議事録ブログ

会議テーマ「心にグサッと刺さったあの言葉!案件〜今でも忘れられません!〜」

出会う人が増えれば増えるほど、投げかけられる言葉も増えていきます。
そんな中で良い意味でも悪い意味でもあなたの心に刺さった言葉はなんですか?

あなたが今でも忘れられない言葉を教えてください!

例えば・・・
「厳しい上司に言われた『マニュアルがないと動けないのか?』という言葉が今でも忘れられません」

「職場の飲み会で女性社員に言われた『○○くんってチャラいよね』
という言葉が忘れられません。自分は真面目なつもりなのに・・・」

「仕事が辛くて実家に帰った時に親に言われた『好きなように生きなさい』という言葉が心に刺さりました」

などなど、もちろん、思いつく限り何度書き込んでもOKですよ!
就活生・新入社員の方々も是非書き込みを!!



null


「スカイロケットカンパニー社員実態調査!」

今日のアンケートは”他人にアドバイスを求める方ですか?”

結果は……

”はい”、という方は「58.1%」!
”いいえ”、という方は「41.9%」!



──『一回倒れて、立ち上がれなくなるほどの強みのある言葉ですけどね』



ラジオネーム<ぽんすけのすけ男性/32歳/東京都/公認会計士
「本部長、秘書、リスナー社員の皆様本日もお仕事お疲れ様です。
自分の心にグサッと刺さった言葉は上司から言われた『あなたより後輩の方が仕事出来るし早いわよ』です。言った本人からすれば単に思ったことを言っただけかもしれませんが言われた方からすると心にグサッとかつ自信を失うような言葉ですよね。その時は当分落ち込んでました。今はその言葉を糧に毎日仕事頑張ってます。」


本部長「エネルギーに変えられてるんですね、良かった!一回倒れて、立ち上がれなくなるほどの強みのある言葉ですけどね。
僕ら働く人間としては、そういう言葉を投げかけられることってあるじゃないですか?」

浜崎秘書「はい、そうですよね〜」

本部長「負けてはらんないですよね、一回落ち込むことはあったとしても、それで負けたらその人の言葉一つで自分の人生台無しにしてられないし。
でも、けっこうキツいよね、『後輩の方が仕事できるよ』っていう一言は」

浜崎秘書「サラッと……」

本部長「”よく耐えました”っていう話ですよね、ハンコ!」


null



ラジオネーム<ホワイトパール> 女性 25歳 東京都 歯科衛生士
「お疲れ様です。
私がまだ歯科助手で資格を持っていない時の事です。
とある歯科医院に勤めていた私は、その医院で唯一の女医さんととても仲良くさせて頂いてました。
高卒で就職した私に色んなことを教えてくださいました。
そんなある日、ふと気になったことをその女医さんに聞いてみたんです。
「先生はなんで歯科医師の資格を取ったんですか?」と。
すると先生は、「歯がとても大切なことを伝えたいっていうのもあるけど、私はやっぱり女として、一人でも生きていける力が欲しかったから、かな?」と笑顔で答えてくれました。
女性だからこそ、一人でも生きていける力、すなわち資格。
資格とて簡単に取れるものではありません。でも私にはその言葉がとてもかっこよく響いて、私もこのままじゃいけないと、専門学校へ通い今の資格を取得しました。
男性を引っ張って毎日働いていたその先生には今でも思い出しては感謝していますね。」



本部長「女性男性問わず、いざという時に一人で生きていくほどの強さは必要ですよね。同時にパートナーに頼る心も必要なのかもしれないですけどね。女医さんね〜」

浜崎秘書「ね!『力が欲しかったから』と」

本部長「でも、初めの言葉もいいですけどね『歯の大事さを伝えたい』という」

浜崎秘書「そこは基本ベースにありながら、ですよね」

本部長「ハンコ!」


null



ラジオネーム<しゅとのだいすけ> 男性 22歳 東京都 学生
「はじめまして!
こんにちは!
大学の研究室から聞かせてもらってますー
私の心にグサッと刺さったあの言葉は
中学時、部活の先輩が言っていた「俺は勝ちたいから人より努力するよ。人一倍ね。」
その言葉はつらいときに今も思い出します。受験のときも、研究がつらいときも、この言葉が
僕を奮起させてくれます。
そしていつかその先輩を超えられたらな。。。笑」


本部長「『勝ちたいからやるよ』って、ドラマの『白い巨塔』じゃないですけど、悪役だった人が最後に『偉くなりたかっただけで、何が悪い』という言葉がありますけど。
”勝ちたいから頑張る”って、すごいシンプルだけど忘れがちですよね」

