• TOKYO FM
  • FM OSAKA

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー On Air 7:30〜7:55 Saturdayアース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

現役のツアートッププロから、2020年に向けてLPGAでの活躍が期待される新人まで、夢に向かって頑張る女子プロゴルファーを応援するプログラムです。

*
恵比寿にあるGOLF PLUSから照山亜寿美プロにお越しいただき、
話題の弾道測定器、「TRACKMAN」を使用したレッスンをお届け!

LESSON3「クラブ軌道を知る」
TRACKMANの「クラブパス」とは、クラブの入り方の軌道を計測することが可能です。
クラブパスの数値をなるべく+-5の間でなるべく0に近い値が理想値となります。
ちなみにプロの値は、1.31!
みなさんも自分のクラブ軌道をチェックして、再現性を高めましょう。
null
*
*
夢に向かってチャレンジする「女子プロゴルファー達」の
声をお届けするアース製薬「DREAM SHOT〜輝け!ゴルファー」
2017年の締めくくりは加賀其真美プロにいらしていただきました。

null

福岡県出身、九州のジュニアで活躍、沖学園高等学校に進学。
2012年にプロテストに合格されています。現在も福岡を拠点にツアーに参戦されています。
今回はわざわざ福岡からいらしていただきましたよ。

加賀其プロの魅力はその躍動感溢れるアイアンショットです。

ご本人はパターが得意ということですが、美しいアイアンショットのスイングは
トーナメントで遠くから見ても、躍動感に溢れてすぐわかるほど。
  
今回は、そんな加賀其プロにトラックマンを使ってスイングを分析しての
特別レッスンもお願いしました。
null
null
null
null
null
1月のスコアアップコラムでご紹介しますので、是非チェックしてください。

実は加賀其プロの趣味はトレーニング。自身のインスタグラムでもトレーニング中の写真などをアップされています。
そちらも是非チェックしてくださいね。

https://www.instagram.com/mami_kagasono/

さて、2018年の女子ゴルフツアーの日程も発表されました。
開幕戦は3月1日の沖縄でスタート、11月まで今年と同じ38試合。
賞金総額37億2500万円。今年より493万円多くなりました。
これで6年連続の史上最高額を更新です。

また、来年はより競争が活性化されるように、リランキング制度が導入されます。
6月と9月に、獲得賞金でシード以外の選手の出場優先順位が見直されます。

今年のQTの結果だけではなく、シーズン前半に調子を上げてきた選手にもチャンスが与えられるということで、このオフ次第では選手が活躍できる
可能性も広がります。
そして、その前半のランキング見直しのポイントとなる試合が毎年6月後半に行われる「アースモンダミンカップ」です。
2018年は6月21日から4日間、千葉県、カメリアヒルズカントリークラブで開催されます。
今年この大会で優勝した鈴木愛プロまで3年連続で、「アースモンダミンカップ」の優勝プロが、その年の賞金女王に輝いています。

賞金女王のゆくえ、そしてリランキングに向けて大きな注目を集める
ビッグトーナメントとして「アースモンダミンカップ」
2018年も見逃せない試合になりそうですね。
*
*
恵比寿にあるGOLF PLUSから照山亜寿美プロにお越しいただき、
話題の弾道測定器、「TRACKMAN」を使用したレッスンをお届け!

LESSON2「ミート率を知る」
ミート率はボールスピード➗ヘッドスピードの数値で、理想は1.5
飛距離を伸ばすには、スイングスピードをあげるだけでなく、
スイートスポットに当て、ミート率を向上させることで飛距離が伸びます。
null

*
*
今週は先日12月19日に行われた第1回神奈川レディースオープン
カーセブンカップの模様をご紹介しました。
null

ゴルフ界とゴルファーをもっと元気にしたい!オリンピックという
夢に向かって貢献したい!そんな熱い思いを持った女子プロが集まり、協力しあって
実現した第1回神奈川レディースオープン。

神奈川県に在住、 神奈川女子プロ会「KLT」に所属、もしくは推薦、
及び神奈川県のゴルフコースに所属、ゆかりのある女子プロ60名と
アマチュア20名が参加して 神奈川県、戸塚カントリー倶楽部西コースで行われました。

先週のゲスト佐藤プロも元気に出場!

