• TOKYO FM
  • FM OSAKA

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー On Air 7:30〜7:55 Saturdayアース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

現役のツアートッププロから、2020年に向けてLPGAでの活躍が期待される新人まで、夢に向かって頑張る女子プロゴルファーを応援するプログラムです。

*
今週も、PGMのスタジオから、牧野結美と岡村咲プロと春ラウンドが楽しみになる飛距離アップのマル秘スイング術についてレッスンしていきます。
アマチュアの方で高い弾道を打とうとするあまり、目線を上に向け、伸びあがり気味のスイングになってしまいがち。正しい目線の高さをつかみましょう。

高い弾はスピン量が多く出すぎてしまい、飛距離はあまり出ていないことがあります。
できるだけ目線は自分の目標方向に向け、ランでも飛距離を稼ぐイメージを持ちましょう。
*
*
3月が目の前に迫って来ました。今年も3月2日に沖縄からLPGAのレギュラーツアーが開幕します。
11月まで全38試合!
どんな華やかな話題が生まれるのか?どんなスターが誕生するのか?
楽しみですね!

さて、レギュラーツアーが開幕は3月2日ですが、この開幕戦に出場しないプロ,ステップアップツアーなどを中心に戦う選手は、
またそれぞれに試合の日程は違ってきます。

マンデートーナメント、スポンサー推薦などファンの皆さんもいろいろチェックしながら、
注目の選手の「開幕」試合を待っているのではないでしょうか?

今朝は、井上莉花プロの2017年にかける思いをうかがいました。
井上莉花プロは茨城県水戸市生まれ。お父様のすすめで10歳の時にゴルフを始め、
中学時代はバレーボール部のエースとして活躍!はじめはあまり熱心ではなかった
そうですが、地元茨城のジュニアの大会などでは優勝と活躍され、高校時代のゴルフ部でも
インターハイの団体戦で創部2年目で準優勝に導くという快挙を達成、プロを目指し、2014年には単年登録でツアーに参戦されています。
       
しかし、プロテスト不合格、QTでの上位もならず昨年はツアーに参戦ならず、
改めて今年プロテスト合格、そしてQT上位に向けて練習に励んでいます。

「ゴルフは難しいところが好き、優勝しても、ベストスコアが出ても100点満点ではない!
もしかしたらそんなゴルフに振り回されているのかもしれないけど、ゴルフで受けた傷はゴルフでしか癒せない!いつもずっとゴルフのことを考えていたい!」


そんな言葉が印象的な井上莉花プロでした。

覚悟を決めて臨む2017年。開幕の陰にはこんな一人の女子ゴルファーの思いもあることを改めて知ることができた、貴重なインタビューでした。
そして、井上莉花プロの今後の活躍も願わずにはいられませんでした。元気にまたプロの試合に戻って来てくれること待ちましょう!
*
*
今週も、PGMのスタジオから、牧野結美と岡村咲プロと春ラウンドが楽しみになる飛距離アップのマル秘スイング術についてレッスンしていきます。
アマはトップからダウンスイングにする際、手から始動しがちで、インサイドアウト軌道になってしまうと、ヘッドスピードが上がりません。
正しいボディターンを身に着けて、球に力を伝えましょう。
トップからの切り替えしの際に、左足の親指をぎゅっと踏み込み、ボディーターンをすることで、左足を軸にクルッと回ることで、弾に力を伝えます。
*
*
今朝のゲストは岡村咲プロです。

昨年ご結婚され話題を集めた岡村咲プロは、徳島県出身の現在24歳。
10歳からゴルフを始め、ジュニアの大会で活躍し、高校卒業後にプロ転向。
2013年にレギュラーツアーの出場権を獲得しています。

しかし、高校時代から強いアレルギーに苦しみ、2016年はそのアレルギーの治療のため試合を休養されています。 
ちょうどこの時期は花粉症に悩まされている方も多いと思いますが、ゴルフ場も特に花粉の多い場所、ラウンド中にもマスクが欠かせない方は大変ですよね!

実は私も花粉症がひどくラウンドはもちろん日常生活にもマスクが欠かせません。
でも、マスクをつけてのラウンドは息苦しくなったり、集中力が途切れたり、スコアにも大きく影響します。

岡村咲プロは、まさにそんなマスク姿の女子プロゴルファーとして話題を集めましたが、花粉以外にも食物アレルギーのために外食ができずに、
キャンピングカーで自炊しながらツアーを転戦していたという大変なエピソードをお持ちです。

現在は治療を進めると同時に食事の摂り方なども勉強中、少しでも早くツアーに復帰出来るように努力を重ねられています。

でも、どんな状況でもプロゴルファーは結果を出すことが求められます。
アレルギーをハンデとして苦しみながらも、前向きに治療と努力を重ねる岡村咲プロの早い復帰を望みたいと思います。

今回、動画レッスンでは、その岡村咲プロの飛距離アップレッスンをお届けしています。
題して!「春ラウンドが楽しみになる!飛距離アップのマル秘スイング術!」
飛距離アップの秘訣を集大成してご紹介しています!そこでも岡村咲プロの元気な姿とお話を聞くことができます。是非、チェックしてみてくださいね!
*
*
今週からは、PGMのスタジオから、牧野結美と岡村咲プロと春ラウンドが楽しみになる飛距離アップのマル秘スイング術についてレッスンしていきます。
ゴルフは、ボールをたたくというよりも「運ぶ」スポーツ。

