10月27日O.A.「目をとじても」中孝介    

今日お送りしたの、中孝介さんの、2015年の歌「目をとじても」です。
目を閉じて思い出す、子供のころの自分と、そんな自分を見つめる父母の優しさを思う歌です。

中孝介さんは、鹿児島、奄美大島出身。
高校生の時、奄美の民謡に目覚めて歌いはじめ、20歳の時には奄美の民謡大会で優勝。
CDデビューは26歳の時と、時間はかかりましたが、
2007年の「花」で注目を集めると、日本のみならず、台湾をはじめアジア各国でツアーを行うなど、活動の幅を広げていきました。現在も奄美大島在住です。

そして、今年デビュー10周年を迎えた中孝介さん、初のベストアルバムが昨日発売になりました。
タイトルは、「The Best of KOUSUKE ATARI」。2006年のデビュー曲「それぞれに」からのシングルを中心に、全28曲が収められています。
「地上で、もっとも優しい」と言われるその歌声と、民謡で培った独特の節回しは、
中孝介さんだけの歌の世界を作り上げています。

2016.10.27

«Prev || 1 || Next»