8月15日O.A.武満徹 編曲「ギターのための12の歌」より『サマータイム』村治佳織

金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。

この夏のテーマは、〔あなたのクールミュージック〕
今朝はラジオネーム〔まうぱぱ〕さんからのリクエストにお応えしました。

武満徹 編曲「ギターのための12の歌」より『サマータイム』村治佳織

〔まうぱぱ〕さんからは、
「残暑お見舞い申し上げます。武満徹 編曲の、「ギターのための12の歌から、『サマータイム』。
クラシックギターの1曲をリクエストします!」と、簡潔なリクエストメッセージを頂きました。

クラシックギターの楽曲のリクエストは珍しいですね。
この「ギターのための12の歌」は、世界的に活躍した作曲家、武満徹さんが1977年に発表したもので、
「星の世界」、「インターナショナル」、「失われた恋」などの作品を、独自の解釈で、
ギター演奏用に編曲したもの。
「サマータイム」は、ジョージ・ガーシュウィンが、1935年のオペラ、
「ポーギーとベス」のために作曲したアリア。
武満さんは、1996年、病に倒れるまでの間、書き下ろし作品のほか、映画音楽、舞台音楽、
ポップスに至るまで、様々な作品を手掛け、「タケミツ・トーン」と呼ばれる独特の響きで、
世界中の演奏家、音楽ファンに支持されている。
晩年に監修を務めた東京オペラシティのコンサートホールは「タケミツ・メモリアル」と名を冠したほどです。

  •      

2014.08.15

«Prev || 1 || Next»