• TOKYO FM
  • FM OSAKA

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー On Air 7:30〜7:55 Saturdayアース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

現役のツアートッププロから、2020年に向けてLPGAでの活躍が期待される新人まで、夢に向かって頑張る女子プロゴルファーを応援するプログラムです。

*
さあ、2018年1月ももう後半です。なんとなく春までもうひとガマン!
と、寒さですこしスローダウンしていた私、夏目愛美の100切りチャレンジも再始動です。今年も私だけではなく、皆さんのスコアアップに繋がるいろんなゴルフの話題、
レッスン、ラウンドレポートをお届けしますよ。

結局、去年は100切りを達成できませんでした(涙)が、また、このスコアアップコラムを通じてマジに100切りチャレンジするリアリティーゴルフライフをお届けします!
null

さて、シーズン2の1回目は今、アメリカと日本で再び熱い注目を集めている!あのブランドのゴルフウエアをご紹介します。
null

私、夏目愛美も大注目、今、一番気になるゴルフウエアが「CHAMPION GOLF」です。
CHAMPIONと言えばアメリカのスポーツウエアとして超有名ですよね。
なんと創業は約100年前の1919年、ニューヨークで創業しているそうです。
「キング・オブ・スウェットシャツ」として親しまれ、多くのファンに愛用されている、まさにアメリカンヴンテージのひとつです。
null

このスエットシャツのもとになっているのが、実は防寒用に開発されたウール下着で、軍のウェアにも採用されるほどの高い機能を持っていました。やがて、現在のスウェットシャツの原型が出来上がると、スポーツウェアとして注目され、1920年代後半には大学アスリートたちが愛用するのと同時に、学生のカジュアルウェアとして注目され、キャンパスライフのみならず、ストリートでもアメリカの若者の間に急速に浸透していったのです。ちなみに、CHAMPIONはオリンピックアメリカチームのユニフォームも担当していたそうですよ。まさにスポーツエリートのためのウエアです。

そのおなじみCHAMPIONからついにゴルフウエアが登場!それが CHAMPION GOLF
です。ヒストリーがもの語る優れた機能と、おしゃれなスポーツスタイルはまさに
冬のラウンドと練習のお出かけにピッタリです。
null

究極のカレッジスタイル!スエットとチノ。
アイビーリーグのキャンパス気分でグリーンを歩けます!もちろん街着としても大丈夫なので、レッスン通いや練習にもぴったりです!
null

こんな小物も楽しい!

私、夏目愛美も大注目の CHAMPION GOLF!!カレッジスポーツスタイルでモチベーションを高めて100切りもそう遠くないかも!
素敵なゴルフウエアがいっぱいあって、春はもう少し先だけど、冬ゴルフも楽しまないともったいないですよ!
null

ウエア協力 CHAMPION GOLF
http://www.hanesbrandsinc.jp/pages/GOLF.aspx

*
*
恵比寿にあるGOLF PLUSから下條江理子プロによる「ナイスショットを引き出すためのワンポイントレッスン」をお届け。
女子プロに打つまでに行う必ず決まったルーチンがあります。
女子プロも実戦するチェックポイントを理解し、ナイスショットにつなげましょう。

下條江理子プロのアドレスのチェックポイントは、「ボールの5cm前に目印を作る!」
アドレスは、ボールのすぐ前5cmのところに目印をつけます。
その目印に対して、クラブ位置を決めます。大事なのは、この時、スタンスは、まだ閉じていること。
ボールに対して、なぜ、5cmになるかというと、人間の目は、少しでも動くと、体の軸が動いてしまうので、体を捻転した際も、
アドレスしたときの視野の中に目印があることが重要です。
null

*
*
さあ、1月も最後の週末です。あと1ヶ月とちょっとで2018年女子プロゴルフツアー開幕です。
今週は2018年の女子プロゴルフツアー期待のプロをお招きしました。松森杏佳プロです。

null

松森杏佳プロは、2016年からツアーに参戦、2017年はフジサンケイクラシックスで3位タイに入るなどレギュラーツアーで活躍。
ちなみに、この時はお姉様の松森彩夏プロと姉妹で優勝争いを演じ注目を集めました。