運営を行う女子プロの熱い思いと、それを応援する企業や
活動に共感した地元ゴルフコースがひとつになってこの日を迎えました。
その思いが通じたのでしょう、、、この日は快晴、気温も14度まで
あがり、絶好の冬ゴルフのコンデショントなりました。

null
今年のQT1位高橋恵プロの豪快なドライバー!!


アンソンジュプロ、辻梨恵プロ、福島浩子プロ、 葭葉ルミプロ、川岸史香プロ,
そして、不動裕理プロなどレギュラーツアーでおなじみの選手も参戦して熱い戦いを繰り広げました。



14番ホールにはホールインワン賞も!

さて、優勝に輝いたのは72のイーブンでラウンドされた福島浩子プロ。
2位は天沼知恵子プロ、植竹希望プロ、鬼澤信子プロ、黄アルムプロでした。

null

「ゴルフ界のためにもっとがんばりたい!」と優勝した福島浩子プロ。
その思いは今回参加した女子プロ、アマチュア、そして実行委員会の代表を務めた
祖父江歩プロを始め神奈川女子プロ会KLTメンバー全員同じです。
来年の第2回大会は観戦可能になるということですので、楽しみですね!

null
*
*
恵比寿にあるGOLF PLUSから照山亜寿美プロにお越しいただき、
話題の弾道測定器、「TRACKMAN」を使用したレッスンをお届け!

LESSON1 「スピン量を知る」
照山プロのドライバーのスピン量は、2550。
アマの方でも1500から、2500回転が理想。
あまりスピン量が多すぎてしまうと、球が浮いてしまい、距離が出ない球になってしまうので、注意しましょう。
null
*
*
アース製薬「DREAM SHOT〜輝け!ゴルファー」、今朝は、佐藤千紘プロをお迎えしました。

null

佐藤千紘プロは横浜市出身。4歳からゴルフを始め、明治大学女子ゴルフ部では主将を務められています。
プロ入会は2014年ですが、実は佐藤千紘プロは明治大学出身の初めての女子プロなんです。
   
そして、私、松本あゆ美はその佐藤プロの大学生時代に取材で一度お会いしています。
その頃から主将として部員を引っ張ってゆくリーダーシップや存在感は抜群でした。
大学受験では女子ゴルフ部を当時のCリーグから、自分も一緒にがんばってより実力の高いAリーグを目指すと宣言、
在学中は本当のその言葉通り明治大学女子ゴルフ部をAリーグへと成長させています。
  
また、大学時代に一度は他の学生と同じように就職活動もされたそうですが、
ある企業の面接監の方に言われた、「ここでゴルフをやめてもいいの?」
という言葉に改めて自分を見つめ直して、プロゴルファーへの道を目指したそうです。
ちなみに佐藤プロの大好物はこのグミ、、「HARIBOのガミベア」です。
null
本当に大好物でラウンド中にも食べたして、エネルギーを補給していそうです。
ラウンド中にグミ、、これはいいアイディアですね。
私も早速真似してみたいと思います!

さて、佐藤プロは横浜市出身ですが、12月19日には
神奈川女子オープンが開催されます。
この大会はかつて行われていた神奈川オープンを復活させようという女子プロ有志達が集まり、力を合わせて
スポンサーにお願いして今回復活、実現した大会です。

佐藤千紘プロはもちろん、辻梨恵プロ、川岸史香プロ,下川めぐみプロなどの神奈川在住の女子プロはもちろん、アマチュアも参加しての
華やかな大会になりそうですね。

当日の一般ギャラリーの観戦は不可ですが、この番組でしっかり取材してその様子をお届けしたいと思います。お楽しみに!
*
*
日本の女子プロゴルフツアーも11月末で今期の日程を終え、
先週は日本、韓国、欧州、オーストラリアの4ツアー代表選手による対抗戦、
ザ・クイーンズが行われ、見事日本チームが優勝しましたね! 

