1月3日O.A.「Open Arms 」 Journey

今朝お届けしたのはジャーニー、「オープン・アームズ」でした。

1975年にデビューしたジャーニー。しばらくはヒットにめぐまれなかったのですが、
1978年、4枚目のアルバムからはスティーブ・ペリーがボーカルとして加わり、
そこから徐々にヒット作が誕生していき、ついに1981年のアルバム「エスケイプ」で
1位を獲得します。この「オープン・アームズ」はその「エスケイプ」からのヒットで、
2004年には、日本映画「海猿」の主題歌に採用されています。
そして、いよいよ今年2月このジャーニーの来日公演があります。

また、このジャーニー、ロックの殿堂入りが決まっています!
結成メンバーのニール・ショーンは、現在バンドを離れているボーカルのスティーブ・ペリーについて「彼はセレモニーにいるべきだと間違いなく思っている。1曲、いや2曲、なんであれプレイしたい」と話しています。ロックの殿堂のセレモニーは今年4月。
ロックファンには楽しみが多い2017年の幕開けです。


2017.01.04

1月2日O.A. 「 You Really Got Me」「All Day And All Of The Night 」 The Kinks

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるキッカケとなった曲や
デビュー曲をご紹介していきます。
2017年のスタートでもある今朝は「キンクス」の1964年のサード・シングル
「ユー・リアリー・ガット・ミー」そして、続けてリリースされ、こちらも大ヒットを記録した
「オール・デイ・アンド・オール・オブ・ザ・ナイト」をお聞きいただきました。

今日、紹介するのは、「ザ・キンクス」、「ユー・リアリー・ガット・ミー」です。
レイ・デイヴィスとデイヴ・デイヴィスの兄弟2人によって結成されたザ・キンクス。
この曲「ユー・リアリー・ガット・ミー」で人気に火がつき
その地位を確立。人気はアメリカ、そして世界に広がり、同時期に活躍したバンド、
ザ・ビートルズ、ザ・ローリングストーンズ、ザ・フーと並んで、「イギリス4大バンド」と呼ばれました。ミュージック・シーンに大きな影響を与え、楽曲のカバーも多くなされてきたザ・キンクス。先日、その功績をたたえてフロントマンのレイ・デイヴィスに「ナイト」の爵位(しゃくい)が授与されることが発表されました。レイ・デイヴィスは
「私の家族やファン、そして曲を書くインスピレーションを与えてくれた人たちのために、
これを受け取ることにした」とコメントしています。

2017.01.02

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»