• HOME
  • ルーシー'S BLOG

終わらないじぇ!

2017/08/17

中止になってもおかしくない悪天候と荒れた海。
それでも北限の海女たちは、勇敢に海に飛び込みます(≧∇≦)


比奈ちゃんの先輩ジュンさんは、東京から来た3年目の地域おこし協力隊。








オシャレ海女さん*\(^o^)/*



大ベテラン、私もすっかりファンになったミヤコさんは、荒れた海でも一番遠くまで泳いで行かれました。






そしてこの通りの大収穫。





海から上がるとまずは体を温めにお風呂に入るはずが、ミヤコさんはそのままテントでお客様にとれたてウニの販売をしたり、お話したりの強者V(^_^)V



今回本当に嬉しかったのは、未だ沢山の人が訪れ、一過性のブームで終わっていないこと。









2017もあまちゃんサミットが開かれてる(≧∇≦)



久慈駅近くにあるあの喫茶店にも、次々とお客さんが入って行きます。







ここもドラマの中で何度も出てくる皆んなの集いの場所で、いろんな出来事が起きましたね。




分布図を見ても、全国から人が訪れていることがわかります。







海外でもあまちゃんが放送され、外国人観光客も多いそうです。










リスナーさんファミリーにも会うことが出来ました♪




お嬢さん、プチェコにちょっと引き気味・・・(⌒-⌒; )

ママ〜、声をかけてくれてありがとう〜☆〜(ゝ。∂)




最後に記念碑手を合わせました。





さて、何の発祥でしょう???








一躍有名になった方言ですよね〜(≧∇≦)



そして今。

我らがWカメラマン、あまちゃんを観たことがなく、この撮影の後に一気に観はじめたところ、数日後、グループラインに「じぇじぇ!」とリアクション。


こっちが「じぇじぇ!」です(((o(*゚▽゚*)o)))
























冷麺の奇跡

2017/08/16

リサーチ先で食べた物を、家に帰ってすぐに食べたくなる時がある。

毎年岩手に行く度に食べている冷麺は、お決まりと言っていいほど毎年東京に帰ってもすぐに食べに行く大好きな一品。


今回はお店が開いている時間に間に合わず、ひとまず自分で作ろうとスーパーに寄ってみた。





ラッキ〜♪

このタイミングで特売V(^_^)V



でも、それ以上に釘付けになってしまったこの謳い文句(≧∇≦)






一人でププッと笑ってしまったけど、どのくらの人に刺さったかな〜???




そして、冷麺は他の場所でも奇跡を呼んだ。



後日、やっぱりお店で食べたくて行ったところ、メニューに何だか違和感が・・・










ナイスミステイク*\(^o^)/*

このまま直さないでほしい!!


素敵かけチャーハン、想像膨らむチャーハンですね☆〜(ゝ。∂)










遊びましょう♪

2017/08/15

放送で言っていた「こだわりのペンダント」と思いきや、何処で?誰に?どうして手に入れたか?覚えていない・・・とゆる〜い答えが返ってきたのがこちら。




インパクトありますよね〜♪



いろいろ面白いさとう衣料店。





ほうき!?




ちりとり!?


売り物でなく飾り!?




いろいろ???だったので聞いてみると、意外とこういう物も売れるそうで「衣料品から日曜雑貨まで」のお店だそうです。



とにかく至る所にちょいちょい笑えるポイントがあるんです。



例えば、足元から温める重ねばきには・・・






この文字と文章にくすぐられる(≧∇≦)



実はこの靴下、4枚重ね履き。

お二人が推進なさっている「冷えとり」の一つです。











なるほど。


ルーシー、しっかりゲットV(^_^)V



4枚重ね履きは気持ちにゆとりがないとできませんが、しばらく履いているとわっかりやっすく足元からポカポカになってきます。

シルク→綿→シルク→綿の順番が大事だそうです。

よく靴下を履いて寝るのはよくないと言いますが、今まで履いて寝たとしても朝には絶対脱いでいた私が、この4枚重ね履きは触ることなく朝を迎え、ぽっかぽかの足元を実感、しかもホテリ的な熱さではないからいい感じ♪


今年の冬はもう冷えませんねV(^_^)V


冷えとり通信もただでは終わらないさとう衣料店。








この遊びココロよ永遠に〜☆〜(ゝ。∂)


ルーシーペッ!!(放送を聴いていない方、スルーしてください(⌒-⌒; ) )














からくり

2017/08/14

「カッコイイ!!」が第一印象の岩谷堂箪笥。

特にこの赤はたまらなく素敵(≧∇≦)





まあ、その前に・・・

似合う部屋が必要だけど(⌒-⌒; )



工房では、実習で高校生が体験中。




これをきっかけに、若手が興味を持って受け継がれて行くといいなあ。



工房のラジオにも歴史を感じます。








工程別で部屋が分かれているので、流れている番組が違うのが面白かった♪


嫁入り道具として作られることも多い岩谷堂箪笥。
売り物ではなく、展示品として置いてある古い岩谷堂箪笥で「嫁のためのからくり」を見せていただきました。








この引き出しを一旦取り外すと・・・









奥の下の方からこんな箱が。





もうおわかりですね。


「へそくり箱」です。

いくつもの扉や引き出しがあるだけに、ここに行き着くのは至難の技。

よく考えられていますね〜V(^_^)V


でも。


思うに。


当時の女性は「へそくり」と言っても、いざという時のための貯金であって、自分のために使うことは少なかったんだろうな〜。

温泉旅行資金とか、食べまくり資金とか、そんな発想でないことは確かだな。

「陰で支える」

私の辞書に見当たらない(⌒-⌒; )



馴れ初めシリーズ

2017/08/11

公共機関のポスターになっていらっしゃる福島ファミリー。






お店の雰囲気はとても温かくて、コロッケを買ったら、たとえ1個でも想いを綴った紙が添えられていました。





学校帰りにこんなお店があったら、間違いなく部活帰りの空腹を満たすために毎日立ち寄っていたでしょうV(^_^)V

そう、フクシマのコロッケは、どこか懐かしくて部活帰りを思い出す味なのです(≧∇≦)




おっ!
カウンターの中にはオシャレさんが♪





この方、福島さんの奧様。


そうとなったら、またまた恒例の「馴れ初めグイグイ聞き」

お二人もよくお付き合い下さいました(≧∇≦)





元々二人は幼稚園からの幼なじみですが、特に恋愛感情があった訳でもなく、それぞれ東京と埼玉の大学に進学。

その後です!

なんと、就職先が偶然新宿の隣のビル*\(^o^)/*

あの広い東京で隣のビル!!

それでも、時々ご飯を食べに行ったりする程度でした。


先に Uターンしたトモヤさん、ある時、奥さんが帰って来ると聞いて「自分が帰ってきて気がついた男鹿の素敵な場所を案内したい」と思ったそうです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



ホームシックの中、コロッケを食べて涙したというエピソードから、コロッケが紛れもないソウルフードだと伝わってきますが、きっと奥様もソウルメイトなのでしょうね☆〜(ゝ。∂)



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 491 | 492 | 493 || Next»
閉じる