賞金女王の鈴木愛プロ、そして、最も勝ち点を獲得、
まさにMVPの活躍をした川岸史香プロ、そして、成田ジャパン!
キャプテンを務めた成田美寿々プロの存在感も光りました。

さて、そのザ・クイーンズに先立ち、11月28日から12月1日まで
来年のツアーの出場をかけたファイナルQTが行われました。
   
この結果次第で2018年の出場試合が決まってくるということで、
結果を受けてのプロの表情はまさに様々。

今年はシード選手としておなじみだった原江里菜プロ、金田久美子プロ
そして、藤田光里プロなどがQT出場となり、また、勝みなみプロなどの「黄金世代」と呼ばれる有望な若手の選手も
多く出場、注目を集めました。

null

今週はこのファイナルQTから、出場した選手たちの声をお届けしました。
まず、お届けしたのは2017年、QTファイナル最終日を4日間をイーブンで回り33位となった亀田愛里プロ。
  
null

この番組にもいち早く出演してくれたことのある亀田愛里プロは、2014年のプロ入り。
この2年間は怪我もあり、出場試合も限られ、苦しいシーズンを送りました。しかし、今回のQTではファイナルに残り、
33位とついにレギュラーツアーにほぼ全試合出場できる、順位を獲得しました。

悔しい思いをした2年間の思いが涙となって溢れてきたのかも、
しれません。2018年シーズンの亀田愛里プロ活躍を見守りましょう!

続いてはQTファイナル4日間、1アンダー22位という成績をあげた江澤亜弥プロ。

null

愛らしい笑顔が人気の江澤亜弥プロ。プロ入りは2013年。
2016年は苦しいシーズンを送りましたが、今年はレギュラーツアー8試合に出場、3試合で予選突破。ステップアップ
ツアーでもベスト10に2度入るなど復調の兆しを見せていました。
来シーズン活躍を多くのファンが期待しています。
  
続いては2018年のレギュラーツアー注目の若手選手の一人、三浦桃香選手です。
   
2018年のレギュラーツアー注目の選手の声。2人目はこのQTでイーブン、34位という成績の三浦桃香選手です。
null
   1999年生まれ、宮崎県出身。168センチの身長を生かしての
   ドライバーの飛距離は280ヤード超えという実力者。

   7月に行われた今年のプロテストでは1打及ばず合格は
   果たせませんでしたが、2018年の活躍が楽しみな選手の一人です。
   実は今年交通事故にあい、体調が心配されましたが、34位という
   成績で、、ほっとした表情でインタビューに答えてくれました。
   2018年、三浦桃香プロとして新たな挑戦が始まります。

   11月28日から12月1日まで4日間、兵庫県、有馬カンツリークラブ
   で行われた2017年のファイナルQT ファイナルクォリファイリングトーナメント。
   一般の観戦は認められていませんが、
   会場のクラブハウスには選手の家族、関係者、そして私たちメディアが
   数多く駆けつけ、独特の緊張感に包まれた中、選手のラウンドが行われました。

   この中で35位以内程度の順位に入ることができれば、シードがなくても
   2018年はレギュラーツアーへの出場も可能になります。

   ただし、来年からはリランキング制度が取り入れられ、
   このQTの順位による出場は6月の前半、アースモンダミンカップまで
   となり、その後は前半戦の成績も含めての新たなランキングが
   行われます。これによりこのQTファイナルの結果だけがすべてではなく、
   この後の女子プロそれぞれのがんばりによってもツアー出場のチャンスを
   作り出すことができるようになりました。
   
