨折後、、1週間は寝たきり、でもその間に好きなスターウォーズのDVDを改めて全部見て元気をもらったそうです。
   
その葭葉 ルミプロが今はまっているのは、「バス釣り」。
アメリカに試合に行った時にたまたま訪れた釣り具ショップでバス釣りの道具を見て興味を持って、帰国後早速始めたそうです。
そして、今では同年代の女子プロの皆さんを誘って出かけるそうです。
たしか、、表純子プロも釣りが大好きとうかがったことがあります。

女子プロを虜にする釣りの魅力、、、自然の中でのスポーツ、、ゴルフと深い共通点があるのかも、、しれません!
「バス釣り」で気分転換して、後半の活躍も期待出来ますね!

*
*
今週は、伊藤栞奈プロによるティーショットの攻略法をお届け!
ザ・カントリークラブ・ジャパンからお届けします。
初回は、390yard PAR4のティーショット攻略法をお届けします。
まず、ティーショットで気をつけることは、「ドライバーの飛距離を考えて落としどころを決める。」
コースの左右を考え、障害物やフェアウェイの状態を考えて狙い所を決めましょう。
また、ティーグランドの前辺りは皆が使用して、ライが悪くなっていることもあるので、思い切って下がって打つのも○です!

*
*
9月最初の週末です!8月の後半は台風の影響もあって不安定なお天気が続きましたが、
この9月からはスポーツには最適な季節になって行きますから、ゴルフはもちろん、
いろんなスポーツを楽しみたいですね!

今週は、今年ツアーデビューした伊藤 栞奈プロのお話をお届けしました。

伊藤 栞奈プロはジュニアゴルフで活躍、地元千葉県の女子アマチュア選手権では
2012年、2013年と2年連続で優勝されています。

そして、ツアーデビューの試合となった6月のアースモンダミンカップでは
残念ながら予選落ちでしたが、7月のレギュラーツアーの試合では予選も突破されました。

実は、先日の2016年プロテストでは4日間3オーバー、3打たらず残念ながら今年の合格は叶いませんでした!
でも、現在はこの後のQTに向けて所属のコース ザカントリークラブジャパンで働きながら元気に練習に励んでいます!

プロテストに3打足らずに、、不合格、、、もしかして落ち込んでいるのでは、、と思い心配していたのですが、
元気一杯でおしゃべりしてくれました。

実は伊藤 栞奈プロ、高校生の時にテレビの番組でビートたけしさんとゴルフ対決して、それが縁で現在所属するコースで
プロを目指すようになったそうです。いろんな縁がありますね!

小柄な伊藤プロは飛距離が出ない!ということですが、飛距離が出なくても調子が悪くても一つ一つの確実なプレイでいいスコアは出してゆける!
だからゴルフは面白い!というお話、、私達女性ゴルファーにも勇気をくれる言葉でした。

そして、今回はこの伊藤プロの所属コース、名門ザカントリークラブジャパンでこの番組の収録、そして動画レッスン「アース製薬DREAM SHOT ゴルフクリニック」にも出演いただいたのですが、
収録や撮影の間に、とっても細かく気を使っていただきました!

1996年生まれ、現在19歳!どうして若いのに、、そんなに気配りが、、と思ったのですが、それは所属コースでの仕事にも秘密がありました。
ゴルフ場のマスター室で仕事をされていますが、お客様の希望に合わせてスタート時間をずらしたり、早めたりするのは非常に気配りの必要なお仕事、
伊藤プロはいろんな方に支えられて、自分もゴルフに打ち込めている事に気がついたそうです。

その感謝の気持ちを忘れずに、来年はきっとプロテスト合格を勝ち取ってくれると信じています。

ちなみに猫好きの 伊藤 栞奈プロ、おかあさんの手作りの猫のヘッドカバーがかわいいんです!
ゴルフコースで猫が飛んでいるという不思議な風景も!?
*

Message 番組の感想やメッセージをお寄せください。 メッセージを送る

Podcastを登録する

※iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録することができます。

Podcast RSS

※iTunesなどのpodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。

*

パーソナリティ 松本あゆ美

11月24日生まれ、群馬県出身。
日本女子大学理学部数物科卒業後フリーアナウンサーに。ゴルフ歴は約7年。大学3年生の時に祖母に勧められて始める。テレビ東京「ゴルフ宮里道場」を担当してから本格的にゴルフに取り組む。

page top