2017年の賞金ランキングは74位。
今年はQTランキング19位で、前半戦ほぼ全試合に出場の予定です。
今回、松森プロはトレーニングを行った沖縄から戻られたばかり、そしてすぐに今度はまた、グアムに出発されます。
こちらはゴルフの実戦練習。昨年からの課題である100ヤード以内のショット、距離感を徹底的に磨いて開幕に臨むそうです。
   
また、昨年レギュラーツアーを経験、前半は好調、しかし6月後半から苦戦が続きました。
それを分析して得た答えが体力不足。
お姉様の彩夏プロも杏佳プロも170センチの長身、細身。
共に体重を少しでも増やして、1年間闘える体力を充実させたいそうです。

松森杏佳プロには1昨年、一度インビューをさせていただきましたが、その時と比べると今回は明るく、しっかりとした表情が印象的でした。
体力とともに気力も充実、そんな印象で活躍は確実!ですよ!

null

さて、レギュラーツアーでの初優勝を目指す松森プロの今年の武器となるのが、契約するテーラーメイドのニューギア「M3、M4ドライバー」です。
先日この新商品の発表会があり、田中秀道プロと一緒に松森杏佳プロも登場されました。
先日、ダスティン・ジョソンが430ヤードをワンオン(!)させたM4ドライバーは世界のゴルファーが今一番注目するドライバーのひとつです。
   
秘密はねじれフェイス!という最新テクノロジー。
このM4ドライバーはもちろん、新しいテーラーメイドのウエアもお気に入りという松森プロのショットとウエアにも今年は注目です!
null
*
*
寒い日が続いてはいますが、1日1日、2018年の女子プロゴルフツアーの開幕が確実に近づいています。
今から今年はどの大会を観戦にいこうかな?と計画を立てている方も多いのではないでしょうか?

3月1日の開幕、まさに一足早く春を届けてくれる存在が女子プロゴルフファーです。

さて、今日はこのレギュラーツアーだけではなくレジェンズツアーでも活躍する女子プロをゲストにお招きしました。
下條江理子プロです。
null
神奈川県川崎市出身。なんとOLの仕事をしていて、27歳の時からプロゴルファーを目指したという下條江理子プロ。
2000年にプロテスト合格。その2001年からツアーに参戦され、2017年はステップアップツアー、レジェンズツアーを中心に活躍、
レジェンズツアーではベスト10入り2回でしたが、これまで通算3勝をあげられています。

172センチの恵まれた体型、アマチュアながら力強いショットを見込まれて、
プロになることを勧められたそうですが、周りの心配する声や反対の声を振り切って、見事プロとして活躍するという目標を達成されています。
   
下條プロの言葉には、ベストを尽くした人だけの持つ清々しさが感じられました。

さて、2018年もレジェンズツアーは5試合開催されます。
1試合目は5月、続いて6月、8月、そして、9月には公式戦、LPGAレジェンズチャンピオンシップも行われます。

あのピリピリしたレギュラーツアーの会場の雰囲気とはまたちょっと違ったリラックスしたレジェンズツアーも、また違った女子プロゴルフの魅力に出会える場所です。
今年の女子プロツアーの観戦のスケジュールに是非、加えてはいかがでしょう?

さて、今回は下條江理子プロに「アース製薬DREAM SHOTゴルフクリニック」もレッスンもお願いしています。

null
テーマは、「これで十分!シンプルスイングチェック」です。
グリップ、アドレス、テイクバック、そしてダウンスイング。
どれもナイスショットに大切なポイントです。
ここに気をつければナイスショット間違いない!というアドバイスをいただいています。
下條江理子プロの「アース製薬 DREAM SHOT!ゴルフクリニック」是非、ご覧ください!
*
*
恵比寿にあるGOLF PLUSから下條江理子プロによる「ナイスショットを引き出すためのワンポイントレッスン」をお届け。
女子プロに打つまでに行う必ず決まったルーチンがあります。
女子プロも実戦するチェックポイントを理解し、ナイスショットにつなげましょう。
Lesson 1 「グリップ」

私のグリップのチェックポイント
10本の指をグリップにフィットさせることが一番大事!

