• HOME
  • ルーシー'S BLOG

海は広いな大きいな♪

2018/04/17

なんて壮大な旅でしょう




しかもこのルートをヨットで(⌒-⌒; )


MIKIさんの当時の日記にも、その厳しさと心の叫びが綴られています。






一方で・・・





ダイエット開始!!

栄養補給には困らなかった様で、どちらかというとヨットの限られたスペースでの生活は、運動不足になりがちだそうです。





うん、確かに健康的V(^_^)V

食事は大きな楽しみだろうから、ついつい食べちゃいますよ、誰でも。


ヨットの旅は人が持つ能力を研ぎ澄ます様で、シャワーを浴びたい時は曇を見てヨットを走らせてはスコールを浴びたり、天候や気圧を肌で感じながら先の予想が出来る様になり「4日後嵐が来る」など、そう長くはかからずに予想出来る様になっていたというMIKIさん、なんでも、航海中には体毛が茶色になったり、手の平と足の皮が剥けたり、両生類にでもなるのか?なんて変化もあったそうです。


ゴールのニュージーランドに上陸した時は、船酔いの反対「陸酔い」で復帰まで4日もかかったとか(((o(*゚▽゚*)o)))


それでもやっぱり陸が見えたら嬉しかったでしょうね〜♪




いいシーンだ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


今や画家としても活躍中のMIKIさん。

そのきっかけとなったのは、旅の途中で書いた最初のこの絵。





ミクロネシア諸島の少年に君の絵を描くと言ったら、翌日こうして羽をつけておしゃれをして来てくれました。

この絵を見た友人の「MIKIは絵が描けるよ!」という一言が今に繋がり〜何と!!





切手にまでなりました〜*\(^o^)/*




今まで何気なく歌っていた「海」の歌詞がこんなに沁みたのは初めてです♪












Happy World

2018/04/16

もう「永明大師匠」と呼ぶしかない!

現在25歳、かなりの高齢ながら今も健康、何よりこれまでに14頭のパパになりました*\(^o^)/*

背中に哀愁感じるぜ。






健康の秘訣は人もパンダも同じで「食」なのでしょう、永明はかなりのグルメ、気に入った物しか口にしないそうです。





専用のおやつまで(≧∇≦)





これまでの貢献を考えたら、好きなだけ好きな物食べて〜!と言いたい。



午前中お腹いっぱい食べて、午後はほとんどお昼寝というパンダの1日。

「パンダになりた〜い」という声があちこちから聞こえてきました。

たまらない癒しの写真は、メインレポートでプロの写真でじっくり見ていただくとして、他にも癒しの生き物をご紹介します。



海を望むビッグオーシャンのマリンライブ、タイトルは「Smiles」






ミュージカル仕立てで、トレーナーのお姉さんたちが人魚に見えてきました(≧∇≦)









こんなところも見せてくれましたよ♪






イルカ達が健気で泣きそうになったけど、趣旨と違うと思って唇を噛みしめました。




ここまで出来る様になるまでにどんな訓練したんだろう?
できた時のトレーナーさんの喜びはどれだけのものだろう?とか、ついつい想像してしまうんですよね(⌒-⌒; )




このビッグオーシャンを出た所には〜





何その横目〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


と、その時。





たまらんです!!その笑顔♪

笑ってるのかどうかは不明だけど・・・


園内どこもかしこもHappy Go SmileのアドベンチャーワールドでしたV(^_^)V

ハッピー祭り

2018/04/13

こんなに早い時期にスイカを食べたのは初めて!





しかも、太っ腹黒坂さんのおかげでまるごと1個\\\\٩( 'ω' )و ////




素で喜んでます。



ハッピーは連鎖するもので、今まで気がつかなかったスイカの断面には〜





ハート(//∇//)



全体を引きで見ると〜




クローバー(o^^o)


何だかハッピー♪

スイカはどれもこうなのかな?
今まで気がつかなかっただけかな?


ともあれ、名産地植木町のスイカを春に食べられただけでハッピーです♪


そもそも、今週の熊本リサーチ。
お気づきでしょうか…













まるかじり祭りで始終ハッピーでした\\\\٩( 'ω' )و ////


ここで西郷さん!!

2018/04/12

2年ぶりの再開の喜びは、全力案内をしてくださった田中さんの声から伝わったことだと思います(≧∇≦)






以前あった食事処は改装されて、地元の食材を使ったカフェレストランに。










このカフェに震災後の菊池渓谷の写真が展示されています。






菊池渓谷と言えば、キレイな水と涼しい森林浴、その水が元に戻ったのは本当に嬉しい!!













通年14度は結構冷たいけど、昔は夏にここでパシャパシャ水遊びしてた記憶がある・・・

子供の頃は、テンションが上がって、冷たさより楽しさが先行していたのかな?

今はテンションは上がれど、長居は我慢できませんでした(⌒-⌒; )



森林浴で癒された後は、お腹も癒し・・・満たしました!









この場所でヤマメを焼き続けて40年とおっしゃるご主人の、コテコテの熊本弁のおしゃべりも加わって地元感満載。





なぜかワイヤレスマイクで普通に会話されるのもいい味出てました(≧∇≦)



自然の中で食べる物って、美味しさ倍増ですね〜♪







最後に、「菊池」について。





肥後国菊池郡を統治していた氏族ですが、あの西郷隆盛さんが「菊池源吾」と名乗っていたことがあります。


奄美にいた3年余りの間「菊池源吾」として、子供たちにも菊の字をつけたそうで、これも自分が菊池一族の後裔であることを意識してのことだったと言われているそうです。


ちょうど今週土曜日14日には、こんなシンポジウムが開かれますので、興味がある方はぜひ渓谷歩きと合わせていかがでしょうか☆〜(ゝ。∂)



















焼き上がりました

2018/04/11

こんなハガキが届きました。





先月、宮城県の女川町で体験したスペインタイルが焼き上がったそうです*\(^o^)/*





きっとゆっぴーも可愛い猫ちゃんのタイルが出来たことでしょう。

貼られる日は未定ですが、ぜひこの目で見に行きます♪

もし女川町のどこかに貼られたプチェコタイルを一足先に見つけたら、ぜひご連絡くださいね☆〜(ゝ。∂)




地震から2年経った熊本県を回りながらも、まだまだ復興に時間がかかるという声が各地で聞こえてきます。

スマイルミッションは各地の皆さんと触れ合いながら、現状を伝え続けなければ!!




















«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 526 | 527 | 528 || Next»
閉じる