   QTの結果受けての女子プロ達の女子プロのオフシーズンの戦いは既にスタートしています。

null
*
*
11月26日、2017年の女子プロゴルフの試合も宮崎県、
宮崎カントリークラブで行われたLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで幕を閉じ、
ついに賞金女王が決定しました。

もうご存知ですね!鈴木愛プロが初めての賞金女王に輝きました。

null

この試合を迎えた時点で賞金女王争いは鈴木愛プロ、キムハヌルプロなどの4人に絞られていました。
鈴木愛プロは単独6位以上であれば自力で賞金女王が確定することになっていましたが、プレッシャ–のためか
2日目、3日目とスコアを伸ばせす、最終日を13位タイで迎えます。

しかし、最終日ラウンド、苦手という雨の中でもボギーなしの69で周り、7位タイに入り栄冠に輝きました。

この試合、優勝は大会新記録の15アンダーを記録したテレサループロ
でしたが、鈴木愛プロが5アンダーでラウンドを終えた時点で、
賞金女王のゆくえは最終組2位でラウンドするイミニヨンプロの成績にかかっていました。

イミニヨンプロが賞金女王を獲得するためには優勝が絶対条件、しかし、結果は11アンダーの2位となり、その順位が確定した時点で 
鈴木愛プロの7位タイと賞金女王が確定しました。

最終のラウンド、、大きなプレッシャ–の中で難しいパットを次々に決め、スコアをしぶとく3つ伸ばした結果が、他のプロのスコアはどうあれ
鈴木愛プロに賞金女王の栄冠を「自力」でもたらしました。

最終組がラウンドを終えるまでの間、鈴木愛プロはもちろん、関係者もハラハラドキドキ、
試合後のインタビューも喜びを爆発させるというよりも、やっと決まったという安堵感と
全力を使い果たした達成感が伝わってくるものになりました。

null

鈴木愛プロは1994年生まれの23歳。賞金女王の受賞は始めて。
2013年の森田理香子プロ以来、4年ぶりの日本ツアー、日本人プロの賞金女王の誕生です。

今シーズンはアースモンダミンカップなどビッグトーナメントで2勝をあげ、トップ10入り16回、平均ストロークは4位ですが、
練習量はとにかくトップクラス。
雨でも風でも、暗くなっても毎日遅くまで練習グリーンに残り、パッティグ練習を続けてきました。

2014年に日本女子プロ選手権に大会最年少で優勝、ツアー5勝。それから3年目での栄冠。
圧倒的な練習量がまさに頂点を極めた一番の原動力でしょう。

そして、1昨年、昨年のイボミプロ、そして、今年の鈴木愛プロと
6月のビッグトーナメント、アースモンダミンカップを制したプロがその年の賞金女王に輝いています。
まさに真の女王はアースモンダミンカップで確定すると言っていいかもしれませんね!

アースモンダミンカップ、、そして最終戦で見せた鈴木愛プロの私たちをわくわくどきどきさせてくれる自作自演のドラマチックなプレイ。
そんな魅力的なゴルフで来シーズンも私たちを楽しませて欲しいですね。

null
実は、イボミプロのインタビューの途中で、すぐ横にテレビインタビュー
スタンバイする鈴木愛プロの賞金女王が確定しましたが、
それを真っ先にハグで祝福したのがイボミプロでした。

賞金女王を決めるまでのプレッシャーや苦しさなどを知っている2人だけの通じ合うこころ、、。今年最高の
女子プロのスポーツマンシップのかがやきを見せてくれた一瞬でした。
*

Message 番組の感想やメッセージをお寄せください。 メッセージを送る

Podcastを登録する

※iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録することができます。

Podcast RSS

※iTunesなどのpodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。

*

パーソナリティ 松本あゆ美

11月24日生まれ、群馬県出身。
日本女子大学理学部数物科卒業後フリーアナウンサーに。ゴルフ歴は約7年。大学3年生の時に祖母に勧められて始める。テレビ東京「ゴルフ宮里道場」を担当してから本格的にゴルフに取り組む。

page top