ボールに当たった時もグリップがずれないことが大事です。
下條プロのグリップの握り方のポイントは、右手の人差し指の腹で、
フェイスの向きを感じるように握ることです。

グリップは、ギュっではなく、フィット感を大事にしてください!
null
*
*
2018年となって、女子プロゴルフツアー3月開幕へのカウントダウンも始まっています。
今朝は今年のレギュラーツアーの舞台で活躍が期待される女子プロをお迎えしました。
岸辺桃子プロです。

null

岸辺桃子プロは、福島県いわき市出身。8歳からゴルフを始め
2012年にプロテスト合格。その2012年からツアーに参戦。
2016年にはステップアップツアーで初優勝。
昨年はステップアップツアーを中心に活躍され、ベスト10入り2回。
2018年は、QTランキング41位でレギュラーツアーに参戦です。

ちなみに、、お誕生日は12月25日、昨年24歳になったばかりです。

岸部プロの出身は福島県。東日本大震災の時には高校生で地震直後避難を余儀なくされ、避難先でたった一人で練習する事も
あったそうですが、その震災を経験してサポートしてくれた多くの人に感謝の気持ちを表わしたくて、プロをめざします。
そして、その思いが実りプロテストは1発合格。昨年のQTの結果を受けて今年の前半戦は
ほぼレギュラーツアーの全試合に出場できます。


「レギュラーツアーで活躍して、名前を知ってもらって、応援してくれた方に 恩返しできるがんばりたい!」

そう語る岸辺プロの最大の武器は、「前向きさ」だそうです。東日本大震災という未曾有の災害で受けた
被害や心を傷を、前向きなエネルギーに変えてプロテスト合格をつかみ取った素晴らしい「前向き」パワー。未だ震災の被害で苦しんで居る方たちのためにも
今年、愛らしい笑顔がたくさん拝見できるよう、活躍を祈っています。

null
*
*
恵比寿にあるGOLF PLUSから照山亜寿美プロにお越しいただき、
話題の弾道測定器、「TRACKMAN」を使用したレッスンをお届け!

TRACKMANにおける「アタックアングル」とは、クラブの入射角をさします。
照山プロのアイアンのアタックアングルは「−4.5」。
マイナスが出れば出るほどダウンブローにクラブが振れているということになります。
ダウンブローになかなか振ることができないという方は、意識的にコックを使うよう心掛ければ、ダウンブローにクラブが振れます。

null
*
*
今週は新年を迎えての特別企画、「岡本綾子プロの語るゴルフ人生論」をお届けしました。

日本国内44勝、海外18勝、通算62勝、まさに世界の岡本綾子プロの語るゴルフの魅力、人生論。
そして、2018年を迎えての夢についてお聞きいただきました。

null
岡本綾子プロ公式HPより
http://ayakookamoto.pgpi.jp/

永久シードを持つ岡本綾子プロ。広島県出身。ソフトボール選手として活躍後、ゴルフを始め、
プロ入会は、1975年。 初優勝もその年75年にあげられています。
1981年には年間8勝をあげられ、その年にアメリカのツアーライセンスを獲得、
1982年よりアメリカツアーに参戦、当時大きな話題を集めました。
    
1984年に全英女子オープン優勝。1987年には海外で4勝と、度重なる腰の手術などを乗り越え、
国内44勝、海外18勝、通算62勝をあげられ、2005年には世界ゴルフ殿堂入りを果たされています。
現在は、指導者としても多くの女子プロの育成に関わられています。

岡本綾子プロは現在、土と語り合い、自然と語り合う、「半農半ゴルフ」のライフスタイルを実践。
その生き方、哲学はゴルフだけではなく、人生に向き合うためにも必要な何かを教えてくれています。

常に女子ゴルフのフロンティアとして、日本はもちろん、世界を舞台に活躍されてきた岡本綾子プロ。
その言葉ひとつひとつに2018年、新しい年の元気をいただきました。
岡本綾子プロ!ありがとうございました!


岡本綾子プロ公式HPより
null
*

page top