5月16日O.A.「Whenever, Wherever 」Shakira 

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるキッカケとなった曲や
デビュー曲をご紹介しています。

今日ご紹介するのは、現在、絶賛公開中の映画「ズートピア」の主題歌、
「トライ エヴリシング」を歌っている「シャキーラ」の代表曲!
「Whenever, Wherever」。

シャキーラは南米コロンビアのカリブ海沿岸にある港町“バランキージャ”生まれ。
「シャキーラ」とは、“優美な者”という意味だそうです。

8歳の時に曲作りを始め、13歳の時にレコード会社と契約を結びます。
91年にアルバム「マヒア」でデビュー。95年にリリースしたアルバム「素足のままで」から
「エストイ・アキ」が国内で13週1位となり、ラテン圏で大ヒット!
そして、2001年、「ホウェンネヴァー、ホウェアエヴァー」で全世界デビューを果たし
40カ国で1位を獲得。一躍世界の「シャキーラ」になりました。

その後も順調にスター街道を突き進み、
ワイクリフ・ジョンやビヨンセ、ピットブルといったコラボ曲も大ヒット。
オバマ米大統領就任式記念イベントでは「スティーヴィーワンダー」、「アッシャー」と
圧巻のパフォーマンスを披露したほか、2010年にはFIFAワールドカップ・南アフリカ大会の
テーマソング「ワカ・ワカ」が大ヒットするなど人気の絶頂を迎えます。

ちなみに彼女のご主人はスペインのクラブチームバルセロナのピケ選手。
昨年のクラブワールドカップでは家族で来日して、お忍びで渋谷や鎌倉、
葉山といったところで休暇を楽しんだそうですよ。
プライベートでの充実、幸せが、音楽の勢いにも良く現れていますね。

2016.05.16

«Prev || 1 || Next»