浜崎秘書「うんうん、そうですよね」

本部長「辛い時に、”なんで頑張ってるんだろう?”と、自分の足を緩める時あるじゃないですか?そんな時に、『俺は勝ちたいからやるよ、人一倍やるよ』と、中学生でしょ?」

浜崎秘書「そうです!(笑)」

本部長「書き込んでくれてる、<しゅとのだいすけ>さん目線で俺たちいるから、先輩みたいになってるけど。当時言ったの中学生だもんね、すげーかっこいいな!ハンコ!」


本日の特別講師は、森山直太朗さんです!

null




──『「絶対、大丈夫だから」と言ってる人間ほど、当てにならないものはないですね』



本部長「新曲『絶対、大丈夫』リリース、おめでとうございます!」

森山「ありがとうございます」

本部長「この曲はどういう経緯でできた曲なんですか?」

森山「リハーサル中に、このツアーを象徴するような曲を作りたいなという欲が芽生えて。リハーサルの中でみんなで作っていって。こういう感じでいま完成したんですけど、初日のアンコールとかでも歌わせてもらって、少しずつ形になっていった曲です」

本部長「僕は『SCHOOL OF LOCK!』っていう番組で、誰かに『大丈夫』っていう怖さを感じていて。番組のスタイルとして、『大丈夫』って怖くても胸張って言ってほしいと、いろんなスタッフさんとかと打ち合わせしてて。それが10代の力になるはずだからと。
人に大丈夫って無責任な感じもするけど、言うの怖いという段階があって、それを超えてでも『大丈夫』って言う強さみたいな」

null


森山「そこは言い切るっていう、かたや、ある一方では『絶対、大丈夫だから』と言ってる人間ほど、当てにならないものはないですね」

本部長「どうして、そっちにいったんですか!」

森山「”こいつダメだな”っていうね、『絶対!マジで絶対、大丈夫!』って、僕は同じベクトルの話をしてるんだ、だけど、その人には”大丈夫だ”っていう願望と、ビジョンと、切なる自信があるっていうことなんですよ。ただ、他人からすると”当てにならねーぞ”と、そういう話ですから(笑)」

本部長「分かりました(笑)。それは、全部込み込みの『絶対、大丈夫』なんですね(笑)」

森山「もちろんです、僕はこの言葉に面白味を感じてます。歯を食いしばって、『絶対、大丈夫だ!』って、どんなカテゴリ見ても、そうい事を思ってたり、言葉にしてたりする人いるんですよ。
ある程度そういう人って頼りなかったりもするんだけど、でも、ひとつだけ嘘がないのは、『もうダメだ』って言うよりも、0.001%の可能性があるなら、『絶対、大丈夫だから』と言えてるうちは、まだ可能性があるんだっていう…」

本部長「100%じゃないってことですね、0.001%でも残っていればということですね」

森山「ずるい発想でもあるんですけど、着眼はそこです」



null

本日は森山直太朗さんを特別講師にお迎えしました!
新曲「絶対、大丈夫」は、絶賛発売中です!



──『これは、最大限の讃美の言葉というか、讃えた言葉ですよね」



ラジオネーム<はにゃきち> 男性 32歳 茨城県 会社員
「初書き込みです。

私の心に刺さった言葉は
「勘は正しい、誤るのは判断だ」
です。
上司から言われた言葉で、何度もこの言葉が当てはまる失敗をしているのにもかかわらず、自分の直らないところです。
なんかやだなぁ、なんかやだなぁと思った時こそ、判断は丁寧に、ですね。

ちなみにこの言葉は、麻雀の本に書いてあるらしいのですが、出典はゲーテらしいです。」


本部長「この前までやっていた『小さな巨人』というドラマでも、証拠がないけど、思の言う通り進んで大丈夫か?と、『何を信じたらいい?』、『僕の勘です』と、意外と勘がテーマだったりしてたんですけど。僕は勘が正しいなと思っていて」

浜崎秘書「うんうん」

本部長「ある仏教のお坊さんの話ですけど、こっちの道から帰ったら良くないことが起こるんじゃないかみたいな感じで、昔の人は忙しくないから遠回りしたりとかね。
”今日この道選びたいな”と思ったら、気分とか勘とかっていうものがあったと。今は忙しかったりとか、絶対この道から帰るんだとか、効率性を重視しすぎて、その日の予感とか勘とか、そういうものがないがしろにされすぎていることは危険だという話があったんですよ。
勘は正しいと、間違っているのは判断の方だと!」

