• HOME
  • ルーシー'S BLOG

瀬戸内ブルーとの共演

2018/01/12

庵治石そのものに、ブルーはどこにも見当たらない…





庵治石は花崗岩のダイヤと言われる高級な石材。

きめ細かで風化に強く、磨けば磨くほど艶を増すそうです。




ガラスに溶かすとこうなるとは(((o(*゚▽゚*)o)))






讃岐の山にある石が出した色が、瀬戸内海の様な優しいブルー…

出木杉君〜*\(^o^)/*



こんな自然の贈り物が届くのは、努力した人、地域への想いがある人なのだなあ〜と杉山さんに会って実感。

創る物も、優しさに溢れていました。

青い鳥、見ているだけで癒されませんか?



この時期にぴったりのめでたい物も♪





いや待てよ、お雛様にも見えるし、鏡餅と想像するのは食いしん坊だけかも。


答えは自由、持つ人が決めればいい、それが作品ですよね(^_−)−☆




私は工房に何気に置いてあったこれを放っておけなかった。






杉山さん、偶然すぎます!!





瀬戸内ブルー&どんぐりカーキの共演*\(^o^)/*

情報お待ちしております

2018/01/11

天文館は数あれど、天体望遠鏡がメインの博物館はそうそう無いでしょう。

こんなの初めて見た(((o(*゚▽゚*)o)))







天体望遠鏡だけでなく、資料も面白い物が沢山。








どれだけの労力だったんだろ。

素晴らしい*\(^o^)/*



月刊 天文ガイドは1965年分から最近の分まで揃っていました。







望遠鏡については、とても全部は紹介出来ないので、白川さんの探し物と、情報提供を待っていらっしゃる天体望遠鏡をご紹介します。


まずはこちら、情報をお待ちしています!!






「謎の望遠鏡」













次は、どこかにあるはず???





白川さん曰く「こんなに大きな物、失しようが無い、きっとどこかにあると信じている。今も探しています!」


「それならうちの倉庫にありますよ〜♪」みたいな事起きないかな〜(≧∇≦)


今回の放送がきっかけに、進展があるといいな〜。




山に海に

2018/01/10

◯◯富士と名のつくご当地富士さんが各地にありますが、讃岐富士のシルエットは「これぞ山!」という絵に描いたようなお山。









標高421.87mの飯野山。


785段を登った金刀比羅宮から見ると〜





雪が積もっていない時期の富士山みたい(≧∇≦)


実は、讃岐の国には「讃岐七富士」と言って、昔から7つの郷土富士があるらしい。

きっと今まで遠目に見たり通ったりしているんだろうけど、飯野山=讃岐富士だと思っていたからスルーしてしまったのでしょう。

今後は気をつけて七富士コンプリートしたいと思いますV(^_^)V




そして、海でも新発見がありました。





新しく出来た訳でなく、初点灯は1998年だとか。

これまた何故今まで知らなかったんだろう???



歩くこと片道500m・・・


地図上ではこうなります(≧∇≦)







夜になるとこんなにキレイ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





いいタイミングで定期船も通ったよ♪




みんなでテンションが上がり、仕事でもないのに・・・カメラマンが本気で撮影してくれました。





2018年の「18」のつもりです(⌒-⌒; )











代々シャープ!

2018/01/09

ご当地エージェント 「栄ちゃん」さんがおっしゃった通り、喜岡社長は全身トップギアでした。


そんな社長の側に、もう一人、キレッキレの鋭い眼をした若者が。






息子の輝(ひかり)さん 25歳。


ワンちゃんを抱いているからこの柔和な表情ですが、最初に見かけた時の眼光の鋭さと言ったら(((o(*゚▽゚*)o)))



それもそのはず。



剣道では日本のトップクラスで、千葉県にある国際武道大学出身。

ガチだ(≧∇≦)


この服は制服かと思ったら、剣道の試合の審判の服でした。



頼もしい後継になられるであろう輝さん。




ご両親より

「しっかりしたお嫁さん来てください♪」


また余計なお世話をしてしまった・・・





束!?

2018/01/08

まずは鳳姫さんの凄技をコマ送りでご覧ください。















これもほんの一部、ぜひ今日の動画でフル演技も観てくださいね〜☆〜(ゝ。∂)



制服に着替えると凛々しい演技者から一変、爽やか女子高生。

今日は親友の藤井みらいさんが付き添ってくれました。





みらいさんは体操部、共通する話題も多いでしょうね。


実はこの時、鳳姫さんはメダルを持って来ていなかったので、急遽自宅に連絡をすると、お父さんが急いで届けて下さいました。


「どれだっけ?」


ジャラジャラとメダルの束を持って登場。


どれだっけ?って☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


そう、それだけ入賞したという事。


今回優勝を果たしたクロアチアで同時に開かれたIBTFの大会では、銅メダルも一緒に獲得。










2年前の同大会では銀メダルだったのです。









銀から金へ(((o(*゚▽゚*)o)))

おめでとう!!


ご両親の想いが込められた「鳳姫〜ふうび〜」という名前の如く、羽ばたいてくださいね♪


「一世風靡がお好きだったんですか?」と聞いてしまった自分が恥ずかしすぎます・・・














«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 513 | 514 | 515 || Next»
閉じる