12月27日O.A.「Wake Me Up Before You Go-Go 」 Wham!

12月25日、また残念な訃報が届きました。
イギリスのシンガーソングライター、ジョージ・マイケルさんが、53歳で亡くなりました。
お届けした曲は、ワム「ウェイク・ミー・アップ ビフォア・ユー・ゴーゴー」でした。

この「ワム」時代には、「フリーダム」「ケアレス・ウィスパー」「ラストクリスマス」
ソロになってからの1stアルバム「フェイス」など、80年代に大ヒットを多く生み出しました。

亡くなってから、親交のあるアーティストから様々なコメントが出ています。
ワム時代の相棒である、アンドリュー・リッジリーをはじめ、エルトンジョン、マドンナ
クイーンのギタリストのブライアン・メイ、デュランデュラン、ナイル・ロジャース、マーク・ロンソンなど…。音楽ファンのみならず、たくさんのアーティストからも愛されていたひとりだった事が分かります。

今年は、デヴィッド・ボウイ、プリンスなど、80年代の音楽界のアイコンたちが
亡くなりました。ただ、名曲は生き続けます。
残された私たちは、彼らの音楽を聴き繋いでいく役目があること、
彼らの音楽への愛を受け継ぐこと忘れないでいたいですね。

2016.12.27

12月26日O.A.「Telephone Line 」 Electric Light Orchestra

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるキッカケとなった曲や
デビュー曲にフォーカス!今日、紹介したのは、「エレクトリック・ライト・オーケストラ」
=ELOです。1976年のアルバム「オーロラの救世主」に収録された「テレフォン・ライン」
でした。

1971年にボーカル・ギターなどを務める「ジェフ・リン」を中心に結成。
アルバム「エレクトリック・ライト・オーケストラ」でデビューします。
ターニングポイントになったのは1974年に発表されたアルバム「エルドラド」、
この作品で全米・ゴールドディスクを獲得。
その後、アルバム「オーロラの救世主」で初のプラチナ・ディスクを獲得。
アルバム「エルドラド」より大きく開花して、人気を不動のものにしました。
そして、新作を発表する度に大ヒットを重ね、1986年の活動休止までに12枚のアルバムを残し、
全世界でトータル、2,500万枚の販売を記録。
一時は「もっともTOP40ヒットが多いアーティスト」というギネス記録も残しました。

そんなELO。先日、2017年にロックの殿堂入りすることが発表され、
事前に行われたファン投票でも2位にランクインしました。4月には受賞パーティーが行われます。

2016.12.27

«Prev || 1 || Next»