• TOKYO FM
  • FM OSAKA

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー On Air 7:30〜7:55 Saturdayアース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

現役のツアートッププロから、2020年に向けてLPGAでの活躍が期待される新人まで、夢に向かって頑張る女子プロゴルファーを応援するプログラムです。

*
今週は、クリニック銀座にあるゴルフテック銀座ラーニングスタジオから夏目愛美と標兇┐蠅プロがお届け。
スピンを普段意識していない人も多いですが、
どれだけ曲がるか、方向性も変わりますし、飛距離も変わります。
スピンを意識して練習すれば、ハンディも変わってきます。ぜひみなさん勉強して取り組みましょう。

フェアウェイウッドは、ドライバーよりロフト角が上がるので、
バックスピン量も増えます。
なおその際、回転数よりも左右どちらの回転なのかを意識しましょう。
どっちの回転でグリーンをとらえれば、いいのか持ち球を把握しましょう。

*
*
今週は、クリニック銀座にあるゴルフテック銀座ラーニングスタジオから夏目愛美と標兇┐蠅プロがお届け。
スピンを普段意識していない人も多いですが、どれだけ曲がるか、方向性も変わりますし、飛距離も変わります。
同じヘッドスピードでも、キャリーが変わります。
スピン量が大きすぎると、上に吹き上がりすぎ、少ないと、地面に早く落ち、キャリーが出ません。
適正なスピン量は、女性で、2000〜3000回転と言われています。
一番簡単なのはクラブを見直すこと。自分にあっている、ヘッドとシャフトのバランスを使うことで、適正なスピン量を調整しましょう。
2500回転が理想なスピン量です。

*
*
今週も、PGMのスタジオから、牧野結美と岡村咲プロと春ラウンドが楽しみになる飛距離アップのマル秘スイング術についてレッスンしていきます。
自分が意識しているポイントを復習しながら、素振りし、それを再現するようにスイングしましょう。

「素振りを極める」
自分が意識しているポイントを復習しながら、素振りし、それを再現するようにスイングしましょう。

ここまでのレッスンで注意するポイントは、
1.フォローで音がびゅんと出るように
2.トップから切り返す際に左足親指で地面をつかむように
3.自分の目線の高さをイメージしたスイング
です。みなさんも打つ前に意識して、素振りをしましょう。
*
*
今日、この後ラウンドのアマチュアのための青山加織プロのワンポイントアドバイスは
パッティングの距離感の出し方です。

ラウンドまえの練習グリーンでまず自分のアドレスのスタンスや歩幅の振り幅でどれだけボールが転がるかをチェック。
それを基準にすることでロングパットでも必ず安心して次のパットが出来る距離にボールを運ぶことができます。
 
実は3パットの原因は左右のズレよりも、距離感の問題が多く影響します。
自分の基準になる距離感を掴むことで、どんなロングパットでも2パットで上がることが出来るようになります。早速やってみましょう!
*
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || Next»

Message 番組の感想やメッセージをお寄せください。 メッセージを送る

Podcastを登録する

※iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録することができます。

Podcast RSS

※iTunesなどのpodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。

*

パーソナリティ 松本あゆ美

11月24日生まれ、群馬県出身。
日本女子大学理学部数物科卒業後フリーアナウンサーに。ゴルフ歴は約7年。大学3年生の時に祖母に勧められて始める。テレビ東京「ゴルフ宮里道場」を担当してから本格的にゴルフに取り組む。

page top