浜崎秘書「そこだと!」

本部長「これね〜、これ深いですよ!ハンコ!」


null



ラジオネーム<サッカー小僧> 男性 22歳 埼玉県 学生
「皆様お疲れ様です。

僕は1週間前に約4年続けてきたバイトを辞めました。
その時に店長から、『君はどんな所に行っても大丈夫だから自信持って頑張りなさい!』と言われました。

こんなこと言われると思わず、心にグサッと来ました。
この言葉に背中を押されて今は色んなチャレンジができています!」


本部長「すごくシンプルな言葉ですけど、これは4年間、誠実にバイトと向き合ったからこそ店長から出てきた言葉だし。最大限の讃美の言葉というか、讃えた言葉ですよね。これを、僕らは働きながら言われたいのかもしれないですね。もう一度お願いします!」

浜崎秘書「君はどんな所に行っても大丈夫だから、自信持って頑張りなさい!」

本部長「掲示板見ていただけたら、いろんな言葉に溢れているので。いま、何かしっくりいってない、どうも諦めそうになっているという方。
何かしら、自分に刺さる言葉があるので、時間があるときに掲示板を見ていただいたり、レスをつけたり、色々していただけたらなと思います!」


null



浜崎秘書「それでは本部長!?」

本部長・浜崎秘書「今日も一日、お疲れ様でしたーーーー!!!!!!」

スカイロケットカンパニー社員の皆様、今日も一日お疲れ様でした!

明日も17時より会議を行いますので、時間厳守で出席お願い致します!


【今日の初書き込みの社員のみなさん】

<ダフィ子>
<deki>
<りさたろう>
<やよいねこ>
<ドライバーのラムネス>
<トッコ>
<クズ旦那>
<しゅとのだいすけ>
<はにゃきち>
<竹虎さん>
<二十歳の教育係>
<うめこぶちゃちゃ>
<にゃんぼ>

などなど...たくさんの書き込みありがとうございました!


【本日のオンエアリスト〜♬】

1.君は五番目の季節 / 森山直太朗

2.Magic Word / 三浦大知

3.美女と野獣 / アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド

4.太陽4号 / 10-FEET

5.Story of Our Life / 平井 大

6. 真夏の惑星 / chay

7.絶対、大丈夫 / 森山直太朗

8.絶対、大丈夫 / 森山直太朗
PREV || 1 | 2 | 3 |...| 943 | 944 | 945 || NEXT

次回会議テーマ

【7/26(水)会議テーマ】「ぼくらの行列案件!〜あの時は並びました〜」

あなたはかつて、何に並んだことがありますか?
最も並んだ長い列は? 最も過酷な環境で並んだ列は?
あなたの行列にまつわる思い出、教えてください!
たくさんの書き込みお待ちしています!

また、案件に関連し「目的のためなら行列に並ぶことも苦にならない?」
というアンケートを午後3時まで実施中です!
Webまたはアプリの「社会人意識調査」から投票してください!
(※アプリからアンケートに答えるともれなく5ポイントを差し上げます!)
投票結果は番組で発表しますのでお聞き逃しなく!
ぜひアンケート&掲示板で番組にご参加ください!

わが社の公式アプリでは、浜崎秘書の日常を垣間見られる「秘書室」など、
コンテンツが満載です。
Android&iOSともに無料配信中なので、まだの方はダウンロードを!!

そして、17時45分頃からは
ペリエプレゼンツ・スカロケスパークリングレポート!
我が社の新入社員・林田岬優さんが素敵なお店を紹介してくれます!!

さらに、18時03分頃からは「人生プランニング部」!
人生プランやお金で悩みのあるあなたは
ぜひ特設サイトのメッセージフォームからお送りください!
我が社の人生プランニング部長から、ためになる話が聞けるはず!

さらにさらに、18時12分頃からは「残業リクエスト」!
もうひと踏ん張りしたいあなたに向けて音楽でエールを送ります!
採用された方には、ここでしか手に入らない
「Skyrocket Companyオリジナル クリアファイル&ピンバッジ」を
セットにしてプレゼント!
webまたはアプリにある「残業リクエスト」バナーから、
このあと頑張るあなたの仕事内容とリクエスト曲を送ってください!
たくさんのご応募、お待ちしています!!

< 2017年07月 >
MonTueWedThuFriSatSun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Twitter