ほとんどのアマが飛距離を出すためには、インパクトを重視してしまいがちですが、飛距離を出すには、ヘッドスピードの最速は、インパクト後に迎える必要があります。
クラブをさかさまにもって、インパクト後に音がなるよう。
ポイントはボールを無視して、フィニッシュで3秒ほど止まるイメージでスイングしましょう。

*
*
今朝は2002年プロ入り、優勝回数はメジャーを入れて6回という人気、実力ともLPGAを代表する名選手、茂木宏美プロをゲストにお招きしました。

茂木宏美プロ、ご出身は群馬県みどり市、桐生女子高等学校時代バドミントン部の
エースとして活躍されますが、高校3年生の春、テレビの「マスターズオーナメント」
中継を見て感激、ゴルフの道に進まれます。1996年、高校卒業と同時に研修生としての
キャリアをスタート。帯同キャディ−も経験後、プロへの思いをより強くし、
2002年プロテストに合格。2003年ステップアップツアーで初優勝を飾り、初シードも獲得、2004年に初優勝。

その年2勝を挙げ、2007年、2008年にも優勝と活躍。2010年にご結婚、翌2011年にはミセス初Vを達成、
そして、2013年には国内メジャーも獲得されています。
2014年2月12日には長女「若菜」ちゃんを出産されています。

茂木浩美プロは昨年、賞金ランキング51位ということで、なんと賞金額3万円の差で
残念ながらシードを逃し、今年のツアーの不参加を表明されました。

茂木プロは今回、今年のツアー不参加についてこう語られました。
「ここ数年シードを取れても優勝争いをできない自分に満足出来なかった!
シードをかけた今年最後の試合の最終ホールで、自分の順位やプレイを見つめ、その場で決断」されたそうです。
女子プロとしての自分の進退はグリーンの上で決める!
ここに茂木宏美プロのプロとしての信念。誠実さが感じられます。

でも、茂木プロの目はもう既に未来を見つめています。
長女の「和奏(わかな)」ちゃんを連れて、出産後にツアーに復帰した時、
ライバルであるはずの女子プロの皆さんに本当に良くしてもらい、助けられたこんなすばらしい女子プロのみんなに何か恩返ししたい、
そのためにまずは女子プロの魅力を伝えてゆきたい、、そんな思いを持たれているそうです。
茂木プロ
茂木プロ!お疲れさまでした。
そして、これからのゴルフ界でのご活躍をお祈りしています。
*
*
牧野結美が鎌田ハニープロのレッスンを体験!ワールドゴルフクラブからお届けします。
今週のテーマは、「3球連続打ち」。
自分の正面に球を縦に3つ並べて、その球を3球連続でアイアンで打ちます。

1球目は普通に構え、打ちます。
打った後のフォロースルーからテークバックにそのまま戻り、
続けて、次の球を打ちます。

テンポ、リズムを養い、強いインパクトのタイミングを養いましょう。

初心者の方ははじめはハーフショットからはじめ、
上達してきたら、だんだんテークバックを大きくしてみてください。

*
*
月に入り、女子プロゴルフツアーの開幕まで1ヶ月を切りました。
もうすこし我慢すればゴルフ界には一足早い「春」、ツアーの開幕が訪れます。
「それも待ちきれない!」というかたは、この番組で女子プロのみなさんの
素敵な声と魅力に触れて、暖まってください。

今朝は2017年のレギュラーツアーでの活躍が期待されるQTランキング上位選手の一人、
QT6位の柳澤美冴プロをお迎えしました。

柳澤美冴プロは10歳からゴルフを始め、法政大学在学中にプロをめざし、
2012年にプロ入会。昨年のレギュラーツアーでは賞金ランキングは75位で
残念ながらシードにには届きませんでしたが、2017のQTランキング6位で
6年目のシーズンにツアーに参戦します。

柳澤プロ、実はジュニアゴルファーとして活躍したあと、高校は東北高校に進学されます。
しかし、東北高校はプロゴルファーを多く輩出している名門校、他の選手達とのあまりの実力差に
ショックを受け、レギュラーにもなれず、大会に出場できる機会も少なく、一度はプロをあきらめたそうです。
しかし、大学時代にもゴルフ部に所属、その大学時代に改めて自分のゴルフの実力を高め、活躍、それをきっかけにプロを目指したということです。

プロゴルファーにならなかったら、キャビンアテンダントになることも考えていた、、という柳澤美冴プロ、女性の私から見ても
機内でサービスしてもらいたい!!そんな素敵な雰囲気をお持ちでした!

柳澤美冴プロが尊敬する選手は同じ地元、群馬県出身の茂木宏美プロ。
同郷ということで助言を求めることもあり、その都度とても丁寧に教えてくれる茂木プロを目標として頑張って行きたいそうです。

実は、、柳澤美冴プロは私と同郷の群馬県出身ということで、無条件に親しみを感じましたが、
群馬県というと、、「かかあ天下と空っ風!」まじめで働きものが多いというのが群馬の女性の魅力です。

2017年のレギュラーツアーでの要注目プロ!群馬女子の底力見せてくださいね!
*

Message 番組の感想やメッセージをお寄せください。 メッセージを送る

Podcastを登録する

※iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録することができます。

Podcast RSS

※iTunesなどのpodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。

*

パーソナリティ 松本あゆ美

11月24日生まれ、群馬県出身。
日本女子大学理学部数物科卒業後フリーアナウンサーに。ゴルフ歴は約7年。大学3年生の時に祖母に勧められて始める。テレビ東京「ゴルフ宮里道場」を担当してから本格的にゴルフに取り組む。

page top